ジグ パラ ジェット。 ジグパラがついにエサになる!ライブベイトカラーの魅力とは?

ジグパラ ジェットで飛距離の新境地へ!気になる使い方を徹底解説!

ジグ パラ ジェット

まずは飛距離性能に寄与する形状! ヘッドはスリムでリアが膨らんだ「後方重心設計のフライングシェイプ」を採用。 重心のあるリア部分を前に、安定した飛行姿勢で ぴゅーーーーー(以下「ー」) と。 飛んでくれます。 向かい風でもその風を切り開くようにぴゅー。 また引き抵抗が少ない為、特に長時間の釣りでは使い手の疲労を軽減してくれそうです。 フックシステムは、フロント(アシスト)・リア(トレブル)共に、掛かり抜群の「日本製オリジナルフック」を搭載。 選び放題やんレベルのラインナップですわ。 リアル系にアピール系、グロー系とそれぞれ持ってると状況、日中やローライト時にも使わけが出来そうですね。 ぷちまとめ よく飛んで使い方も基本はただ巻きとシンプル。 ショア、サーフで使えて、さらにカラーは選び放題!!サイズは・・・・定番どころすね。 ヒロセマン曰く、メタルジグとメタルバイブの良い所どりしたジグパラのNEWアイテム『Jigpara JET』。

次の

【ブログ】 新登場ジグパラジェットの水中映像

ジグ パラ ジェット

今回比較したメタルジグはこちら! すみません。 たった4種類ですw ジグパラジェット30g ジグパラジェット30g(トリプルフック無し) イワシロケット30g ジグパラショート30g ジグパラジェットはどのくらい飛ぶのか? S社のイワシロケットにそっくりだけど飛距離に違いはあるのか? トリプルフックを外して空気抵抗を軽減するとMAXどのくらい飛ぶのか? 優良メタルジグ、ジグパラショートよりどのくらい飛ぶのか? な~んてことを意識しながら2時間投げ比べました! 計測方法について。 すみません。 糸が風に流されたり、水深などは 感覚で考慮しましたw つ、釣りは感覚が大事なのだよ!汗 いざ、検証結果! 台風明けでしたが ほぼ無風状態で検証できました。 使用タックルや当日の海の状況は記事の最後で。 ジグパラジェット30g 大体 95m前後! 飛びますね~。 これはジェットの名に恥じない飛距離ではないでしょうか? イワシロケット30g 大体 95m前後! まあ、見た目もそっくりだし飛距離もそっくりでしたw 投げた感じ一緒です。 というか、使った感じ全部一緒です!w ジグパラショート30g 大体 80mちょっと! 十分飛んでいるし、青物が居れば届く飛距離。 でもこうやって投げ比べると ジグパラジェット、イワシロケット飛ぶぅ~! というのが素直な感想。 ジグパラジェット30g(トリプルフック無し) 大体 115mくらい!! 圧倒的でした。 いかにトリプルフックが抵抗になっているか。 という事が一発でわかりますね。 全部飛ぶぅ~!ジグ投げるの気持ちいぃ~! 検証結果まとめ ジグパラジェット30g 約95m イワシロケット30g 約95m ジグパラショート30g 約80m ジェット トリプル無し) 約115m 僕が投げたらこんな感じでした。 僕はサーフロッドで投げましたが ショアジグロッドでマッチョが投げたらもっと飛ぶと思います。 僕の個人的な意見ですが やはり飛距離重視のメタルジグは 喰いが少し落ちると思います。 アピール力が低い。 ボディが細いからフラッシングも弱いです。 それは「喰わせる」ことより「届かせる」ことを優先して作っているから。 アクションや喰わせ性能はジグパラショートのようなセンターバランスの方が良いですね。 ジグパラジェットやイワシロケットの出番は、やはり 魚の群れまで届かないときだと思います。 ということで ジグパラジェットの個人的なオススメセッティングはトリプルフック無しです。 トリプルフックを外すだけでジグパラショートより30m以上さらに飛ぶわけです。 これだけ飛距離が違えば届かない魚まで届くかもしれません。 飛距離以外のインプレ アクション 海がド茶濁りでまったく見えませんでした・・・。 巻き感・フィーリング ジグパラショートに比べるとやはり 軽いです。 イワシロケットと比べると ほぼ一緒。 トリプルフック無しは さらに軽くなります。 長時間の釣りでも疲れにくいですね。 塗装強度について ジグパラジェットは 「Super multilayered coating」 とかいう 意味のわからん技術を採用して 塗装が剥がれにくいらしいですが・・・ ほとんどキズが付きませんでした! これはすごく良いと思います! カラー・ホログラムについて ジグパラジェットのカラーは色が濃いものが多いです。 そしてホログラムも強い。 スリムシルエットのメタルジグはアピール力が低いのが弱点。 これを濃いカラーと強いホログラムがサポートしていると思います。 よく考えられているな~と思います。 最後に この計測の数値は僕の感覚です! 間違っている場合がございます! それと、釣れるか釣れないかはわかりませんw 個人的には 飛ぶことと 塗装が強いことが良いと思いました。 基本はジグパラショートなどのセンターバランスを今後もメインで使っていきますが ナブラや鳥山まで届かないときはジグパラジェットのトリプルフック無しを使っていこうと思います! 今回はジグパラジェットの飛距離を検証してみた!でした。

次の

【ショアジギ道場R vol.9】想像を絶するぶっ飛び系メタルジグ「ジグパラジェット」

ジグ パラ ジェット

まずは飛距離性能に寄与する形状! ヘッドはスリムでリアが膨らんだ「後方重心設計のフライングシェイプ」を採用。 重心のあるリア部分を前に、安定した飛行姿勢で ぴゅーーーーー(以下「ー」) と。 飛んでくれます。 向かい風でもその風を切り開くようにぴゅー。 また引き抵抗が少ない為、特に長時間の釣りでは使い手の疲労を軽減してくれそうです。 フックシステムは、フロント(アシスト)・リア(トレブル)共に、掛かり抜群の「日本製オリジナルフック」を搭載。 選び放題やんレベルのラインナップですわ。 リアル系にアピール系、グロー系とそれぞれ持ってると状況、日中やローライト時にも使わけが出来そうですね。 ぷちまとめ よく飛んで使い方も基本はただ巻きとシンプル。 ショア、サーフで使えて、さらにカラーは選び放題!!サイズは・・・・定番どころすね。 ヒロセマン曰く、メタルジグとメタルバイブの良い所どりしたジグパラのNEWアイテム『Jigpara JET』。

次の