徒歩30分 自転車。 徒歩所要時間

徒歩と自転車、ダイエットにはどっちが効果的?その速度と時間

徒歩30分 自転車

数ヶ月で体も程よく引き締まってきます。 ダイエットには最適な距離。 慣れてしまえばノンストップで走りきれる距離です。 体もかなり引き締まります。 他の手段との併用で部分的に自転車通勤を検討したほうがいい距離。 始める前に実際に通勤経路を走り、信号待ちにどれくらいの時間を費やすのかを確認しておきましょう。 距離が近くても、大通りをいくつも渡らなければならない場合、かなりの時間が信号待ちに費やされることになります。 しかし、そんなときこそ自転車ならではの自由度を生かしましょう。 できるだけ信号を避けて最速で通勤できる抜け道を探し当てれば、かなりの時間を短縮できます。 10kmくらいの距離なら、渋滞にハマるクルマより早いなんてことも十分ありえます。 距離以外の問題点「坂」 「距離は近いけど、通勤経路には上り坂ばかり・・・」と躊躇している方もいるのではないでしょうか?しかし、それはママチャリのイメージです。 スポーツ自転車はギア数が多く、軽いギアで走れば、たいていの坂は立ちこぎせずに登れてしまいます。 それでも自身がないという場合は長距離でも急坂があっても心強いという選択もあります。

次の

徒歩30分って、自転車だと何分くらいかかるの?目安を知りたい!

徒歩30分 自転車

徒歩30分は自転車で何分かかる?簡単な算出方法を教えます!• 超便利!自転車での経路などを調べられる アプリ• 徒歩と自転車でダイエットに効果的なのはどっち?• 万が一に備えておきたい! 自転車保険ってどういうもの?• 自転車に乗るなら 知っておきたい禁止事項 日常的に使う乗り物として、自転車を使っている方は多いと思います。 私の場合、あまり長い時間歩かないので、 徒歩30分といってもどれくらいの距離なのか検討がつきません。 この機会に、 徒歩と自転車でいける距離の目安を把握して今後に役立てたいと思います。 それでは、早速徒歩30分の距離は自転車でどのくらいの時間がかかるのかみていきましょう! 目次• 徒歩30分は自転車だと何分くらいかかるの?目安を知りたい! 自転車で何分かかるか…を考える前にまず、 徒歩30分の距離を調べてみたいと思います。 8kmと決められていて、それに基づいて徒歩何分かかるかを算出しているわけです。 不動産業界で使われている徒歩の平均時速を元にして、徒歩で移動できる距離を算出してみましょう。 徒歩30分で移動できる距離を算出する それでは、さっそく徒歩30分の距離を計算してみますと…。 時速4. 8kmということは 1時間で4. 8km歩くので、30分歩く場合は1時間で歩く距離の半分で 2. 4kmですね! これで 徒歩30分の距離とは2. 4kmだとわかりました! 次は、自転車の時速が分かればOKです。 徒歩の距離から自転車でかかる時間を算出する 自転車の速度も、自転車の種類やこぎ方によっていろいろありますが、 平均時速は15kmだそう。 時速15kmで走る自転車で2. 16時間です。 16=9. 6になるので、 0. 16時間は9. 6分です。 つまり、徒歩30分の距離を自転車で行くと 約10分かかるということになりました! いや~、時速と距離の計算を真面目にやったのはいつ以来でしょうか。 ただし、自転車を漕ぐスピードは人によって異なりますので、あくまで目安ということは頭に置いといてくださいね! 参考:徒歩と自転車の時間換算一覧 徒歩30分だけでなく、他にもよく見かける徒歩何分の場合は何km移動でき、自転車でどのくらいかかるのか、時間換算表を作ってみたので参考にしてください。 徒歩(時速4. 6km 約38分 これで、徒歩30分は自転車で何分かかるのかという疑問は解決できました! でも、他にも目的地まで自転車で何分かかるか気になるときってありますよね! 今や、スマホにアプリをダウンロードすればいろいろなことができる時代です。 何か自転車での経路などを調べるのに便利なアプリはあるのか気になったので調べてみました! 自転車ルートの所要時間を知りたいときの便利アプリならコレ! Googleマップは、徒歩や車、電車ごとに経路や所要時間を表示できるので便利ですが、 残念ながら自転車での所要時間はわかりません。 海外では、Googleマップで経路を検索した場合、自転車専用道路でルート表示してくれる国もあるようです。 でも、日本には 自転車専用道路が十分に整備されていないのでまだ使えません。 なので、自転車での経路や所要時間を知りたいときは、ルート検索サイト大手の「NAVITIME」が提供している 自転車NAVITIMEアプリがオススメです! 自転車NAVITIMEの特徴 自転車NAVITIMEは、坂道の少ない道優先や、裏道優先などで道を検索することができます。 音声ナビをしてくれるので、スマホを見なくても大丈夫です。 — 2015年 6月月23日午前9時42分PDT 走ったあとは、このように経路と走行時間・距離まで教えてくれます。 さらに、消費カロリーも知ることができるのでダイエッターには嬉しいですね! 自転車NAVITIMEは、iPhoneとAndroidのどちらにも対応していますので、Apple StoreとGoogle Playからそれぞれインストールしてください。 アプリは、今成長を遂げている分野なので、自転車に関するアプリも今後どんどんでてくると思います。 また、日本でも自転車専用道路が少しずつですが整備され始めています。 今後、ルートによってはGoogleマップでも自転車での所要時間が換算されて、経路も調べられるようになるかもしれませんね。 ところで、先ほど自転車NAVITIMEでは消費カロリーも教えてくれるとお伝えしました。 自転車を漕ぐのは、けっこうな運動になりますが、歩くほうがダイエットになる気もします。 実際のところ徒歩と自転車、ダイエットに効くのはどちらなのでしょう? 万年ダイエッターとしては気になる問題なので早速調べてみました! 徒歩 vs 自転車!これからダイエットしたいならどっち? ダイエットには徒歩と自転車、どちらが有効なのでしょうか? ダイエットに費やせる時間が限られているので、できるだけ効率よく痩せられる方が良いと考える人も多いですよね。 そこで、徒歩と自転車で消費カロリーが多いのはどちらなのか調べてみました! 徒歩と自転車の消費カロリー比較 消費カロリーを計算する場合は、運動量を示す単位としてMETs(メッツ)を使用するのが一般的です。 05】になります。 METsは運動の状況によって細かく定められていますが、「国立健康栄養研究所の身体活動のメッツ表」によると、 徒歩(時速4. 5~5. 1km、ほどほどの速さ、平らで硬い地面を歩いている)の場合は 3. 5METs、自転車(レジャー、時速15. 1km)の場合は 5. 8METsになります。 この条件で体重50kgの人が消費するカロリーを比較してみましょう。 05= 91kcal】 徒歩と自転車で同じ距離を進んだ上記の条件の場合は、 自転車よりも徒歩のほうが消費カロリーは約2倍も高いことがわかりました! つまり、通勤等毎日同じ距離を通う場合、自転車よりも徒歩で通ったほうが大きくカロリーを消費できるというわけですね。 といっても、ダイエットに効く運動は千差万別です。 長らく運動不足で、少しだけ体重を落としたいという場合は自転車でも効果はあります。 自転車でもより効果的にダイエットを行う方法 自転車は体全体で体重を支えるので 負担が少なく、徒歩よりも疲れにくいですが、自転車に正しい乗り方をして漕ぐだけで、全身を絞ることもできます。 ダイエットには徒歩のほうがいいとは言え、体重が重すぎる場合は膝に負担がかかることもありますし、仕事に行く前に疲れたくない、という方もいらゃっしゃいますよね。 05= 152kcal】 このように、徒歩と自転車を同じ時間行うのであれば、自転車の方が効果的にカロリーを消費できることがわかります。 適度な運動、という視点でみれば自転車に乗ることは意味があると思います! ところで、先日新聞でこんな記事を見ました。 自転車と歩行者がぶつかり、自転車に乗っていた人に多額の賠償金が請求されたというニュースでした。 自転車は 法律で軽車両にあたりますので、事故を起こせばほとんどの場合 自転車に乗っているほうが加害者となり、損害があればその補償をしなくてはいけません。 なので、 自転車事故に対応した 保険に入っておくことは大切なことです。 せっかくなので、自転車に関する保険についても見ていきましょう! ちゃんと入ってる?自転車に乗るなら自転車保険に加入するのが常識! 保険の大切さは、改めて説明しなくても皆さんよく分かっておいでだと思います。 でも、保険って難しくってよくわからないし、きっかけもないので自転車保険には加入していない…という方もいらっしゃいますよね。 実は私、損害保険募集人の資格を持っておりまして、ちょっと保険には詳しいのです! 簡単にですが、自転車保険についてとオススメの保険についてご説明したいと思います。 自転車保険ってなに?どういう保険に入っておけばいいの? 自転車に乗っていて事故を起こしてしまった! そんなときに 、自分がケガをしてしまった場合の治療費、もし誰かにケガをさせてしまった場合は、相手側の治療費や損害賠償などを保障してくれる保険に入っておくと安心です。 そういった保険にはこのようなものがあります。 自転車保険• 自動車保険やクレジットカードの保険の オプション(特約)として加入できる自転車保険• 生命・火災保険等の特約として加入できる 個人賠償責任保険 いかがでしょうか? 自転車保険はなんとなくイメージしやすいかと思いますが、特約として加入できるやら、個人賠償責任保険やらになるとなんのこっちゃ!と思われる方も多いと思います。 1つずつ簡単に説明しますのでぜひご覧ください。 自転車保険 その名の通り、自転車に乗っていて事故を起こした場合、自身のケガ、もし相手をケガなどさせてしまった場合はその補償、さらに自転車が壊れたり、自転車をぶつけて物を壊した場合にはその補償を行ってくれる保険です。 自転車保険と銘打ってありますので、 自転車に乗っているとき以外には使えない商品がほとんどです。 ただし、自転車事故に特化している分、もし事故を起こしてしまった場合の保証やケアは充実している場合が多いです。 自動車保険等のオプション(特約)として加入できる自転車保険 特約は主契約(自動車保険なら自動車に関する保険契約)にプラスしてつけられる保険で、 特約だけの加入はできません。 また、主契約を解約すると、特約も解約されてしまいます。 ただし、保険はいくつも入ると手続き等が大変です。 もし、加入している保険の特約で、手ごろな自転車保険があるなら加入を検討してみてもよいでしょう! 個人賠償責任保険 自転車とは全く関係のない単語がでてきましたが、これも 自転車関連の事故の補償に使える保険なんです。 個人賠償責任保険とは、自分が何かを壊してしまったときなどの補償に使える保険です。 例えば、友人の家のテレビを誤って壊してしまった場合、テレビ代を補償するのに使えます。 自転車での事故についても、この保険で賄えることがほとんどです。 個人賠償責任保険は、単独の契約より 生命保険や火災保険などの特約になっていることが多いです。 自転車保険は、自転車の事故のみに適応されることがほとんどですが、個人賠償責任保険だと自転車以外の損害にも使えるので、ライフスタイルによってはこちらの保険をオススメします。 埼玉県のように自転車保険への加入を義務化している自治体もありますし、学校では自転車保険に入ることを勧められることもあるようです。 全ての交通事故の2割が、自転車による事故だそうです。 出合い頭による事故が多いので、お互いスピードを出した状態ということもあると思います。 そうなれば、事故の被害も大きくなってしまいますよね。 万が一自転車事故を起こした場合、多額の治療費や賠償金が必要になりますので、ぜひ自転車事故に対応できる保険には加入しておきましょう! でも、どんな保険に入ればいいの?と悩む方もいらっしゃると思うので、数ある自転車に関する保険の中からオススメのものをピックアップしてみましたので参考にされてください! オススメの自転車事故を補償できる保険 自転車事故を補償してくれる保険はたくさんあります。 その中でも、オススメしたい保険を2つを紹介させていただきます! au損保の自転車保険 月々の掛け金は360円から、個人賠償責任補償は2億円以上で、 示談の代行をしてくれるという自転車保険です。 実際に事故が起こると、被害者の方と話し合いを頻繁にもつことになります。 加害者として被害者の方、あるいはご家族の方と会うのは、大変つらいもの。 示談の代行をしてくれるのは、とてもありがたい制度だと思います。 掛け金が手ごろところが、嬉しいですね! 生協の入院保険+損害賠償保険(特約) 私が保険会社に勤めているときに、様々なお客様の保険の見直しに携わりました。 その中でも、これは!と思ったのが全国にあります 生協の損害賠償保険です。 損害補償保険のみでは加入できないのですが、家族の誰かが生協の入院保険等に加入すると、同世帯者全員に適応される損害補償の特約をプラス140円でつけることができます。 我が家は子どもが生協の入院保険に加入しており、その保険に家族全員に使える損害賠償の特約をつけております。 生協に加入する際に、出資金が必要になりますが1,000円以上というところがほとんどです. こちらの掛け金については、それぞれの保険や加入される人の年齢・性別によって変わってきますので、ご興味がある方は近くの生協までお問い合わせください! 自転車に関する保険といっても、こんなに選択肢があるのですね! 保険は、自分のライフスタイルや家族構成などで必要なものが変わってきますので、保険については家族としっかり話し合いをして加入するかどうかと決めましょう。 保険に加入することも大切ですが、 まずは事故を起こさないことが重要ですよね。 子どもに関する保険といえば学資保険についてはこちらをご覧ください。 最後になりますが、自転車運転の走行マナー等についておさらいしておきましょう! 自転車運転中にしてはいけないことって?違反行為とマナーを再確認しておこう! 自転車に乗るときもマナーは大切です。 さらに、 2015年に道路交通法が改正され、自転車の運転に関しても禁止事項が増えました。 今まではマナー違反ですんでいたことも、罰金をとられるようになっているかもしれません! 今一度、道路交通法で禁止されている自転車の違反行為について確認しておきましょう! 2015年の道路交通法改正で変わったこと・抜粋 知らなかった!ではすまないのが法律です。 自転車に関する法律違反を確認していきましょう!• 自転車運転中に一定の基準を超える違反行為を3年で2回以上摘発されると講習を受けなくてはならない( 対象は14歳以上)• イヤホンやヘッドホンの禁止(地域の条例もあり、違反とならないところもある)• 道路は車道(例外事項あり)の 左側を走行する• 飲酒運転• スマホ等を操作しながらの運転• 傘差し運転• 夜の無灯運転 など 今まで、 マナー違反ですんでいたことも違法行為となっているものがありますね。 まだまだ街では、このような行為をしている方もいらっしゃいますが、 法的には罰金対象になる行為です。 絶対にしないように気をつけましょう! 自転車に乗るなら大切にしたいマナーって? マナーを守った運転は気持ちがいいものですし、事故の確率もぐんと減ります。 自転車に乗る場合に気をつけたいマナーはこちらです。 徒歩30分の距離は自転車で約10分かかる• 同じ距離なら徒歩の方がダイエットには効果的• 同じ時間なら自転車の方が消費カロリーが多い• 自転車保険には、加入したほうがいい• ダイエット目的であれば徒歩が良いですが、体重が重すぎる場合は膝に負担がかかってしまいます。 自転車は体重を体全体で支えることができますし、適度な運動にはなるので、 自転車での運動もオススメです! また、自転車ルート検索アプリをスマホに入れておくといろいろな場目で役立つかと思います。 万が一に備えて自転車保険に入ることはとても大切です! まだ入ってらっしゃらない方は、せひこの機会に加入をご検討ください。 ちなみに、 自転車保険等の損害保険は、 何口入っていても治療や保障にかかった金額しか給付されません。 どういうことかというと、もし事故を起こして総額100万の治療費等がかかったとします。 3種類の自転車保険に加入しているからといって、3社からそれぞれ100万の給付金が受け取れるわけではありません。 入院や死亡時の保障とは異なりますので、注意してくださいね! 最後に、道路交通法で禁止されている自転車走行に関する行為もしっかり確認しておきましょう。 私も、まだ子どもにこういったことを詳しく教えてなかったので、しっかり機会を作って話したいと思います。 それでは、子どもの発表会の場所まで自転車だと駅から約10分かかることがわかりました。 そこから逆算して、家の出発時間等を決めて発表会当日に望みたいと思います。

次の

全身整体・リラクゼーション|もみほぐし千川店は千川駅から徒歩30秒

徒歩30分 自転車

徒歩30分の距離は何キロ(何km)なのか?歩数は? それでは、徒歩30分の距離は何kmなのかについてまず確認していきます。 ここで30分は1時間の半分に相当するため、 徒歩で30分は約2km(キロ)程度と考えるといいです。 そして、平均的な歩幅は約70cm程度であることを考慮すると、徒歩30分=2km=2000m=200000cmを70で割った約2857歩程度の歩数でいける距離といえます。 徒歩で30分は自転車では何分くらい?【歩いて30分】 そしてこの徒歩30分(約2キロ)は自転車ではどのくらいの時間で移動できるのでしょうか。 なお、信号等でのロスを考えていないために、厳密にはこの数値から前後しますが、おおよその目安としては上述のもので問題ないです。 徒歩30分は車(自動車)では何分?【車だとどのくらい?】 続いて、徒歩30分の距離を車で移動するケースも考えてみましょう。 そのため、徒歩で30分の距離を車で移動できるのであれば、十分に近い距離といえるわけです。 徒歩30分は通勤で通える?遠い? このように徒歩30分は約2キロ程度であり、徒歩での通勤などで毎日通うにはだいぶ遠い距離かなと個人的には思います。 もちろん自転車でいける場合は、数分程度ですので十分に近いといえるでしょう。 よって、歩いて30分が必須の場合、ウォーキングとして余裕ある際に行う分にはいいですが、毎日の通勤で行うのは避けるといいです。 まとめ ここでは、徒歩30分の距離は何キロか?自転車や車で移動するとどのくらいかかるのかについて確認しました。 徒歩30分の距離は約2kmであり、自転車では8分程度、自動車(車)では4分程度といえます。 そのため、通勤時に徒歩で移動となると雨が降った際などはだいぶきついので、遠いと感じることが多くなります。 適切に距離を把握して、毎日の生活に役立てていきましょう。

次の