車 速報。 マツダ : 車速報

レスポンス(sam.leonardjoel.com.au)

車 速報

また、毎年のように特別仕様車をリリースして多くのジムニーファンの裾野を広げたのも、JA11型ジムニーと言って良いかもしれない。 1990年から1995年までの約5年間にわたりJA11型として販売されていたが、エンジン性能の改良は毎年のように行われた。 90年に登場した1型は55馬力であったが、95年登場の5型ではアルトワークスと同じ64馬力にまで引き上げられ、軽自動車規格いっぱいの最高出力を発揮する。 当時のライバルでもあった三菱 パジェロミニに打ち勝つため、オートマチックトランスミッション搭載モデルやパワーステアリング仕様を展開し、幅広いユーザーを獲得。 さらに、毎年のようにリリースしていた特別仕様車の販売も相まって、記録的な販売台数を残した。 41 ID:FOCqSTGo9 札幌市のガソリンスタンドで車が炎上しました。 燃えた車は給油中だったとみられています。 ガソリンスタンドの給油機の辺りから大きな炎と黒煙が上がっているのが分かります。 12日午前11時ごろ、札幌市豊平区平岸のガソリンスタンドで従業員から「火が出て爆発している」と消防に通報がありました。 消防によりますと、車は給油中だったとみられています 目撃者:「機械のところから火が出ていて、結構、激しかった」 火は約30分後にほぼ消し止められました。 この火災によるけが人はいなかったということです。 警察と消防は火の出た原因を調べています。 新型カイエンGTSは、先代の3. 6リットルV6ツインターボエンジンに代わり、再びV8エンジンを採用する。 5秒(同-0. また、専用設計のスポーツエグゾーストシステムを標準装備。 テールパイプを車体リアの左右に配し、個性豊かでスポーティなサウンドを奏でる。 シャシーは、横方向のダイナミクスを優れたレベルに仕上げられるよう、理想的な状態にセッティング。 標準仕様のスチールスプリングサスペンションは車高を20mm低くするとともに、スポーティなダンパーコントロールを実現するアクティブ制御のポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)やポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)も標準装備する。 このほか、ねずみ鋳鉄製大径ブレーキ、レッドブレーキキャリパーを装備。 さらに、タングステンカーバイドのコーティングを施したポルシェサーフィスコーテッドブレーキ(PSCB)、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)、3チャンバーエアサスペンション、リアアクスルステアリング、ポルシェダイナミックシャシーコントロールシステム(PDCC)などをオプションとして用意する。 標準装備のスポーツデザインパッケージは、ブラックでカラーリングされた数々のアクセントが特徴。 サテングロスブラックの21インチRSスパイダーデザインホイールを標準装備とするほか、ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)を搭載したLEDヘッドライトおよびLEDテールライトバーはダークカラーのティンテッド仕上げ。 さらに、フロントのエアインテーク、サイドウインドウトリム、スポーツエグゾーストシステムのテールパイプ、リアのモデル名とポルシェロゴもブラックで統一している。 インテリアでは、ルーフライニング、シートのセンターパネル、センターコンソールアームレスト、ドアに、アルカンターラやダークブラッシュド仕上げのアルミニウムといった高品質素材を採用。 専用設計の8ウェイスポーツシートは、高さのあるサイドボルスターがコーナリング時のドライバーを最適にサポートする。 その他のカイエンと同様に、日本仕様のカイエンGTSはアダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、サラウンドビュー付パークアシスト、コンフォートアクセスなど、日本以外ではオプションとなる多くの装備を標準で搭載している。 価格はカイエンGTSが1682万円、カイエンGTSクーペが1752万円。 2020年6月12日(金)12時30分 レスポンス(Response. 5月から導入し、既に全国約250店舗で実施しており、新型コロナウイルス感染対策としても注目されそうだ。 専用アプリ「モバイルオーダー」を使い、事前に自宅などで商品を注文。 店舗駐車場に到着後、受け取り専用駐車スペースの番号を入力、アプリ内でキャッシュレス決済を完了させると、従業員が商品を車まで届けてくれる。 店舗内で購入するのに比べて人との接触機会を減らすことができる。 年内に300店舗まで広げる方針。

次の

レスポンス(sam.leonardjoel.com.au)

車 速報

1966年に誕生し、現行モデルは20年という異例の長期間にわたって現役を続けてきたマツダの商用車「ボンゴ」が、2020年5月13日に生産終了していたことがわかった。 これは当サイトの取材に対して、マツダ広報部が回答したもので、ボンゴバンが5月13日をもって生産終了。 そして、ボンゴトラックも今年度中に生産終了の予定だという。 現在、ボンゴを除くマツダの商用車はすべて他社が開発するOEM車となっているが、唯一自社開発モデルだったボンゴも、誕生から54年あまりの歴史に幕を降ろすことになる。 また、1931年の三輪トラック誕生から数えて89年続いたマツダの商用車自社開発の歴史にも、これでピリオドが打たれることになった。 本稿では、伝統あるボンゴの歴史に敬意を表しつつ、なぜ、このタイミングで生産終了となったのかをお伝えしたい。 超名門商用車マツダ ボンゴ終了 89年続いた商用車独自開発からなぜ「いま」撤退? マツダは2020年5月18日、コンパクトSUV「CX-3」に一部改良を実施し、同日、予約受け付けを開始した。 発売は同年6月4日を予定している。 8リッターディーゼル車に加え、新たに1. 5リッターガソリン車を設定。 FF車では200万円を切る車両価格を実現した。 また、インフォテインメントシステムを携帯端末との連携ができるApple CarPlayやAndroid Autoに対応させたほか、より自然な乗り心地を実現する新しいフロントシートを採用。 ボディーカラーには「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定した。 価格は189万2000円から316万2800円。 100周年記念モデルにも1. 5リッターを登場 カタログモデルのエンジンラインナップ拡充に伴い、期間限定で設定されているマツダの創立100周年記念モデル「100周年特別記念車」にも1. 5リッターガソリンエンジン車が追加された。 ベースとなるのは、より充実した装備が特徴「15Sツーリング」で、以下の特別装備が追加される。 ・スムースレザーのシート(レッド) ・創立100周年記念バッジ付きフロアマット ・創立100周年スペシャルロゴ刻印入りヘッドレスト ・フロアカーペット(バーガンディ) ・キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印入り&100周年専用化粧箱付き) ・創立100周年スペシャルロゴ入りセンターホイールキャップ ・創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部) ボディーカラーは他の100周年特別記念車と同じく「スノーフレイクホワイトパールマイカ」のみ。 発売は2020年7月下旬の予定で、受注期間は2021年3月末日までとなっている。 価格は以下の通り。 ・15S 100周年特別記念車(FF):265万3000円 ・15S 100周年特別記念車(4WD):288万3200円 (webCG) 2020. 18 CX-3.

次の

レスポンス(sam.leonardjoel.com.au)

車 速報

1966年に誕生し、現行モデルは20年という異例の長期間にわたって現役を続けてきたマツダの商用車「ボンゴ」が、2020年5月13日に生産終了していたことがわかった。 これは当サイトの取材に対して、マツダ広報部が回答したもので、ボンゴバンが5月13日をもって生産終了。 そして、ボンゴトラックも今年度中に生産終了の予定だという。 現在、ボンゴを除くマツダの商用車はすべて他社が開発するOEM車となっているが、唯一自社開発モデルだったボンゴも、誕生から54年あまりの歴史に幕を降ろすことになる。 また、1931年の三輪トラック誕生から数えて89年続いたマツダの商用車自社開発の歴史にも、これでピリオドが打たれることになった。 本稿では、伝統あるボンゴの歴史に敬意を表しつつ、なぜ、このタイミングで生産終了となったのかをお伝えしたい。 超名門商用車マツダ ボンゴ終了 89年続いた商用車独自開発からなぜ「いま」撤退? マツダは2020年5月18日、コンパクトSUV「CX-3」に一部改良を実施し、同日、予約受け付けを開始した。 発売は同年6月4日を予定している。 8リッターディーゼル車に加え、新たに1. 5リッターガソリン車を設定。 FF車では200万円を切る車両価格を実現した。 また、インフォテインメントシステムを携帯端末との連携ができるApple CarPlayやAndroid Autoに対応させたほか、より自然な乗り心地を実現する新しいフロントシートを採用。 ボディーカラーには「ポリメタルグレーメタリック」を追加設定した。 価格は189万2000円から316万2800円。 100周年記念モデルにも1. 5リッターを登場 カタログモデルのエンジンラインナップ拡充に伴い、期間限定で設定されているマツダの創立100周年記念モデル「100周年特別記念車」にも1. 5リッターガソリンエンジン車が追加された。 ベースとなるのは、より充実した装備が特徴「15Sツーリング」で、以下の特別装備が追加される。 ・スムースレザーのシート(レッド) ・創立100周年記念バッジ付きフロアマット ・創立100周年スペシャルロゴ刻印入りヘッドレスト ・フロアカーペット(バーガンディ) ・キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印入り&100周年専用化粧箱付き) ・創立100周年スペシャルロゴ入りセンターホイールキャップ ・創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部) ボディーカラーは他の100周年特別記念車と同じく「スノーフレイクホワイトパールマイカ」のみ。 発売は2020年7月下旬の予定で、受注期間は2021年3月末日までとなっている。 価格は以下の通り。 ・15S 100周年特別記念車(FF):265万3000円 ・15S 100周年特別記念車(4WD):288万3200円 (webCG) 2020. 18 CX-3.

次の