楽天 モバイル 評判。 【2020年最新】楽天モバイルの評判・口コミまとめ

楽天モバイルの評判は悪い?4つの項目から検証してみました

楽天 モバイル 評判

楽天モバイルで販売しているのルーターの特徴 楽天モバイルで販売しているルータは、 「Aterm MP01LN」という機種と 「Aterm MR05LN」という機種の2種類です。 (2019年9月時点) この2機種のルーターは、どちらもNECが出している製品です。 そのため、中国メーカーや韓国メーカのWi-Fiルーターを使いたくないという利用者から安心して使えると好評です。 Atermシリーズってどうなの? そんな安心のNECが出しているAtermシリーズは、いったいどんな商品を取り扱っているのでしょうか?シリーズとしての評価は高いのでしょうか? Atermシリーズで有名な製品はWi-Fiルーターです。 光回線などの固定のネット回線を引いたときに電波を飛ばす無線ランですね。 特に固定回線用のルーターは人気で、家電量販店でもよく見かけるルーターです。 そんなWi-Fi系に強いAtermのモバイルルーターであれば、その辺のルーターよりも信頼できると考えて間違いないでしょう。 Aterm MP01LNの特徴 「Aterm MP01LN」はドコモ系の格安SIMと、au系の格安SIMで使えるルーターです。 ソフトバンク系の格安SIMでは使えないので、ワイモバイルなどのSIMを使う時は注意が必要です。 最大速度は受信で150Mbps、送信で50Mbpsなので、格安SIMでの利用なら十分な速度の規格だと言えます。 連続通信時間は最大で約10時間なので、長時間の稼働にも対応してくれます。 SIMのサイズはnanoSIM対応なので、現状の最も主流のSIMに対応しているので、どこの格安SIMと契約してもSIMが対応しないのでは?という心配はありません。 重さは約71gと軽量なので、持ち運びに便利なモバイルルーターとして人気です。 Aterm MR05LNの特徴 「Aterm MR05LN」はドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMに対応するルーターです。 最大速度は受信で375Mbps、送信は50Mbpsとなります。 なかなか375Mbpsを出せるSIMはありませんが、最大速度が速いということは、それだけ機能に余裕があるという事で安心感がありますね。 連続通信時間はWi-Fi接続で約14時間、Bluetooth接続で約30時間の利用が可能です。 デュアルSIMの活用場面は会社名義のSIMとプライベートのSIMを入れておき、仕事中は会社名義のSIMを使い、仕事以外の時間は個人名義のSIMを使うなどの切り替えに利用されます。 しかし、スーパーホーダイを契約している場合、少し特殊な利用方法が可能になります。 スーパーホーダイの魅力はデータを使い切っても1Mbpsで使い放題という点なので、メイン利用をスーパーホーダイにしておく方は増えています。 しかし欠点があって、12時台と18時台の速度規制が300Kbpsという厳しい規制になることです。 そこで、イオンモバイルなどの500円代のデータ専用SIMを2枚目として入れておき、12時台と18時台だけ切り替えて使うという速度規制対策ができます。 時間や状況によってどちらかが遅すぎるなんて時は出てくるので、そんな時も切り替えて使える便利さがあります。 重さは115gなので、重すぎではないですが気持ち重いかな?と感じる質量です。 重さの分は機能が詰まっているという認識で間違いないと思います。 どっちのルーターがおすすめ? ここまで「Aterm MP01LN」と「Aterm MR05LN」の特徴を紹介してきましたが、結局のところいったいどちらがおすすめなのでしょうか? 「Aterm MP01LN」と「Aterm MR05LN」であれば選び方はとても簡単で、• 軽さ重視なら「Aterm MP01LN」• 機能重視なら「Aterm MR05LN」 となります。 細かいことを言い出せばまだまだ違いはありますが、実用的な面で選ぶ基準を上げるなら概ねこの選び方で間違いありません。 楽天モバイルのルーターの評判 さて、これで楽天モバイルで売っているルーターの理論上の魅力はわかってきました。 しかし、最も重要かつ気になることは「利用者がどう感じているのか」という事ではないでしょうか? そこで、この項目では「Aterm MP01LN」と「Aterm MR05LN」を利用した方たちの評判・評価を紹介しておきます。 実際のところどうなのかは最重要ポイントなので、必ず目を通しておきましょう。 Aterm MP01LNの速度やバッテリーの評判 まずは「Aterm MP01LN」の評判を見ていきましょう。 速度には満足• 電池は8時間くらい持つ• ポケットに入れて持ち運べる という特徴が見えてきました。 デュアルSIMを使う人は少ないので、「Aterm MR05LN」を利用するなら電池の持ちの良さと使いながら充電できるという点を重視して選ぶことになります。 まとめ 楽天モバイルで購入できるルーターは「Aterm MP01LN」という機種と「Aterm MR05LN」という機種の2種類です。 どちらの製品もNECが出しているルーターなので、国内メーカーという安心感があります。 選び方は 持ち運びに特化するなら「Aterm MP01LN」で、 家でも使う機会がある方なら「Aterm MR05LN」という選び方で概ね大丈夫です。 どちらの機種も楽天モバイルで買うのと他で買うのと大した値段の差はないので、一括購入の予定でしたらネットショップで手に入れるのも良いと思います。 楽天モバイルで購入する場合は分割購入ができるので、選べるなら分割が良いという方は楽天モバイルの契約とセットで購入しましょう。

次の

格安SIMオタクが教える!楽天モバイルの契約前に知っておきたい7つのメリット・デメリット

楽天 モバイル 評判

実質 1年間ずっと無料で利用できる• 楽天エリア内の データ通信容量は無制限• 国内通話も 回数・時間無制限で無料• いつ解約しても 解約金がかからない という破格のスペックとなっています! 「でも実際のところ本当はどうなんだろう?」と気になる方も多いのではないでしょうか。 そこで こちらでは 楽天モバイルのSIMを実際に利用してみた経験をふまえて 楽天モバイルのメリット・デメリットを徹底解説していきます! 記事コンテンツ• 楽天モバイルの良い評判(メリット)は? 格安SIMの中でも料金が安い! 格安SIM各社の中でも楽天モバイルの通信料金の安さは目立っています。 データ通信量が 無制限• 国内通話が 無料(時間・回数によらず)• 海外ローミングも 無料(対象の国・地域で月2GBまで) という条件で、月額2,980円という料金は 他社格安SIMよりもはるかに安いです。 しかも先着300万ユーザーなら 1年間ずっと無料キャンペーンもかなり魅力的です。 楽天モバイルの利用者からも料金の安さを賞賛する声が多いです。 格安SIMマスター編集部で実施した速度調査の結果がこちらです。 都内で一番通信速度が遅くなる平日の12-13時の間に通信速度を測定した結果、• 通信速度の早さで定評がある UQモバイル・Y! モバイルよりも早い• 更に… ドコモ本家よりも早い という結果になりました。 【測定条件】 ・東京23区内(山手線エリア内)の同一場所で測定 ・平日昼間の1時間に10回測定した中間値をグラフ化 ・利用端末はiPhoneXS sim free ・Ookra Speedtestを利用 楽天モバイルのユーザーからも通信速度の速さが好評です。 最低利用期間なし• 解約違約金もなし• 初期費用も実質無料• 楽天エリア外では au回線を利用可能(無料) という好条件なので、特に楽天エリアの東京23区近郊の方であれば 迷わず楽天モバイルを契約するようにしましょう。 引用: 楽天モバイルで一番評価が悪いのが 対応エリアの狭さです。 今年から本格サービスを開始したため、どうしてもエリアの展開に限界があり、現時点での楽天回線のエリアは• 北海道• 千葉県• 埼玉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 愛知県• 三重県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 沖縄県 となっています。 楽天UNLIMITにした。 エリアのカバーが心配だったけど、 向こう半年は在宅勤務が多いんだろうなと思えば、携帯にお金払わなくていいなと。 なお今の所我が家は爆速です。 まだ使い放題のエリアじゃないけど、5Gも使えたら十分。 前に買ったスマホも2年経つからついでに買い替えました。 いままでのは売る予定。 楽天モバイルが公式に動作確認を公表しているのは以下の24機種のみです。 arrows RX HUAWEI• HUAWEI nova ST• HUAWEI P30 lite• HUAWEI nova lite 3 OPPO• OPPO Reno A 128GB• OPPO A5 2020• Reno 10x Zoom• AX7• R17 Pro• Find X SAMSUNG ELECTRONICS JAPAN• Galaxy A7• Galaxy S10• Galaxy Note10 SHARP• AQUOS sense3 lite SH-RM12• AQUOS sense3 plus SH-RM11• AQUOS sense3 SH-M12• AQUOS sense3 plus SH-M11• AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS sense2 SH-M08• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS R compact SH-M06• AQUOS sense lite SH-M05 Sony Mobile Communications• 見た目全く変わらんけど、機種変時のデータ移行のしやすさとかFelica対応したこととか、凄く感動。 動きもスムーズだし、速度も今のところ問題ない。 東京23区近郊(都内・神奈川・埼玉・千葉)および 地方都市中心部で暮らしている人• 楽天モバイル対応端末を既にもっている人• 毎月5GBのデータ容量で十分な人(5GBまでは都市部以外でも全国のau回線を利用可能) 上のどれかに当てはまる場合には楽天モバイルを選ぶようにしましょう。 ただし 実質的には• 初期費用は 無料(どころか得をする)• 月額料金も 無料(1年間ずっと)• いつでも 無料で解約できる(最低利用期間なし・解約金なし) ですので、 上の3つの条件に当てはまらなくても…まず契約してしまうのが正解(使わなければ解約すればいいので)だと思います。

次の

楽天モバイルのSIMカードの評判・利用レポート

楽天 モバイル 評判

楽天モバイルの新料金プラン、Rakuten UN-LIMITの詳細は下記のページをご確認ください。 楽天モバイルの旧プランは2020年4月7日に新規受付を終了します。 旧プランのスーパーホーダイや組み合わせプランを使っている人は、下記を参考に今後の身の振り方を検討してみてください。 今から旧プランを申し込むメリットはほとんどありませんが、参考用に旧プランの評価を残しておきます。 格安SIMの管理人は2015年4月から楽天モバイルの旧プランを契約しています。 定期的に楽天モバイルの通信速度の計測を行って、実際の通信品質の結果を楽天モバイルの評価に反映させています。 楽天モバイルの旧プランの目次• 楽天モバイルの旧プランのメリット• スーパーホーダイなら動画が見放題 昼12時と夕方18時は除く• 支払いに楽天ポイントが使える• 口座振替に対応している• ドコモ回線とau回線を選べる 楽天モバイルの旧プランのデメリット• 通信速度は格安SIMの中でも少し遅く、利用用途によっては速度制限を食らって速度が大幅低下する• 稀に通信障害でネットが使えなくなることがある• 問い合わせ電話が繋がりにくい• 通信の最適化で画像が劣化する場合がある• 契約後の電話で問い合わせはViberアプリを使う必要がある• 楽天モバイルのスーパーホーダイはドコモ回線のみ、組み合わせプランはドコモ回線とau回線を選べます。 ドコモ回線のみ 月額料金 データ量 1年目 2年目以降 プランS 1480円 2980円 2GB プランM 2480円 3980円 6GB プランL 4480円 5980円 14GB プランLL 5480円 6980円 24GB スーパーホーダイは最大1Mbpsを低速を無制限に使える10分かけ放題付きの通話SIMです。 詳しくは、に記載しているので参考にしてみてください。 組み合わせプラン 月額料金 データ量 通話SIM ドコモ回線とau回線 1250円 200kbps 1600円 3. 他社からMNPをする場合はスーパーホーダイや組み合わせプランの通話SIMを選びます。 初月にもらえるデータ量はまるまるもらえます。 初月の月額料金はスーパーホーダイは全プラン1480円、組み合わせプランはそのプランの月額料金の満額になります。 料金は日割りにはなりません。 大手キャリアのスマホは主に電話用途として使い、ネットは2台目のスマホにデータSIMを入れて使う人はそれなりにいます 楽天モバイルの旧プランを選ぶ人の1割くらいがデータSIMまたは050データSIMを選んでいました。 組み合わせプラン 月額料金 データ量 データSIM SMSなし ドコモ回線のみ 525円 200kbps 900円 3. 1GB 1450円 5GB 2260円 10GB 4050円 20GB 5450円 30GB ドコモ回線とau回線 645円 200kbps 1020円 3. 1GB 1570円 5GB 2380円 10GB 4170円 20GB 5520円 30GB au回線はSMSなしのデータSIMは選べません。 au回線のデータSIMはSMS機能がついた050データSIMのみ選べます。 ただ、LINEの無料通話などはできます。 参考: その他にかかる費用• 初期費用• 事務手数料 初期費用 :ドコモ回線3394円、au回線3406円 楽天モバイルで格安スマホを購入した場合は端末代金がかかります。 通話料金• 普通に電話をかけると通話料金が30秒20円• 楽天でんわを使えば30秒10円• スーパーホーダイ:楽天でんわを使えば無料で10分かけ放題、1回の通話が10分を超過した場合は超過後の通話料金が30秒10円• 組み合わせプラン:楽天でんわを使えば月850円で10分かけ放題、1回の通話が10分を超過した場合は超過後の通話料金が30秒10円• 契約解除料もありません。 2019年9月30日以前に申し込んだ場合 通話SIMを12ヶ月以内に解約した場合は解約手数料9800円、スーパーホーダイを契約年数を満たさずに解約すると解約手数料9800円がかかります。 データSIMには解約手数料はありません。 au回線は直近3日間で6GBを超えて使うと速度が制限される場合があります。 au回線の場合は、200kbpsの低速通信で3日間あたり366MBを超えて使うと、通信速度がさらに制限される場合があります。 楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプランのドコモ回線は、組み合わせプランのau回線はです。 余ったデータの繰越可、テザリングもできます。 楽天モバイルの旧プランの評価と他の格安SIMとの比較 楽天モバイルで一番人気、最大1Mbpsを無制限で使えるスーパーホーダイの詳細 楽天モバイルの旧プランを契約するユーザの 8割くらいはスーパーホーダイを選んでいました。 楽天モバイルの旧プランには大きく分けて2つのプランがありました。 1つは組み合わせプラン、もう1つはスーパーホーダイです。 組み合わせプランは従来からある通常の通話SIM、データSIM、050データSIMのプランです。 スーパーホーダイは2017年9月から始まった通話SIMです。 は、最大1Mbpsの通信速度が無制限に使えて、10分かけ放題がセットになった通話SIMのプランです。 月額料金は2年契約ならプランSなら1年目は月1480円、2年目以降は月2980円です。 YouTubeは1Mbps出れば480pの高画質で動画を止まらずに見ることができます。 Netflix、Hulu、AbemaTVなら普通画質で止まらずに見ることができます。 スマホで動画をたくさん見る場合、スーパーホーダイはMVNOの中でもお得度が相当高い格安SIMのプランになっています。 詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。 スーパーホーダイはドコモ回線のみ対応しています。 au回線は対応していません。 2割くらいの人が選んでいた、楽天モバイルの組み合わせプランの詳細 楽天モバイルの旧プランを契約する人のほとんどはスーパーホーダイを選んでいましたが、残りの2割くらいは組み合わせプランを選んでいました。 スーパーホーダイはドコモ回線の10分かけ放題付きの通話SIMしか選べませんが、組み合わせプランならドコモ回線とau回線を選べて、10分かけ放題を外すこともできて、通話SIMとデータSIMを選ぶことができます。 動画をそんなに見ない場合で楽天市場をよく使う場合は、楽天モバイルの組み合わせプランがおすすめです。 楽天モバイルの旧プランの契約プランの推定割合• スーパーホーダイ:8割• 組み合わせプランの通話SIM:1割• 組み合わせプランのデータSIM:1割 組み合わせプランの050データSIMは存在感がない 050データSIMはデータSIM SMSあり に月額料金無料の050のIP電話がついたプランです。 携帯電話への発信は1分11円、固定電話へは1分3. 4円くらいでかけられますが、110や119などの緊急電話はできません。 契約する人もほとんどいないプランです。 楽天モバイルを申し込む場合、先でも後でもいいですが、楽天ポイントがよりたくさんもらえるようになるので、楽天カードを申し込むことを強くおすすめします。 楽天カードの申し込みでもらえる楽天ポイントは、楽天モバイルの支払いにも使うことができます。 格安スマホの端末代や月額料金の支払いに使えます。 普通に楽天市場で使うこともできます。 例えば通話SIMの3. そういう場合に有用なのがポイントを楽天モバイルの支払いに使うことです。 月額料金の支払いの設定で、楽天ポイントがあるだけ全部に設定するのがオススメです。 一度設定するだけで、あとは自動的に毎月処理されます。 格安スマホの端末代の支払いにも楽天ポイントが使えます。 端末代はポイントが付かないので、貯め込んでいたポイントをそこで一気に使っても損しません。 楽天モバイルは、楽天ポイントを使うのに最も適しています。 メリット3:ドコモ回線ならデータシェアで余ったデータを分け合える 楽天モバイルなら余ったデータを楽天モバイルを契約している家族や知人や友人とシェアすることができます。 自分が2回線以上契約している場合は、その中でシェアすることもできます。 シャアできるのは、前月余ったデータだけです。 今月分のデータはシェアされません。 au回線ではデータシェアはできません。 ベーシックプランの人をシェアに加えることで、ベーシックプランの人も高速データ通信ができるようになります。 データシェアはそれぞれ月100円かかります。 5人 5回線 でシェアした場合、回線ごとに100円の月額料金が加算されます。 にも同じような仕組みのパケットシェアがありますが、mineoならパケットシェアに料金はかかりません。 メリット4:口座振替で支払いができる 楽天モバイルはクレジットカードに加えて、口座振替を使うこともできます。 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行など多数の銀行で口座振替ができます。 口座振替の手続きには、各銀行によって、キャッシュカードの暗証番号や通帳最終記帳残高、ログインIDとパスワードが必要な場合があるので、下記のリンクをご確認ください。 ただし、口座振替手数料が月100円かかるのに加えて、端末代と付属品の費用は口座振替では支払いできません。 事務手数料と月額料金だけ引き落とすことができます。 端末代と付属品の費用は3万円までなら楽天ポイントで支払うことができます。 コンビニ等で楽天ポイントギフトカードを購入すれば、楽天ポイントを増やせます。 何かしらの事情でクレジットカードが作れない場合に、口座振替を選んでみてください。 OCNモバイルONEも口座振替に対応していて手数料もかかりません。 ただし、手続きに3週間くらいかかって、書類の提出が必要だったりと面倒です。 楽天モバイルは手数料に月100円かかりますが、口座振替を選んでもネットで手続きができて、4日〜1週間程度で手続きが完了します。 なら口座振替に対応していて、毎月100円の手数料もかかりません。 オンラインで申し込む場合はMNPのみ口座振替を選ぶことができます。 デメリット1:通信速度が少し遅い 楽天モバイルのメリットは、楽天市場の買い物でもらえるポイントが1倍になること、そしてそのポイントが使いやすいことです。 楽天モバイルのデメリットは、格安SIMの中でも実際に出る通信速度が少し遅く、使い方によってはかなり遅くなることです。 格安SIMの管理人は楽天モバイルを2015年4月から契約して、実際の利用時に適用される通信速度の計測を定期的に行っています。 長期的に見て楽天モバイルは平均より少し遅いレベルです。 データをあまり使わないライトユーザなら、遅い通信速度でもあまり気になりませんが、データをたくさん使うヘビーユーザになるほど、楽天モバイルに対して不満を持つ可能性が高いので注意してください。 楽天モバイルの実際に出る通信速度をリアルタイムで計測して公開中 格安SIMの管理人は2018年2月から格安SIMの通信速度をリアルタイムに計測するサイトをオープンしました。 楽天モバイルの実際に出る通信速度を複数の測定項目で計測しているので参考にしてみてください。 リアルタイムで通信速度を計測中 ・ ・:APNがrmobile. jpの組み合わせプラン ・:APNがrmobile. coの組み合わせプラン ・:APNがa. rmobile. jpの組み合わせプラン 楽天モバイルのドコモ回線は契約時に使える通信速度がJPかCOに分かれます。 以前はJPはややハズレで、COはやや当たりでしたが今では50歩100歩な通信品質です。 JPになるかCOになるかは自分で選ぶことはできません。 ランダムに割り当てられますが、JPになることが多いです。 上記のリアルタイム計測をもとに3ヶ月に1度、格安SIMの通信速度ランキングを更新しています。 時期によって速度が速くなったり遅くなったりする場合もあります。 格安SIMの管理人はは30枚以上の格安SIMを契約して、速度計測を行いをとっているので参考にしてみてください。 楽天モバイルは利用用途によって速度制限をする、特にアプリのダウンロードを極端に制限する傾向がある 楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプランのドコモ回線は、利用用途によって速度を制限している場合があるので注意してください。 例えば楽天モバイルの場合、スピテスの結果 HTTPS速度 が2Mbpsでも、アプリをダウンロードしようとすると0. 2Mbpsに速度制限したりします。 楽天モバイルはトラフィックコントロールで実害が出るくらい速度制限を行なっています。 このため、同じ楽天モバイルを使っている場合でも使い方によって、ある人は普通に使えるといって、別の人はまともに使えなくストレスを溜めまくったりします。 スーパーホーダイの最大1MbpsもYouTubeを再生するときは1Mbps近くでますが、アプリをダウンロードしようとすると0. 3Mbpsくらいしか出なかったりします。 スーパーホーダイは基本的に動画を長時間見るためのプランなので、動画さえ1Mbpsを維持できてれば特には問題ないという見方もできますが・・。 楽天モバイルの他に使い方によって極端な速度制限をしているのはくらいです。 大容量の20GBや30GBのプランは避けた方が良い 月20GBや30GB使えるプランは、月額料金が高い上に通信速度も見合っていないので避けた方がいいです。 通信速度が少し遅く、利用用途によって速度制限を行なっている楽天モバイルで大容量プランを選ぶのはリスクがかなり高いです。 YouTubeなどの動画をたくさん見たい場合は、低速最大1Mbpsを無制限で使えるがオススメです。 データをたくさん安く速い速度で使いたい場合、楽天モバイルの3. 1GBのプランとを契約することをおすすめします。 ポケットWiFiの通信速度は楽天モバイルより断然速いです。 ギガを超たくさん使えて月額料金は3000円くらいです。 デメリット2:通信障害でネットが使えなくなることが他よりも比較的多い 楽天モバイルは格安SIMの中でも通信障害を結構起こしてネットが使えなくなることが多いです。 多いと言っても毎月ではなく年に数回程度です。 それに対した他の格安SIMだと年に1回あるかないかくらいが普通です。 通信障害を起こすと、電話は使えますが、ネットが使えなくなるので注意してください。 1時間程度で終わる場合や、6時間程度かかる場合、真夜中、朝、夜、ほとんどのユーザに影響が出る場合や、本当に一部のユーザしか影響が出ない障害まで多岐に渡っていて、パターンは特にないです。 運が悪いと、出先でネットが使えないという可能性もあるので注意してください。 デメリット3:通信の最適化で画像が劣化する場合がある 楽天モバイルは通信の最適化を行っています。 通信の最適化の定義は少し曖昧ですが、一般には画像を劣化 荒く させてデータ量を少なくすることです。 httpsサイトの場合は通信の最適化は適用されませんが、httpサイトの場合に通信の最適化が適用されます。 11KB 楽天モバイルの通信の最適化前の画像 JPG 5KB 楽天モバイルの通信の最適化後の画像 JPG データ量が半分になりますが、画像が少し荒くなります。 ほとんど同じじゃない?と思った人は、それでいいです。 気にする人が気にしてください。 主にjpgファイルが圧縮 劣化 の対象になります。 pngとかだとたいして圧縮 劣化 されません。 ほとんどの写真はjpgファイルなので、httpsではない個人サイトで写真を掲載しているサイトが影響を受ける感じになると思います。 通信の最適化を行っているMVNOは、楽天モバイルの他にBIGLOBEモバイルとmineoです。 楽天モバイルには通信の最適化を回避する方法はありませんが、には最適化を解除できるAPNがあります。 はWebサイト経由で通信の最適化を解除することができます。 デメリット4:問い合わせ電話が繋がりにくく、契約後の問い合わせはViberアプリ 楽天モバイルの問い合わせ電話は繋がりにくいです。 MVNOへの問い合わせ電話は繋がりづらいのですが、MVNOの中でも最も繋がらない一つが楽天モバイルです。 ただ、以前は30分くらい待つことがあったのですが、最近では10分前後で電話がつながることが多くなっています。 スピーカーフォンにして電話をテーブルに置いて、他のことをしながら電話に出てくるのを待つような感じで問い合わせるのがおすすめです。 契約後の電話での問い合わせはViberアプリを使う必要がある 楽天モバイルの契約前の電話での問い合わせはフリーダイアルで問い合わせることができますが、契約後はViberアプリを使って電話をかける必要があります。 楽天モバイルを契約後の問い合わせ ・Viberアプリを利用すると通話料無料 ・Viberアプリを利用しないと有料電話 楽天モバイルの10分かけ放題を契約している場合は、10分以内の通話ならViberアプリを使わなくても無料になりますが、楽天モバイルへの電話での問い合わせは相手が出てくるまでに時間がかかる場合が結構あります。 下手すると10分以上待たされる可能性があるので、契約後に楽天モバイルへ問い合わせる場合はViberアプリを使うことをおすすめします。 楽天モバイルの注意点:楽天メールは使わない方がいい 楽天モバイルを申し込むと楽天メール rakuten. jp を使うことができますが、もし楽天モバイルから他の格安SIMへMNPをしたりすると楽天メールが使えなくなるので、特別な理由でもない限り使わないほうがいいです。 新しいメールアドレスが必要な場合はGmailを使ってください。 Gmailなら他の格安SIMへMNPしてもメルアドを変更せずに使い続けることができます。 通話SIMが必要です。 楽天でんわで通話料金が半額 格安SIMで何も考えずに電話をすると通話料金が30秒20円かかります。 楽天でんわという通話アプリを使うことで通話料金を半額にすることができます 通常の格安SIMでの通話料金 30秒20円 楽天でんわの通話料金 30秒10円 楽天でんわの使い方は、楽天でんわのアプリをダウンロードして、楽天のIDとパスワードを設定するだけです。 普通の電話と同じ音質で簡単に使えます。 月に40分も電話をしない場合は、楽天でんわが安くて一番簡単な節約方法です。 月に合計40分以上電話をするような場合、10分かけ放題に加入したほうが安くなります。 月850円で10分以内の通話がかけ放題 スーパーホーダイなら月850円が無料 月850円で10分以内の国内通話がかけ放題になります。 1回の通話が10分を超えると、超過分は30秒10円の通話料金が適用されます。 スーパーホーダイは10分かけ放題が付いた料金です。 組みわせプランの通話SIMの場合は途中で10分かけ放題を付けたり外したりできますが、スーパーホーダイは10分かけ放題を外すことはできません。 総務省の統計によると、携帯電話・PHSの1日当たりの通話回数は0. 9回、通話時間は2分16秒です。 携帯電話はガラケーに加えてスマホも含まれています。 平均的に見て、1回2分25秒の通話時間になっているので、ほとんどの通話は10分かけ放題以内で済んでします。 1日1回2分かけた場合、楽天でんわだと40円x30日で1200円です。 10分かけ放題なら850円で済みます。 この他にも格安SIMで通話料金を抑える方法はいくつかあるので、格安SIMでも電話をある程度したい場合は下記を参考にしてみてください。 楽天モバイルの旧プランのまとめ 楽天モバイルの旧プランのスーパーホーダイや組み合わせプランの通話SIMは、楽天ポイントが貯まりやすくなり、なおかつポイントでスマホの料金の支払いもできます。 楽天市場で買い物をする場合に楽天モバイルがオススメです。 その反面、実際に出る通信速度は長期的に見ると少し遅めで、通信障害でネットが使えなくなることが他の格安SIMと比べると比較的多いです。 身近にWiFiがなかったり、楽天市場で買い物をすることがほとんどない場合は、楽天モバイルを避けたほうが良いです。 ただ、YouTubeなどの動画をたくさん見る場合は、動画が最大1Mbpsで無制限で見れるスーパーホーダイは結構おすすめでした。 楽天モバイルのau回線を検討するなら、速度の超速いUQ mobileと結構速いBIGLOBEモバイルを選んだ方が良い理由 楽天モバイルは2018年10月1日からau回線を始めましたが、おすすめ度は低いです。 楽天モバイルのau回線は肝心のスーパーホーダイが選べません。 au回線はデータシェアもできません。 au回線を使う場合は通信速度が超速い、結構速いのタイプAを選ぶことを強くオススメします。 理由は単純にUQモバイルとBIGLOBEモバイルのタイプAの通信速度が速いからです。 au回線の格安SIMサービスを提供してるMVNOは、UQ mobile、BIGLOBEモバイル、IIJmio、mineo、QTモバイル、そして楽天モバイルです。 auと資本関係にあるUQ mobileは通信速度が超速く、auの子会社のBIGLOBEモバイルも通信速度が結構速いです。 それ以外のau系の格安SIMはあまり速くありません。 楽天モバイルのau回線の速度は格安SIMの中では比較的速いほうですが、au回線なら圧倒的に速いUQ mobile、結構速いBIGLOBEモバイルのタイプAという選択肢がある以上、楽天モバイルのau回線のおすすめ度は相対的に低くなります。 UQ mobileとBIGLOBEモバイルはキャンペーンにも比較的積極的なので検討してみることをお勧めします。 BIGLOBEモバイルでは、通話SIMの月3GB以上を申し込むと、月額料金は初月無料で翌月から6ヶ月間1200円引きです。 SIMのみの申込みなら月額料金の支払いに使える最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーンを行なっています。 格安スマホセットなら1万7500円相当のポイントに大幅増額です。 初期費用込み&税込み計算でも、Redmi Note 9Sが実質9299円、OPPO Reno3 Aが実質2万4083円、ZenFone Live L1が実質2963円など、超お得に手に入ります。 2020年8月31日までのキャンペーンです。 格安SIMでシェア1位の楽天モバイル、シェア2位のUQモバイルの実際の使い勝手の違いを動画で比較! 2019年7月20日から格安SIMの管理人もYouTuberデビューしてみました。 格安SIMの使い勝手やら何やらを不定期にコツコツアップしていこうと思います。 ということで、格安SIMでシェア1位の楽天モバイル、シェア2位のの使い勝手の違いを撮影してみたので、参考にしてみてください。 2019年7月19日に撮影 平日昼12時の使い勝手の違い 空いている時間帯の使い勝手の違い スーパーホーダイの最大1Mbpsもテスト 平日夜の使い勝手の違い 楽天モバイルの評判 ざっくり評価すると、楽天モバイルは格安SIMの中では評判は少し悪いです。 評判が少し悪くなる理由は、楽天モバイルの強みをあまり理解せずに、知名度だけで楽天モバイルを選んでいる人が多いためだと思われます。 楽天モバイルは、楽天市場のポイントが+1倍になり、スマホの月額料金も楽天ポイントで支払えるので、楽天市場をよく使う人にとっては好評です。 スーパーホーダイも、動画をたくさんみたい人が選べば、かなり評価は高くなります。 その反面、楽天市場であまり買い物をしない人や、動画もあまりみない人、速度を重視する人など、そういった人にとっては楽天モバイルを選ぶ意味もないですし、逆に割高になったり、速度面で不利になったりします。 楽天モバイルが合っている人が使えば、評判は結構よくなりますが、合っていない人が知名度だけで結構入ってしまっている感じなので、それが原因で残対的に評判が少し悪くなっている感じです。 楽天モバイルの評判の詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。 Twitterでの満足度調査の結果も掲載しています。 お忙しいところ申し訳ありません。 2回目の投稿、失礼します。 本題なんですけど楽天に限らないのですが docomoのAndroidがSIMロック解除で au回線でも使えるようになったのは 御存知でしょうか? 直接確認したのはUQmobileの動作確認です。 きっかけは楽天のGalaxy等がdocomo版のみで 提供されているにも関わらずau回線でも 使えると家電量販店内の楽天で聞きました。 良かったら見解を頂けると幸いです。 個人的にはauのBand26にdocomoの19が 内包されてるとこちらで知ってこの辺りが 気になってはいます。 差し支えのない範囲で構わないです。 よろしくお願いします。 こちら以外の記事も、読ませていただいて、参考にしています。 ありがとうございます。 が、なかなかに難しく、プランなどをお勧めして頂けたら と思った次第です。 ご相談させてください。 よろしくお願いいたします。 11月の頭に、娘が留学から帰ってくる予定で、帰国してからのスマホをどうするか考えています。 auのiphon6をSIM解除して、向こうの会社と契約して使っていました。 我が家は楽天のヘビーユーザー(ゴールドカード&ダイヤモンド会員)で、自宅ではwi-fiです。 娘はまた来年4月から家を出て、一人暮らしをする予定です。 娘の使い方としては、一般の電話はほとんど使わず、ライン電話で済ませているようですが、電話番号も必要でしょう。 また動画を観るのも大好きです。 ゲームはしません。 それにパソコン(持ち歩く)でネットも使えるように、モバイルwi-fiと組み合わせるのがいいのかな?と考えています。 ご意見・アドバイスを頂けたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 すでに家族の誰かが楽天モバイルを契約していて、楽天モバイルのポイント+2倍が適用されている場合は、楽天モバイルを選ぶメリットは少なめかと思います。 ただauのiPhone6のSIMロック解除ですが、公式にロック解除できるようになったのはiPhone6s以降なので、非公式な方法でiPhone6をSIMロック解除している場合、UQで使えないかもしれません。 来年4月だと、楽天モバイルの新しいプラン MNOプラン が正式リリースする予定なので、それの動向次第です。 試験運用中で、今の評判はボロボロですが、4月までにはそれなりに改善されて、安い料金でデータをたくさん使えるようになるかもなので。。 楽天MNOプランがこけそうな場合で、動画をパソコンやネット対応テレビでも見る場合、UQモバイルとモバイルWiFi どんなときもWiFiなど を組み合わせるのが良いと思います。 動画をパソコン等では見ず、主にスマホで見る場合は、ソフトバンクのギガモンスター 50GBプラン を契約するのも利便性的に良いと思います。

次の