サイレント ニャー と は。 声無き声「サイレントニャー」の謎を説き明かせ!?

猫がサイレントニャーをする意味…甘えたいときの合図!

サイレント ニャー と は

猫は大きくても小さくても鳴き声でコミュニケーションを取ります。 このコミュニケーションで、何よりも重要なのは典型的な鳴き方(普通のニャー)です。 それは、子猫が母猫に話しかける手段であり、猫が飼い主に挨拶する手段であり、またご飯をねだる手段でもあります。 声を出して鳴くことが重要なコミュニケーション手段なら、なぜ猫は時々声を出さずに鳴くことがあるのでしょう。 サイレントニャーというものが、実際あるのでしょうか。 ニャーの種類 猫のニャーを観察すると、少なくとも5種類のニャーがあって、それぞれのニャーの音の調子トンと高さが様々な感情、要求、望みを伝えていることが分かります。 猫は、どのニャーを使えば抱っこや夜中のおやつにありつけるかを正確に認識しています。 何千年にもわたって人間と暮らすうちに、猫は欲しいものを手に入れるためのペットオーナーへの合図を編み出してきたのです。 猫の鳴き声研究に参加した のニコラス・ニカストロ氏によりますと、本当のところ猫は『真の言語』というものを持っておらず、自分たちのニャーの意味を理解していません。 でも、「人(少なくとも猫によく訓練された猫好きたち)は、猫との長い付き合いを通して様々な行動状況の中で鳴き声がどのように聞こえるかを学んできているため、多様な音質に意味を当てがうことができます」。 猫が身近な人たちとの意思疎通に常に決まった鳴き声を使っています。 これは、猫が飼い慣らされた生活にいかに順応しているか、また人がどれほど多くを猫の友だちから学んできたかということを如実に表しています。 サイレントニャー なぜ猫は声を出さずに鳴くのか、というのは興味深い質問です。 研究者らは、猫の様々な鳴き声とその意味について多くのことを知っていますが、猫が口を開けてもまったく音が出てこないサイレントニャーは、彼らの研究の対象外となっています。 このニャーとは言えないニャーでは、何が起こっているのでしょう。 は、「猫が時々サイレントニャーを発するのはよくあることで、何も心配する必要はなく、これを特によく使う猫もいます」と言います。 多くの猫にとって、サイレントニャーは普通のニャーの単なる代用に過ぎないのです。 でも、そのニャーは本当にサイレントなのでしょうか。 結論から言うと、実は声を出さずに鳴いているのではなく、私たちには聞こえないほどの小さな声で鳴いているのかもしれません。 「音源から約90センチまでの距離にいる猫は、ほんの0. 06秒でその位置を10センチ以内の誤差で特定することができる」とは説明しています。 そして「猫はかなり遠くからの音も聞くことができて、その距離は人間の4~5倍にもなる」と言っています。 これほど脅威的な聴覚を持つ猫なら、自分たちのコミュニケーションシグナルに、私たちの知覚の範囲外の、それらの音を本能的に組み入れることもあると考えられます。 したがって、人が聞くことができる域を十分に越えた高音のニャーが猫に聞こえるとしたら、猫にとってはその音を発するだけの価値があるでしょう。 つまり、猫は実際には鳴いているけれども、私たち人間は猫たちほどうまくそれを聞き取れないことを猫は知らない、という可能性があります。 厄介なニャー シャムなどのように、生まれつき鳴き声が大きく、またよく鳴くという品種もいます。 事実、しきりに鳴く品種では、過剰な鳴き声が悩みの種になることがあります。 その一方で、アビシニアンなどの品種は静かなことで知られています。 自分の猫の品種について学ぶのは、猫の音声信号を解読して理解するための大きな一歩になるでしょう。 一般的にサイレントニャーが問題になることはありませんが、鳴き声パターンが普段と違うことに気付いたら、何らかの措置が必要な場合もあるので注意が必要です。 たとえば、いつもはよく鳴く猫が突然静かになったときや声がしゃがれてきたときは、獣医師に診せて、それらを引き起こしている隠れた問題や病気についてチェックしてもらいましょう。 多くの場合、猫が声を出さずに鳴いても問題ありません。 サイレントニャーは、何が欲しいのか、いつ欲しいのか、どれほどあなたを愛しているのかをあなたに正確に伝えたい時に、その手段として猫が自由に選べる選択肢の一つなのです。

次の

声を出さずに鳴く!?サイレントニャーに込められた意味と理由

サイレント ニャー と は

猫を飼っている皆さんは、こんな経験ありませんか?愛猫が鳴くような仕草をしたのに、声が聞こえない。 一体、さっきの仕草は何だったのだろうと思い、気になって調べたところ、猫が私に向かってした「口パク」の仕草は、 「サイレントニャー」という猫の親愛の表現だということを知りました。 私はこのサイレントニャーを初めて見たとき、全身がひやりとしました。 病気だと思ったからです。 うちの猫は風邪で声が出なくなったのかもしれないと思い、しばらく観察していると特に変わった様子はありません。 ご飯は食べるし、お昼寝はするし、運動会もしていました。 それまでにも、猫の様々な鳴き方を目の当たりにして来ましたが、猫にはサイレントニャーという声を出さない鳴き方もあると知り、目からうろこでした。 しかし「サイレントニャー」は人間には聞こえない高周波が出ていると言います。 人間の耳で聞くことの出来る音域は約20キロヘルツと言われていて、猫の耳で聞くことの出来る音域は約60〜65キロヘルツ。 簡単に言うと、サイレントニャーは 猫同士のコミュニケーション言語なのだと思います。 人間に聞こえなくてはサイレントニャーをする意味がない、と思う方もいるかもしれませんが猫は本来、サイレントニャーを母猫に向かってやるのです。 サイレントニャーは「お腹すいたよー」とか「構ってよー」などの甘えの表現なのです。 要するにサイレントニャーは、 猫の最大限の愛情表現であり、サイレントニャーをやって貰えることは飼い主冥利につきるのです。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

サイレントニャーは最大の愛情表現!その意味と声が聞こえない理由

サイレント ニャー と は

猫のサイレントニャーとは、 猫が口を開けて鳴く動きをしているにもかかわらず、鳴き声が聞こえないという鳴き方です。 また、飼い猫が飼い主さんに向かってするだけでなく、猫同士でも、野良猫でもサイレントニャーをすることがあります。 ただ、 サイレントニャーをする猫もしない猫もいるため、飼い主さんによっては全く見たことがないという人もいます。 サイレントニャーの鳴き方をしたからといって、猫の声が出なくなったわけではなりません。 鳴き声が聞こえないからといって、口を少ししか開けないわけではなく、大きく口を開けて鳴く動きをすることもあります。 また、サイレントニャーは、口だけでなくちゃんとお腹も動いていることもあります。 これは 母猫に対する愛情表現とされていますので、飼い猫が飼い主さんに向かってサイレントミャーをする時にも、愛情表現の意味があると考えられます。 サイレントニャーで鳴かれることは、飼い主さんや猫好きにとっては、最高の甘えた鳴き声で信頼されている証拠だという説があります。 例えば、飼い主さんが見えないところから声をかけて、どこにいるかわからないけれど返事をしている、といった時などです。 また、室内にいる猫が、外で野良猫の声が聞こえた時に、反応するけれども声を出さないといった場合もあります。 不安もあり、何か期待をしている気持ちもあるといった、不安定な気持ちを表していると考えられます。 サイレントニャーをするかと思ったらあくびだった、ということもあるようです。 まるで寝言を言うように口を動かして、鳴いたようでも声が出ていないサイレントニャーは、夢の中では鳴いているのかも知れません。 簡単な返事の意味でサイレントニャーをしれくれた、ということですね。 猫が呼びかけに対して尻尾を動かして反応することもあるように、最小限の動きで猫が反応してくれた、ということになります。 猫は高周波で鳴くことができ、主に子猫が母猫を呼ぶ時に発せられるとされています。 これは、 危険を感じた子猫が鳴いても、敵に知られないで母猫に伝えることができるという意味があると考えられます。 猫は可聴域が広く、高音域もよく聞き取ることができるので、母猫が子猫のサイレントニャーを聞きとることができるということです。 このような場合には、 飼い主さんに対してとても信頼しているという状態なので、飼い主さんは喜んで良いでしょう。 猫同士のコミュニケーションでも、サイレントニャーで鳴いていることがあるようです。 サイレントニャーが聞こえない理由は? サイレントニャーが聞こえない場合、どんな理由があるのでしょうか。 ニャーという声は聞こえないけれど、空気が発せられることがわかるサイレントニャーもあります。 猫が大きい声を出すつもりがなくてそのようになったか、またはとても小さい声で鳴いていて聞こえにくいだけ、という場合もあります。 それに対して、人間の可聴域は、20から20,000ヘルツです。 サイレントニャーがどのくらいの高周波なのかは定かではありませんが、 猫同士であれば聞こえているような周波数で鳴いていると考えられます。 サイレントニャーは、猫であれば聞こえるのですが、人間には聞こえていないということになります。 サイレントニャーではない場合もある サイレントニャーは、猫が故意に鳴いているものですが、まれに声がうまく出なくなる病気になっていることもあります。 猫の声がうまく出なくなる状態については次のようなものです。 長時間、大きい声で鳴き続けていたりすれば、その後に声がよく出せなくなってサイレントニャーのようになることがあるかも知れません。 何かを要求して鳴き続けていたのであれば、飼い主さんはできるだけ猫の希望を聞いてあげて、鳴き続けずに済むようにしてあげてください。 体調が悪かったり、どこか痛かったりして鳴き続ける場合もあるので、猫の体調もチェックしてあげてください。 原因には、 猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、クラミジア感染症などがあり、猫がどの風邪にかかったかにより症状も異なり、治療法も違ってきます。 猫の鳴き声がかすれることもあるので、サイレントニャーのように見えることがあるかも知れません。 鼻水が出たりくしゃみをしたり、食欲がなくなって元気もないといった状態であれば、動物病院に連れて行きましょう。 しかし、猫の涙や鼻水がずっと止まらないのは病気のサインの時です。 様々な病気がありますが、猫風邪、副鼻腔炎、流涙症、白内障といった病気が考えられます。 それぞれの症状や原因、治療法、予防法についてお伝えします。 症状が悪化すると、息が荒くなり、呼吸が苦しそうになります。 喘息の原因はよくわかっていませんので、アレルギーを起こす物質を猫から遠ざける必要があります。 引っ越しや、新しいペットが増えた、模様替えをした、など、様々なことが猫のストレスの原因になることがあります。 サイレントニャーは、多くの場合は猫がリラックスしたり落ち着いたりしていて、相手を信頼している時に出す鳴き声です。 病気などで体調が悪い時には、飼い主さんであれば気づくことなので、動物病院でできるだけ早めに診てもらうようにしましょう。 サイレントニャー以外の猫の鳴き声の意味は? 猫は、猫同士や、人間に対して様々な声でコミュニケーションを取ります。 猫の鳴き声について、意味については、次のようになります。 ニャー 長めに鳴く 挨拶や返事、餌が欲しい時の要求、甘える時など。 ニャオ 短めに鳴く 挨拶や返事の意味。 ニャッ 短く強く鳴く 不満や軽い警告の意味。 ミャー、ミャオ 高く強さがある 親猫が子猫を呼ぶ、子猫が親猫を呼ぶ、相手の確認をする時など。 ウー 唸り声 怒っている時や相手への威嚇、攻撃の意味。 シャー 蛇の威嚇のような音 相手への威嚇、警告の意味がある。 恐怖を感じていることもある。 アオーン、ウワーン 喧嘩の時に鳴く声。 アーオ、ニャーオ 発情期の時に出す声。 相手を探したり呼んだりしている声。 ンー、ムー 口をあまり開けずに鳴く 餌が欲しい、遊んで欲しいなど不満がある時に相手に対して鳴く声。 主に人間相手が多い。 ケケケッ・カカカッ 短く小さく続けて鳴く 小鳥など、手が届かないものを見ている時に短く繰り返し鳴く。 クラッキングと呼ばれています。 猫が、ニャー、ニャオ、などの要求の泣き声を出してアピールするのは、 主に人間が相手だと言われています。 猫同士では、母猫と子猫の間でのやりとり、また敵対する猫とのやりとりで鳴くことが多いと言えるでしょう。 人間に飼われることにより、鳴くと人間が反応して餌をくれたり撫でてくれたりすることから、鳴いて何かを要求することを覚えたと考えられます。 猫のサイレントニャーのまとめ 猫のサイレントニャーは、子猫が母猫に対して鳴くように、信頼した相手に対して見せる愛情表現の意味があるとされます。 猫の気持ちははっきりとわかりませんが、不安があったり、声をしっかり出してなく気持ちがなかったり、眠かったり、適当に返事をしていたり、という場合もあるようです。 基本的にサイレントニャーは、猫がリラックスしていたり、安心したりといった状況で発せられることが多いと考えられます。 サイレントニャーはなかなか見られないものとされているので、サイレントニャーで鳴いてくれたら、飼い主さんにとってはとても嬉しいことでしょう。 どのような意味でサイレントニャーをしてくれたのか想像しながら、猫とコミュニケーションを深めていってくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の