やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ。 「俺ガイル」全巻ネタバレ紹介【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)のネタバレ解説まとめ

やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ

終わりました。 おわりました。 やはり俺の青春ラは間違っている。 14巻について 雪ノ下エンドでしたね。 雪乃さん、めっちゃ可愛かった 語彙。 八幡もこじらせててたけど頑張った感じ。 まだ12-14巻通してもう何度か読まないと感想きちんとかけないのですけど、14巻だけ何度か読み返した感じ。 個人的にはSS読みまくっているせいでキャターの性格がよくわかんなくなっててちょっとわかんないや。 いろはさんとかねぇ。 最初に思ったのは辛すぎるって。 このまま三人でしていけば良いんじゃないかなぁ、ってSS脳は妄想が出るくらいが辛いよね。 なんだろう、彼女、どうやって自分に折り合いつけて生きていくんだろうと心配。 初恋は実らないものですけど。 フォーマットバリバリで始まって一瞬文学作品かな、ってところまで深化したけど結果としてフォーマットに収まってしまってなんだかちょっと残念です。 個人的には1巻から追いかけてて、年取ったなぁ、って思いつつ、これだけまたせたのだから爪痕残してほしかった感じもありつつ。 多分忘れてしまうなぁ。 悪い意味で忘れてしまう感じ、わかりますかね?何も残らなかった。 エンタメから抜け出そうとしてエンタメに収まってしまった残念感ね。 映画化すればよいのに。 冴えカノmemorial2 もう、メタがメタでなんかよくわからないけど、フォーマットで全開まで楽しませてくれた作品。 奇をてらわず、面白いでしょって、面白かった。 「終わり」をきちんとできる作品って最近本当に少ないから良かったねぇって。 恵がかわいい、とかみんな言うけど、自分としては恵可愛い的要素は結婚して嫁から摂取できているので実は後半そんなに響かなったり。 やっぱこれ童貞マインド持ちの独身オタクのための作品なんだなぁと。 そういえば童貞マインドの独身オタクだったなー。 いまはもう別の生き物になってしまったけど。 冴えカノで自分が響いているのはクリエイターの真摯さというか、一生懸命生きているところだよね。 ほんと「頑張ろう」ってなる。 べつにクリエイターとかじゃないけど、人生前向いて生きていこうって。 そういうところ丸戸さん、マジで書いているんだよね。 そこだけマジ、みたいな 作品の構造はすごいなー、すごいなー、って感じがする作品でした。 ゲームを作るんだけど、それは実生活とリンクしてて、という作品の中をメタで現実がいじるみたいな重層構造のメタ、メタがメタでもうわけわからなくなるんだけど 意味不明に 浮き出てくる生々しさというか、これはすごい文章技術。 エロゲ界隈でレジェンドだったと思うけど、その他と最高傑作更新するってすごいって。 最初から最初までエンタメに徹して、楽しませてくれたところがすごい。

次の

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。聖地巡礼その18

やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ

祝完結! わたりんと言えば、人気作家ブロガーだったのに、押しも押されぬ大先生になるとは到底思わなかったぜ……。 まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。 季節はまた春を迎えようとしていた。 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。 いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。 シリーズ完結巻。 思えば、1巻を買った時は高校生だったんだなぁと思うと歳を取るのはおっそろしく早いなと思う訳です。 いや、これは絶対に売れるとは思ったけど、まさか、ここまで人気が出るとは思わなかった。 やっぱりアニメの力って偉大だと思います。 話の展開としては概ねの予想通り、 雪ノ下ルートさんへ。 (ネタバレ防止のため反転しました? あんまり効果ない? これは気分でつけているのだ。 実際に効果を発揮しているかは知らん)だから詰まらないというわけではなく、如何にしてその結論に辿りつくか、がむしろ重要であって、極端な話、もう一人の方へ行ってもなんら構わないわけです。 俺としては、あと一人の方でも全然良かったんだけど、まあ、それはないとして。 いや、いいと思うんです。 実際問題。 いい子だしね。 さて、俺ガイルがまだまだ「はまち」という略称を名乗っていた時代は、かなりの割合としてがブログをやっていた時代なのであるけれど、正直、かなり面白かった。 まだまだ売れてはいたけど、爆発的な盛り上がりを見せていなかった時代、ガガガ大賞授賞式でを知っている人が大抵「ブログ見てます!」と挨拶していた時代である。 今はもう、ブログ自体は削除されていて、魚拓やら何やらで残されているものを見るしかないけれど「俺ガイル」しか知らない人はぜひとも探してみて欲しい。 めっちゃ面白いから。 ブログ面白い作家は、、がいるからあと一人、二人見つけてめっちゃ格好いい漢字を並べてほしい。 ちなみにも全然更新してない。 けど、からあの黎明期を支えた「生徒会探偵キリカ」の新作が出るのでそこはめっちゃ期待してくれ。 さて、賢明な読者ならおわかりだと思うが、この巻の内容には全く触れていない。 俺も人のことを言えないのだが、典型的なオタクに成り下がっている。 特に想い出話に浸っている時点で。 ドラマCDのオーディオドラマとかそういえば前のPCからサルベージしてないなとかね。 そもそも二人の関係性とか三人の関係性とか、そういうのは意識高い系の人に任せればいいのだ。 そういう人は腐るほどいるだろう。 妥当性はかけらもないが。 一個人としての意見としては、物語の終わりなんてものは往々にして、盛り下がる。 まして、これほどの長編になってしまうと、最大の盛り上がりどころは、当の昔に過ぎ去っているわけだ。 俺だって、この作品の一番面白かった巻を挙げるなら、この巻ではないことは明らかだ。 多分、6巻か9巻を挙げると思う。 酷い言い方をしてしまえば、俺にとってこの作品はそこで終わってしまったのだ。 それ以降も読んではいるけれど、記憶が朧気で、そういうところが何というか少し残念だなあと思ってしまうわけだ。 勢いよく激しく燃えた熱量は、きっと俺の中の燃料を燃やし尽くしてしまったかのようだ。 だから、こうして最終巻を読み終えた後、その期間は何もしていなかったのではなく、ひたすらに余韻を楽しんでいたのかもしれない。 映画を見た後のエンドロール、あるいは、すっかり弱まった焚火を見ているかのように。 俺は、一巻からずっとこの本を追い続けた人の一人で、きっと大勢とゴールテープを一緒に切ったと思う。 けれど、この世界には、アニメの三期をきっかけに読み始めて、遥かに速いペースでゴールテープを切る人がいるだろう。 その中には、きっと俺が感じた熱量をそのままに走りきる人もきっといるはずだ。 別段、俺の熱量が凄まじかった、という話ではない。 ただ、自分が感じた熱量を、自分より遥かに圧縮した期間で楽しむというのは、どういう気持ちなのだろう、と思った次第だ。 それだけはもう、俺が味わうことのできない楽しみ方だから。 ノシ mayakun.

次の

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (14) (ガガガ文庫)

やはり 俺 の 青春 ラブコメ は まちがっ て いる 14 ネタバレ

今回は小説『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14』を紹介します。 2019年11月19日にガガガ文庫より発売されました。 あらすじ まちがい続ける青春模様、シリーズ完結。 季節はまた春を迎えようとしていた。 同じ日々を繰り返しても、常に今日は新しい。 言葉にしなければ伝わらないのに、言葉では足りなくて。 いつだって出した答えはまちがっていて、取り返しがつかないほど歪んでしまった関係は、どうしようもない偽物で。 過ぎ去った季節と、これから来る新しい季節。 まちがい続ける物語が終わり……そしてきっとまだ青春は続いていく。 シリーズ完結巻。 『あやかしがたり』、『ガーリッシュナンバー』、『クオリディア・コード』など、人気ライトノベルに留まらず、アニメ脚本なども務める作家・渡航。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 』は通称「俺ガイル」あるいは「はまち」と呼ばれています。 ジャンルは高校学園ラブコメであり、ひと癖抱えている各キャラクターの可愛くも明瞭なイラストが挿入されています。 アニメ化などメディアミックスも盛んであり、累計発行部数1,000万部を突破する大人気シリーズです。 感想 第14巻のポイントとして、12巻から続いているシリーズ最終章のテーマ、主要登場人物である比企谷、雪ノ下、由比ヶ浜の3人の関係性を正す物語です。 それは学園プロム(プロムナード;ダンスパーティ)を巡ることで進行してゆき、ついに本巻で結末を迎えます。 ストーリーの序盤は、前巻までの流れで雪ノ下が提案したプロムが無事開催されることとなり、それに携わった各キャラクターを労いつつ卒業式などのイベントが過ぎ去ってゆきます。 中盤では、由比ヶ浜のお願いを聞く際にラブコメが起こりつつもプロムの準備・開催といった実務的な仕事が降りかかり、比企谷たちはそれに奔走してゆきます。 そして本来の目的を遂げた奉仕部の、あるいは3人の関係性に終止符を打とうとします。 しかし終盤、とある出来事によって再度プロムが開催されることになってしまいます。 ただ比企谷たちはこれまでの経験を活かし、自分自身や周りの人物との関係性を乗り越え、そして新学期を迎えてゆきます。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 14』、まとめです。 本作はラブコメを背景にしつつも、こじれた青春群像劇を貫き通しました。 プロムの開催に際しての物事の関係性はやや複雑で読みにくい部分もありますが、くすりと笑えるジョークで支えられています。 シリーズは完結しますが、彼らの青春はまだまだ続いていくような、とても余韻の残る内容でした。 要約 由比ヶ浜に相談した比企谷は、ついに雪ノ下に告白することを決意する。 由比ヶ浜は比企谷への思いの言葉を飲み込む。 比企谷の行動により再びプロムを開催する必要が出てきてしまうが、雪ノ下や由比ヶ浜をはじめこれまでの友人との協力により2度目のプロムも無事成功する。 その終わり、雪ノ下は比企谷に告白し、彼と彼女が一緒に居られる理由を作る。 新学期を迎えて比企谷の妹・小町が奉仕部の部長となって活動を引き継ぐ。 そこに由比ヶ浜が現れ、「あたしの好きな人にね、彼女みたいな感じの人がいるんだけど、それがあたしの一番大事な友達で……。 …… でも、これからもずっと仲良くしたいの。 どうしたらいいかな?」と相談し、彼らの青春は続いてゆく。 感想(ネタバレあり) 長ったらしい部分もあり、消化不良な箇所もありますが、総じてよくまとめたと思います。 比企谷と雪ノ下が関係性を新たにするのは当然の流れだと考えており、そこに由比ヶ浜との関係性を(ちょっと粗雑ながら)うまく落ち着かせた、という印象です。 ただやっぱり、彼らがいう「本物」、「パートナー」、「距離や時間や仕事で忘れる」というのは、考えとしてはもっともなのですが、実際に体験してみると案外違う結果になるものだと思います。 もちろん、彼らはフィクションの住人なので体験できないわけですが、一方ではフィクションでもあるので、エピローグで彼らの高校卒業後の一幕があった方がより物語の妥当性が際立ったと考えてしまいます。 プロムの話は本当にややこしいです。 プロムの課題が雪ノ下と母親の親子問題にリンクしていますし、イベントの規模も学内に留まらず保護者会や他校との連携まで話が広がっています。 かつ比企谷たちは再びプロムを企画開催し、それは物語的には納得のいく展開ではありますが、読み手としては「さっき終わったプロムをまたやるのかよ」と愚痴をこぼしたくなるくらいの焼き増し感が否めません。 『俺ガイル』のキャラクターの関係性にはおおよそ収拾が図られていますが、雪ノ下雪乃の姉である陽乃については、彼女だけケリが付いていませんし、救われていないように感じます。 彼女はおそらく比企谷と雪ノ下のように「本物」を求めつつ辿り着けずに諦めた、主人公たちのメタキャラクター(もしかしたらあり得たかもしれない姿)なのですが、彼女は比企谷たちの言葉に動かされていないですし、彼女はおそらくずっと諦念を抱きつつ過ごしてゆくのを考えるといたたまれないです。 対して、奉仕部顧問の平塚先生はけっこう贔屓目に描かれている印象です。 彼女はシリーズ当初から一貫して変わらず格好いいのですが、本巻でもその魅力が十二分に発揮されています。 もし仮に「高校3年生編」や「大学生編」の『俺ガイル』が描かれたら確実にシリーズの評価を落とすでしょうが、比企谷たちは高校を卒業していないので題材はたくさん生み出せますし、小説は書き手や読み手の想像を超えてくる場合もあります。 なので万が一に続編が出る可能性はあると考えています。 終わりに どういった事情かわかりませんが、やはり11~12巻が出た辺りから刊行ペースが急激に落ちており、青春ラブコメというテーマ上『俺ガイル』は年齢を重ねてしまった読み手側にとって痛々しさが際立ってしまう内容になってしまいました。 ただ一方で、以前からのファンにゆっくりと読まれたこともあってキャラクター考察にとても深みがあり、好きな人はとことん好きなシリーズに仕上がっています。 『俺ガイル』シリーズ完結、ありがとうございました。

次の