終わりにする 類語。 「終わり」の類義語や言い換え

「終わりよければすべてよし」の意味とは?使い方や例文・類語をまとめ!

終わりにする 類語

終焉の語源 「終焉」という熟語に使われている「終」という漢字には、「おわる」「おえる」「はてる」「しまう」という意味があり、「物事の終り」「最後」を意味しています。 また「焉」という漢字は、訓読で「いずくんぞ」「なんぞ」「ここに」「いずくいか」「これ」と読み、様子を表す語に添える「助字(じょじ)」として使われます。 「助字」とは、漢文で分の組み立てを助けるための付属語で、漢字の前に置くことで疑問または反語を表します。 また、様子を表す語や文の終りに置くことで、語調を整えたり状態を表す語としても用いられるほか、断定を意味することもあります。 「終焉」の場合、「焉」という文字は「ここに」の意味があるとされ、「ここに終わる」「死ぬ」ということを表します。 終焉は比喩的用法もある 「終焉」という言葉は、「物事の終わり」を比喩的に表現するときにも使用します。 「時代」「ブーム」「人間関係」「世界」のように壮大なものや、そう簡単に終わりを迎えないものに関して用います。 ・野球界の英雄が引退したことは、一つの時代の終焉を意味している。 ・食べ物には毎年様々なブームが訪れる。 今年流行しているタピオカブームもそろそろ終焉を迎えるころだろう。 ・長きにわたって行われていた裁判もようやく収束に向かい、終焉の時を迎えた。 ・彼の終焉の地である北海道の漁村には、今でも多くの人が訪れている。 などの例が挙げられます。 終焉の類義語 「終焉」の類義語は、大きく2種類あります。 1つ目は、「終焉」を「死ぬ」という意味で用いた場合の類語で、「永眠」「他界」「逝去」「死没」「絶命」などです。 「永眠」「他界」は「死」を間接的に表す言葉です。 「祖母は98歳で永眠した」「祖父は他界されました」のように用います。 「逝去」は「死」を敬って言う尊敬語です。 「ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします」などのように使います。 「死没」「絶命」は共に「死ぬこと」を端的に表した言葉です、 「内戦で死没した人々の追悼会が開かれる」 「最後まで病気と闘いながら絶命した」 などのように使用します。 そして2つ目に、「終焉」を比喩的表現として用いた場合の類語として、「最期」「終局」「終結」「閉幕」「仕舞い」などが挙げられます。 いずれも「物事の終わり」を表す言葉となり、人間の命や生涯、また時代や勝負事などに対して用います。

次の

終わり(おわり)の類語・言い換え

終わりにする 類語

1 「終わり」「しまい」は、ずっと続いていたものがとぎれること、また、そのとぎれたところをいう。 「末」は、ある期間に限定し、そのとぎれるところをいう。 2 「しまい」は、主に会話の中で使う。 また、「これでおしまいにしましょう」のように、「おしまい」の形でも使う。 「仕舞い」「終い」などとも書く。 3 「最後」は、「遊びに行ったが最後、戻ってこない」のように、「…たが最後」「…たら最後」の形で、一度…したらそれきりの意を表わすこともある。 [英]the 4 「最終」は、定期的に繰り返される物事の一番後の意を表わし、乗り物の便、映画の上映、演劇の上演などのその日の一番後のものの意で使われることが多い。 [英]《形》 何かを終える行為 の意• 最終的な部分またはセクション の意• コミュニケーションの最後の部分 の意• 締括り• あることを終わらせる出来事 の意• 幕ぎれ• 事件や出来事の結末の部分 の意• 揚句のはて• 最終段階• 挙げ句のはて 死ぬことやこの世から旅立つこと の意• 一巻の終り• 最後の段階 の意• 幕ぎれ• 幕切り• 何かが終わる時期 の意• 時間の終わり; 最後の時間 の意• 最終時点• 最終的な部分またはセクション の意• あることを終わらせる出来事 の意• 幕ぎれ• 長さのある何かのどちらかの先端 の意• 尻っ方• 最も外側のまたは最も遠い領域またはポイント の意• 何かが終わる時期 の意• 時間の終わり; 最後の時間 の意• 最終時点• 最終的な部分またはセクション の意• コミュニケーションの最後の部分 の意• 締括り• あることを終わらせる出来事 の意• 幕ぎれ• 事件や出来事の結末の部分 の意• 揚句のはて• 最終段階• 挙げ句のはて 死ぬことやこの世から旅立つこと の意• 一巻の終り• 長さのある何かのどちらかの先端 の意• 尻っ方• 最後の段階 の意• 幕ぎれ• 幕切り• 人生が終わる時; 死まで継続する の意• 何かが終わる時 の意• 何かが終わる時期 の意• 時間の終わり; 最後の時間 の意• 最終時点• 最終的な部分またはセクション の意• あることを終わらせる出来事 の意• 幕ぎれ• 最後の段階 の意• 幕ぎれ• 幕切り• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「終わり」に関連した英語シソーラスの一覧

終わりにする 類語

スポンサーリンク 抜粋とは? 抜粋とは、 本文の中から必要な箇所だけを引用する方法です。 そのため、抜粋した文章を勝手に付け加えたり、直したりしてはいけません。 それでは抜粋した意味がなくなります。 例えばレポートの場合、その抜粋した内容を用いることで、自分の意見が正論であることを展開していくわけです。 もし、この抜粋した内容を変更してしまうと、その著者の意見を自分寄りに改ざんしてしまうことにも繋がるのです。 だからこそ、抜粋する場合は本文からそのまま転用する必要があります。 抜粋すると要約するの違い 抜粋するときは変更してはならないと紹介しましたが、要約するときは問題ありません。 要約するとは、 本文の内容を分かりやすくまとめ、短くすることを意味する方法だからです。 ここに抜粋すると要約するの違いがあります。 ただし、何でもかんでも短くすれば良いというわけではありません。 文章を短くしても、本文の意味が通じるように配慮しなければならないからです。 つまり、要約することは抜粋することよりも難しいといえます。 抜粋と引用の違い 抜粋と引用の意味を等しく考えている方は多いようです。 確かに、広い意味でいえば、抜粋も引用と同じ意味になります。 抜粋もまた、他人の文章を引用する行為だからです。 ただし、本来の引用は一部の文章ではなく、 本文をそのまま写す方法となります。 引用のほうが、より著者の意図をそのまま反映させることができます。 抜粋の使い方と方法 抜粋、要約、引用に共通することは、他人の文章を借りているということです。 そのため、しっかりと引用方法を知らなければ無断引用となり、著作権問題にもなりますので注意しましょう。 引用方法はとても簡単です。 まず、抜粋でも要約でも引用でも方法は同じとなります。 なので、抜粋の使い方を理解すれば、あともそのまま利用することができます。 例文 私は登山家のタケル。 今まで制覇してきた山は、世界も入れたら100箇所以上はある。 山に育ててもらったと言っても過言ではない。 山登りをしたことがない人間には、山の魅力は理解できないだろう。 その道が険しければ険しいほど、山頂から見える風景は格別なのだ。 例えば、この文章の著書が『山に愛された男・タケルが語る登山の世界』で、著者の猿山タケルが2010年に発売したものとします。 そして、『山登りをしたことがない人間には、山の魅力は理解できないだろう』という文章を抜粋に使いたいと思ったとき、このような使い方をします。 例文 『山登りをしたことがない人間には、山の魅力は理解できないだろう(猿山 2010)』の言葉から感じたのは、やったことがない人間には見えない世界があるということだ。 このように、文末に著者名と年を()を使って書き出すことで、誰の文章を抜粋したのかが分かるのです。 著者名は名前でも構いませんが、一般的には苗字を利用します。 今回は抜粋の使い方を紹介しましたが、要約でも同じく書き出すことができます。 ただし、レポートのように参考資料を書き出す必要があるときは、レポートの最後に書籍のタイトルもしっかりと明記しておきましょう。 抜粋の類語 抜粋の類語は、『要約』『引用』だと思う方も多いようです。 ただ、これらは方法であって類語とは異なります。 抜粋の意味は、本文から一部を抜き取ることです。 そのため、 『書き抜き』『抜き写し』『抜き出し』のような言葉が抜粋の類語といえるでしょう。 抜粋の例文 抜粋の意味や使い方を詳しく紹介するため、例文を使って解説していきます。 何より、大事なのは どの範囲を抜粋するかでしょう。 例文 僕は数分おきに電話をし、彼女が出るのを待った。 しかし、まったく反応がない。 10分前に送ったLINEが既読にならないのが心配になったからだ。 僕はいてもたってもいられず、雨の中を走った。 彼女のアパートにたどり着くと、明かりが灯っていた。 とりあえず、事件に巻き込まれていないようで安心した。 この例文から、『彼女』が自宅にいるのに留守を装った理由が分かる『僕』の性格を抜粋するとき、どの文章が適切でしょうか? 正解は『10分前に送ったLINEが既読にならない』です。 『数分おきに電話をし、彼女が出るのを待った』『僕はいてもたってもいられず、雨の中を走った』も『僕』の異常な性格が現れていますが、その行動を移したそもそもの原因は、10分までに既読しなければならないことを『彼女』に強要している点でしょう。 このように、抜粋するときは文章を理解する力も重要となるのです。

次の