読書 感想 文 書き方 中学生。 坊っちゃんの読書感想文の書き方。中学生向け例文付き。

中学生のための読書感想文の書き方。簡単に書くコツ・構成があります。※高校生も対応

読書 感想 文 書き方 中学生

青少年読書感想文全国コンクールの規定で読書感想文の書き方は決まっているので、大抵の学校はこれに準拠しています。 5枚まで、ということは3枚でも4枚でもいいんでしょう?と思いますよね。 確かにそうですが、読書感想文は 本を読んでその内容を理解し、その感想を規定の文字数の作文にするという国語の能力を鍛える宿題でもあります。 5枚の2000字ならばその8割の1600字は埋めましょう。 中学生の読書感想文の書き方は、まず構成を大まかに3つに分けることから始めます。 序文(書き始め)は原稿用紙半分程度(約200文字)、メインとなる本文は原稿用紙3枚半の1400文字程度、結論(まとめ)は原稿用紙一枚400文字が目安です。 メインの本文はあらすじ(本の説明)と感想を書きますが、中学生の読書感想文のメインはあくまで「感想」なので、あらすじはざっくりと短くまとめましょう。 「感想」は特に印象に残った場面や登場人物の行動について書き、そのことについての自分の考えをハッキリと書くのがポイントです。 「もしも私が〇〇だったら……」と主人公の立場になって考えてみたり、もしくは他の登場人物からの視点で物語を見ても面白い感想が書けるでしょう。 最後の結論(まとめ)の書き方は 自分が本から読み取った作者の訴えたいこと(主題)を書きます。 それについて自分が考えたことや理解したこと、本を読む前と読んだ後の気持ちの変化や、行動の変化、成長などを書くと、まとまりのいい読書感想文になります。

次の

中学生 読書感想文の書き方例!構成やコツを紹介。高校生でもOK

読書 感想 文 書き方 中学生

原こう用紙の使い方-基本的なきまり• 題名は最初の行に、2~3マス下げて書く。 二行目の下に名前を書く。 段落の始めは一字下げて書く。 ゃゅょっ。 、「」(かぎかっこ)はそれぞれ一文字として、一つのマス目に書く。 、」(とじるかぎかっこ)が行の始めに来る時は、前の行末に書く。 その他のきまり ちょっと迷ってしまいがちな原こう用紙の使い方について、1つ1つ説明していきます。 名前と本文の間は1行あける? 特に指定がない場合、タイトルを1行目、名前を2行目に書くのが一般的です。 では、本文はすぐ3行目から書いていいのかどうか、という疑問があるかもしれません。 小学生の原こう用紙の使い方として、3行目から本文を書く、という説明をしているところが多いです。 もし、見やすくするためにあけるとしても、何行もあけず1行だけあけるようにした方が「余白で行数をかせごうとしている」と誤解される心配がなくていいのではないかと思います。 会話文のかぎかっこは1字下げるかどうか その会話文から段落が始まる場合は、一字下げます。 段落の途中に会話文がある場合は、改行し、一字下げずに「(かぎかっこ)を行頭(行の一番上のマス)に書きます。 会話文が2行以上になる時2行目以降を一字下げるかどうか 小学校の国語の教科書は、会話文が2行以上になる時、2行目以降は1字下げて表記している場合があります。 これは小学校の教科書独特の表記のしかたなのだそうです。 tokyo-shoseki. htm 原こう用紙に作文を書く時には、会話文の2行目以降は一字下げずに一番上のマスから書くのがふつうです。 」にするか、 」だけでいいか、ということですね。 新聞や雑誌は、 かぎかっこだけのことが多いです。 ちなみに、手元にある朝日小学生新聞を調べてみると、会話文の終わりはかぎかっこだけでした。 かぎかっこをとじる時に句点を省略しない。 これも、教科書独特の表記のようです。 会話文の「」の後次の行は1字下げるかどうか 会話文をかぎかっこで閉じた後は、改行し、次の文は次の行から書く場合が多いです。 会話の次の文から段落が変わる場合は一字下げます。 段落が変わらない場合は一字下げずに一番上のマス目から書きます。 会話文以外でかぎかっこを使う時 会話文ではなく、強調したい語などにかぎかっこをつける場合があります。 この場合はかぎかっこから改行する必要はなく、とじるかぎかっこに句点はつけません。 かぎかっこでとじた後の改行もしません。 っゃゅょは行頭に来てもいいか• これらが行頭に来てもよい。 前の行の最後の文字と一緒に書いてもよい。 どちらでもまちがいではないようですが、このあたりは先生によって教え方がちがうところだと思いますので、気になる場合は担任の先生に確認してください。 、」は、基本的なきまりで書いたように、行頭にきてはいけないとされていますので、区別して覚えましょう。 数字はどうするか 縦書きの原こう用紙では、数字は漢字で書きます。 けた数が大きいなど、算用数字の方が見やすいと思われる場合は、ねかせて書く場合もあるようです。 その場合は、1マスに2文字の算用数字が入ります。 アルファベットはどうするか 記号としてのアルファベットは、1マスに1文字書きます。 小学生の作文では、ほとんど使わないと思いますが、英単語などを縦書きの原こう用紙に書きたい場合は、ねかせて書く方法もあります。 1マスに2文字のアルファベットが入ります。 目的別・原こう用紙の使い方の注意点 宿題やコンクールによっては、原こう用紙の使い方について指定がある場合があります。 学校の宿題 原こう用紙の使い方について、はっきりしたきまりはないので、先生によって教え方が多少ちがっています。 基本的なきまりを守って書かれていれば大丈夫だと思いますが、原こう用紙の使い方で迷った時は、担任の先生に質問してみるのが一番良いと思います。 青少年読書感想文コンクール出品用の場合 タイトル、名前は外側の余白に書きます。 一行目から本文を書きます。 その他作文や読書感想文のコンクール 応募要項(おうぼようこう)を読み、原こう用紙の使い方、タイトルや名前をどこに書くのか等を確かめましょう。 なぜ原こう用紙に書くのか 原こう用紙に書くことの利点は、なんといっても文字数を数えやすいということです。 これから中学、高校、大学の受験の時や、入社試験などで、作文や小論文を決められた文字数で書かなくてはならないことが多くあると思います。 文字数を意識して書くことに、少しずつ慣れていった方がいいのですね。 普段から原こう用紙やマス目のノートに、文字数を意識しながら文章を書く練習をすると、きっと決められた文字数で文章をまとめる力がついてくると思います。 この記事について 小学生が原こう用紙を使う機会はあまり多くはありません。 読書感想文コンクール、作文コンクールに応募するための作文を書く時の他には、原こう用紙に書くことは、ほとんどないかもしれません。 授業でちょっとした作文を書いたり、夏休みの宿題として植物の観察日記、一言日記、絵日記などを書く時は、それに適した用紙が配られます。 それは原こう用紙ではなく、低学年のうちはマス目、中学年からは縦か横の罫線(けいせん)が引かれた紙であることが多いようです。 自主学習用のノートに、日記や作文を書く場合もあります。 これも、普通は正方形のマス目の方眼ノートか、縦か横の罫線のノートを使っている方が多いと思います。 そして、原こう用紙の正しい使い方を、今の学校では必ず教えることにはなっていないようです。 漢字の筆順のように、国が「これが正しい」と決めた基準があるものとは違うのです。 原こう用紙の使い方については、どの小学生も同じ内容で学校の先生に教わることにはなっていません。 また、小学生が作文を書く場合と、大学生が論文を書く場合、大人が記事や小説等を書く場合では、原こう用紙の使い方がちがっている部分もあります。 ここでは、小学生が宿題を学校に提出する場合、作文のコンクールに提出する場合の、原こう用紙の一般的(いっぱんてき)な使い方を説明してみました。 参考にしていただければと思います。

次の

読書感想文の書き方【中学生向け】短期間で効率的に書くコツとは?|ekuperi

読書 感想 文 書き方 中学生

【ステップ1】3つのポイントを見つける 読書感想文を書くときの流れとして、 まずは本文を読むのですが、 以下の3つのポイントに注意して、 本文を読んでください。 印象に残った一言や文書はどこか• 心に残った場面はどこか• 本を読んで学んだことと伝えたいことは何か の3つです。 読書感想文には主にこの部分について 書いていくことになるので、 最低でも2つ、できれば3つ見つけると良いです。 今回私が読んだアドベンチャーライフという本は、 自由人高橋歩さんが自分のやりたいことを、 ひたすらやり続けるという人生をまとめた自伝です。 私はこの本の中で次の2つの場面が印象に残りました。 1つは、歩さんの中学生時代の話です。 歩さんは中学生時代、いわゆる不良少年でした。 特にやりたいことが見つからないまま、 先生に反発ばかりしていた人生でした。 実はこの姿、 今の私自身と本当に似ています。 「まさに今の俺じゃん!」と直感で感じ、 私はこの本に引き込まれていきました。 私は中学生になってから・・・ (ここで自分の体験談を入れる) こんな感じで、 本を読んで印象に残った場面を、 2つか3つほど書いていきます。 ポイントとして、 必ず あなた自身の体験談を、 加えるようにしてください! これを入れるかどうかで点数が変わります! 仮に5ページの読書感想文を書くのであれば、 ここで3から4ページを使って、 しっかりと書いていきましょう。 最後に この本を読んで学んだことを書きます。 私は、自分は将来どんな人生を歩むのだろう? 特にやりたいこともないし、これと言った特技もないし、 どうしよう。 と悩んでいる時にこの本に出会いました。 ただこの本を読んで、 高橋歩さんというベストセラー作家の方でも、 中学生時代は特にやりたいことが見つからず、 悶々とした人生を送っていたということがわかりました。 高橋歩さんは大学生の時に、 自分が本当にやりたいと思えるバーテンダーという 仕事を見つけそこで成功しました。 高橋歩さんはこの本の中で、 「憧れて、やってみて、失敗して、またやってみて、 また失敗して、を繰り返していくと最後に必ず、 上手くいって感動できる!」と言っています。 だから私自身もまずは、 たくさんの本を読んだり映画を見たりして、 憧れを作ることが大事だなと感じました。 自分はこの本を読んで、 何を学び何が勉強になったのか、 これを最後に書くことで、 説得力のある読書感想文になります。 夏休みの宿題を最速で終わらせる方法 ここまでお伝えした方法を実践すれば、 読書感想文で高得点を取れること 間違いなしです! そのままの勢いで、 2学期の定期テストの点数も、 グングン上げていきましょう! と言いたいところなのですが。 中学生にとって、 夏休みの課題は大きな敵です。 毎回ぎりぎりになってしまい、 結局テスト勉強できない子が多いです。 この状態だといつまで経っても テストで高得点を取ることはできません。 そこで次のページでは、 夏休みの宿題を最速で終わらせる方法 について解説します。 この方法を使い短期間で終わらせちゃいましょう。 また夏休みに勉強を頑張りたい子は、 下記のページも参考になると思います。 道山ケイ 思春期の子育てアドバイザー 親を変えることで、子どもの成績を上げるプロとして活躍。 年間3000組の親子をサポートし、約7割の親子関係が良好に変化。 反抗期が激しく親と食事すらとらない子が、5教科合計481点獲得• 勉強嫌いでスマホ依存の子が、次のテストで5教科合計113点UP• 不登校だった子が学校に行けるようになり、5教科合計462点獲得 など道山流で子どもに接すると成績が上がると話題になっている。 元中学校教師で、学級崩壊の地獄と学年最下位クラスを9ヶ月でTOPに変えた天国を経験。 この体験から思春期子育て法を確立。 子どもが自ら勉強するようになる方法を解説する「7日間で成績UP無料講座」には、これまで5万人以上の方が参加し、次のテストで5教科合計100点以上UPした子が続出している。

次の