今治 東 飛び降り。 訃報

「お前は死ぬ道しかない」東尋坊から飛び降りさせる 少年ら7人を殺人などの罪で家裁送致・起訴|社会|地域のニュース|京都新聞

今治 東 飛び降り

2回戦16試合が各地で行われ、元日本代表監督の岡田武史氏(63)がプレーの原則、指導法などをまとめた「岡田メソッド」を導入する初出場の今治東(愛媛)が全国1勝を挙げた。 FW高瀬太聖(2年)が2得点、守っては主将のDF大谷一真(3年)を中心に山形中央を完封。 今季からJ3に昇格するFC今治オーナーで同校の指導もサポートしてきた岡田氏が見守る前で、堂々と3回戦に進出した。 守から攻へ、切り替えのスピード感はまさに「岡田メソッド」の効果だ。 前半24分、相手パスをカットした後、一気にスイッチが入る。 ゴール前ではFW高瀬が相手DFを背にしながら体を反転させ最後は右足で決めた。 先制ゴールのエースはこの日、2得点と爆発。 山形大会から4戦無失点中の相手DFの壁をぶち抜いた。 応援席にはFC今治の岡田オーナー、アドバイザーのラモス瑠偉氏らの顔。 谷謙吾監督は思わず「スタンドのプレッシャーを感じながら戦いました」と笑った。 今治東には週1度、FC今治のコーチが巡回、攻撃のサポートや守備面の指導を受けた。 成果は顕著だった。 守っても無失点。 中でも主将のDF大谷は「岡田メソッド」の申し子だ。 夏休みはFC今治のトップチームに練習参加。 元日本代表DF駒野の高精度パスには1秒の隙も見せられない厳しさを教わった。 「止める、蹴るの基本の部分から全然違った。 主将として皆にも伝えました」。 将来はFC今治入りも夢見るDFの要は完封で期待に応えてみせた。 FC今治では市全体を巻き込み、育成年代から強化プロジェクトを進めている。 今治東の初出場も目に見える成果の一つ。 試合後の岡田氏は「初戦の硬さはあったけど勝って本当に良かった」。 次戦はV候補の一角、静岡学園。 (山形県勢)13年ぶりの勝利ならず申し訳ない気持ちでいっぱい。 同じコンセプトでチームづくりを進めたい。

次の

今治市郷新屋敷町で火事!ジョイフル今治新屋敷店近く?現場の画像や動画まとめ

今治 東 飛び降り

」などと嘘を言い、さらに、前記損害保険会社宛に内容虚偽の休業損害証明書等を送付するなどして補償金約272万円の支払を求めたが、就労実態の調査などで嘘を見破られ、その目的を遂げなかったとして、本年6月22日までに、同A男、同B男、同C男を、詐欺未遂事件被疑者として逮捕した。 本日中にNTTファイナンスお客様サポートセンター迄ご連絡下さい。 」などとショートメールが送られてきたので、A男さんが連絡先に電話したところ、同お客様サポートセンター職員を名乗る男から、「有料サイトに登録していた動画やゲームの利用料金が1年分未納であり、30万円支払ってもらう必要がある。 」「支払った額の95%は返金されるので、電子マネーで支払ってほしい。 」などと言われ、伊予市内のコンビニエンスストアで電子マネー30万円分を購入し、同カード番号を電話で伝えて、騙し取られたもの。 しかし、お金がないので作れません。 B女さん、代わりに立て替えてくれませんか。 お金は必ず後で返ってきます。 」などと嘘を言って、49回にわたり、同町内の金融機関から、同A女名義の銀行口座に現金を振り込ませ、現金合計74万7,000円を騙し取ったとして、本年5月28日、同A女を、詐欺事件被疑者として逮捕した。 B女さんは搬送先の病院で死亡が確認された。 伊予署は、同A男を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)事件被疑者として逮捕した。 」等と告げて、金銭を要求したとして、本年6月12日、同A男に、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律違反による中止命令を発出した。

次の

糸山展望台と来島海峡展望館から来島海峡大橋を望む(今治市小浦町)

今治 東 飛び降り

骨と皮 21歳女性の衝撃 頬はこけ、まさに骨と皮状態。 これは21歳の女性の写真だ。 身長167センチ、体重わずか25キロ。 この状態でもなお食事制限を続けようとしていたといい、中国メディアは「自殺式ダイエット」と報じた。 「太る」という言葉に過敏になっていた時、学校の指導員から「最近太ったね」と言われ、思い悩んでいた。 女性はあらゆるダイエット効果のある健康食品を購入し、食事制限を始めた。 やがて1日3食が1食となり、体重が減ると更に食べたくなくなった。 米粒単位の摂取カロリーまで計算しようとし、食後は縄跳びでカロリー消費、更には食べ物を吐き出すことで喜びを得るようになっていた。 3年後、女性の体重は30キロ減の25キロになったが、体はマッチ棒のように痩せ、歩くこともままならないほど衰弱し、腕には赤い発疹が多数出て、背中はうっ血だらけ、足首は腫れ裂けたような状態だったという。 女性は5月17日に入院し、神経性無食欲症、いわゆる拒食症のほか、重度の栄養失調などと診断された。 当時、女性の1日の摂取カロリーはわずか450キロカロリーだったという。 これは成人女性の基礎代謝の3割程度にあたり、医師は「生きていること自体が奇跡」と目を丸くした。 「それでも痩せ足りない」…栄養不足で2度の脳出血 こんな状態にも関わらず、女性はまだ痩せ足りないと考えており、食事を拒否し、毎日摂取カロリーを計算していた。 入院10日目、女性は衰弱のため転倒してしまい、左脳から出血していることが判明した。 医師は女性が持ちこたえられるか不安を抱きながらも手術を成功させ、一安心したのも束の間、今度は右脳から出血し、血腫となっていることが判明した。 女性が重度の栄養不足だったため、脳の組織が退化し、弾力性が60歳並しかなく、通常なら術後自然に回復するはずが、脳が右側に移動してしまったことが原因だった。 医師は、女性の状態から、再び全身麻酔の大手術を行えば生存可能性はゼロ、と判断。 頭に小さな穴を開け、血の塊を吸い出すという方式で再手術を行った。 頭の血腫を全て取ることは出来ないものの、負担軽減のため時間を大幅に短縮し、女性の命を救うことが出来た。 医師によると、重度の拒食症の場合、脳出血に至ることがあるという。 すると女性は人が変わったように食べるようになった。 なんと女性は、 3 年間の食事制限の記憶を完全に失っていた。 医師は脳の外傷が記憶障害を引き起こしたものと推測している。 女性は7月初めに退院し、その後、胃の出血で治療を受けたものの、現在は医師の想像を超えるほど回復し、「体重を60キロまで増やしたい!」とまで話しているという。 女性の治療にあたった医師は、科学的でないダイエットによって拒食症に陥る恐れがあるとして警鐘を鳴らしている。 (執筆:FNN 北京支局 高橋宏朋 ).

次の