カワチ薬品 薬剤師。 カワチで薬剤師として働くのはどう?基本情報から評判まで紹介!

カワチ薬品の年収・待遇・福利厚生は?お仕事体験談・口コミ・評判も(求人・転職情報あり)

カワチ薬品 薬剤師

(本1day仕事体験・インターンシップ実施には、専門知識を要するため。 報酬・交通費 一部支給有り。 コースによって支給が無い場合もございます。 詳細は「説明会・イベント」タブからご確認をお願いします。 エントリー方法 まずはリクナビからエントリーをお願い致します。 リクナビへご登録頂いたメールアドレス(PCや携帯)に『カワチ薬品 専用サイト』のID・パスワードが1週間以内に届きます。 送信元:jinji cawachi. パスワード等の紛失にご注意下さい。 日程調整などについては、『カワチ薬品 インターンシップ専用サイト』を通してご連絡致します。 パスワード等の紛失にご注意下さい。 送信元:jinji cawachi.

次の

カワチ薬品の薬剤師の評判・口コミ・年収一覧

カワチ薬品 薬剤師

2020年7月最新版:薬剤師転職情報 コロナウィルスによる経済状況の変化や、採用のキャンセルが多発している事から、 夏以降の有効求人倍率が大幅に減少する事が予想されます。 出典:日本経済新聞 見ての通り7月時点で求人は激減しており、この数字はなんと 46年ぶりの下げ幅です。 転職を検討している看護師の方はさらに状況が悪化する前に1日でも早く動くことをオススメします。 このページを見つつ『』や『』などのサイトに登録して、 その中で最も担当者や求人の質が良かった所で転職活動をスタートしましょう。 5件の求人を紹介!転職先の内部事情も知れるのが魅力 カワチ薬局は、ドラックストアの中でも売上の良い企業として有名です。 なかには、カワチ薬局への転職を検討している薬剤師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、カワチ薬局の薬剤師の年収や転得を成功させるためのコツについて解説していきます。 カワチ薬局は業界大手のドラックストア カワチ薬局はドラックストア業界大手の有名企業です。 次に、カワチ薬局の歴史から特徴について詳しく解説していきます。 カワチ薬局の歴史 カワチ薬局は、1960年に河内薬品を創業し、1980年に株式会社カワチ薬品を設立しました。 その後カワチ薬局は、北関東を中心に敷地面積の広いメガ・ドラッグストアを数々展開してきました。 また、1986年よりプライベートブランド商品の開発・販売も行うなど業界内でも先駆的な取り組みを率先して行っています。 カワチ薬局の特徴であるメガ・ドラックストア カワチ薬局の一番の特徴は、医薬品からインテリア雑貨まで幅広い品揃えをしているメガ・ドラックストアです。 カワチ薬局の一店舗あたり平均年商は、ドラッグストア業界平均の約4倍です。 また、1996年にはメガ・ドラッグストアとしては日本初の調剤併設型店舗を出店しています。 カワチ薬局は、買い物と複数の医療機関の処方箋を受付けているドラックストアの先駆け的存在であると言えます。 こちらの記事も読まれています• カワチ薬局で働く薬剤師の給料 カワチ薬局の薬剤師は、大きく• ナショナル社員• エリア写真 の2種類の雇用形態に分かれています。 雇用形態によって薬剤師の給料は異なります。 ナショナル社員の給料 ナショナル社員とは、転居を伴う異動のある雇用形態です。 ナショナル社員が異動する場合、社員寮を会社が準備します。 新卒の薬剤師がナショナル社員となると、月収347,020円、年収は520万円が目安となります。 エリア社員の給料 エリア社員とは、自宅である拠点から通勤可能な範囲内の店舗へ勤務する雇用形態です。 ナショナル社員と異なり、自宅以外の住居へ住む場合の費用に関しては自己負担となります。 エリア社員の月収は322,530円、年収は480万円が目安となります。 カワチ薬局は手堅く安定して給料を得られる カワチ薬局で異動を伴う雇用形態であるナショナル社員の場合、新卒薬剤師で年収は500万円代となります。 カワチ薬局への中途採用での給与は公開されていませんが、前職でのスキルや経験が考慮されれば、新卒年収よりも増額も期待できるでしょう。 昇給に関しては、大幅な基本給アップはありませんが、各種手当やボーナスは、直属の上司、や店長などの評価で人によって変動があります。 カワチ薬局で働く薬剤師の仕事内容 では、カワチ薬局で働く薬剤師の仕事はどのような内容なのでしょうか。 カワチ薬局の薬剤師の募集職種は、大きく分けて保険調剤、医薬品等販売・管理、健康相談です。 そのため、カワチ薬局の薬剤師の募集に関してはOTC販売・調剤の区別はありません。 次に、カワチ薬局で働く薬剤師の詳しい仕事内容について解説していきます。 店舗での調剤業務 店舗での調剤業務では、医師の処方せんに基づき、お薬を取り揃えます。 必要に応じて服用しやすいように錠剤にしたり、一包化したりします。 患者さんが正しく服用および使用できるように情報提供を行い、患者さんにお薬を提供します。 要指導医薬品・第1類医薬品の販売 要指導医薬品・第1類医薬品とは、副作用や相互作用など特に注意を要する医薬品のことです。 ドラックストアなどの店舗では、要指導医薬品・第1類医薬品の販売は薬剤師に限られています。 薬剤師は、情報を提供する場所において対面で、書面による情報提供を行いながら販売をします。 管理薬剤師として薬局の運営・管理 カワチ薬局で経験を積み、管理薬剤師となると一般的な調剤業務や医薬品の販売だけではなく薬局全体の運営・管理を行うこともあります。 管理薬剤師は、医薬品発注や環境整備、売上や在庫の管理業務などの仕事も行います。 医薬品部門のエリア統括 薬剤師としてキャリアを積むと、店舗運営をエリアで統括するスーパーバイザー直轄の医薬品担当者である「ヘルスケアエリアリーダー」となることもあります。 「ヘルスケアエリアリーダー」とは、近県で区切られた各エリアに1名ずつ配置されている役職のことです。 おおむね10店舗前後を巡回し、売場提案や保健所等の行政対応、法律についての確認、人事や若手薬剤師の指導などが主な仕事となります。 カワチ薬局で働く薬剤師のキャリアパス カワチ薬品で働く薬剤師のキャリアパスは、各部門の経験を積んだ後に薬局経営・管理職へ昇進するコースがあります。 カワチ薬局は、店舗が広いメガ・ドラックストアであるためOTC医薬品の品揃えが豊富です。 そのため、OTC医薬品の知識が身に付きます。 また、OTC・調剤ともに研修制度も整っているため新卒の薬剤師の方でも安心して働くことができるでしょう。 カワチ薬局で働いている人・働いていた人の評判 カワチ薬局で働く女性薬剤師の働きやすさについての口コミ ここに文章有給を使うことにいやがられる時期はありますが、使用することはできます。 調剤側だと融通は効きやすいですがお店側は難しいかもしれません。 カワチ薬局で働く女性薬剤師が多いため、子育て支援にも理解のある職場が多いのでしょう。 有給の取得しやすさなどの働きやすさについては、調剤業務か店舗での販売かなど担当する業務・店舗によっても異なることが多いのではないでしょうか。 カワチ薬局の働きやすさ カワチ薬局で働く薬剤師の残業時間 カワチ薬局で働く薬剤師の残業時間は、40〜50時間程度と言われています。 ドラッグストア全般が労働時間の長い業界だと言われます。 その中でも、カワチ薬品は比較的残業の多い企業だといえるでしょう。 しかし、所属する店舗によって業務量や忙しさに大きな差があるため、残業時間も異なります。 カワチ薬局で働く薬剤師の年間休日・休日の取りやすさ カワチ薬局で働く薬剤師の年間休日は110日です。 その他にも、有給休暇・特別休暇・産前産後の休暇・育児休業・介護休業などの休暇も取得することができます。 実際の有給の取得のしやすさについては、店舗の忙しさによって異なるので事前に情報を収集しておくとよいでしょう。 カワチ薬局で働く薬剤師の福利厚生 カワチ薬局は「次世代認定マークくるみん」を取得 カワチ薬局は、従業員の子育てをサポートする企業に対して認定される「次世代認定マークくるみん」を取得しています。 そのため、産休・育休を取得する女性社員だけではなく男性社員もいます。 また、時短勤務は子供が小学校6年生まで取得できます。 カワチ薬局は、出産や子育てなどのライフイベントも安心して働くことができるでしょう。 カワチ薬局のその他の福利厚生制度 その他にも、カワチ薬局には様々な福利厚生制度があります。 厚生貸付金制度• 社員持株制度• 社員割引購入制度• 財形貯蓄• 団体生命保険• 団体自動車保険• 慶弔見舞金 カワチ薬局では、基本的な福利厚生制度は一通り揃っています。 また、社員割引購入制度を利用することでカワチ薬局での買い物がお得にできることもメリットの一つです。 カワチ薬局に転職を検討している薬剤師の方はエージェントに相談を カワチ薬品はメガ・ドラックストアを展開する大手のドラッグストアチェーンです。 ナショナル社員とエリア社員のどちらかを選択することができるので、自分のキャリアプランに合わせた働き方ができます。 平均的な年収を安定して得られることができますが、店舗や業務の状況により、残業が発生することもあります。 また、店舗によっても人間関係や風土が異なるでしょう。 カワチ薬局に転職を検討している薬剤師の方は、エージェントに相談をして事前に情報を収集しましょう。 ドラックストア勤務希望者にオススメの薬剤師転職サイト 最大40万円のお祝い金が貰えるジョブデポ薬剤師.

次の

カワチ薬品の薬剤師の評判・口コミ・年収一覧

カワチ薬品 薬剤師

カワチ薬品ってどんな会社?ブラック度合いは大丈夫? カワチ薬品は1967年に創業され、ドラッグストアチェーンとして現在まで展開を続けています。 大型店舗(メガ・ドラッグストア)を運営することにポリシーを持っており、アメリカ型の生活に密着した大型店舗を日本風に改革し、利便性が良く、あらゆる商品を取りそろえることをコンセプトとして営業しています。 メガ・ドラッグストアを運営する企業の中では、調剤併設を始めたのもカワチ薬品が初めてです。 一部上場企業であるため法令順守には厳しく取り組んでおり、サービス残業はありません。 ただし、慢性的な人手不足と言われており、有給の取得は難しい店舗もあるようです。 次世代育成企業認定くるみんマークを取得していますが、実際には子育てとの両立が難しいという意見も見られます。 カワチ薬品は時代の流れについていけず、人材不足も顕著? カワチ薬品は歴史ある企業ですが、古い慣習に凝り固まっている部分があるようです。 ポイントの電子化を拒んでいたり、帳簿の管理をアナログのままにしていたり、旧態依然としているという報告があります。 ドラッグストア業界ではすでに一般的になっている自動発注システムの導入も遅れており、来年ようやく導入の予定となっています。 また、人材不足が深刻な問題となっていると言われており、報告されている従業員の平均年齢が33. 8歳と若いことからも、なかなか定着していない実態が垣間見えます。 年収:450万円~600万円• ナショナル社員:年収490万円〜(月給:348,220円)• エリア社員:年収450万円〜(月給:323,730円)• 薬剤師手当:100,000円 カワチ薬品は、ドラッグストア業界のなかでは一般的な収入を得られる企業です。 他社よりも高収入とは言えませんが、安定して収入を得ることができます。 昇給率はそれほど高くありませんが、初めから一定水準の給与が支給されています。 特にナショナル社員の場合では、住宅手当なども支給されるため、より高収入とできるでしょう。 薬剤師がカワチ薬品で働くメリットとは? カワチ薬品で働く薬剤師は、現場で調剤・OTCの双方の業務に携わります。 そのため、調剤併設型店舗で働くためのノウハウを身につけることができるでしょう。 法令遵守を徹底しているためサービス残業はなく、社長も薬剤師であるために無理な指示を受けることもありません。 福利厚生として社内割引があるため、普段からカワチ薬品を利用しているのであれば、これもメリットと言えるでしょう。 まとめ:意外とライフワークバランスもいい?老舗ドラッグストアのカワチ薬品 カワチ薬品は老舗ドラッグストアチェーンであり、法令遵守を徹底している企業です。 業務の状況によっては残業が発生することはありますが、サービス残業はありません。 シフト制で勤務していくため、土日でも出勤しなければいけませんが、平日に休みはきちんと取ることはできます。 人員不足であるため長期休みは難しく、店舗によっては有給休暇の取得が厳しいこともありますが、産休・育休などの法令で定められた休暇はきちんと用意されています。 これらのメリットとデメリットを比較し、自分のライフスタイルに合っているのであれば、カワチ薬品への転職を検討してみてはいかがでしょうか? 大手ドラッグストアの求人を多く扱う転職エージェントとは? 薬剤師専門の大手転職エージェントですと、マイナビ薬剤師、リクナビ薬剤師、薬キャリが有名どころですが、 特にマイナビ薬剤師は、大手調剤薬局の好条件求人を多く扱っている上、手厚いフォローに定評があります。 応募する店舗先の内部情報にも詳しいので、今まで転職に失敗した経験のある薬剤師でも安心して利用できますよ。

次の