平泉 芭蕉。 松尾芭蕉が「奥の細道」平泉で感じたこと★無常観が表れた2つの名句を味わおう

芭蕉句碑|松尾芭蕉と中尊寺|五月雨の 降残してや 光堂

平泉 芭蕉

夏草や 兵共が 夢の跡 義経堂から東を望むと、北上川の向こうに秀峯・束稲山が見えます。 この山は、かつて安倍頼時の時代に、桜の木を一万本植えたといわれる桜の名所でした。 黄金文化華やかし藤原三代のころには、さぞや見事な花が山々や川面を彩ったことでしょう。 俳聖・松尾芭蕉が門人・曽良を伴い、平泉を訪れたのは元禄2年(1689)旧暦5月13日(6月29日)のこと。 高館に立ち、眼下に広がる夏草が風に揺れ光る様を眺めた芭蕉は、100年にわたり平泉文化を築き上げた奥州藤原氏の栄華や、この地に散った義経公を思い、かの名句を詠みました。 三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。 秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す。 先高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也。 (中略)「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と笠打敷て時のうつるまで泪を落し待りぬ。 夏草や 兵共が 夢の跡 名勝 おくのほそ道の風景地 かつて芭蕉が旅し、俳句に詠んだ景勝地は今も各地に残っています。 私達の目を楽しませ、時代のよすがを感じさせるこれらの地は、一体的な風致景観として、平成26年に高館を含む13箇所が名勝として一括指定されました。 現在は他の景勝地の追加指定も進んでいます。 PAGE TOP 岩手県平泉町 高館義経堂 お問い合わせ先 高館義経堂 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字柳御所14 TEL:0191-46-3300 毛越寺 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58 TEL:0191-46-2331 Copyright C 2006 Gikeido All Right Rrserved. 当ウェブサイト内の記事・写真の無断転用を固く禁じます。

次の

平泉文学散歩 │ 歴史と文学 │ ひらいずみナビ

平泉 芭蕉

中尊寺は山号を関山といいます。 17院により構成される天台宗の一山寺院です。 嘉祥3年(850年)に慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられます。 その後、奥州藤原氏の初代清衡が、本拠地を江刺豊田館から平泉に移し、長治2年(1105年)に造営に着手しました。 初めに、多宝寺が建てられ、次いで大長寿院(二階大堂)が完成したと伝えられます。 大長寿院は、高さ15メートルという大きな建物でした。 その中には、高さ約9メートルの金色阿弥陀如来像が、本尊として安置されていました。 平泉に侵攻した源頼朝は、大長寿院を見て驚き、それを模して鎌倉に永福寺を建てたそうです。 このように、清衡は次々に大伽藍を建立し、天治元年(1124年)には金色堂を完成させました。 全盛期には、40にも及ぶお堂や塔などがあったといわれています。 国宝の金色堂は、七宝珠玉が贅沢に使われており、他に類を見ない独自のものです。 また、須弥壇の中には初代清衡、二代基衡、三代秀衡のご遺体と四代泰衡の首級が納められています。 毛越寺は中尊寺と同じく、嘉祥3年(850)慈覚大師円仁によって開山されたと伝えられます。 その後、藤原氏二代基衡が造営に着手し、三代秀衡の時に完成しました。 当時はお堂や塔が40以上もあり、お坊さんが生活する建物は500以上もあったそうです。 「吾朝無双(我が国に並ぶものがない)」と言われるほど立派なものでした。 しかし相次いだ火災により、当時の建物は残っていません。 現存する常行堂も、江戸中期のものです。 しかしながら、遺跡が良好に保存されていることから、特別史跡に指定されています。 大泉が池とそれに注ぐ遣水は、発掘調査に基づいて整備されたものです。 この浄土庭園は、平安時代の庭園造り秘伝書『作庭記』に忠実に造られたもので、特別名勝にも指定されています。 大泉が池は海岸の美しさを表し、遣水は緩やかに蛇行しながら自然の小川のように造られています。 まさに、この世の浄土です。 このような特別史跡と特別名勝の二重指定を受けているものは全国でも9例しかありません。 (平成28年時点) 毛越寺東隣の観自在王院は、藤原氏二代基衡の妻によって建立されたと伝えられています。 敷地の北側には、大小2棟の阿弥陀堂が建っていました。 その内壁には、石清水八幡宮、賀茂の祭、鞍馬の様子、宇治平等院などの首都京都の霊地名所が描かれていたそうです。 平泉に住む多くの人々にとって、京都観光はかなわぬ夢でした。 その夢を描いていたといいますから、観自在王院は人気があったに違いありません。 毎年5月4日に「なき祭り」という珍しい祭りが行なわれます。 基衡の妻の死を嘆き悲しむものですが、ここにも観自在王院に対する民衆の思いを見て取れます。 観自在王院は、発掘調査と復元整備により甦りました。 往時とは異なりますが、今は史跡公園として親しまれています。 金鶏山は、比高差60mほどの円錐形の優美な山です。 平泉を訪れた松尾芭蕉も、「金鶏山のみ形を残す」と、その印象を述べています。 山頂からは平泉すべてを見渡せることから、平泉の中心として意識されていたようです。 金鶏山には、秀衡が一晩で造った人工の山、雌雄一対の黄金の鶏が埋められているなどの伝説があります。 これらの伝説は、山頂に営まれていた経塚から派生したものでしょう。 経塚は、初代清衡晩年から四代泰衡までの間に、最低9基は造られたようです。 これら経塚造営により金鶏山は、平泉を鎮護する聖なる山になりました。 また毛越寺付近は、金鶏山から南に延ばした子午線を基準として造られています。 さらに無量光院も金鶏山を背景とする位置に造営されました。 このように金鶏山は、平泉における基準ともなった山なのです。 そして未来へ 追加による世界遺産登録を目指しています 平泉は、仏国土(浄土)を直接的に表した建築・庭園の顕著で普遍的な価値が認められ、世界遺産に登録されました。 平泉の歴史・文化は、さまざまな側面を持っています。 私たちは、平泉の多様な価値をより広く伝えていくうえで、 登録資産に関連する数多くの有形・無形の文化財もまた重要であると考えています。 とりわけ、柳之御所遺跡・達谷窟(平泉町)、骨寺村荘園遺跡(一関市)、白鳥舘遺跡・長者ヶ原廃寺跡(奥州市)は、 平泉を理解する上で重要な遺跡です。 平泉をさらに価値あるものとして世界にアピールするため、私たちは登録資産の追加・拡張をめざす取り組みを進めます。 高館の麓から北上川沿いに広がるこの一帯は、奥州藤原氏初代清衡、二代基衡の屋敷跡と伝えられてきました。 しかし昭和63年から6年間に及ぶバイパス工事に伴う発掘調査で、12世紀後半の遺構群と膨大な遺物が見つかりました。 このことから、『吾妻鏡』に記載される「平泉館(政庁)」であった可能性が高いと言われています。 調査が進むにつれて、遺跡の保存を求める声が大きくなりました。 その結果、建設省(現国土交通省)がバイパスルートの変更という大英断を下し、保存が決定しました。 現在も学術調査が行われ、京都との交流を示す大量のかわらけ、中国産の青白磁や白磁四耳壺などの陶磁器類、銅製の印章や鏡、そして木製品や金属製品など、多種多様な遺物が発見されています。 この状況から柳之御所遺跡は、平泉の政治・経済・文化の中心的施設であったことがうかがわれます。 寺伝によると、およそ1200年前、達谷窟を住みかとする悪路王という人が居りました。 悪路王はとても乱暴で、人々を苦しめ、その悪行は京にまで及んだと言われます。 そこで桓武天皇は、坂上田村麻呂を征夷大将軍に任じ、征伐を命じたのです。 出陣にあたり田村麻呂は、京都の清水寺で戦勝祈願をしました。 そして見事に悪路王を退治したのです。 「この戦勝は仏様のおかげだ」と、お礼に清水寺を模したお堂を建て、108体の毘沙門天を祀りました。 それが達谷窟毘沙門堂の始まりとされます。 達谷窟も浄土庭園の形式をとる寺院でした。 毘沙門堂の前に広がる蝦蟇が池は、弁天堂が建つ中島を有しています。 発掘調査から、12世紀には今より二周りほど広く、護岸は玉石で覆われていたことがわかりました。 また毘沙門堂から投げ込まれたかわらけが、多数見つかっています。 前九年合戦の際には、源頼義・義家が戦勝祈願のため寺領を寄進し、また奥州藤原氏は七堂伽藍を建立したとも伝えられています。 吾妻鏡によると、平泉を攻め滅ぼした源頼朝も帰り道に立ち寄り、参詣したようです。

次の

岩手県平泉・高館義経堂|芭蕉と奥の細道

平泉 芭蕉

中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山の高僧慈覚大師円仁によって開山されたといわれています。 慈覚大師は天台宗第三代座主で、世界三大旅行記のひとつ『入唐求法巡礼行記』の著者としても知られています。 大師の開山は「勧請開山」といって、師の法を汲む人々がその徳を偲んで開山として仰いだものです。 11世紀後半、前九年・後三年の合戦を経て、安倍氏・清原氏と受け継がれた奥六郡(岩手県中南部)を藤原清衡公が伝領し奥州藤原氏が興ります。 清衡公は江刺郡豊田館から衣川を南に越えて平泉に居を移し、長治2年(1105)、かつて関所 衣関 のあった要衝の地、関山に中尊寺を造営します。 はじめに白河関(福島県)から外浜(青森県)にいたるまで一町ごとに笠卒都婆と呼ばれる供養塔を建て、その中心にある関山に一基の塔を建てたといわれます。 その後多くの伽藍が造立され、その規模は寺塔40余宇、禅坊300余宇に及びました。 そのなかで現存する唯一の創建遺構である金色堂は三間四面の小堂ながら平安時代の漆工芸、金属工芸、仏教彫刻の粋を凝縮したものであり、また奥州藤原氏の葬堂として日本史上に独特の位置を占めてきました。 また経蔵には藤原氏三代によって発願され書写された金銀字交書一切経、金字一切経、金字法華経が納められました。 金字一切経は都でも皇族や上級貴族しか行うことのできなかった写経事業で、金銀字一切経にいたっては慈覚大師の『入唐求法巡礼行記』に中国五台山に存在したと記されているのみで、国内では唯一のものです。 その後、平泉は二代基衡が毛越寺、三代秀衡が無量光院を造立して仏教文化が花開きます。 当時、東大寺大仏殿再建の勧進に平泉を訪れた西行は、中尊寺の東方に優美に横たわる束稲山を眺め、「聞きもせずたばしね山の桜ばな 吉野の外にかかるべしとは」(聞いたことすらない束稲山の桜花よ 名に知れた奈良吉野の千本桜の外にこれほどの桜の名所があったとは)と詠みました。 また、平泉に北接する衣河館には三代秀衡公の猛盛をたのんで源義経が寄寓し、来るべき動乱の幕開けを予感させていました。 鎌倉・室町時代の中尊寺 治承4年(1180)、兄源頼朝の挙兵に呼応して伊豆黄瀬川の陣に参じてからの義経は破竹の勢いで平家を追討し、一躍英雄となります。 しかし、頼朝との亀裂によって追われる身となった義経は文治3年(1187)、秀衡公をたより再び平泉に身を寄せます。 同年10月に秀衡公が病死すると、四代泰衡公は、頼朝の圧力に耐えかね義経を自害に追い込みます。 しかし源頼朝を棟梁とする鎌倉の軍勢は奥州を攻め、文治5年(1189)、藤原氏は滅亡します。 頼朝が平泉に入った時、秋風と、音もなく降りしきる雨の中、灰となった町には人影すらなかったと『吾妻鏡』は伝えています。 平泉の寺々を巡礼した頼朝はその仏教文化に感銘を受け、中尊寺二階大堂にならって鎌倉に永福寺(二階堂)を建立しました。 頼朝は、奥州の国務は藤原氏の先例に従うように命じ、御家人の葛西清重に平泉の安全を保つよう命じました。 こうして寺院の存続は約束されましたが、奥州藤原氏という大きな後ろだてを失った中尊寺は、以後長く厳しい時代が続きます。 建保元年(1213)、北条政子の夢枕に藤原秀衡公があらわれ平泉寺院の修理をうながしたことにより、幕府は郡内の地頭にその修理を命じたと『吾妻鏡』は伝えています。 また幕府は正応元年(1288)には金色堂を修理し、覆堂(おおいどう)を設けるなど数度にわたる修理を行いますが、しだいに平泉内の寺院は荒廃していきます。 南北朝時代に入り、南朝方の鎮守府将軍北畠顕家は藤原清衡公の中尊寺建立に対する願意と、往時の伽藍の様子を後世に伝えるべく「中尊寺建立供養願文」を書写し、それが寺史の第一級史料として現在に伝えられています。 旧鐘楼の梵鐘銘によると建武四年(1337)、中尊寺に大きな火災があったと伝えていています。 戦乱と貧困のなか、かろうじて金色堂や中尊寺経などの寺宝が守り伝えられました。 仙台藩と中尊寺 戦国時代に入ると平泉の諸寺院はますます荒廃が進みます。 豊臣秀吉は小田原北条氏を降すと、ひき続いて東北地方の仕置きをおこないます。 この際、秀吉の命令によって中尊寺の秘宝である「金銀字一切経(きんぎんじいっさいきょう)」・「金字一切経(きんじいっさいきょう)」あわせて4,000巻以上が京都伏見に運び出され、それが現在「中尊寺経」として高野山や観心寺などに所蔵されています。 江戸時代には平泉は仙台藩領となります。 歴代の藩主は寺の収入を安堵し、堂社を修理するなど中尊寺をあつく保護します。 現在参道ぞいに立ち並ぶ樹齢350年の老杉も仙台藩によって植樹されたものです。 山内に点在する堂の多くもこの時代に建立されました。 また藩主は能楽を愛好し、古来中尊寺の僧侶により山内の白山神社に奉納されてきた御神事能(ごじんじのう)を推奨し、能舞台を建立して能装束を奉納しました。 この時代、江戸幕府の寺社政策によって中尊寺は上野の東叡山寛永寺(とうえいざんかんえいじ)の直末寺となりました。 松尾芭蕉と中尊寺 源義経が平泉に自害し、奥州藤原氏が滅亡して500年目にあたる元禄2年(1689)、松尾芭蕉は門人の曽良と2人、「奥の細道」の旅に出ます。 芭蕉46才、曽良41才の春です。 江戸を発ってから44日後の5月13日、細道のはて平泉を訪れた芭蕉は、まず義経公の居館があったと伝えられる高館の丘陵にのぼります。 丘の頂きに忽然とあらわれるのは束稲山のふもとに悠然と横たわる北上川と、それに合する衣川。 そこには往時の栄華はなく、旧跡は田野となってひろがっているばかりです。 夏草や 兵どもが 夢の跡 「国破れて山河あり、城春にして草木深し」という杜甫の句を思い起こしながら芭蕉はしばらく高館に笠を下ろします。 続いて中尊寺を訪れた芭蕉は、かねてより伝え聞いていた金色堂に参詣します。 鎌倉北条氏によって建てられたといわれる覆堂の中で、朽ち果てた金色堂はかろうじて光を投げかけます。 五月雨の 降り残してや 光堂 金色堂を光堂と称したのも、仏と人との間に介在する光と、その光の彼方にある盛衰の歴史に、芭蕉のまなざしが向けられていたからに相違ありません。 昭和の中興 明治時代以降、金色堂は国庫の補助による数度の修理がおこなわれています。 第二次大戦後、法隆寺金堂壁画の焼失をきっかけとして文化財保護の機運が高まるなか、「文化財保護法」が制定されます。 金色堂は国宝建造物第一号に指定され、その他3,000点以上の宝物が国宝・重要文化財の指定を受けます。 昭和25年(1950)には金色堂須弥壇(しゅみだん)の内に800年の間安置されてきた藤原四代公の御遺体の学術調査がおこなわれます。 この調査によって四代公の人種、年齢、死因、身長や血液型など多くのことが解りました。 また多数の副葬品のなか、四代泰衡公の首桶から発見されたハスの種が平成10年開花に成功し、「中尊寺ハス」として初夏には清楚な花容をみせてくれます。 昭和33年(1958)には比叡山延暦寺より不滅の法灯を分灯し、天台宗東北大本山の称号を認められました。 昭和37年(1962)には金色堂の解体大修理がおこなわれ、金色堂は創建当初の輝きを取りもどしました。 平成23年(2011)には「平泉-仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」として世界文化遺産に登録され、奥州藤原氏の平和思想にもとづく文化が世界に発信されることになりました。

次の