ライン 二 つの アカウント。 Windows7・8・10のPCでLINEを複数起動する方法(最大3アカウント同時)

LINEアカウントを複数端末で共有する裏技

ライン 二 つの アカウント

ラインアカウント2つを1つの端末で切り替える方法は? 2つのラインアカウントを1つの端末で切り替えるやり方は色々とありますが、今回はその中でも 特に簡単なやり方をご紹介したいと思います。 今回はiPhoneXの画像キャプチャを用いて手順を説明しますが、Androidであっても同じような手順でアカウントの切り替えが可能です。 ただし、 Androidユーザーであればツインアプリなどを使って切り替えたほうが利便性が高いですので、個人的にはそちらをオススメします。 App Valleyのインストール まずは、ラインアプリを複製するために、『App Valley』と言うアプリをブラウザからインストールしてくる必要があります。 サイトに接続できれば、上側のアイコンのすぐ下にある Install AppValleyをタップします。 ホーム画面に戻り、『App Valley』のアプリアイコンがあればインストールは完了です。 App Valleyを有効化する このままでは『App Valley』を開くことができませんので、設定を変更して有効化してあげる必要があります。 まずは、 設定をタップで開きます。 一般を開きます。 プロファイルとデバイス管理をタップします。 Xiaofu Ecommerce(Beijing)Co. ,…をタップします。 ポップアップが表示されますので、 信頼をタップします。 これで『App Valley』が使えるようになりましたので、次はいよいよ最後の工程です。 ラインアプリを複製する 先程の作業で『App Valley』が有効化されましたので、タップでアプリを開きます。 一番下のバーにある Libraryをタップします。 画面を一番下までスクロールして、 Browseをタップします。 アプリが一覧表示されますので、 LINE2をタップします。 GETをタップします。 すると、ホーム画面に2つ目のラインアプリである『LINE2』が姿を表します。 以上で作業は終了です。 お疲れ様でした! 関連記事> ラインアカウント切り替えの3つの注意点! ラインアカウントの切り替え作業は以上で終了ですが、いくつか注意点がありますのでそちらを確認の上、実行いただければと思います。 尚、ご紹介した手順を実行したことにより、 何らかの不利益が生じたとしても責任は取れませんので、あくまで 自己責任でお願いします。 LINE2ではログインではなく新規登録する! 今回複製した『LINE2』を開くと、新規登録orログイン画面になるのですが、そこでは必ず 新規登録を選択してください。 現在登録済みの電話番号やでログインすると、 本垢のラインアカウントが消滅してしまうので要注意です! また、現在連携済みのFacebookアカウントでログインしても、本垢のラインアカウントが消滅してしまうので、 『LINE2』では必ず新規登録をタップすると覚えておいてください。 LINE2ではFacebookでログインする! 『LINE2』で新規登録画面に進むと、利用登録のための電話番号入力が求められると思いますが、通常のユーザーであれば携帯番号は1つしか持ち合わせていませんよね。 もちろん、2つ目の携帯番号を入力して新規登録しても問題ありませんが、 万一本垢のアカウントがその番号で登録されていればアカウントが消失してしまいますので、やはり念のために Facebookアカウントでログインするのが間違いないでしょう。 ちなみに、もともとのラインの本垢に既にFacebookを連携している人は、新しくFacebookの複垢を作ってそれと連携しないと、同じように本垢のラインアカウントが消失してしまうので注意してください。 7日間問題で定期的にインストールが必要 iPhoneやiPad、iPod touchなどで使用するアプリケーションは、Apple公式のApp Storeからダウンロードすることが推奨されていますが、ユーザーが同意さえすれば今回のようにブラウザからアプリを直接ダウンロードすることも可能となっています。 ただし、ブラウザから直接ダウンロードしたアプリケーションは Appleの規約の関係で7日間毎に期限切れになるように設定されており、8日目以降だと一度該当アプリをアンインストールし、再度インストールしなければ 使用が不可能となるのです。 ですので、今回の『App Valley』も継続して使える期間は7日間のみですので、それ以降も継続して使いたい場合には、 一度アンインストールして再度インストールする必要があります。

次の

【LINE】アカウントを2つ(複数)作る方法!

ライン 二 つの アカウント

LINE アカウント作成のしくみについて LINE アカウントは電話番号で認識されています LINE アカウントは電話番号で認識されています。 ひとつの電話番号に対して1アカウントだけ作成可能で、 同じ電話番号で複数のアカウントをつくることは出来ません。 すでに端末で LINE を利用中の場合、別の端末に同じ番号を使ってアカウントを作成することはできません。 また、 LINE は「SMS」が利用できる電話番号を登録しなければアカウントを作成することができません。 Facebook アカウントからもアカウント作成できます 新規登録を Facebook アカウントにて行う場合には電話番号は必要ありません。 ただし、同じ Facebook アカウントで2つの LINE アカウントを作成することはできません。 これは電話番号での登録と同じルールです。 別記事にて「」を紹介していますので興味がありましたらご覧ください。 ここがポイント! 電話番号で LINE アカウントをひとつ作成、Facebook アカウントで LINE アカウントをひとつ作成・・・この方法であれば、ひとりで LINE アカウントを2つ作成することが可能となります。 LINE の公式ヘルプから抜粋 スマートフォン向けアプリ版 LINE では、複数の端末から同一アカウントで使うことはできません。 2台のスマートフォンや、スマートフォン・タブレットにそれぞれアプリをインストールし、同一のアカウントで使用する、ということはできない仕組みです。 携帯電話番号1つまたはメールアドレス1つにつき、1台のアプリ認証のみ行うことが可能です。 同一の電話番号またはメールアドレスでの認証を別の端末で行うと、以前利用していた端末ではアカウントが自動的に削除されるため、LINE を起動することができなくなります。 公式ヘルプでは、複数の端末で同じアカウントを使うことはできず、あくまでも1端末につき1アカウントだけ利用できると明記されています。 ここに注意 LINE は基本的に、ひとつの LINE アカウントを別の端末で同時利用することはできないのです。 同じ LINE アカウントを複数の端末で利用できるのか? 条件を満たせば同じアカウントを複数端末で利用できます 同じ LINE アカウントを「使い回せる端末」と「使い回せない端末」を対戦表みたいにしてみました。 PC と iPad が入る組み合わせのみで同じ LINE アカウントの使い回しができて、基本的に、スマホ同士の組み合わせと Android OS 端末同士の組み合わせは、同じ LINE アカウントを使い回すことができない組み合わせとなっています。 複数端末で同じアカウントが使えないことを試してみました 試しに、条件を満たしていない端末同士で同じ LINE アカウントを使いまわそうとするとどうなるのか? をやってみました。 Android スマホで利用中の LINE アカウントを別の Android タブレットでも同時利用できるか? を論より証拠で実践すると・・・ このように「 以前に使用していた端末では LINE(このアカウントでは)を利用できなくなります…」というアナウンスがポップアップされます。 これで「確認」をタップするとアカウントは現在の端末から別の端末へ移動します。 そして、今まで使っていた端末では利用できなくなり、トークなどの履歴も削除されてしまいます。 Android 端末と iPhone でも OS こそ違いますが、やはり上画像と同じような注意がポップアップ表示されます。 条件を満たしていない端末同士では、このように同じ LINE アカウントを複数端末で利用することはできません。 すでにスマートフォンで使用中の LINE アカウントでも、パソコン版・iPad 版・Chrome 版に限り同じアカウントを使いまわして同時利用することができます。 パソコン版の注意点 パソコン版へログインする時には 「電話番号ログイン」はしないようにしてください。 電話番号ログインをすると新規登録あつかいになってしまいます。 必ずメールアドレスか QR コードログインをするようにしましょう。 パソコン版は、スマホの LINE アカウントと同時利用できますが、 複数のパソコンで同時接続はできません。 複数の端末で同じアカウントを使いまわすことはできない。 現在 LINE で利用中の電話番号は別端末 LINE アカウントには使いまわせない。 現在 LINE で利用中の Facebook アカウントは別端末の LINE で使いまわせない。 とにかくすでに利用中の LINE アカウントは別端末では併用できない。 Facebook 登録には電話番号がいらない。 例外として PC 版はスマホと同じアカウントを併用できる。 例外として iPad 版はスマホと同じアカウントを併用できる。 例外として Chrome 拡張機能版はスマホと同じアカウントを併用できる。 Android タブレットはスマホ版と同じ扱いになり、同じアカウントの併用不可。 iPhone クローンによる同じアカウント利用は運営対策によって利用不可。 「同じ端末で複数の LINE アカウントを利用できるの?」• LINE はひとつの端末にひとつしかインストールできない。 LINE にはひとつのアカウントしか登録できない。 同じ端末で複数の LINE アカウント同時利用はできない。 特殊機能を有した端末を導入することで出来るようになる。 リスクはあるが非公式のアプリを使えばできないこともない。 検索結果について 検索エンジンにて「LINE 複数」のような語句で検索すると、上位に表示される記事のほとんどは、「同じ端末で複数 LINE アカウントを使う方法」と記載されているにもかかわらず、おそらく皆さんが欲しい情報ではないものの方が多いのでは?・・・。 LINE のアカウントはセキュリティの関係上、正規の利用方法では裏技は存在しません。 Windows タブレットなんかも良いかもしれませんね。 同じ端末で複数の LINE アカウントを利用する場合は、特殊能力のある端末を所有したり非公式のアプリを使うなどで出来るようになります。 というわけで今回は「同じ LINE アカウントを複数の端末で利用できるの?」と「同じ端末で複数の LINE アカウントを利用できるの?」についてをブログしました。 ややこしいんで長くなりましたが、お役に立てば幸いです。 そのほかの LINE の詳しいトラブルは公式のヘルプセンターからご覧ください。

次の

LINE(ライン)ってパソコンとスマホ、両方同時に使えるんですね

ライン 二 つの アカウント

LINEブロガーのヒラノ( )です。 皆さんは、LINEアカウントを2つ(複数)欲しいと思ったことはありませんか? 仕事用・プライベート用・客用・ネット用・浮気用・ネカマ用など、人によって様々な使い方があります。 Google検索でも、 「LINEアカウント 2つ」「LINEアカウント 複数」「LINEアカウント2つ作る方法」 と、かなりの数の人がLINEアカウントを2つ欲しているようです。 実際に私も2つ持っていますが、アカウントを作成する際に色々と調べて試行錯誤しました。 というわけで、今回は 『私が最終的にたどり着いたLINEアカウントを2つ 複数 作る方法と結果』をご紹介していきたいと思います。 Facebookログインを利用したLINEアカウント作成方法 一番有名なのはこの方法ですね。 やり方は、• LINEアカウントを作成• メールアドレスとパスワードを登録してパソコン版でログイン• LINEをアンインストール• 再びLINEをインストール• しかし、Facebookで作成した方は、年齢確認できないため、IDで友達追加できないなど色々と制限がかけられます。 さらに、電話番号と紐付けていないため一度アカウントを失ってしまうと復元が出来ません。 ということで、この方法は無しです。 リンク 固定電話の電話番号を利用したアカウント作成方法 実はLINEアカウントって携帯電話の番号じゃなくても作成出来るんです。 やり方は、• LINEアカウント作成の利用登録の電話番号に固定電話の番号を入力• 「通話による認証」を選択• 固定電話に電話がかかってきて機械(音声ガイダンス)が認証番号を読み上げます• スマホで認証番号を入力して完了 良い点 ・実家暮らしで家電がある人には最適 悪い点 ・「友だち自動追記」「友だちへの追加を許可」の機能をオフにしておかないと家電の電話番号を登録している人たちにお知らせが行ってしまうので注意 ・年齢確認が出来ないため友達追加は、ふるふる か QRコード で行うことになる ・すでに家族の誰かが電話番号を使っている場合もある 評価 固定電話からLINEアカウントが作成できるとは、完全に灯台下暗しでした。 実家暮らしで固定電話がある人にはいいかもしれません。 一つだけ注意してほしいのが、「友だち自動追記」「友だちへの追加を許可」の機能は絶対にオフにしておいたほうがいいです。 自宅の電話番号を電話帳に登録している人たちのLINEに内緒で作ったLINEアカウントがバレたら生きていけませんからね。 今の御時世、固定電話が無い家庭も多く一人暮らしではほとんど持っていないと思います。 実際に私も固定電話は持っていないのでこれも無しです。 LINE でアカウントを作成する方法 番外編のような感じですが、これは完全にサブアカウントとして割り切って使う方法ですね。 お店用やコミュニティ用のLINEアカウント「LINE 」と呼ばれるものを個人で使う感じになります。 やリ方は、 こちらから へ登録申請するだけです。 良い点 ・めちゃくちゃ簡単 ・罪悪感なし! 悪い点 ・通常のLINEアカウントと違う(お店アカウントや公式アカウントの扱い) ・自分から友達追加ができない ・通常のチャットと違うので使いづらい ・普通に使ってたらめちゃくちゃ怪しい 評価 これは一番無いですね。 相手から見ても通常のLINEとは違うので違和感があります。 よくホストやキャバ嬢などがLINE でLINEのサブアカウントを使っています。 クリエイター的な人でも無い限りLINE のアカウントを教えてくる人とはあまり友達になりたくないですね。 他にも、海外のアプリで電話番号を取得して電話番号認証を通すやり方もありましたがBANされてしまい現在は対策され使用することができません。 というわけで、色々と試してたどり着いた結果は、 LINEモバイルのデータSIMを契約してデュアルSIM対応のスマホで運用する です。 「おいおい、結局LINEモバイル契約すんのかよ…」と思った人もいると思います。 でも少し考えてみてください。 広告なくなってバックグラウンド再生ができるだけのYouTubeプレミアムは月額1,180円です。 落ち目のニコニコプレミアム会員は月額540円です。 そのため、IDで友だち検索も出来ますし自分のIDを作成することも出来ます。 色々と試しましたが結局はこれが一番です。 LINEモバイルを最低月額料金の600円で登録する方法 まずはじめに、LINEモバイルを契約しましょう。 LINEモバイルでは、ソフトバンク回線とドコモ回線がありますが、 ドコモ回線をオススメします。 その理由は、過去に一度ソフトバンク回線を契約したのですが、自宅が圏外だったためです。 契約に必要なのは クレジットカードと身分証明証だけ(LINE Payカードを使えばクレジットカードじゃなくても登録OK)。 身分証明証に使えるのは、免許証、それ以外では補助書類として3ヶ月以内の公共料金の領収書が必要になります。 公共料金の領収書はクレジットカード払いにしていると補助書類として認めてくれないので、免許証が一番早いです。 リンク 最低月額料金を選択 プランは、 LINEアカウントを作成出来る月額最安料金プラン ・LINEデータフリー ・500MB ・データSIM(SMS付き) こちらが、LINEアカウントに認証できる必要最低限の価格(600円)のプランです(以前は500円でしたが600円に値上がり)。 リンク 【重要】LINEモバイルは格安SIMで唯一年齢確認が可能 通常、LINEアカウントは格安SIMで唯一LINEの電話番号認証と年齢確認が可能なSIMです。 SMS電話番号付きでも月額672円(税込み)なのでSMSが使いたい人はそっちでも良いかもしれません。 私はSMS電話番号付きで契約しています。 SMS無しのプランが無くなったため若干値上げされて684円(税込み)になっています。 契約後すぐにSIMカードが宅急便コンパクトで発送され、都内なら次の日には届きます。 開けるとこんな感じで入っています。 普段開けるのはAmazonの封筒や箱ばかりなので、こういう丁寧な包装をあけるのはウキウキしちゃいますね。 この中に、SIMカードとLINEモバイルのマニュアルが入っています。 あとは、上の写真のSIMカードをポキっと折ってスマホにセットするだけです。 その時に忘れずにAPN設定もしてくださいね。 リンク リンク これでLINEアカウントの準備は完了です。 あとはスマホを用意するだけです。 スマホが必要無い方はこれで終了ですが、どうせなのでウイニングラン的な感じで最後まで読んでいって貰えると喜びます。 リンク デュアルSIM対応のスマホでLINEアカウントを2つを楽々運用 上記でLINEモバイルSIMカードを手に入れたあなたの手元には、「元々持っていたSIMカード』」と「LINEモバイルのSIMカード」があるはずです。 この2つのSIMカードを1台で運用できて、LINEアカウントまでも切り替えれるスマートフォンがあるのです。 それが Huawei と ASUS(ZenFone) のスマートフォンです。 この後で説明しますが、HuaweiとASUSのスマートフォンには「ツインアプリ」と呼ばれる機能があり、デュアルSIMとツインアプリでLINEアカウントを切り替えて使うことができます。 デュアルSIMとは、nanoSIMカードを2つ同時にセット出来る機能で、いちいちSIMカードを入れ替えなくてもスマートフォン側で切り替えて使うことが出来ます。 iPhoneでいちいち入れ替えて使う方法もありますが、面倒すぎますよね。 「ツインアプリ」でLINEを2つに増殖させる Androidの一部の端末には、 「ツインアプリ」と呼ばれる機能が搭載されています。 このツインアプリは、1台のスマホの中でアプリを複製して別々に運用できるという機能です。 要するに、これまでは1台のスマホに1つのLINEアプリでしたが、ツインアプリを使えば1台のスマホの中に2つのLINEアプリが出来るということです。 LINE以外にも色々SNSなアプリを複製することが出来るので2つのスマホで使い分けるよりも楽というわけですね。 (LINE、Instagram、Facebook、Messenger、Twitter、Whats Up etc.. ) このツインアプリがあれば、いつでも簡単に1台のスマホで2つのLINEアカウントを使用できるというわけです。 ツインアプリ対応オススメ3機種 Amazonの情報を掲載しています LINEモバイルならいつ解約しても違約金なし LINEモバイルでは、音声通話SIM以外のデータSIMやデータSIM(SMS付き)なら、いつ解約しても違約金がかかりません。 Facebookで作る方法は電話番号で認証していないため、アカウントが消える危険があります。 いい感じになった相手とのLINEの最中に消えてしまっては嫌でしょう。 (参考:) 他にもわけのわからない業者からLINEアカウントを買う方法もありますが、そんなものはすぐ無効になってしまいアカウントごと消えます。 LINEモバイルに600円払って安心して運用する。 これが最終的にたどり着いた 「LINEアカウント2つ作る方法」です。

次の