サムシング 星野 源。 「星野源」動画ではっきりした安倍首相の力不足

星野源 Same Thing (feat. Superorganism) 歌詞&動画視聴

サムシング 星野 源

「 恋」 の 初出アルバム『』 Drinking Dance Continues 雨音 House ver. リリース 2016年10月5日 規格 、、 、 時間 4分13秒 星野源 星野源• 2ミリオン(シングルトラック・日本レコード協会)• プラチナ(CD・) チャート最高順位• 週間1位 ()• 週間2位 ()• 2016年年間3位 (Billboard Japan Hot 100)• 2016年度年間36位 (オリコン)• 2017年年間1位 (Billboard Japan Hot 100)• 2017年度年間48位 (オリコン) シングル 年表 (2015年) 恋 (2016年) (2017年) ミュージックビデオ - 「 恋」(こい)は、日本のシンガーソングライターの楽曲。 2016年10月5日により9枚目のシングルとして発売された。 楽曲は自身が出演した系テレビドラマ『』の主題歌としても使用。 この楽曲はから肯定的評価を受け、特に評論家は現代社会における新しい価値観として"恋"の多様性を歌っている点を評価している。 「恋」は商業的にも成功を収めており、総合シングルチャートでは7週連続、通算11週にわたり週間1位を獲得。 またでは第3位、2017年Japan Hot 100年間チャートは第1位を記録した。 による認定では、CD25万枚以上を出荷しプラチナ、では100万ユニット以上を売り上げミリオンにそれぞれ認定されている。 付随する楽曲のミュージック・ビデオはが監督を務めた。 ビデオは巨大な回転盤の上での曲の演奏シーンと、が振付した通称「恋ダンス」と呼ばれるダンスシーンが織り交ぜて繰り広げられる内容となっている。 このミュージック・ビデオはで2億回以上再生され、また2017年のでは年間最優秀ミュージック・ビデオ賞「VIDEO OF THE YEAR」を受賞している。 ビデオの作中で星野とが踊った「恋ダンス」は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の出演者によってドラマのエンディング映像内でカバーされ、このカバーのYouTube上での動画総再生回数は7,500万回以上に及んだ。 更にユーザーや有名人・団体も恋ダンスのカバー動画を投稿。 全投稿動画の総再生回数は8,000万回以上に達する反響を呼び、日本国内において社会現象となった。 また楽曲は『』でライブ・パフォーマンスされ、の 編曲・ にも選出されている。 背景とリリース [ ] 星野は前シングル「」(2015年)が大きくヒットしたことで、次作の制作にあたり「次ヒットしなかったら」というプレッシャーを抱えていた。 元々「SUN」はヒットを狙って制作された楽曲ではなく、自身の趣味や面白いと思う音楽、やりたいと思うことだけをやろうと決めて制作された曲であったが、今作を制作する中で、プレッシャーを意識する度に自身が作りたい音楽ではなくなっていき葛藤していたという。 一方今作ではスタジオ・アルバム『』を踏まえての曲作りも意識されており、アルバム収録曲「Week End」のような楽曲になってしまうとアルバムと直結し引っ張られるイメージとなるため、「アルバムと横並びのイメージの楽曲となること」も意識し制作が行われた。 楽曲制作を進める中で、制作初期段階での「恋」は自身が納得できるような出来に至っていなかったが、曲作りに悩む中でふとトイレに入った際、「(を)速くしてみたらどうだろう」とひらめき、現在の形に至ったという。 楽曲タイトルである「恋」の由来について、星野はリアルサウンドとのインタビューの中で、日本語の「恋」という言葉は英語にするのが難しく、英語のloveでは「愛」になってしまうため、日本独特の言葉として「いちばん気持ちよくておもしろかった」との理由により曲名となった旨を明かしている。 シングルとしては「SUN」より約1年4か月ぶりのリリースとなった「恋」は 、2016年9月12日深夜25時 に放送されたラジオ番組『』にて初解禁された。 としては同年10月5日にリリースされ、初回限定盤には特典DVD『恋ビデオ。 』が付属。 とはが手がけている。 CDシングル『恋』の表題曲「恋」は星野が出演する系テレビドラマ『』の主題歌として使用された。 また、カップリングとして収められている「Drinking Dance」は自身も出演する「ウコンの力」のとしても使用され、同カップリング曲の「Continues」も・放送テーマソングとして使用されている。 同年10月11日からは「恋」の配信が開始され 、も同年10月22日より開始された。 音楽性と歌詞 [ ] 「恋」のコード進行の一部は、(左)「」や(右)「」からの影響が指摘されている。 「恋」は、や、、の要素を持つ、でなソングである。 ヤマハミュージックメディアと『』によると「恋」は4分の4拍子のであり、は158とされている。 の小池宏和は、曲中で使用された楽器についてやを挙げている。 また、イントロにはが使われている。 』と述べており、加えて『Aメロ、Bメロ、そしてサビと、メロの音数も変化し、それによって楽曲のスピード感をコントロールしているのも注目すべきポイントだ。 』と語っている。 「恋」の歌詞は、特定の条件・対象に限定されない、同性や異性、また二次元に対する恋といった多様化した「恋愛のスタイル」について歌われた、星野曰く「すべての恋に当てはまる」である。 楽曲の「君の元へ帰るんだ」の段までの歌詞は、曲の制作中にふと訪れた古いの風景に心を奪われたことに着想を得ている。 星野はこの時の状況について『』でのインタビューにおいて次のように語っている。 「ご飯の匂いがしたんですよ。 どこかの家から香るメシの匂いがすごく好きで、でも何を作ってるのかわからない」更に当時自身が多忙であったこともあり「心がグーッとなってたんですけど、開放されたようなホッとした気持ちがして」とも語り、その際の心境、その景色から感じたことが歌詞にされているのだという。 加えて、星野は歌詞で歌われている"恋"の対象について音楽ジャーナリスト高橋芳朗とのインタビューの中で以下のように語っている。 「 (前略)恋愛のスタイルというものがどんどん多様化していますよね。 異性でも同性でもその他にももっといろんなスタイルがあって。 今まで当たり前だと思われていたものが古くなって、塗り変わっていく時代だと思うんです。 あと、僕は物語や虚構の世界を愛している人たちが大好きだから、本来実在しないものに対して恋をしたり、それによってそのひとの人生が充実していたとしたら、それが一般的に呼ばれる恋や愛と一体なにが違うんだって思っていて。 それも含めてフィットする歌をつくれないかって考えたときに、「夫婦を超えてゆけ」って言葉が思いついたんです 」 —星野源(音楽ジャーナリスト・高橋芳朗とのあいだでのインタビュー より) また星野は「夫婦を超えてゆけ」というフレーズを思いついた際に「あ、もう大丈夫だ」みたいな気持ちにもなれたという。 上記の発言を踏まえ、インタビュアーの高橋は「LGBT、性的マイノリティへの理解を求める動きが広がってきた最近の社会情勢を踏まえた(略)いまの時代に求められているラブソングとはどういうものなのか、そこに非常に意識的につくられている曲」であると指摘している。 あわせて、歌詞中の「夫婦を超えてゆけ」という言葉についても、「いままで聞いたことのないような新鮮な言葉の組み合わせでナチュラルに曲に溶け込ませている」と指摘している。 音楽ジャーナリストの柴那典も歌詞「夫婦を超えてゆけ」について、「やっぱりこの曲のキャッチーさを象徴しているのは〈夫婦を超えていけ〉というパンチラインだと思うのだ。 (略)いろんな恋の関係を肯定しているように受け取れる。 使っている言葉自体はとても平易なのに、すごく奥の深い一節だ。 」と指摘している。 評論家による批評 [ ] リアルサウンドの森朋之は曲の音楽性と歌詞について肯定的評価を与え、「特筆すべきはその音楽的精度の高さだろう。 星野源はこのシングルで、そんなハードルを見事にクリアしてみせた」と評した。 のウェブサイトRO69のはカップリング曲も含めて評し、「何よりもすばらしいのは、4曲とも、これまでで最も、今のリアルな生活に根ざした上でポジティブな歌になっていながら、そうなればなるほど切なさも怒濤のようにアップしている点」とコメントした。 RO69の小池宏和は、スタジオ・アルバム『』や星野のコンサート・ツアー「YELLOW VOYAGE」を踏まえた「恋」の評価として「(略)たとえば最も新しく価値のあるラブソングを、或いは、最も新しく価値のある愛の概念を捕まえようとしている」とコメントしている。 音楽評論家の石黒隆之はウェブサイトにおいて、まず演奏者達が実力者揃いだと指摘。 星野による歌詞やメロディはおっとりとしたテイストだが、そこに洋楽から多くを学んだ名手たちの技が加わり、ハイブリッドなポップスになっており、「牧歌的なのにシャープ」だと批評している。 更に歌が終わった後に入るギターのフレーズは、物凄く細々と素早い動きを繰り返すだけで、その音並び自体にメッセージ性はないが、口ずさみたくなる音色がわけもなく楽しいとコメントしている。 石黒は音楽好きからすればハイレベルな演奏が楽しめ、それ以外の人にはトリッキーな振り付けがきっかけとなる「恋」の構図はのそれと似ているとも指摘している。 は、の「」と「恋」を比較し、「曲調も背景もまったく異なるが、この2曲はいずれも人々が人生の一場面で直面する事柄を題材にしている。 シリアスで重いから取っ付き難い、のではない。 シリアスで重いけれども、ポップなのだ」とコメントした。 更に星野、宇多田二者共に/、、ソウル、などの音楽のバックグラウンドを持ちながらも「現在のに追いつけ追い越せ、という尺度では制作されていない」と述べている。 洋楽的なエッセンスはトロトロになるまで煮詰められ、語感の抑揚や湿度が我々日本人の耳に親しみやすい形で練りこまれた、心地よく耳に滑り込む歌の快感がある。 」と評している。 チャート成績 [ ] 総合シングルチャートでは、2016年9月26日付のチャートに13位で初登場した。 翌週付、10月10日付では共に9位を記録。 CDシングルセールスポイントが加わった10月17日付では総合2位までジャンプアップし、首位の「」に次いだ。 ビルボード・ジャパンにCDセールスデータを提供しているの集計によると、シングルCD『恋』は発売1週目で82,394枚を売り上げている。 更に10月24日付のチャートでは、Japan Hot 100を構成する7部門のうち、CDセールス8位、ダウンロード1位、ラジオ3位、ルックアップ4位、つぶやき数1位、ストリーミング1位、動画再生回数4位となり、同週CDシングルリリースポイントが加算された「」を2位に抑え、Japan Hot 100で総合1位を獲得している。 この週の、を合算した日本国内の週間動画再生回数は約188万回(実数1,880,226回)となり、ビルボードジャパンは前週に比べ2倍近い伸びであると指摘している。 翌週、10月31日付のチャートでも「恋」は1位を維持し、2週連続でBillboard Japan Hot 100チャート首位を獲得している。 ビルボードジャパンは、この週の動画再生回数が前週と比較して更に約2倍に増加し、約372万回(実数3,722,601回)をマークしたと報じている。 11月7日付のチャートでは、「」に続き総合2位となった。 この週、「恋」はダウンロード1位、ストリーミング1位、動画再生回数2位(約558万再生:実数5,589,152回)、Twitter6位となり、ビルボードジャパンは特にインターネット、デジタル領域上での強さが目立ち、好調を維持しているとした。 11月14日付チャートでは、「」に続いて総合2位を記録し、順位を維持した。 週間動画再生回数は前週比約210万回増の約768万回(7,681,937回)となった。 更に12月5日付チャートでは、「恋」はJapan Hot 100を構成するダウンロード、ストリーミング、ルックアップ、Twitterの4部門でそれぞれ1位を達成し、5週間ぶりに総合1位に返り咲いている。 また、この週Japan Hot 100を構成する「動画再生数」部門でも2位を記録。 週間動画再生回数は前週比約210万回増の約1,126万回(実数11,267,555回)となり動画再生回数週間1位のピコ太郎「PPAP」(約1,241万回)に肉薄となった。 において「恋」は、「」、「」に続き、年間総合第3位を記録している。 (写真)も、『』の番組内で星野源と行った対談の中で「恋」の長期に渡るの1位保持を祝福した。 2017年度のJapan Hot 100集計第1週目となる2016年12月12日付のチャートでは、「」に続き総合2位を獲得している。 この週、Japan Hot 100を構成するダウンロード、ストリーミング、Twitter、動画再生(約1,047万再生:実数10,477,032回)の合計4部門で「恋」は1位を記録。 その他ラジオ4位、CDセールス16位、ルックアップ2位となった。 12月19日付のチャートでは2週間ぶりに1位に返り咲き、通算4度目となるJapan Hot 100チャート総合首位を獲得。 この週、Japan Hot 100を構成する各部門での順位は、ラジオ、ダウンロード、ストリーミング、動画再生(約1,142万回:実数11,422,650回)、Twitter(135,941ツイート)の5部門で1位、シングル・セールス13位、ルックアップ2位となった。 12月26日付でも「恋」は週間総合首位を記録し、Japan Hot 100チャート通算5週目の1位達成となった。 この週のJapan Hot 100構成チャートにおける各順位はラジオ、ダウンロード、ストリーミング、Twitter(103,129ツイート )、動画再生(約1,192万再生 )で1位、CDシングル・セールス8位、ルックアップ2位となった。 この週星野は「恋」に加えて、「SUN」16位、「くせのうた」51位、「時よ」98位と合計4曲をJapan Hot 100チャートに送り込んでいる。 2017年1月2日付でも「恋」は総合首位を獲得し、通算6週目の週間1位を達成。 この週のJapan Hot 100構成チャートにおける各順位はダウンロード、ストリーミング、ルックアップ、Twitter(151,757ツイート)、動画再生(約1,701万回:実数17,018,090回)で1位、CDシングル・セールス9位、ラジオ2位となった。 「恋」はその後も、1月9日付 、1月16日付 、1月23日付 、1月30日付 、一週あけて2月13日付でJapan Hot 100チャート週間総合首位を獲得。 これにより、「恋」は2016年から2017年にかけ、7週連続、通算11週間にわたり1位を記録した楽曲となった。 また、の集計ではCDシングル『恋』は、2016年10月17日付のにて発売初週に10. 2万枚を売り上げ、最高位2位を記録した。 オリコンは、星野にとって前作『』とタイ記録の順位となる一方、オリコン集計の売上枚数としては『SUN』の累積売上8. 9万枚を発売初週にして上回る数字で自己最高記録であると報じている。 2016年度オリコン年間CDシングルランキングでは『恋』は32位となった。 「恋」はの認定にて、CD盤でプラチナ、デジタル・ダウンロードでミリオンに認定されている。 ミュージック・ビデオ [ ] 映像外部リンク - 「恋」のミュージック・ビデオは、星野の過去作品「SUN」、「時よ」でもビデオ監督を務めたが監督しており 、星野源の公式YouTubeチャンネル上にて2016年9月20日に公開された。 ビデオは、巨大な回転盤の上で星野を中心に楽曲の演奏シーンとダンスシーンが描かれるという内容で、ダンスシーンではのメンバーがパフォーマンス。 演奏シーンでは「恋」のレコーディングメンバーでもあるや()、(、元)が登場している。 通称「恋ダンス」と呼ばれる本楽曲の振り付けは、やのダンス振り付けやでのダンス・パフォーマンスの演出などで知られる日本の振付師が担当している。 ミュージック・ビデオの再生回数は、公開から約1か月となる2016年10月25日時点で1,000万回再生を突破 、公開2か月に満たない11月8日時点で2,000万回 、11月20日時点で3,000万回 、12月15日時点で5,000万回 、12月27日時点で7,500万回 、2017年2月10日時点で1億回を突破した。 オリコンによると、「恋」が1億再生を突破した時点で日本のミュージック・ビデオで1億再生を突破していた楽曲は、アニメ『』のエンディングテーマ「」、「」、「PON PON PON」、ピコ太郎「PPAP」、「」などの数曲に留まっているという。 オリコンは2016年9月のビデオ公開から約4か月という期間での1億再生達成について、"驚異的なスピードでの大台突破"と評している。 このミュージック・ビデオは、2017年ので年間最優秀ミュージック・ビデオ賞「VIDEO OF THE YEAR」を受賞している。 恋ダンス [ ] テレビドラマ内でのカバー [ ] 「恋」のミュージック・ビデオにおけるダンスの振付である通称「恋ダンス」は系テレビドラマ『』のエンディング映像のなかで、ドラマ出演者でもある星野並びに主演を務める、助演の、、の5人によってカバーされた。 このカバーは、物語の舞台となる星野が演じる津崎平匡の家を舞台に、新垣、星野、石田、大谷、古田の5人ダンスを次々披露する構成となっている。 特に可愛らしい動きの新垣に対し、星野はドラマで演じる役柄とはギャップのある切れのある動きを披露している。 この通称「恋ダンス」は、約1分ほどの長さだが、企画立ち上げから完成までは約3か月かかった。 曲は主題歌の「恋」が使用されているが、プロデューサーの峠田は曲作りに対して制約を付けたくなかったが、星野には「踊れるようにイメージしています」と伝えていた。 星野自身もそういうものをやりたいと考えており、制作陣と星野の思いが一致し、企画は上手く運んだ。 「恋ダンス」は初回放送前よりドラマの公式やにてイントロ部分が公開され話題になっていたが、初回放送後には更に大きな反響を呼んだ。 新垣の動きから、新垣が過去イメージキャラクターを務めたのコマーシャルを彷彿とさせるという意見が聞かれた。 2016年10月13日には、エンディングで披露されている「恋ダンス」映像のフルバージョンがTBSのYouTube公式チャンネルにて期間限定で公開された。 「恋ダンス」と第2話予告を合わせた動画は10月18日23:59 の公開終了時に再生回数約609万回を記録。 この再生回数は、TBS公式YouTubeチャンネル上で過去最高の再生回数となった。 その後TBSは、ドラマ出演者による"恋ダンス"動画と次週のドラマ予告編を併せる形で毎週YouTube上で動画を公開。 TBSの発表によると、2016年11月29日時点でYouTubeにおける累計動画再生回数は5,000万回 、またによると2016年12月16日時点で累計動画再生回数は7,500万回に到達している。 2016年11月27日には、これまでドラマエンディング内で"恋ダンス"を披露していなかったドラマ出演者のや、、による別バージョンの新たなカバー動画がYouTubeTBS公式チャンネルにて公開されている。 この新たなカバーでは、かつて自身のギャグや楽曲「」などでダンスを見せていた藤井の切れのある動き、アイドルとして活動していた真野の安定的なダンスに注目が集まった。 このバージョンの"恋ダンス"動画についても公開1日で300万再生を突破した。 評価 [ ] は"恋ダンス"におけるダンスそのものや振り付けについて「切れ味鋭いダンス」と指摘した。 音楽評論家の石黒隆之はウェブサイトにおいて、"恋ダンス"は「よく練られた振り付け」と評価している。 加えて、体全体を大きく躍動させるものではなく、手足のフォーメーションを細かく変化させていくお遊戯に近い、視聴者に何かを訴えかけるではなくののように内側へパーツを折りたたんでいく、ただの動きであると指摘している。 のライターである小西りえこは、このブームをの「」(2013年)のそれを思い起こさせると指摘している。 加えて、も"恋ダンス"を『』(2011年)のドラマエンディング内でとによって踊られたダンスや、「恋するフォーチュンクッキー」における自治体や企業社員らによるダンス動画投稿の流れを汲んだものとして指摘している。 JIJICOの楡田利克は、「こういったドラマやミュージックビデオのダンス振り付けがブームを起こすということが、日本において定着しつつある」とコメントした。 更に「恋ダンス」ブーム拡大の分析として、学校教育の中でダンスが必修科目となったこと、風俗営業法におけるダンス規制の緩和、比較的簡単でキャッチーな振り付けであること、動画の撮影やアップロードが簡単にできる世の中になったことなどを要因として上げた。 の教授は、産経ニュースに寄せた寄稿の中でテレビドラマを含めて恋ダンスを評し、「ダンスは身近な存在になったが、星野さんの曲が秀逸だからうまくいった。 それに、あくまでドラマの副産物。 本編がすばらしいから、ダンス人気につながった」とコメントしている。 世間の反応 [ ] 「恋ダンス」にインターネットユーザーも反応した。 YouTube、Twitter、といった上を中心に"恋ダンス"を真似して踊る「踊ってみた」動画がとなり、を引き起こした。 モデルプレスは、2016年10月27日17時 JST 時点でInstagram上にて「恋ダンス」と検索すると4,000件以上のユーザー投稿が見つかるブームになっていると報じている。 また、ワイズワークスプロジェクトが2016年11月14日から2016年12月13日の期間で行った調査によると、YouTube上で「恋ダンス」+「踊ってみた」のキーワードの組み合わせによる上位100位の動画合計視聴回数は約8,000万回(実数:80,058,285回)であることが報告されている。 更に、以下のように有名人、企業、団体、自治体なども"恋ダンス"動画の投稿あるいはダンスを披露している。 山賀琴子• (、)• (小栗かこ、)• (、)• 元メンバー(、)• メンバー• 、、、• 石田ゆり子、(『』の企画)• ファンの間では恋ダンスならぬ「 鯉ダンス」を披露していた。 ・ミスフェアレディ• 、 、• 、・駐日アメリカ合衆国領事館(在札幌、在名古屋、駐大阪・神戸、在福岡、在沖)職員・外交官 、• ファミリー• 「」の「取れ高サイコロ」の目に出ていた為、踊ったがカットされ後日放送した レコード会社によるブームへの応答とその後 [ ] 星野の所属するレコード会社は、「踊ってみた」動画によるブームの拡大を受け、公式に条件付きでユーザーによる動画投稿、公開を認める声明を発表。 具体的には、「CDや配信で購入した公式音源の使用」「ドラマエンディングと同様の90秒程度の『恋ダンス』動画であること」「ドラマ放送期間中のYouTube公開」「非営利目的であること」の4点の厳守を条件として許諾した。 この対応は好意的に受け止められ、ウェブメディアのKAI-YOUは「粋な発表」と評した。 またモデルプレスはネットユーザーによる「さすがの大人な対応」「すばらしい」「素敵な配慮です」「ここまで発展するとは!」といった称賛の声があることを紹介した。 2017年8月末をもってビクターエンタテインメントは恋ダンス動画の削除手続きに入るため、恋ダンス動画の投稿者に自主的な動画の削除を要請している。 受容 [ ] 「例えば、親戚の人から「子どもが小学校でみんな『恋』を歌ってるよ、合唱曲になったよ」とか(言われたり)、あと、本当にテレビを見ていて、自分の曲が何回もかかったり、自分の顔が急に出てきたりとか…すごいなぁ〜と思って。 (中略)ヒットというものに関しては、すごく実感しながら、より面白いものを届けられるといいね、という気持ちの中で物作りが出来て。 音楽でも、自分の歌っていうものが、すごくいろいろな人が歌ってくれて、幸せというか…自分がやりたいこととか音楽を、自分なりに、すっごく高密度で詰め込めたような曲だったので。 自分の手を離れていっているような感覚ではあるんですけど、すごく幸せで、どんどんいろいろな人に歌ってほしいし、踊ってほしいと思います。 」 ---授賞式にて、テレビドラマ『逃げ恥』並びに主題歌「恋」の社会現象とヒットについて語る星野源。 「恋」は"恋ダンス"と共に日本国内において社会現象を引き起こした。 が2016年12月1日に発表した『TSUTAYA2016年間レンタルランキング』にて、シングル盤『恋』は年間レンタル回数シングル部門1位を記録した。 による『レコチョク週間ランキング』でも、「恋」は記録を打ち立ている。 2016年12月21日時点で「」が持っていた9週連続1位の記録を2年7カ月ぶりに更新し、10週連続1位を獲得。 更に2017年1月4日時点で12週連続1位を獲得。 この時とによる「」が2008年4月に記録した11週連続1位を超え、レコチョクのシングル楽曲のダウンロードとしては史上最長週間連続1位記録を達成した。 更に2017年1月13日時点で「恋」は、ダウンロードでは、レコチョク共に13週連続1位と圧倒的な強さを見せており、この点について音楽市場分析家のは、「昭和のレコード世代なら、「」が12週連続1位、平成の8cmCD世代なら「」が13週連続1位で、これらに匹敵する圧倒的な強さといえば、このヒットがモンスター級だと分かる」と評している。 が主催するにおいて、「恋」は2016年1年間で最もダウンロードされた邦楽曲に贈られる「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を受賞している。 「恋」はのにも選出されている。 入場行進用の編曲は、2009年よりセンバツ行進曲の編曲を手がけている日本の作曲家が担当した。 『毎日新聞』によると、この編曲において曲のは、原曲のBPM158に対し、球児らが足を高く上げて行進するのに最適なBPM116に改められている。 更に楽曲内で2回あるのうち、1回目のメロディー部分の楽器演奏はなどの低音の楽器を、終盤の2回目のメロディーではなどの高音の楽器を総動員し、華やかに終わるよう編曲されているという。 また、同大会の開催期間中限定で、のとしても使用されていた(編曲はが担当。 加えて、は自身が行っている弾き語りライブシリーズ『chay's room』の1月25日大阪公演の中で「恋」をカバーしている。 星野はイベント出演アーティストの中で大トリを務め9曲を披露。 「恋」はアンコール時にパフォーマンスされている。 では2016年10月14日に放送された『』や、同年12月26日に放送された『ミュージックステーション スーパーライブ2016』、『』等でパフォーマンスされた。 また2017年1月に行われたワンマンライブ『星野源 新春Live 2days「YELLOW PACIFIC」』に於いても、「恋」はパフォーマンスされている。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「恋」 星野源 星野源 4:13 2. 「Drinking Dance」 星野源 星野源 3:40 3. 「Continues」 星野源 星野源 4:26 4. 「雨音 House ver. 」 星野源 星野源 4:01 合計時間: 16:20 特典DVD『恋ビデオ。 』(約63分) タイトル 作詞 作曲・編曲 備考 1. 「特別番組「ニセ明、へ行く」」 出演/星野源 ナレーション/ 2. 「「METROCK2016」映像」 参加ミュージシャン [ ]• 星野源:, , , , , , TR-8, Chorus, Handclap• :, , Handclap• ():Bass, Handclap• 伊賀航:Bass, Handclap• 小林創:Piano, Handclap• (,ex. ):Guitar, Chorus• 岡村美央・伊能 修・加藤玲名・城戸貴代:• 杉野裕・下川美帆:2nd Violin• 菊地幹代・舘泉礼一:• 笠原あやの・・増本麻理:• Real Sound. 2017年12月8日. 2017年12月8日閲覧。 毎日新聞. 2017年1月31日 2017年2月24日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年4月14日. 2017年4月17日閲覧。 リアルサウンド. 2 2016年10月7日. 2016年11月26日閲覧。 デイリースポーツ. 2017年4月14日. 2017年4月17日閲覧。 ORICON 2016年11月4日. 2016年11月10日閲覧。 okmusic 2016年9月6日. 2016年11月26日閲覧。 Musicman-NETInformation 2016年8月17日. 2016年8月31日閲覧。 T-SITEニュース 2016年9月6日. 2016年11月10日閲覧。 Musicman-NET 2016年10月11日. 2016年12月11日閲覧。 カルチュア・コンビニエンス・クラブ. 2017年2月5日閲覧。 リアルサウンド. 2017年2月6日閲覧。 日刊SPA!. 2016年12月3日. 2016年12月13日閲覧。 RO69. ロッキング・オン. 2016年11月26日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2017年1月1日. 2017年2月5日閲覧。 毎日新聞. 2017年1月30日閲覧。 ぷりんと楽譜. ヤマハミュージックメディア. 2016年12月20日閲覧。 ORICON NEWS 2018年2月27日. 2018年2月27日閲覧。 リアルサウンド. 2017年2月5日閲覧。 TBSラジオ. 2016年12月20日閲覧。 MusicVoice 2017年4月9日. 2017年4月17日閲覧。 柴那典 2016年11月8日. リアルサウンド. 2017年2月6日閲覧。 兵庫慎司 2016年10月4日. RO69. ロッキング・オン. 2016年11月26日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2016年11月26日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年10月11日. 2016年11月29日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年10月19日. 2016年11月26日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年10月26日. 2016年11月26日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年11月2日. 2016年11月29日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年11月9日. 2016年11月29日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年11月30日. 2016年11月30日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年12月8日. 2016年12月11日閲覧。 小池宏和 2017年1月24日. ロッキング・オン. 2017年2月6日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年11月30日. 2016年11月30日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年12月14日. 2016年12月14日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年12月14日. 2016年12月14日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年12月21日. 2016年12月25日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2016年12月28日. 2017年1月3日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2017年1月6日. 2017年2月8日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2017年1月11日. 2017年2月8日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2017年1月18日. 2017年2月8日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2017年1月25日. 2017年1月30日閲覧。 Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク 2017年1月6日. 2017年2月8日閲覧。 オリコン 2016年10月11日. 2016年11月26日閲覧。 オリコン. 2016年12月25日閲覧。 日本レコード協会 2017年1月10日. 2017年1月30日閲覧。 日本レコード協会 2017年1月20日. 2017年1月30日閲覧。 Skream 2016年9月20日. 2016年11月26日閲覧。 ロッキング・オン 2016年11月8日. 2016年12月20日閲覧。 スポーツ報知 2016年10月23日. 2016年11月10日閲覧。 ロッキング・オン 2016年10月25日. 2016年12月20日閲覧。 スポニチアネックス 2016年11月20日. 2016年12月20日閲覧。 ロッキング・オン 2016年12月15日. 2016年12月20日閲覧。 2016年12月27日. 東洋経済. 2017年1月20日閲覧。 オリコン 2017年2月11日. 2017年3月10日閲覧。 ロッキング・オン 2017年2月27日. 2017年3月8日閲覧。 エキサイトニュース. 2016年11月2日. 2016年12月2日閲覧。 モデルプレス. 2016年10月12日. 2016年12月2日閲覧。 スポーツニッポン. 2016年11月1日. 音楽ナタリー 2016年10月20日• RO69. ロッキング・オン 2016年11月29日. 2016年12月2日閲覧。 産経ニュース. 2016年12月16日. 2016年12月20日閲覧。 播磨谷拓巳 2016年11月27日. BuzzFeed. 2016年12月2日閲覧。 モデルプレス. 2016年11月28日. ITmediaニュース. 2016年11月28日. 産経ニュース. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 産経ニュース. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 楡田利克 2016年11月13日. JIJICO. 2016年12月2日閲覧。 ナタリー ニュースサイト 2016年10月13日. 2016年11月10日閲覧。 時事通信 ワイズワークスプロジェクト. 2016年12月21日. 2017年2月6日閲覧。 [ ]• J-CAST. 2016年12月21日. 2016年12月25日閲覧。 モデルプレス. 2016年10月27日. 2016年12月13日閲覧。 モデルプレス. 2016年11月22日. 2016年12月13日閲覧。 M-ON! MUSIC. 2016年10月19日. 2016年12月13日閲覧。 モデルプレス. 2016年11月24日. 2016年12月13日閲覧。 モデルプレス. 2016年12月6日. 2016年12月13日閲覧。 モデルプレス. 2016年12月6日. 2016年12月13日閲覧。 livedoorニュース. 2016年11月1日. ITmedia. 2016年11月28日. 2016年12月13日閲覧。 RBB TODAY. 2016年12月9日. 2016年12月13日閲覧。 ハフィントンポスト. 2016年12月11日. 2016年12月13日閲覧。 中日新聞. 2016年12月20日. 2016年12月20日閲覧。 BuzzFeed Japan. 2016年12月21日. 2016年12月25日閲覧。 RBB TODAY. 2016年12月20日. 2016年12月25日閲覧。 ねとらぼ. ITMedia 2016年1月27日. 2017年2月6日閲覧。 ねとらぼ. ITMedia 2016年12月16日. 2016年12月25日閲覧。 ねとらぼ. ITMedia 2016年11月23日. 2016年12月2日閲覧。 KAI-YOU 2016年11月22日. 2017年4月17日閲覧。 モデルプレス 2016年11月23日. 2017年4月17日閲覧。 ハフィントン・ポスト. 2017年9月1日12時12分. 2017年9月1日閲覧。 村上幸将 2017年2月2日. 日刊スポーツ. 2017年2月5日閲覧。 エキサイトニュース Musicman-NET. 2016年12月1日. 2016年12月2日閲覧。 Musicman-NET Information 2016年12月21日. 2017年2月6日閲覧。 エキサイトニュース. Dime. 1 2017年1月14日. 2017年2月5日閲覧。 2017年1月13日. 日経トレンディ. 2017年1月30日閲覧。 ロッキング・オン 2017年2月27日. 2017年3月10日閲覧。 オリコン. 2016年1月25日閲覧。 阪神電気鉄道 2017年3月15日. 2017年3月15日閲覧。 モデルプレス. 2017年1月26日. 2017年2月1日閲覧。 music. jp 2016年10月27日. 2016年12月13日閲覧。 渡辺満理奈 2016年10月15日. RO69. ロッキング・オン. 2016年12月13日閲覧。 朝日新聞デジタル 2016年12月23日. 2016年12月25日閲覧。 スポーツ報知. 2017年1月1日. 2017年1月7日閲覧。 小池宏和 2017年2月2日. ロッキング・オン. 2017年2月5日閲覧。 レーベルゲート. 2016年12月2日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

星野源が歌う『恋』。この曲で示す「一人を超えてゆけ」の意味とは?

サムシング 星野 源

一層の外出自粛を呼びかける安倍晋三首相。 写真は4月7日に緊急事態宣言が出された後の東京都内(写真:ロイター/アフロ) 安倍晋三首相が4月12日にツイッターに投稿した動画が、ネット上で大炎上した。 自宅とみられる私室で犬とくつろぐ姿などを、シンガーソングライターの星野源氏が演奏する楽曲「うちで踊ろう」とともに公開した動画に対し、「なんだこれ?」「まるでKY(空気が読めない)だ」などの批判が殺到している。 その一方で、「ゆっくり休んでください」「安心しました」など評価する声もあり、動画への賛否は交錯している。 外出自粛による国民の不安と苛立ちが今回のネット騒動の背景にあるとみられるが、欧米各国で拡大しているコロナショックによる国民の分断と対立が、日本でも加速しつつあることを際立たせる結果となった。 動画で外出自粛を呼びかけたが… 安倍首相の公式ツイッターへの投稿は12日午前9時過ぎ。 ソファに座って愛犬を膝に抱いたり、コーヒーカップを片手に持って飲んだり、椅子に座ってテレビのリモコンを操作したりする、くつろいだ様子の動画が流された。 動画は、星野氏の流す音楽と約1分間、コラボレーションしたものになっている。 この動画は「友達と会えない。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります」という安倍首相のメッセージ付きだ。 併せて、次の投稿で「私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。 いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。 その明日を生み出すために、今日はうちで……。 どうか皆様のご協力をお願いします」と、国民に向けて改めて外出自粛を訴えている。 「うちで踊ろう」は、星野氏が4月3日に公式インスタグラムで公開したギターによる楽曲。 「生きて踊ろう 僕らそれぞれの場所で」などの歌詞が反響を呼び、星野氏と親しい芸能人など、多くの有名人がそれぞれ伴奏やコーラス、ダンスなどでコラボし、アクセス数も激増して大きな話題となっていた。

次の

星野源『Same Thing』パンピーやスーパーオーガニズムとの全4曲、MVも続々公開

サムシング 星野 源

国内のみで50万ユニット以上を売り上げた大ヒット・アルバム『POP VIRUS』に続く星野源の新作リリースが発表された。 10月14日にダウンロード/ストリーミングでリリースされる新作は4曲入りのEP。 国内外の豪華アーティストを迎え、これまで一切やってこなかった星野源初となる濃密なコラボレーション楽曲を多数収録している。 EPのタイトル曲「Same Thing feat. Superorganism 」は、ロンドンを拠点に活躍する8人組多国籍バンド SUPERORGANISMと共に制作した楽曲。 星野のライヴを観に訪れたことをきっかけに友人関係を深め、実際にメンバーたちとスタジオに入り制作がスタートした。 同楽曲は星野源が作詞作曲をし、SUPERORGANISMが編曲を担当。 全編英語詞、双方の魅力が十二分に詰まった衝撃の楽曲となっている。 また「さらしもの feat. PUNPEE 」には、ラッパーとしてPUNPEEが参加。 共にスタジオで長い時間をかけてリリック制作、楽曲アレンジメントを突き詰めた。 さらに星野自身初のラップが収録されている。 本楽曲も必聴のものになりそうだ。 国や言葉の壁を越え、より自由なスタイルで星野源の音楽を届けていく。 本EPについて星野源よりコメントも到着している。 『Same Thing』というEPは僕にとって、遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫びです。 恐ろしいほどのワクワク感と共に「音楽人生、まだこんなに面白いことがあるのか」と楽しい刺激を常に感じながら制作した最高の4曲です。 お楽しみに。 Superorganism 」は、Beats 1のアンカーDJ、Zane Loweの番組で、世界で最も早くプレミア・オンエアされることが決定。 日本時間の10月4日深夜1時スタートの番組内で、全世界に向けて初めてオンエアされる。 そして、本日10月4日からApple MusicにてEPのプレアド(先行追加)開始と共に、リード・トラックの先行ストリーミングが開始している。 さらに、「Same Thing feat. Superorganism 」が来週10月8日25時からオンエアのニッポン放送"星野源のオールナイトニッポン"で国内ラジオ初オンエアが決定。 ぜひ当日の生放送をチェックしてほしい。 Same Thing feat. Superorganism 02. さらしもの feat. PUNPEE 03. Ain't Nobody Know 04. 28) 1. 歌を歌うときは 2. Pop Virus 3. 地獄でなぜ悪い 4. Get a Feel 5. 桜の森 6. 肌 7. Pair Dancer 8. Present 9. サピエンス 10. ドラえもん 11. 「一流ミュージシャンからのお祝いコメント1」 12. ばらばら 13. STUTS SHOW 14. KIDS 15. プリン 16. くせのうた 17. 「一流ミュージシャンからのお祝いコメント2」 18. 化物 19. 恋 20. SUN 21. アイデア 22. Week End 23. Family Song -ENCORE- 24. 君は薔薇より美しい 25. 時よ 26. Hello Song 27. Superorganism 」オンエア ・ ・ "星野源のオールナイトニッポン" 10月8日(火)25:00~ 新曲「Same Thing feat. 時を得た作品ならではの醍醐味! そもそも星野源の作品は"わかるわかる! 共感する!""感動した!"みたいなことから遠い。 あるとしたら"この名状しがたい感情をよくぞ曲にしてくれた"ということだ。 さて、4枚目のアルバムである今作。 真似しようにもできないブラック・ミュージック。 フェイクしようとしてもできないソウルの歌唱。 しかし確実に自分の音楽体験として存在し、体内に取り込まれた"クロいグルーヴ"をこれまでのアシッド・フォークやエキゾ同様に、"星野源味"の出汁で仕込みそれが全体の基調に。 同時にTrack. 1「時よ」や弾き語りのTrack. 6「口づけ」、細野晴臣とのインストTrack. 8「Nerd Strut」といった"異彩"が一筋縄ではいかないツボを形成している。 (石角 友香) 跳ねたジャズ・ピアノではじまり軽快なビートで踊り続ける「Crazy Crazy」、70年代のダンサブルで煌びやかなソウル・ミュージックを下地に詩的な歌心をのせた「桜の森」、そしてブルースやジャズを都会的に、かつリラックスしたナイト・ソングへと仕立てた「Night Troop」。 今回のシングルは、いずれの曲もタイプは異なれど心地好いグルーヴや、軽やかな空気感が流れていて、自然と手拍子が出たり、体を揺らしたり、リズムを刻んだりしてしまうようなサウンドが肝であり現在のモード。 一方、スムーズに流れるメロディとスモーキーな歌声にのせて、想像を掻き立てるような言葉や意味深な言葉がフッと刺さる。 アッパーなリズムやサウンドでも突飛でなく、どこかに憂いや湿度を含んでいて、すんなりと肌になじむ音楽が優しい。 (吉羽 さおり) シングル「フィルム」「夢の外へ」「知らない」も含む、約2年ぶり、3枚目のアルバム。 生き急ぐような膨大な言葉数とテンポ感に圧倒される「化物」で鮮やかに幕を開け、立て続けにアッパー・ナンバーが3曲続く驚き。 そして彼流のソウル・ミュージックをシンプルな3人編成で構成した「季節」、誰かに伝えるでもない独白とサウンドでなんともいえないサイケデリアが立ち上る「レコードノイズ」など多彩な全12曲。 だが、単にバラエティ豊かというよりは、星野の生きるスピード感や欲望が、ポップ・ミュージックとしてはカオティックなバランスで、ギリギリの切っ先に立っているような曲が目立つのが新しい。 「知らない」の歌詞じゃないが、知らないことがあるからこそ生きるのは楽しいし、楽しいことを見つけたくなる。 (石角 友香).

次の