安曇野 市 停電。 会社案内

安曇野市メール配信サービスのご案内

安曇野 市 停電

発生エリアは、松本市街地を含む蟻ケ崎、島内、島立、大手、白板、新橋、中央、巾上、開智、城西、渚、宮渕、宮渕本村、安曇野市では豊科高家となっている。 松本市島立の国道158号では、停電発生から20分後に松本警察署員が到着し、信号機が消えた交差点で手信号で交通整理を行った。 交差点近くのコンビニエンスストアや焼き肉店では、停電による影響で冷蔵・冷凍設備や卓上こんろが使えなくなり、対応に追われていた。 コンビニの男性店員(24)は「こんなに長く続く停電は珍しい。 商品が心配なので早く復旧してほしい」と話していた。 国道19号沿いの大型商業施設・なぎさライフサイトでは、店舗が軒並み停電した。 喫茶店の従業員の男性(34)は「停電で冷凍庫内が解け始めないか心配」と気をもんだ。 スポーツクラブで水泳をしていた女子高校生(16)は「急に電気が消え非常灯頼みになった。 車で帰るが渋滞に巻き込まれそう」と心配した。 北松本駅西側の白板宮本交差点では、松本署の署員が小型発電機で信号の復旧に取り組む傍ら、車がタイミングを見計らいながら交互に往来していた。 松本市役所は停電の影響はなかったが、市民からの問い合わせが相次いだ。 松本広域消防局によると、停電した地区に消防車を巡回させて注意喚起をした。 この影響で屋内のエレベーターに閉じ込められている事案や、事故が起きたなどの通報はないという。

次の

緊急告知機能付き防災ラジオ|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

安曇野 市 停電

名称 [ ] 「安曇」の由来 [ ] 「 (わたつみのみこと)」を信奉する (あづみぞく)は、かつてを中心に北部九州で海運を司っていたが、のちに東遷して当地に定住。 のもとで が成立した。 「アヅミ」は海人津見(アマツミ)の転じたものであるとされている [ ]。 筑紫と近似した風習は食文化(等)や地名、方言()などに残る。 市の名称 [ ] 旧5町村域を包括する広域名称である を市名に採用したものであるが、 安曇野が指し示す範囲としては明確に画定された線引きは無い。 一般に、当市のほか、、南部(旧、旧)、の梓川地区(旧)なども含まれるとするのが有力な説である。 また振り仮名では「あずみの」ではなく「 あづみの」であり、英称は AZUMINOと表記する。 振り仮名を「あづみの」「あずみの」いずれにするかは合併協議会において議論がなされた。 「アヅミ」は海人津見(アマツミ)の転じたものであるとされているため、 あづみのが採用された(、)。 地理 [ ] 豊科地区 豊科 とよしな 〒399-8205 豊科高家 とよしなたきべ 〒399-8204 豊科田沢 とよしなたざわ 〒399-8203 豊科光 とよしなひかる 〒399-8202 豊科南穂高 とよしなみなみほたか 〒399-8201 穂高地区 穂高 ほたか 〒399-8303 穂高有明 ほたかありあけ 〒399-8301 穂高柏原 ほたかかしわばら 〒399-8304 穂高北穂高 ほたかきたほたか 〒399-8302 穂高牧 ほたかまき 〒399-8305 堀金地区 堀金烏川 ほりがねからすがわ 〒399-8211 堀金三田 ほりがねみた 〒399-8212 三郷地区 三郷小倉 みさとおぐら 〒399-8103 三郷明盛 みさとめいせい 〒399-8101 三郷温 みさとゆたか 〒399-8102 明科地区 明科中川手 あかしななかがわて 〒399-7102 明科七貴 あかしなななき 〒399-7104 明科光 あかしなひかる 〒399-7103 明科東川手 あかしなひがしかわて 〒399-7101 明科南陸郷 あかしなみなみりくごう 〒399-7105 姉妹都市・友好都市 [ ] 国内 [ ] 安曇野市ウェブサイトによれば、国内友好・交流都市は以下の7つ。 うち6つは旧町村による提携を引き継いだもので、2005年の安曇野市発足以後、改めて安曇野市としての協定が結ばれている。 2015年4月5日 - 友好都市締結• 2016年10月25日 - 締結 東金市と旧との間で、1993年より地域間交流開始。 1984年9月22日 - 旧が友好都市提携• 1986年10月18日 - 奈良県三郷町を加え3市町村で友好都市提携• 2006年7月1日 - 友好都市提携締結• 2006年7月22日 - 災害時相互応援協定締結。 旧三郷村と三郷市が、同じ自治体名の縁から交流を開始。 のち奈良県三郷町も加え「三郷友好都市交流推進協議会」を組織し交流。 1974年2月15日 - 旧が友好都市盟約• 2007年8月4日 - 友好都市提携 旧穂高町江戸川区民健康施設「穂高荘」(1976年開設)の用地として小学校跡地を江戸川区に譲渡したことから交流が始まる。 1987年11月3日 - 旧が姉妹都市盟約締結• 1996年7月27日 - 災害相互応援協定締結• 2007年2月5日 - 友好都市提携 旧豊科町と武蔵野市が1983年より交流を開始 (武蔵野市ウェブサイトでは交流が1987年から始まったとしている )。 当時の武蔵野市関係者が豊科町出身であった縁。 武蔵野市とその友好都市によって構成される「武蔵野市交流市町村協議会」(1991年発足、通称「武蔵野サミット」)にも参加している。 1995年9月15日 - 旧堀金村が友好親善協定締結• 2006年1月28日 - 災害時相互支援協定締結• 2006年9月30日 - 友好都市提携締結 旧堀金村における住民同士の交流から発展。 青少年の相互派遣事業(海と山のこどもたちの交流会)などを行う。 安曇野市役所の銘板は、真鶴町から贈られたである。 1986年10月18日 - 旧三郷村が友好都市提携• 2006年7月1日 - 友好都市提携締結• 2006年7月22日 - 災害時相互応援協定締結。 旧三郷村と三郷町(さんごうちょう)が、同じ自治体名の縁から交流を開始。 埼玉県三郷市とともに「三郷友好都市交流推進協議会」を組織し交流。 1994年11月3日 - 旧穂高町が友好交流推進協定締結• 2007年2月1日 - 友好交流推進協定再締結 1989年より旧穂高町が福岡市東区との交流を開始。 現在の福岡市東部にあたる阿曇郷をルーツとする古代「」を縁とする。 海外 [ ] 安曇野市ウェブサイトによれば、国際交流先は以下の2つ。 ()市(・)• 1993年11月25日 - 旧豊科町が姉妹都市提携• 2007年11月4日 - 姉妹都市提携 クラムザッハはガラス工芸で知られる都市で、国立のガラス専門学校がある。 豊科町が「」を開設するに際して(1985年開設)、クラムザッハのガラス専門学校と交流が生まれ 、自治体同士の姉妹都市関係に発展した。 ()()• 1998年5月28日 - 旧三郷村が三郷鎮(当時)と友好村郷提携 旧三郷村が国際交流先を探していたところ、遼寧省の三郷鎮を紹介され(なお、これ以前の1988年に三郷中学校と遼寧省の海城第二中学校が友好姉妹校提携を結んでいた)、同名の縁で友好村郷提携を締結。 安曇野市となって以降は民間交流の形で継続。 行政 [ ] 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任年月 退任年月 備考 初代 2005年10月23日 2009年10月22日 1期、旧穂高町長を3期務めていた。 2代 2009年10月23日 現職 元長野県議会議員 所轄広域連合 [ ]• 所轄警察署 [ ]• 所轄消防署 [ ]• (豊科・堀金)• (穂高)• (明科)• (三郷) 議会 [ ] 市議会 [ ] 「」も参照• 選挙区:安曇野市選挙区• 定数:2人• 任期:2019年4月30日 - 2023年4月29日 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 望月雄内 当 77 現 無投票 寺沢功希 当 44 現 無投票 衆議院 [ ]• 選挙区: ((旧・・・・・域)、、、安曇野市、、、)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日• 当日有権者数:388,839人• 投票率:58. 管理事務所• 国土交通省 関東地方整備局 松本国道出張所明科除雪ステーション• 中信森林管理署有明森林事務所 県の施設 [ ]• 安曇野建設事務所• 犀川砂防事務所• 経済・産業 [ ]• 就業別人口割合は、、がそれぞれ、9. 工業出荷額は約3,999億円で県内5位(2013年)、農業出荷額は約113億円で県内3位(2006年現在)、は約1,690億円で県内8位(2006年度)。 山麓の豊富なを利用し、の栽培やのが盛んである。 「穂高わさび」、「穂高いんげん」、「牧大根」はに認定されている。 犀川にある長野県水産試験場では、(ニジマスとを交配した新種)の開発を試みている。 犀川および支流の烏川・中房川にはの所がある。 中でも(37年)に運転を開始したでは、当時設置した機器がなお現役で稼働している。 かつては明科にも存在した。 三郷体育館• 三郷競技場• 市営堀金総合運動場• 堀金総合体育館• 堀金多目的屋内運動場• 明科体育館• 市営明科農村広場 交通 [ ] 鉄道 [ ]• - - - - - - - -• 市内には大糸線と篠ノ井線が交わる駅はない。 JTB時刻表では、豊科駅が中心駅として記載されている。 路線バス・デマンド交通・乗合タクシー [ ] 高速バス• - (とを結ぶ路線で、市内では、に停車する)• 花バス観光 - 安曇野(バスタ新宿と安曇野ICを結ぶ)• - (とを結ぶ路線で、市内ではに停車する)• - 長野 - 飯田線(とを結ぶ路線で、市内では安曇野バスストップとに停車する) 新・公共交通システム「あづみん」 日中のを中心に、朝・夕方の定時定路線を組み合わせたもの。 平日運行。 利用する際はあづみん受付センターに電話予約を行う(事前に利用者登録が必要)。 定時定路線 穂高駅・明科駅路線(朝・夕方のみ) 専用駐車場 - 穂高駅前 - 穂高病院前 - 高橋節郎記念美術館口 - 押野 - 塔ノ原 - 明科駅 豊科駅・田沢駅路線(朝・夕方のみ) 長野県安曇野庁舎前 - 豊科駅前 - 安曇野赤十字病院前 - スワンガーデン前 - 安曇野インター東 - 田沢駅前 明科スクールバス兼定時定路線(夕方のみ) 白坂口 - 中田橋 - 李口 - 峰方授産所前 - 松庄入口 - 竹の花 - 花見橋 - 離山 - 小日向口 - 山中 - 沢六 - 天白 - 学校前 - 山十前 - 潮 - 明科高校口 - 会田口 - 明科駅前 福祉バス 穂高地域福祉センター行き、、堀金福祉センター行きの3路線。 乗合タクシー 上田線 運行会社は・・・の4社。 安曇野市内 - 上田駅(上田市)間を往復していたが、2018年3月31日をもって廃止。 貸切料金タクシーでの運行再開は同年6月を予定。 その他市内を運行・通過する路線バス• - 犀川線• - 明科線・安曇野線• - (とを結ぶ路線で、市内では付近に停車する)• (南安タクシー、予約制) かつて運行されていた路線バスなど• (ぐるまるくん)• (堀金)• 道路 [ ] 高速道路• 地域 種別 名称 所有者又は管理者 指定・登録年月日 時代区分 穂高 重要文化財 松尾寺本堂 松尾寺 昭和34年6月27日 室町時代 穂高 重要文化財 北條虎吉像 荻原守衛作 碌山美術館 昭和43年4月25日 明治時代 穂高 重要文化財 曽根原家住宅 個人 昭和48年6月2日 江戸時代 日本アルプス一帯 特別天然記念物 ライチョウ 長野県 昭和30年2月15日 区分なし 日本アルプス一帯 特別天然記念物 ニホンカモシカ 長野県 昭和30年2月15日 区分なし 日本アルプス一帯 天然記念物 ヤマネ 長野県 昭和50年6月26日 区分なし 豊科 登録有形文化財 信濃教育会生涯学習センター 信濃教育会維持財団 平成12年3月2日 昭和時代 豊科 登録有形文化財 法蔵寺鐘楼門ほか 法蔵寺 平成17年12月26日 江戸・明治・昭和 豊科 登録有形文化財 飯田家住宅主屋ほか 個人 平成17年12月26日 江戸 - 昭和 穂高 登録有形文化財 旧高橋家住宅主屋ほか 安曇野市 平成15年7月17日 江戸・明治 三郷 登録有形文化財 宮澤家住宅主屋ほか 個人 平成10年9月25日 江戸 - 昭和 三郷 登録有形文化財 中村家住宅主屋ほか 個人 平成18年4月12日 江戸・明治• 長野県指定文化財 地域 種別 名称 所有者又は管理者 指定年月日 時代区分 明科 県宝 木造日光菩薩立像・月光菩薩立像 光久寺 昭和60年7月29日 鎌倉時代 明科 県宝 泉福寺木造金剛力士立像 泉福寺 平成16年11月22日 室町時代 豊科 県宝 法蔵寺山門 法蔵寺 平成7年2月16日 江戸時代 三郷 県宝 木造聖観音立像 平福寺 昭和52年3月31日 平安時代 穂高 県無形民俗文化財 穂高神社のお船祭りの習俗 穂高神社 平成21年4月20日 区分なし 三郷 県無形民俗文化財 三郷の道祖神祭り(北小倉の御柱) 北小倉区 平成16年11月22日 区分なし 三郷 県無形民俗文化財 三郷の道祖神祭り(上長尾の道祖神祭り〈祭り舞台曳航・鳥追い〉) 上長尾区 平成16年11月22日 区分なし 三郷 県無形民俗文化財 三郷の道祖神祭り(楡・住吉の道祖神祭り) 楡・住吉道祖神祭り保存会 平成16年11月22日 区分なし 三郷 県史跡 多田加助宅跡 個人 昭和35年2月11日 江戸時代 堀金 県名勝 旧山口家住宅 個人 平成21年4月20日 区分なし• 安曇野市指定文化財 地域 種別 名称 所有者又は管理者 指定年月日 時代区分 豊科 市有形文化財 西田幾多郎碑 安曇野市 昭和50年9月1日 昭和時代 豊科 市有形文化財 専念寺の誕生仏1 専念寺 昭和50年9月1日 室町時代 豊科 市有形文化財 住吉山日光寺仁王像 日光寺 昭和53年7月29日 鎌倉時代 豊科 市有形文化財 藤森桂谷頌徳碑 新田区 昭和56年3月31日 大正時代 豊科 市有形文化財 大日如来像 重柳区 昭和56年3月31日 平安時代 豊科 市有形文化財 百体観音 熊倉区 昭和63年3月25日 江戸時代 豊科 市有形文化財 阿弥陀仏 熊倉区 昭和63年3月25日 室町時代 豊科 市有形文化財 下鳥羽本郷の井戸 堰上耕地 平成1年5月23日 明治時代 豊科 市有形文化財 大同神社随身像 下鳥羽大同神社氏子総代主任 平成17年4月1日 明治時代 豊科 市有形文化財 菊花紋道祖神 本村区西村道祖神崇敬会 平成20年1月23日 江戸時代 豊科 市有形民俗文化財 神代文字碑 本村区 昭和50年9月1日 江戸時代 豊科 市無形民俗文化財 福俵 豊科町福俵保存会 昭和54年1月13日 江戸時代 豊科 市無形民俗文化財 田沢神明宮奉納獅子舞 田沢獅子舞保存会 平成8年8月21日 区分なし 豊科 市無形民俗文化財 重柳八幡宮祭り舟 重柳祭り保存会 平成8年8月21日 区分なし 豊科 市史跡 細萱氏館跡 個人 昭和50年9月1日 鎌倉時代 豊科 市史跡 堀屋敷 個人 昭和50年9月1日 室町時代 豊科 市史跡 堀の内 個人 昭和50年9月1日 室町時代 豊科 市史跡 鳥羽館跡 個人 昭和50年9月1日 室町時代 豊科 市史跡 真々部氏館跡 個人 昭和50年9月1日 室町時代 豊科 市史跡 飯田砦跡 個人 昭和50年9月1日 室町時代 豊科 市史跡 法蔵寺館跡 法蔵寺 昭和50年9月1日 中世末 豊科 市史跡 構えの墓地 構えの墓地管理委員会 昭和62年3月23日 室町時代 豊科 市史跡 上ノ山城跡 田沢神明宮 平成7年6月5日 鎌倉時代 豊科 市史跡 光城跡 上川手財産区 平成8年4月4日 戦国時代 豊科 市天然記念物 びゃくしん並びにつるまさ木 個人 昭和50年9月1日 区分なし 豊科 市天然記念物 おおしまざくら 個人 昭和50年9月1日 区分なし 豊科 市天然記念物 大いちょう 吉野区 昭和50年9月1日 区分なし 豊科 市天然記念物 大しだれざくら 個人 昭和50年9月1日 区分なし 豊科 市天然記念物 しだれ桧 吉野区 昭和62年3月23日 区分なし 豊科 市天然記念物 とげなし栗 個人 昭和62年3月23日 区分なし 豊科 市天然記念物 山桑の古木 個人 平成2年8月14日 区分なし 豊科 市天然記念物 田沢神明宮社叢 田沢神明宮 平成4年9月1日 区分なし 豊科 市天然記念物 田沢山の巨大礫 安曇野市 平成5年4月9日 区分不明 豊科 市天然記念物 けしょうやなぎ 熊倉区 平成9年7月2日 区分なし 穂高 市有形文化財 荻原碌山の全作品 碌山美術館 昭和42年7月5日 明治時代 穂高 市有形文化財 正福寺の不動明王像 正福寺 昭和46年12月10日 鎌倉時代 穂高 市有形文化財 耳塚の堂の阿弥陀如来像 耳塚区 昭和46年12月10日 江戸時代 穂高 市有形文化財 東光寺の薬師如来像 東光寺 昭和46年12月10日 室町時代 穂高 市有形文化財 満願寺の微妙橋 栗尾山満願寺 昭和48年1月12日 明治時代 穂高 市有形文化財 満願寺の聖天堂 栗尾山満願寺 昭和48年1月12日 明治時代 穂高 市有形文化財 等々力家の長屋門 個人 昭和54年2月1日 江戸時代 穂高 市有形文化財 等々力家の古文書 個人 昭和54年2月1日 安土桃山・江戸 穂高 市有形文化財 穂高神社の古文書 穂高神社 昭和56年1月30日 戦国時代 穂高 市有形文化財 穂高神社の鷺足膳 穂高神社 昭和56年1月30日 安土桃山時代 穂高 市有形文化財 神楽殿 新屋諏訪神社 昭和57年7月29日 江戸時代 穂高 市有形文化財 鐘の鳴る丘集会所 安曇野市 昭和57年7月29日 区分不明 穂高 市有形文化財 松沢求策の肖像 安曇野市 昭和57年7月29日 区分不明 穂高 市有形文化財 松沢求策関係書 穂高商会関係 安曇野市 昭和57年7月29日 明治時代 穂高 市有形文化財 松沢求策関係文書 安曇野市 昭和57年7月29日 明治時代 穂高 市有形文化財 井口喜源治関係文書 井口喜源治記念館 昭和60年2月15日 明治時代 穂高 市有形文化財 有明山神社の裕明門ならびに手水舎 有明山神社 平成10年11月25日 明治時代 穂高 市有形文化財 穂高神社の手洗石と手水舎 穂高神社 平成10年11月25日 江戸時代 穂高 市有形文化財 穂高神社の神橋 穂高神社 平成10年11月25日 明治時代 穂高 市有形文化財 有明山神社神楽殿の小組格天井板絵 有明山神社 平成10年11月25日 明治時代 穂高 市有形文化財 穂高神社の絵馬 穂高神社 平成10年11月25日 江戸時代 穂高 市有形文化財 新屋公民館前の大黒天と道祖神及び石造群 新屋諏訪神社 平成10年11月25日 江戸時代 穂高 市有形文化財 満願寺の絵馬 栗尾山満願寺 平成14年4月17日 江戸時代 穂高 市有形文化財 有明山神社の詩歌集「残月集」 有明山神社 平成16年3月5日 明治時代 穂高 市有形民俗文化財 絵馬 新屋諏訪神社 昭和57年7月29日 明治時代 穂高 市有形民俗文化財 拝殿修復寄附者名板 新屋諏訪神社 昭和57年7月29日 江戸時代 穂高 市有形民俗文化財 奉額句集 新屋諏訪神社 昭和57年7月29日 江戸時代 穂高 市無形民俗文化財 穂高神社のお奉射神事 穂高神社 昭和60年2月15日 区分なし 穂高 市無形民俗文化財 穂高神社の御船祭りと穂高人形飾物 穂高神社 昭和60年2月15日 区分なし 穂高 市無形民俗文化財 穂高神社式年遷座祭 穂高神社 平成14年4月17日 区分なし 穂高 市史跡 安曇野市ほか 昭和42年7月5日 古墳時代 穂高 市史跡 小岩嶽城跡 小岩岳区 昭和42年7月5日 戦国時代 穂高 市史跡 跡 安曇野市ほか 昭和42年7月5日 明治時代 穂高 市史跡 離山遺跡 穂高カントリー 昭和48年6月6日 縄文時代 穂高 市史跡 研成義塾創設の地跡 安曇野市ほか 昭和48年6月6日 明治時代 穂高 市天然記念物 正福寺のスギ 五龍山正福寺 昭和45年9月5日 区分なし 穂高 市天然記念物 穂高神社大門のケヤキ 穂高神社 昭和45年9月5日 区分なし 穂高 市天然記念物 等々力家のビャクシン 個人 昭和45年9月5日 区分なし 穂高 市天然記念物 樅の木 個人 昭和57年7月29日 区分なし 穂高 市天然記念物 矢原社宮地のマユミ 個人 昭和60年9月10日 区分なし 穂高 市天然記念物 穂高神社若宮西の欅 穂高神社 平成10年11月25日 区分なし 三郷 市有形文化財 阿弥陀如来像 淨心寺 昭和46年9月1日 天正 三郷 市有形文化財 釈迦如来像 一日市場観音堂 昭和46年9月1日 鎌倉時代 三郷 市有形文化財 聖観世音菩薩立像 一日市場観音堂 昭和46年9月1日 鎌倉時代 三郷 市有形文化財 梧竹の額 貞享義民社 昭和46年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 貞享義烈碑 貞享義民社 昭和46年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 花鳥の図 熊野神社 昭和46年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 山姥と金太郎 熊野神社 昭和46年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 大江山酒天童子 熊野神社 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 素盞嗚尊八岐大蛇 熊野神社 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 武者絵 熊野神社 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 福禄寿 熊野神社 昭和49年9月1日 区分不明 三郷 市有形文化財 鎌倉大評定 熊野神社 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 巴御前 熊野神社 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 加藤清正 伍社宮 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 熊谷次郎直実と敦盛 伍社宮 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 後醍醐天皇と名和長年 伍社宮 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 天岩戸 伍社宮 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 源義家 伍社宮 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 山部赤人・柿本人麿 伍社宮 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 宇治川の先陣争 伍社宮 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 日本武尊 住吉神社 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 野見宿禰 住吉神社 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 高砂 住吉神社 昭和49年9月1日 区分不明 三郷 市有形文化財 武者絵 住吉神社 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 金比羅詣 住吉神社 昭和49年9月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 仏画 平福寺 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 唐絵 平福寺 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 千匹馬 平福寺 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 俳句懸額 平福寺 昭和49年9月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 長尾組組手代日記 個人 昭和61年3月31日 江戸時代 三郷 市有形文化財 住吉神社古文書 住吉神社 昭和61年3月31日 戦国時代 三郷 市有形文化財 平福寺観音堂 平福寺信徒総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 熊野神社本殿 熊野神社氏子総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 熊野神社旧八坂社本殿 熊野神社氏子総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 諏訪神社本殿 長尾 諏訪神社氏子総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 諏訪神社本殿 七日市場 諏訪神社氏子総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 伍社本殿 伍社宮氏子総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 住吉神社本殿 住吉神社氏子総代 平成5年10月1日 江戸時代 三郷 市有形文化財 一日市場の屋台 ぶてん・舞台 一日市場区氏子中 平成6年12月1日 明治時代 三郷 市有形文化財 二木の屋台 ぶてん 二木区 平成6年12月1日 区分不明 三郷 市有形文化財 上長尾の屋台 ぶてん 上長尾区 平成6年12月1日 区分不明 三郷 市有形文化財 白山社の屋台 ぶてん 白山社氏子中 平成6年12月1日 区分不明 三郷 市有形文化財 七日市場の屋台 ぶてん 諏訪神社氏子中 平成6年12月1日 区分不明 三郷 市有形文化財 旧小穴家住宅 個人 平成16年7月7日 江戸時代 三郷 市有形文化財 淨心寺の絵馬(巴御前) 淨心寺 平成17年9月9日 江戸時代 三郷 市無形民俗文化財 住吉神社例大祭お船 住吉神社 昭和61年3月31日 区分なし 三郷 市無形民俗文化財 熊野神社例大祭お船 熊野神社 昭和61年3月31日 区分なし 三郷 市無形民俗文化財 野沢祭りばやし 野沢祭りばやし保存会 昭和61年3月31日 区分なし 三郷 市史跡 小倉城址 個人 昭和46年9月1日 区分不明 三郷 市史跡 長尾城址 個人 昭和46年9月1日 区分不明 三郷 市天然記念物 南小倉のシダレヒガンの大木 個人 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 大室のシダレヒガンの大木 個人 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 桑の大樹 個人 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 桑の大樹 個人 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 クロマツ 安曇野市 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 カヤ 安曇野市 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 イチョウ 安曇野市 昭和43年10月1日 区分なし 三郷 市天然記念物 シダレヒガンザクラ 個人 昭和51年3月15日 区分なし 三郷 市天然記念物 住吉神社の社叢 住吉神社 昭和55年3月31日 区分なし 三郷 市天然記念物 ヒマラヤスギ 安曇野市 昭和61年3月31日 区分なし 三郷 市天然記念物 ユリノキ 安曇野市 昭和61年3月31日 区分なし 三郷 市天然記念物 住吉神社御神木「ヒノキ」 住吉神社氏子 平成2年2月16日 区分なし 堀金 市有形文化財 小田多井八幡神社本殿 小田多井区 平成4年4月1日 江戸時代 堀金 市有形文化財 田多井加茂神社本殿 田多井区 平成4年4月1日 江戸時代 堀金 市有形文化財 安楽寺跡宝筐印塔 安曇野市 平成4年4月1日 江戸時代 堀金 市有形文化財 田尻不動堂内目赤不動明王像 田尻区 平成4年4月1日 安土桃山時代 堀金 市有形文化財 下堀諏訪神社 神鏡 下堀区 平成17年8月24日 明治時代 堀金 市有形文化財 松本城 大手門 個人 平成17年8月24日 明治時代 堀金 市天然記念物 山口家庭園 個人 平成4年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 長光寺薬師堂 長光寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 宗林寺本堂 宗林寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 宗林寺山門 宗林寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 雲龍寺本堂 雲龍寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 雲龍寺山門 雲龍寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 光久寺薬師堂 光久寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 名九鬼地蔵堂 名九鬼部落地蔵堂 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 泉福寺本堂 泉福寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 泉福寺薬師堂 泉福寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 五社本殿 光五社 平成6年4月1日 明治時代 明科 市有形文化財 神明宮本殿 神明宮 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 春日社回り舞台 春日社 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 大己社本殿 大己社 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 宗林寺石造宝篋印塔 宗林寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 光久寺石造宝篋印塔 光久寺 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 池桜石造接吻道祖神 池桜部落 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 下押野青柳庵石仏 下押野区 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 小泉梵字庚申塔 小泉区 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 給然寺紙本観経曼陀羅 給然寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 泉福寺絹本十二天画像 泉福寺 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 泉福寺絹本不動明王像 泉福寺 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 長光寺木造薬師如来坐像 長光寺 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 雲龍寺木造大日如来坐像 雲龍寺 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 龍門寺木造聖観音菩薩坐像 龍門寺 平成6年4月1日 南北朝時代 明科 市有形文化財 毘沙門堂木造毘沙門天立像 平部落 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 神明宮木造狛犬像 神明宮 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 漆久保弥勒堂弥勒菩薩坐像 弥勒堂 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 矢越阿弥陀堂阿弥陀如来坐像 矢越部落阿弥陀堂 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 小芹薬師堂薬師如来立像 小芹部落薬師堂 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 上生野観音堂聖観音坐像 上生野観音堂 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 長光寺木造臥竜彫刻 長光寺 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 大庄屋関氏文書 個人 平成6年4月1日 江戸時代 明科 市有形文化財 神明宮日岐盛直神田寄進状 神明宮 平成6年4月1日 室町時代 明科 市有形文化財 泉福寺紙本武田信玄禁制札 泉福寺 平成6年4月1日 室町時代 明科 市史跡 塔ノ原城跡 安曇野市 平成6年4月1日 戦国時代 明科 市天然記念物 荒神社の欅 個人 昭和54年2月1日 区分なし 明科 市天然記念物 金井氏氏神の児手柏 個人 昭和54年2月1日 区分なし 明科 市天然記念物 山の神の傘松 個人 昭和54年2月1日 区分なし 明科 市天然記念物 天狗社の欅 個人 昭和54年2月1日 区分なし 明科 市天然記念物 小日向のクヌギ 個人 平成16年2月24日 区分なし その他 [ ]• 市内個人宅に明治時代に払い下げられた大手門が移築されている。 市有形文化財に指定。 ギャラリー [ ]• (電気工学者)• (著作家、登山家)• (文芸評論家)• (プロサッカー選手)• (バレーボール選手)• (経済学者)• (競輪選手、スピードスケート選手)• (アルパ奏者)• (作曲家、編曲家)• (漫画家)• (飛行士)• (作曲家)• (女優、タクシードライバー)• (教育者)• (政治学者・政治家)• (社会学者)• (文学者)• (作家)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (作曲家、編曲家)• (化学工学者、元総長)• (教育者)• (彫刻家)• (教育者)• (紡績機の発明家)• (画家)• (化学者、学長)• (登山家)• (ジャーナリスト、評論家)• (詩人)• (映画監督)• (アナウンサー)• (官僚)• (アナウンサー)• (医師)• (陸軍少将、歌人の父)• (官僚)• (医学者)• (学者)• (アナウンサー)• (実業家)• (選手)• (の、医師)• (芸家)• (実業家)• (実業家)• (実業家)• (治水家)• (彫刻家)• (医師、元会長)• (政治家、法務大臣)• (女優)• (翻訳家)• (陸軍中将)• (写真家・映画監督・彫刻家)• (啓蒙家・文人画家・教育者・政治家)• (ドイツ文学者)• (経済学者)• (建築家)• (新聞記者・編集者、活動家)• (経済学者)• (ジャーナリスト)• (教育者)• (俳優)• (アナウンサー)• (ジャーナリスト)• (篆刻家)• (児童文学者)• (画家)• (ドイツ文学者)• (漫画家)• (官僚)• (プロ野球選手)• (実業家)• (哲学者)• (政治家)• (政治家)• (声優)• (アナウンサー)• (官僚)• (作家)• (文学者)• (政治家) 安曇野市を舞台とする作品 [ ]• 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 東金市. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 三郷市. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 江戸川区. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 武蔵野市. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 タウンニュース 2014年12月5日. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 三郷町. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 2012年10月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年3月8日閲覧。 安曇野市. 2017年3月8日閲覧。 アルピコ交通. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月21日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月21日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2018年4月1日. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市タクシー運営協議会. 2018年4月5日閲覧。 安曇野市 2015年11月12日. 2018年4月5日閲覧。 アルピコ交通 2011年10月1日. 2018年4月5日閲覧。 2018年4月5日閲覧。 安曇野市観光協会. 2018年4月6日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連する地理データ -.

次の

緊急告知機能付き防災ラジオ|あづみ野エフエム|長野県 安曇野市 コミュニティエフエム

安曇野 市 停電

カンタン予備電源で安曇野市でも停電対策の常識が変わる 停電時、乾電池に頼るだけでは 昔と変わらないですね。 近頃は、 カンタンに使える 予備電源(非常用電源)があります。 燃料の準備が 面倒だったり、音が気になったりという、自家発電機とは違います。 ソーラー発電で バッテリーを充電しておくだけ で、 停電時にコンセントで 電気が使える仕組みです。 バッテリー専門店が開発した商品のため、バッテリーのコストが低く、価格も手頃です。 ネット通販で 購入できるため、安曇野市の あなたの停電対策にも便利です。 普段は アウトドアでの電源としても使えるので、レジャーと 防災を 兼ねて持っていると便利です。 予備電源で停電時の常識が変わる 「 安曇野市の停電がいつまで続くのか?」 ラジオだけの情報では欲しい情報が手に入りにくいことも。 でも予備電源でパソコンとネットが使えれば、電力会社のホームページを直接調べることもできます。 いつでも充電できるなら、 バッテリーを気にせずに ケータイやワンセグ が使えます。 大事なところへの連絡や、情報収集の力に。 ロウソクや懐中電灯でできることは少ないですが、照明が使えれば、必要な物の確認や 片付け等も進みます。 照明で気分的にも 不安が和らぎます。 自家発電機ほど大きくなくても、ある程度の予備電源で、停電中の ストレスや 被害は軽減 できますし、停電後も 復旧が早い です。 「予備電くん」シリーズ 名称 概要 備考 予備電くん• 車用のバッテリーに充電するタイプで、もっとも価格を抑えた非常用電源セット• ノートパソコンやLED照明が5~6時間使えます• 29,800円 税込 予備電くん2• ディープサイクルバッテリーに充電し、より繰り返し利用にも適したタイプ• ノートパソコンが10~15時間使えます• 69,800円 税込 ソーラー 予備電くん• ソーラー&充電器でディープサイクルバッテリーに充電する非常用電源セット• ノートパソコンが10~15時間使えます• 49,800円 税込 予備電くんプロ• 大容量のディープサイクルバッテリーで本格的な非常用電源• デスクトップPCやマイコン制御の家電機器、精密機器などにも使える正弦波インバータ• 1000ワットの使用で2時間前後使用できます• 248,000円 税込 !注意! デスクトップPCやマイコン制御の機器、精密機器などの場合、電気仕様が矩形波タイプの【予備電くん】などでは相性が悪いため、その場合は正弦波インバーターの【予備電くんプロ】が適切です。 !解説! ディープサイクルバッテリーは、キャンピングカーの補助バッテリーなどで利用され、自動車用バッテリーより、深く充放電を繰り返すことに優れます。 情報ピックアップ この予備電源、長野県安曇野市だけじゃなく、お隣の松本市、大町市、池田町、松川村、筑北村、生坂村の方にも役立ちます。 (長野県安曇野市豊科4932番地46) 、 、 、 など。 停電後の通電の際の注意 地震などによる停電。 解除となり通電が始まると一安心です。 でも、この通電時に火災が発生する事があるようです。 つまり、電化製品や配線の破損が原因で漏電やショートを起こし火事となるケースです。 これを防ぐには停電中に一旦ブレーカーを落として、通電前までに電化製品や配線に異常がないかをチェックしておくことが大事です。 停電時はケータイが重宝につき 停電時の電話やメール、ワンセグ、ネットをつかった情報収集など、携帯電話が1台で何役も活躍です。 できればバッテリを気にせずに使いたいのですが、停電時は充電が課題。 乾電池や自動車からの充電ができる便利なグッズもありますので、念のために持っておくと安心かもしれませんね。 集合住宅や団地でも停電対策として使える非常用電源(予備電源)が話題です。 ソーラーや家庭用電源でバッテリーに充電し、停電時にコンセントで電気が使える仕組みがあります。 燃料を使ったり、騒音が気になる自家発電機の使用には問題がある集合住宅や団地でも停電時の電気をあきらめるのは早いかも。..... アレルギーの方や、家族がアレルギーの場合、停電が続いて空気清浄機などが使えないと困ることも。 そこで便利なのが、カンタンに使える予備電源(非常用電源)です。 燃料の準備や音が気になる自家発電機と違い、ソーラーなどでバッテリーに充電しておき、停電時にコンセントで使える仕組みのものがあります。..... グッピーの飼育では水槽システムで電気を要します。 急激な水質変化に敏感なこともあり、飼育では温度管理や水質管理などに電気を要します。 長い停電は困ります。 近頃はカンタン・手軽な予備電源(非常用電源)もあります。 停電に備えましょう。.....

次の