副大臣。 経済産業副大臣 (METI/経済産業省)

副大臣とは

副大臣

概要 その地位は第13条、第16条に基づいている。 従来のを廃止して設けられたであり、を充てることが慣例となっている。 各省の、又はの命を受け、政策及び企画をつかさどり、政務を処理する。 また、大臣不在の場合、大臣の事前の命令に基づいてその職務を代行することができる(の不在代理はたるが行うため、を除く)。 ただし国務大臣としての職権は代行できないためへの代理出席などはできない。 定数は各府省ごとに異なる(1人から3人)。 任免は、その府省の長である大臣の申出によりが行い、がこれを認証する()。 がなされると付随して地位を失う。 上のである。 また、内閣府及び各省の政策等に関し相互の調整に資するため、 副大臣会議が設置されている。 副大臣会議は、の下で、(政務)及び全副大臣により組織され、内閣官房長官が主宰し、内閣官房副長官(政務)が議長を務める。 副大臣はやよりも格上に位置づけられている。 一方、副大臣及び副大臣会議は決定案件に何らの権限も有しておらず、閣議決定案件の事前調整はもっぱらによって事実上担われてきた(事務次官等会議は、によって廃止されるが、2011年のを契機に事務次官等の事務方を中心とする「各府省連絡会議」が定例化)。 2012年2月10日、は内閣府副大臣の一部を各省の副大臣の一部と兼任させたが、この兼任システムは政権交代後も引き継がれている。 英語名称は、Senior Vice-Minister、Parliamentary Senior Vice-Minister、State Minister、State Secretary などと各府省庁がまちまちに訳語を与えている。 沿革 従来の政治任用ポストであった政務次官は、権限も小さく役割も不明確であったため、「省庁の盲腸」と揶揄され軽んじられてきた。 この点を反省し、のにより、国会における制度及び政務次官が廃止され、副大臣と大臣政務官が新たに設置された。 副大臣には、適材適所の実力者を登用して国会答弁に当たらせることが期待された。 また法律上の根拠がなかった政務次官会議に代えて、同法第9条に基づく副大臣会議を創設、権威付けと実質的な省庁間の政策調整が行われることも期された。 副大臣・大臣政務官制度への移行が議論されていた・においては、重要官庁の政務次官に閣僚経験者を充てる試み(・外務政務次官、・大蔵政務次官、・外務政務次官など)がなされるなど、新制度の効果的な活用が期待されていた。 しかしながら、新制度が導入された後の閣僚人事においては、若手の抜擢や民間人の起用などが注目された小泉内閣下においても、副大臣・大臣政務官人事については、順送り・年功序列型の慣行がほぼ踏襲されるなど、大きな変化が見られないとする評価もなされた。 続くにおいては派閥の推薦をそのまま受け入れるのではなく、推薦リストをもとに総理や党幹部が決定するというスタイルがとられた。 では(経済産業)と(厚生労働)が、では(財務)と(外務)と、閣僚経験者が副大臣に起用されるなど新しい方向での模索もなされている。

次の

大臣・副大臣・政務官

副大臣

フライデーには『地元北海道で新型コロナウイルス感染者が増え続ける中…総務副大臣 長谷川岳(49)が美人OLと「濃厚接触不倫」』と題する記事が掲載されていた。 怒りの理由は、自民党北海道連会長代行の長谷川氏の不倫をスッパ抜いた講談社に対してではなく、参議院議員(北海道比例・日本維新の会)で地域政党新党大地代表の鈴木宗男氏に向けられたものだった。 なぜ、長谷川氏の不倫が鈴木宗男氏に結びつくのだろうか。 新型コロナウイルスで道民が大混乱し、学校が一斉臨時休校になっても、政争は休戦にはならないようだ。 そのうえで、長谷川氏が女性と連日連夜の食事を共にし、同女性が長谷川氏の住むマンションで密会をしているという疑惑を報じた。 長谷川氏はフライデーの直撃取材に女性の存在を「信頼しているパートナー」と弁解している。 ここまではよくある政治家の醜聞にすぎないのだが、ポイントは記事の文末にあった。 以下、引用する。 「同じ、北海道を地盤とする参議院議員・ 鈴木宗男氏が断ずる。 『鈴木直道知事をはじめ、地元の政治家は与野党を問わず、それこそ昼夜の別なく必至に感染拡大への対応を協議している。 そんな非常事態にプライベートの時間を優先、ましてや不倫など、政治家と呼べない。 いますぐ議員バッジを外すべきです』」 宗男氏のコメントに自民党関係者は次のように警戒心をあらわにする。 「長谷川氏の改選は2022年の予定です。 ただ、報道が道民に与えた印象は最悪です。 次回は厳しい戦いを強いられるでしょう。 つまり、盤石と見られていた北海道の自民1議席がぐらついている。 では、これによって生じる1議席を、どこの誰が一番獲得したいと考えているのかということです。 宗男先生は受けた仇は、絶対に忘れない人です。 普段はにこやかにしていますが、激しい方です。 そして絶対に報復なされます。 だからこそ、今も昔も多くの議員に恐れられているのです」.

次の

副大臣(ふくだいじん)とは

副大臣

概要 [編集 ] その地位は第13条、第16条に基づいている。 従来のを廃止して設けられたであり、を充てることが慣例となっている。 各省の、又はの命を受け、政策及び企画をつかさどり、政務を処理する。 また、大臣不在の場合、大臣の事前の命令に基づいてその職務を代行することができる(の不在代理はたるが行うため、を除く)。 ただし国務大臣としての職権は代行できないためへの代理出席などはできない。 定数は各府省ごとに異なる(1人から3人)。 任免は、その府省の長である大臣の申出によりが行い、がこれを認証する()。 がなされると付随して地位を失う。 上のである。 また、内閣府及び各省の政策等に関し相互の調整に資するため、 副大臣会議が設置されている。 副大臣会議は、の下で、(政務)及び全副大臣により組織され、内閣官房長官が主宰し、内閣官房副長官(政務)が議長を務める。 副大臣はやよりも格上に位置づけられている。 一方、副大臣及び副大臣会議は決定案件に何らの権限も有しておらず、閣議決定案件の事前調整はもっぱらによって事実上担われてきた(事務次官等会議は、によって廃止されるが、2011年のを契機に事務次官等の事務方を中心とする「各府省連絡会議」が定例化)。 2012年2月10日、は内閣府副大臣の一部を各省の副大臣の一部と兼任させたが、この兼任システムは政権交代後も引き継がれている。 英語名称は、Senior Vice-Minister、Parliamentary Senior Vice-Minister、State Minister、State Secretary などと各府省庁がまちまちに訳語を与えている。 沿革 [編集 ] 従来の政治任用ポストであった政務次官は、権限も小さく役割も不明確であったため、「省庁の盲腸」と揶揄され軽んじられてきた。 この点を反省し、のにより、国会における制度及び政務次官が廃止され、副大臣と大臣政務官が新たに設置された。 副大臣には、適材適所の実力者を登用して国会答弁に当たらせることが期待された。 また法律上の根拠がなかった政務次官会議に代えて、同法第9条に基づく副大臣会議を創設、権威付けと実質的な省庁間の政策調整が行われることも期された。 副大臣・大臣政務官制度への移行が議論されていた・においては、重要官庁の政務次官に閣僚経験者を充てる試み(・外務政務次官、・大蔵政務次官、・外務政務次官など)がなされるなど、新制度の効果的な活用が期待されていた。 しかしながら、新制度が導入された後の閣僚人事においては、若手の抜擢や民間人の起用などが注目された小泉内閣下においても、副大臣・大臣政務官人事については、順送り・年功序列型の慣行がほぼ踏襲されるなど、大きな変化が見られないとする評価もなされた。 続くにおいては派閥の推薦をそのまま受け入れるのではなく、推薦リストをもとに総理や党幹部が決定するというスタイルがとられた。 では(経済産業)と(厚生労働)が、では(財務)と(外務)と、閣僚経験者が副大臣に起用されるなど新しい方向での模索もなされている。 備考 [編集 ] は、だけでなく内閣府の事務の特定事項も一部担当し、副大臣会議の構成員であるとともに、俸給等の待遇の面でも同等である等、職位としてはほぼ副大臣に相当するが、設置根拠・時の連帯失職の有無等が異なるため法的・学問的には副大臣に含まれない。 内閣官房副長官のほか、俸給等の待遇の面が副大臣に相当する職には、、国家公務員倫理審査会の常勤の会長、、、の一部がある。 においては、各議院の・、が、裁判所においては、がこれらに相当する。 副大臣一覧(計25人) [編集 ]• (2人)• (3人)• (2人)• (1人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (2人)• (1人) 現内閣での副大臣 [編集 ] を参照。 脚注 [編集 ].

次の