国立 函館 病院。 入札公告(工事関係)

病理診断科

国立 函館 病院

医師のご紹介 役職 病理診断部長 氏名 木村 伯子(きむら のりこ) 専門分野等 日本病理学会専門医 日本臨床細胞学会専門医・指導医 国際細胞診学会 fellowship FIAC 特色 全国的に病理専門医が不足して問題になっている中、当院では経験の豊富な病理専門医が診断にあたっております。 さらに診断困難例や稀有な症例は専門家にコンサルテーションを依頼するとともに、当院も全国からのコンサルテーションに応じています。 特にカテコールアミン産生腫瘍である褐色細胞腫やパラガングリオーマの診断ではWHOの編集委員として第4版(2017)の出版に貢献しました。 また現在、国際的な病理診断報告のガイドライン(the international collaboration on cancer reporting (ICCR: )のメンバーとしてその作成に関わっております。 多くの国立病院機構の病院には臨床研究部が設置されており、日常の診断治療を集積して、さらに未来の医療に有用な臨床研究をすることが義務付けられておりますが、当院でも高いレベルの診療と治療を行い、それを学会発表や論文発表を通じて臨床研究を行っており、病理診断はその一助を担っております。 手術症例の中で臨床的に興味深い症例や問題がある症例は随時、臨床病理研究会で熱心に討議されています。 部検例はほぼ全例がCPC(臨床病理検討会)で検討されています。 病理診断の報告書は紙でも報告されていますが、同時に院内情報システム通じて閲覧することも出来ます。 そこには病変の肉眼像と顕微鏡画像がuploadされており、パスワードで院内のどこからでも閲覧でき、患者さんへの説明にも用いることができるようになっています。 病理診断外来について 当院では、全国的にも数少ない病理診断医による病理診断外来を行っております。 詳しくは下記をクリックして下さい。 疾患の特徴 「手術標本」では各科の主として腫瘍性疾患が多く、呼吸器では肺がんとその類似疾患、悪性中皮腫等、消化器では食道がん、胃がん、膵がん、胆道がん、肝がん等、その他乳がんも多く手術されており、甲状腺がん、腎がん、膀胱がん等も手術されております。 病理診断はそれらの病名と進行度、悪性度、転移の有無などをそれぞれの臓器の診断ガイドラインに沿って記載します。 手術時には「術中迅速診断」を行って病変の種類や手術範囲を決定するのに役立っています。 腫瘍以外の疾患では大動脈瘤や心臓の弁(大動脈弁や僧房弁)が手術されて病理診断に提出されております。 手術前には多くに臓器の「生検」がされ、がんか、それ以外の炎症や腺腫などの良性疾患かの診断が行われます。 当院では肺がんの径気管支生検の症例が多く提出されております。 また胃がんや大腸がん、胆管がんや膵がんの疑い、潰瘍性大腸炎やクローン病等の特別の炎症性疾患か、治療による改善の程度はどうかなどの判定、また胃がんの病因として重要なピロリ菌の有無など、消化器の生検は非常に多く行われております。 近年高齢男性に増えている前立腺がんと前立腺肥大症の鑑別のための前立腺生検も多く施行されております。 循環器科では心不全の原因のアミロイドーシスやその鑑別に必要な心筋生検が施行されております。 さらに縦隔腫瘍や膵腫瘍、粘膜下腫瘍など通常の生検では届かない深部に存在する病変も、エコー下生検による優れた技術を駆使して採取され、高い診断能力を誇っております。 「免疫染色」は病理診断には欠かせない手法の一つで、腫瘍の種類、悪性度の判定、治療法の決定等に多くの抗体を用いて診断の補助に用いられます。 当院では自動免疫染色装置 Benchmark ULTRA;Ventana,USA)を用いて、迅速に免疫染色に反応し精度の高い診断を提供しております。 この機器を用いて免疫染色だけでなく、乳がんや胃がんの治療法の選定に有用なHER2遺伝子の増幅等を調べるDISHにも対応しております。 「細胞診」は近年の生検方法の進歩とともに全体的には検体数は減少しておりますが、乳がん患者数の増加と共に乳腺の穿刺細胞診の数は多く、診断にも有用です。 気管支ブラッシングの精度は非常に高く、肺がんの疑いの場合には有用な手段です。 胸水や腹水等は細胞診でしか診断ができないもので、欠かせない手段です。

次の

国立病院機構函館病院7日から便秘外来開設 / 函館新聞電子版

国立 函館 病院

函館病院 函館病院臨床研究部は平成16年4月に開設され、• 再生医学研究室• 代用臓器研究室• 病因病態研究室• 生体情報研究室• 医療解析研究室 の5研究室があります。 当院にとって全く新しい部門であり、院内全体の臨床研究をいかに活性化するか、いまだに試行錯誤の繰り返しですが、生き生きとした病院であるために日常臨床での疑問をデータ化し外へと情報発信することはとても重要なだと考え努力しています。 そのためには、医師のみならずコメディカル部門の研究活動をできる限りバックアップすることも大きな仕事と考えています。 まず、国立病院機構が行う臨床研究へ導入・登録をしやすい体制を整えることが役割の一つと考え、EBM研究への症例登録に努めました。 これまでに総計300例を超えて登録し全国的にも多い施設に入ると思います。 これは医師はもちろん、薬剤科、看護部などの協力があってこそのことで、臨床研究への院内の理解が深まっている証だと感じます。 これまでは治験実施数も非常に少数でした。 EBM研究でのチームワークを元に薬剤師3名、看護師1名を院内CRCに任じ治験管理室も機能し始めました。 本年度は数件の開発治験を受託予定です。 当院は空港から15分程度と近く中央からのアクセスも比較的良いので、さらに受託すべく活動したいと考えています。 特色のある研究をご紹介します。 当院のMRI装置は冠動脈などに適した、いわゆるWhole heart MRIが可能で、これを利用した心臓検査は既に1500例を越え日本でも最多と思われます。 生体情報研究室、医療解析研究室を中心に、より短時間で確実に撮像する技術を開発し、冠疾患検出の研究など多くの学会で発表するとともに、臨床応用でも当院では非観血的な心臓検査の第一選択となるまでになっています。 これらのCT・MRI画像を3次元構成まで含めて配信する画像サーバーの応用にも力を入れています。 開発企業の技術者3名を客員研究員に任じ、システムの共同開発を行っています。 院内では一般のパソコンをベースにログインに生体認証(指紋)を用いた安価で高速な情報システムを構築しました。 さらに地域医療への貢献と当院の先進画像装置の活用を目指して、NTTのVPN Virtual Private Network を介して院外の医院にも当院と同様の画像配信をするシステムも開発しています。 当院の放射線機器資産を各医院の放射線室のごとく利用できます。 しかも端末は一般のパソコンのみで高価な画像処理装置なしに3次元構成も行えます。 病因病態研究室では、MDCTを用いた3次元表示を含む精細な画像を利用して、乳癌のセンチネルリンパ節の描出と臨床応用を研究しています。 また新しい腹腔鏡下胃食道逆流防止術式の開発を行い、積極的に海外発表も行っています。 再生医学研究室、代用臓器研究室では、重症の下肢閉塞性動脈硬化症の患者様に対し、末梢血幹細胞注入療法を研究し既に数症例に導入しています。 教育活動にも力を入れ、院内外に向け合同教育講座(月1回)を開催し、一次救命処置講習は全職員が終了して約100名の市民対象に市民公開講座も開催しました。 アメリカ心臓協会(AHA)認定のBLSコースも定期的に開催予定です。 本年度から病因病態研究室長に病理学分野でご活躍中の木村伯子先生をお迎えし、ますます広い分野に活動領域が広がってゆくものと期待しています。

次の

函館病院

国立 函館 病院

ごあいさつ 国立病院機構函館病院 院長加藤 元嗣 平成28年4月1日付で院長に就任しましたので、ご挨拶を申し上げます。 私は昭和57年に北海道大学医学部を卒業後、第三内科(現在の消化器内科)に入局してから、前任の北海道大学病院光学医療診療部(内視鏡部)の部長・診療教授まで、主に消化器内科の診療に従事してきました。 大学では「ピロリ菌と消化器疾患との関連」と「消化器内視鏡による診断と治療」をテーマに研究を続けてきました。 当院は長らく消化器内科の常勤医が不在でしたが、4月からは私を含め常勤医4名体制となりました。 循環器内科、呼吸器内科に加え消化器内科が加わったことで、当院の内科診療はさらに充実した体制となりました。 最先端の内視鏡を用いて、高度の内視鏡診断や内視鏡治療を行い、国内トップレベルの消化器診療を提供していきたいと考えています。 また、ピロリ菌専門外来を通じて、除菌に失敗した方、ペニシリンアレルギーで除菌できない方、中高生などの若年者に対するピロリ菌診療を行い、胃癌撲滅に貢献していきます。 我々職員一同は、患者目線に立って親切丁寧に医療を提供することを目的としています。 そのために、教育研修、臨床研究などを通じて職員の意識を高めていき、働きやすい職場に変えていくことで、患者様のニーズに答えていきたいと思います。 これからは、大原正範特別院長(代理)と二人体制で、より一層地域医療に貢献できるよう職員一同努力していきたいと思っておりますので宜しくお願いします。

次の