マイ ナンバーカード 5000 円。 マイナンバーカードで5000円もらう方法【5つのステップ】

マイナンバーカードで1人5000円分の還元。マイナポイントはいつから?

マイ ナンバーカード 5000 円

マイナンバーカードがあれば、キャッシュレス決済で25%還元を受けられる「マイナポイント」にも登録できます そこでこの記事では、特別定額給付金のオンライン申請の実際の手続き方法や、マイナポイントの予約登録、マイナンバーカードの実際の機能について紹介していきます。 申請期限は自治体(市区町村)の郵送申請の開始日から3カ月以内なので、7月末までに申請を完了しておくと確実です。 申請方法は「郵送申請」と「オンライン申請」の2種類あり、自治体によってそれぞれの対応と申請開始時期、10万円の振り込み時期は大きく異なります。 市区町村の対応状況は総務省の定額給付金ポータルサイトからも確認できます。 特別定額給付金の申請方法は、郵送とオンラインの2種類。 それぞれ自治体によって受付開始時期が異なります 郵送申請は基本的な申請方法です。 多くの自治体は5月下旬または6月から順次申請書の郵送を開始する予定で、到着したら必要事項を書いて返信します。 10万円の振り込みは6月中の開始を予定する自治体が多いです。 オンライン申請は、今回紹介するiPhoneやAndroidスマートフォンと、マイナンバーカードの電子証明書を利用する申請方法です。 10万円の振り込みは早いところでは開始済み、多くの自治体は5月下旬から6月上旬の振り込み開始を予定しています。 2020年5月の現在は、オンライン申請の方が郵送申請よりも先に申請を受け付けてもらえる自治体が多く、申請に問題がなければ郵送申請よりも早く10万円を受け取れる可能性があります。 なお、オンライン申請には対応スマートフォンとマイナンバーカードが必要です。 これからマイナンバーカードの交付申請をする場合、受け取りまで1カ月以上かかると案内している自治体が多いです。 定額給付金の受け取りだけなら、これからマイナンバーカードの交付を待つよりも郵送申請の方が早いことが多いでしょう。 マイナンバーカードに関連する手続きや新規交付が増えており、現在手続きには時間がかかります(画像は川崎市の場合) ただ、前述の通りマイナンバーカードがあれば、7月から登録が始まり9月より開始の「マイナポイント」の25%の還元(最大5000円分)を利用できます。 特別定額給付金の申請には間に合わなくとも、早いうちにカードの発行を申請しておくとお得です。 通知カードと一緒に送られた申請書があれば、スマホや対応する証明写真機ですぐに申請できます。 スマホで特別定額給付金を申請するために必要なもの まずは、スマートフォンを使った特別定額給付金のオンライン申請の準備をしましょう。 一部で報道されている書類不備の多さは、総務省のポータルサイトなどの説明不足によるものも多いのですが、この記事の内容を確認しておけばおおむね回避できます。 申請する際、必要なものや確認すべきものは以下の4つとなります。 1:マイナポータルでの申請に対応したiPhone、Android iPhoneはiPhone 7以降かつiOS 13. 1以上に更新すると利用できます。 Androidは、ここ4年以内に発売されたNFCに対応している機種の多くで利用できます。 対応機種の詳細はマイナポータルのサイトから確認できます。 マイナポータルから特別定額給付金のオンライン申請が可能 2:住民票 現在の住民票の内容を把握しているでしょうか。 申請時に住民票と異なる内容を記載すると書類不備になるので、住民票の内容をあまり覚えていない場合や、大家族や1人暮らしの他、家族構成がやや複雑な場合は「住民票の写し(世帯全員)」で確認しましょう。 特別定額給付金を申請できるのは基本的に住民票に記載された世帯主で、同時に申請できるのは住民票の写し(世帯全員)に記載された人だけです。 多くの自治体は、マイナンバーカード(電子証明書入り)を使ったコンビニのマルチコピー機での住民票の写しの発行に対応しているので活用しましょう。 キャッシュカードの多くは「銀行名」「口座番号」「カナの氏名」が併記されており、口座確認の画像提出に最適 4:マイナンバーカード(電子証明書入り)と暗証番号 オンライン申請では、マイナンバーカードのICチップに記録されている「電子証明書」をスマートフォンで読み取って、オンライン申請での個人確認とします。 なお、今回の手続きでマイナンバー(個人番号)は一切関係ないので、紙の通知カードでは申請できません。 ここでマイナンバーカードの電子証明書や、マイナンバー(個人番号)との違いについて興味を持つ人もいるでしょうが、話が逸れるのでこの記事の最後で簡単に紹介します。 今回使うマイナンバーカードの「電子証明書」に関するトラブルで多いのが以下の3件です。 なお、iPhoneやAndroidスマートフォンで「JPKI利用者ソフト」アプリを使って電子証明書を読み込めれば問題ありません。 関連記事• マイナンバー総合サイト「マイナポータル」が、iPhone 7以降で利用可能に。 マイナンバーカードを読み取ってログインすると、子育てや介護などの行政手続きや個人情報の確認ををオンライン上で行える。 総務省は、2020年9月〜2021年3月まで実施するマイナポイント事業に参画するキャッシュレス決済事業者を発表した。 2月19日の時点で21の決済サービスが対応している。 マイナンバーの所有者が対象の決済サービスを登録し、チャージや決済をすると、その25%のマイナポイントを取得できる。 政府が関連各社を巻き込む形で2019年以降に活発化したキャッシュレス決済施策は、2020年初期の段階で早くも転機が訪れている。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、米国では人々の現金に対する意識が変わりつつある。 日本では政府の後押しによるポイント還元施策が継続的に行われる可能性が高く、これをうまく事業者が取り入れていくことが重要だ。 5月21日に、auのポイントプログラムがPontaに統合された。 従来のau WALLETポイントは廃止になり、今後は、携帯電話回線の通信費や各種サービス利用料からの還元も、Pontaで行われる。 ポイントプログラムを刷新したKDDIの狙いは会員基盤の強化にある。 その詳細を見ていこう。 5月のスマホ決済キャンペーンも、「d払い」「PayPay」「au PAY」の3キャリア陣営によるものが多い。 新型コロナウイルスの感染拡大によって、街中での決済利用を促進するキャンペーンは以前よりも減っている。 5月から「LINEポイントクラブ」が始まった他、「楽天ペイ」もゴールデンウイーク総額100万ポイント山分けキャンペーンを行っている。

次の

マイナンバーカード所有で最大5000円分のポイント付与へ。2020年度予算約2500億円。

マイ ナンバーカード 5000 円

もくじ• マイナポイント事業の背景 マイナンバーカード普及はたったの16% 現在、マイナンバーカードの普及率はたったの16%です。 まだまだ持っていない人が多いのが現状。 この普及をすすめようと総務省がキャッシュレス決済事業者と連携し、マイナンバーカード保有者を対象にポイント還元を行うわけです。 最近では10万円の給付を受け取るために、オンライン申請するのに「マイナンバーカード」が必要でしたね。 今後も窓口への殺到を避けたり、スムーズに対応できるよう、オンライン手続きは増えていくでしょう。 ちなみに次回の確定申告からは、「これまで通り、青色申告の65万円控除を受けたい」という場合はオンラインでの申告が必須になります。 予算2000億円 国は、この5000円キャンペーンに2000億円の予算を組んでいます。 マイナンバーカードの普及とともに、消費を促したい狙いがあるわけですね。 これはコロナ対策の取り組みではなく、もともと計画されていたキャンペーンです。 本来であれば、2020年は東京オリンピックが開催されるはずの年でしたね。 オリンピック後の「消費の落ち込み対策」として計画されていました。 結局はオリンピックどころではなくなってしまったワケですが…背景としてはそういうことです。 マイナンバーカードで5000円もらう5つのステップ 【Step1】マイナンバーカードを取得する マイナンバーの通知カードとともに送られてきた、交付申請書を用意します。 交付申請書に記載のQRコードなどを使い、「スマホ」「パソコン」「郵便」「指定の証明書写真機」のうちのいずれかの方法で申請できます。 「交付申請書を紛失してしまった!」 という場合は、市区町村の役所に本人確認書類を持参すれば再発行してもらえますからね。 3回連続で間違えるとパスワードにロックがかかり、自治体の窓口で再設定の手続きが必要になる。 【Step2】マイキーIDを設定する PCもしくはスマホから手続きできます。 PCの場合:カードリーダーが必要 スマホの場合:アプリのインストールが必要 (App store もしくはGooglePlayで「マイナポイント」と検索) 【Step3】マイナポイント事業へ申し込む 登録できるキャッシュレス決済サービスはかなり多いです。 例)Suica、nanaco、PayPay、LINE Pay、メルペイ、楽天カード、エポスカード、イオンカードなど 【Step4】選択したキャッシュレス決済で買い物、チャージ 申し込んだキャッシュレス決済サービスでお買い物、もしくはチャージしましょう。 還元率は25%、最大金額5000円相当の還元を受けるには2万円のお買い物が対象です。 【Step5】最大5000円相当もらう 買い物、チャージ利用の2か月以内に25%、最大5,000ポイント 5000円相当 が還元されます。 申請の注意点 予算2000億円、上限いっぱいで締め切りになる可能性あり。 話題沸騰する前に、まずはマイナンバーの発行から準備をしておくのがオススメです。 1つのマイキーIDにひも付けられる決済サービスは1つ。 一度ひも付けると基本的に変更はできないので、どのサービスが自分にとって利用しやすいのかを考慮して選択したほうがよいでしょう。

次の

【ねっ、簡単でしょ?】マイナンバーカードで最大5000円分のポイントをゲットするまでの道のり

マイ ナンバーカード 5000 円

2万円チャージで5000円もらえる、25%還元のマイナポイント マイナポイントは、マイナンバーカードを取得した人がマイナポイントを予約することでもらえるポイントです。 指定したキャッシュレス決済でチャージまたは買い物をすると、その金額の25%分(上限5000円分)のマイナポイントが受け取れる、というわけです。 上限5000円分ということは、2万円分のチャージや買い物までマイナポイントが受け取れることになります。 マイナポイントは、マイナポイント事業に登録しているキャッシュレス決済サービスのポイントとして受け取ります。 たとえばPayPayなら「PayPayボーナス」、nanacoなら「nanacoポイント」として受け取ることができます。 総務省のウェブサイトに掲載された「登録キャッシュレス決済サービス」のリストによると、5月29日時点で219社の登録があり、今後も増える可能性があるとのこと。 とはいえ、主だったキャッシュレス決済はすでに網羅しています。 マイナポイントの受け取り方法は、キャッシュレス決済の手段により異なります。 電子マネーの場合はチャージしたとき、スマホ決済の場合は買い物をしたときに付与される予定です。 また、先の総務省の「登録キャッシュレス決済サービス」のリストには、クレジットカードの事業者の名前も見えますが、総務省に問い合わせたところ「どのようにポイントを付与するかは今後発表します」とのことでした。 電子マネー・スマホ決済と同様に、各クレジットカード会社の指定したポイントがもらえるとみられます。 なお、マイナポイントを使うにあたって、店頭でマイナンバーカードを提示する必要はないようです。 マイナンバーは重要な個人情報ですから、持ち歩かなくていいのは安心ですね。

次の