自転車 を こぐ 英語。 自転車にぶつかりそうになる

「自転車を押して歩く」って英語で何て言う?

自転車 を こぐ 英語

「自転車」は、「Bike」? 自転車を英語で表現すると 「Bicycle」といいます。 発音は 「バイセコー」。 「Bicycle」以外にも「自転車」を表す英語表現が あることを、ご存知ですか? それは、 「Bike」です。 発音は 「バイク」。 「バイク」というと、 日本では、原付などのことを想像しますよね。 しかし、英語では「自転車」を表します。 日本でいう「バイク」は 英語では 「Motorcycle」と表します。 「Bicycle」、「Bike」どちらが正しい? 「Bicycle」と「Bike」、 どっちが正しいのか疑問を持ちますよね。 ネイティブは、どちらも使用するので 「自転車」を表す英語は、 「Bicycle」「Bike」のどちらも使用が可能です。 どちらかというと、 「Bike」のほうが口語的で 普段の会話でよく使用する単語です。 「自転車」を使った英文 「Bike」を使用した英文を紹介します。 「Bike」を「Bicycle」に変えても使用できますよ。 ・ I ride on my bike. 自転車に乗る 「Ride on ~」というフレーズは、 「~に乗る(乗り物)」という意味を持ちます。 主に乗り物に対して使用できるので、 覚えておくと活用できます。 ・ I get off my bike. 自転車からおりる 「Get off ~」も 「~からおりる(乗り物)」に使用できる フレーズのひとつなので覚えておきましょう。 ・ I hit the brakes. わたしは、ブレーキをかけた 「ブレーキ」を英語で表すと「Brakes」。 「壊す」という意味を持つ 「Break」と似ているので 書くときには、間違えないように要注意です。 また「I applied the brakes. 」も ブレーキをかける表現になります。 「Applied」は「Apply」の過去形です。 ・ I got a flat tire. タイヤがパンクしました 「パンク」という言葉、 「これって英語かな?」と 疑問に思う方もいるのではないでしょうか? 「パンク」も実は和製英語です。 「パンク」を表す英語は、「Flat」。 自転車以外にも、車のタイヤがパンクをしたときにも 使用できます。 便利なので、こちらも覚えておきましょう。 車に関する英語表現についてもご紹介。 私はタイヤに空気を入れた 「Pump」という単語を使用してタイヤに 空気を入れることを表します。 ・ The chain came off. チェーン(自転車の)がはずれた チェーンは英語でも「Chain」。 こちらは英語でも、使用されます。 「Come off」という表現も 何かがはずれたときなどに 使用する表現なので、覚えておきましょう。 ・ I fixed my bike. わたしは、自転車を直した 「Fixe」は「修正、直す」ことを意味する単語です。 なので、ここでは「Fixe」を使用して 自転車を直したことを説明します。 そのため、 日本のように自転車で行動するということは、 ほとんどありません。 なので日本で使用されている 「ママチャリ」という 名称はあまり使用されていませんが、 あえて「ママチャリ」を表す表現というと、 「City cycle」が1番近い表現かと思われます。 自転車にまつわる英単語 Bicycle brake 自転車のブレーキ Seat サドル 「サドル」も英語と思う人が多いと思いますが、 これも和製英語となります。 実際に海外で「サドル」と 使用されていることもありますが、 それは、 「馬に乗るときに使用するサドル」 を表す意味なので 「自転車」のサドルには、使用されません。 ネイティブは、「Bicycle Seat」 または省略して 「Seat」と呼ぶことが一般的です。 Pedal ペダル Chain チェーン Rust サビ Light ライト Flat tire パンク Training wheels 補助輪 Double riding 二人乗り Bicycle shop 自転車屋さん 「自転車」を「Bike」は間違い!? 英語で伝える3つの英語表現まとめ いかがでしたか? 思っていたよりも普段使っていた単語が 和製英語だったのではないでしょうか? 実際に使われている単語は、難しいものはありません。 今日から、 正しい単語に切り替えていきましょう。 そして海外の人たちと話す機会があるときには、 くれぐれも 和製英語に注意してくださいね。

次の

自転車と英語初心者の情熱大陸

自転車 を こぐ 英語

自転車の種類や部品など、下記に主な関連表現の英語を記載しています。 自転車のかご:basket• 自転車のハンドル:handle bars• 自転車鍵:bike key• 自転車のカバー:basket cover(かごのカバー)/seat cover(サドルカバー)• 自転車の曲がり乗り:trick cycling• 自転車用の空気入れ:bicycle pump• スポーツジムの自転車:exercise bike• タイヤのチューブ:bicycle tube• サイクリング:cycling• 因みに「自転車操業」は「hand-to-mouth operation management 」という表現をします。 3.「自転車」を英語で表現する|英文・フレーズ編 「自転車」に関連する英単語や表現だけを覚えても、英会話にはなりません。 よってここでは、「自転車」に関連して、ネイティブが使う代表的な例文をご紹介します。 英文: I ride on my bike bicycle. 和訳:私は(私の)自転車に乗ります。 「車に乗る」場合にも使います。 また、「I get on my bike」でも同様の意味になります。 英文: I get off my bike. 和訳:私は自転車から降りる。 英文: I applied the brakes. 和訳:私はブレーキをかけました。 「I hit the brakes」でも同様の意味になります。 英文: I got a flat tire. 和訳:タイヤがパンクしました。 車のパンクでも使える表現です。 英文: I msut pump up a tire. 和訳:私は空気を入れないといけません。 「pump up~」は、「~を強める」「吹き込む」などに使います。 「I must put some air into a tire. 」も同様の意味ですが、より丁寧な言い方となります。 英文: The chain came off. 和訳:チェーンが外れました。 英文: I have to fix my bike. 和訳:自転車を修理しなくてはいけません。 「repair」という動詞でも同様です。 その他の自電車関連の例文やフレーズにも触れておきましょう!• 「自転車で走る」という表現でも使えます。 自転車で散歩する:take a short cycling• 自転車を押して歩く:walk a bike• 自転車で転ぶ(こける):fall off a bike• 自転車を起こす:stand a bike up• レンタル自転車は「rental bike」となります。 自転車貸して!:Let me borrow your bike. 自転車、気を付けて!:Pedal safe! 」と言います。 自転車が壊れた:My bike broke down. 自転車が盗まれる:My bike is stolen. 自転車で坂道を上る(下る):go up the slope by bike. 趣味は自転車です:I like cycling. 」という表現はあまりしません。 「I like ~. 」の形がベターです。 自転車にぶつかる:bump into a bike• あなたの自転車かっこいいね:Your bike is cool. 4.「自転車」を英語で表現する|豆知識・スラング・格言(名言) 自転車で、英語を表現する「bike」や「bicycle」ですが、頭にある「bi」(バイ)にはちゃんとした意味があります。 文法用語では、「接頭辞」と言われるものですが、実は 「bi」は、「2つの~」と表現するものなのです。 よって、「bicyle」は、「bi(2つの)」+「cycle(輪)」から出来ています。 この、「bi」を接頭辞としてもつ英単語には、「bilingual(2つの言語)」や「biceps(上腕二頭筋)」などがあります。 今後新しい英単語に出会った際に、「bi」が付いていたら「2つの~」と表現するものが多いことに気づくでしょう。 因みに「一輪車」、「三輪車」は次のように言います。 「自転車」に関連するスラングは? イギリス英語で 「MAMIL」という自転車に関するスラングがあります。 「middle-aged man in Lycra」の略で、「Lycra」は衣類メーカーの名称です。 自転車でのサイクリングに夢中な中年男性を指す時に使います。 また、「自転車」を使った アインシュタイン(Albert Einstein)の有名が名言もあります。 英語の名言:「Life is like riding a bicycle. To keep your balance you must keep moving. 和訳:人生とは自転車のようなものだ。 倒れないようにするには(バランスを保つには)走り続けなければいけない。 それと、外国人に日本の自転車交通ルールを説明する時もあるでしょう。 警察庁が英語でのガイドラインを発行していますので、必要な場合はそちらもご参考下さい。 『』のページでPDFでダウンロードできます。 まとめ:英語の「自転車」から色々な表現を学べる! 英語で単純に自転車の単語だけ調べても、それは単語帳の延長に過ぎません。 ではなく、1つの単語から色々な表現などを同時に身に付けることで、効率よく時間が使えて、また吸収もしやすくなります。 今回は「自転車」の英語をテーマにしましたが、他の英単語でも同様です。 是非、今後の英語学習のヒントにしてもらえればと思います。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

bike ? bicycle ? 「自転車」の正しい英語表現は?

自転車 を こぐ 英語

アメリカのオレゴン大学のあるユージーン Eugene をこの夏の終わりに訪ねた。 町全体が豊かな木々に囲まれ、ダウンタウンは英国の町を思わせるぐらい色とりどりの花で飾られている。 歩道にはごみひとつ落ちていない。 ユージーンはオレゴン州第二の都市だが、緑あふれた瀟洒な小都市という感じで、清潔感があふれていた。 neat and tidy こざっぱりして整然) という言葉がぴったりだった。 9月になったばかりだというのに気温は22度ぐらいで湿度も低く、心地よさが一層増した。 いままでに訪れたアメリカの町は50はくだらないが、こんなに気持ちのよい町は初めてだった。 ここでは人々の環境に対する意識は強い、と帰路、空港まで乗ったタクシーの運転手さんは言った。 サンフランシスコやポートランドもそうだが、街路には排気ガスを出さない自転車のための専用レーンがもうけられ、市内を走るバスも、自転車ごと乗れるように車内に自転車用スペースがとってある。 スケートボードを遊びではなく、通勤や通学の足代わりにする人も多いと聞いた。 Walk bikes という言葉をみつけたのはダウンタウンの Bus Station と呼ばれているバスターミナルだった。 市内全域のバスが発着する。 その発着場の入り口にこんな掲示があった。 DO NOT ENTER 立ち入り禁止 BUS ONLY バスのみ NO CARS 自動車進入禁止 NO SKAETEBOARDS スケートボード禁止 WALK BIKES 自転車は押して歩くこと ごくごく基本的な動詞 walk には「人が物を歩いて動かす」という意味もある。 だから 「自転車を押して歩く」は walk a bike になる。 この言い回しが辞書の上ではなく、実際に使われている現場に出会ったのは初めてだった。 それで、あらためてネットで用例を確認した。 たくさんあった。 ひとつだけ紹介しておく。 "We recommend you get off and walk your bikes," said Mary Volm, director of the bicycle program in the city of Portland's transportation office. 「 自転車を降りて、押して歩くことを勧めます」とポートランド市の運輸室の自転車プログラムの責任者メリー・ボルムは言った。 これは、オレゴン州第一の都会で環境意識の強い都市として全米に知れ渡っている ポートランド市関係者の発言で、橋の修理工事に関する記事のなかの一節だ。 この walk a bike と言う表現は、「犬を散歩さす」の walk a dog と同じ使い方だと思われた方も多いと思う。 その通りで、ここの walk は辞書的には「動物を歩かせる」「動物を連れて歩く」という日本語になるが、walk a bike と基本的な発想は同じだ。

次の