雪 の いと 高 う 降り たる を 品詞 分解。 伊勢物語『小野の雪』現代語訳

「枕草子:雪のいと高う降りたるを」の現代語訳(口語訳)

雪 の いと 高 う 降り たる を 品詞 分解

「枕草子:雪のいと高う降りたるを」の現代語訳 雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子 みかうし参りて、炭櫃 すびつに火おこして、 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って御格子をお下げして、角火鉢に火をおこして、 物語などして集まり候 さぶらふに、 (女房たちが)話などをして集まってお仕え申し上げていると、 「少納言よ。 香炉峰の雪いかならむ。 」と仰せらるれば、御格子あげさせて、御簾 みすを高くあげたれば、笑はせ給ふ。 (中宮は)「少納言よ。 香炉峰の雪はどうであろう。 」とおっしゃるので、御格子を上げさせて、(私が)御簾を高く上げたところ、お笑いになる。 人々も「さることは知り、歌などにさへうたへど、思ひこそ寄らざりつれ。 なほ、この宮の人にはさべきなめり。 」と言ふ。 人々も「そのようなことは知り、歌などにまで歌うが、思いもよらなかった。 やはり、この中宮の(もとでお仕えする)人としてはそうあるべきであるようだ。 」と言う。 (第二百八十段) 脚注• 御格子 建物の内と外とを隔てる板戸。 細い木を縦横に組み合わせて板を張ったもの。 炭櫃 角火鉢。 出典 枕草子 まくらのさうし 参考 「国語総合(現代文編・古典編)」数研 「教科書ガイド国語総合(現代文編・古典編)数研版」学習ブックス.

次の

『雪のいと高う降りたるを』の品詞分解 枕草子 / 古文 by 走るメロス

雪 の いと 高 う 降り たる を 品詞 分解

雪のいと高う降りたるを [ ] 一 [ ]• 要旨 中宮定子(ちゅうぐうていし)は、清少納言(せいしょうなごん)の知識を試そうとして、雪の日に、 白居易(はくきょい)の詩を引用して、「香炉峰(かうろほう)の雪は、どうなってるか。 」と問いかけた。 清少納言は白居易の詩句のとおりに、簾(すだれ)を高く巻き上げて、中宮を満足させた。 備考 中宮定子は、女性。 藤原 定子(ふじわら の ていし)。 清少納言は、中宮定子に仕えていた。 」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾(みす)を高く上げたれば、笑はせたまふ。 人々も「 さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。 なほ、 この官の人には さべきなめり。 」と言ふ。 雪がたいそう高く降り積もっているのに、いつもと違って、御格子(みこうし)をお下ろしして、角火鉢に火を起こして、(私たち女房が)話をしながら、(中宮様のもとに)集まりお使えしていると、(中宮様が私に呼びかけ、)「少納言よ、香炉峰(かうろほう)の雪は、どうなってるかね。 」とおっしゃるので、御格子を(ほかの女房に)上げさせて、御簾(みす)を高く(巻き)上げたところ、(中宮様は満足して)お笑いになる (他の女房の言うには)「(私たちも)そのようなこと(= 白居易の詩のこと)は知っており、歌などにまでも詠むけれど、(とっさには)思いつきませんでしたよ。 (あなたは)やはり、 中宮様にお仕えする人として、 ふさわしいようだ。 」と言う。 (第二八〇段)• 語句(重要) ・ さべき - ふさわしい。 「さべき」は「さるべき」の変化。 ・ さべきなめり - ふさわしいようだ。 「めり」は 推量の助動詞「めり」の終止形。 「なめり」は「なるめり」の撥音便。 ・ -。 読解 ・ さること - 白居易の詩句「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。 」のこと。 ・ この官の人 - 中宮定子のこと。 なお、「宮」の文字通りの意味では、古語でも宮殿の意味がある。 語注 ・炭櫃(すびつ) - いろり。 四角い火鉢。 ・香炉峰(こうろほう)の雪 - 白居易の詩『白氏文集』に「香炉峰の雪は簾(すだれ)を撥げて(かかげて)看る(みる)。 」とある。 ・ -。 品詞分解 [ ] 品詞分解 雪(名詞)の(格助詞)いと(副詞)高う(形容詞・ク活用・連用形のウ音便)降り(ラ行四段活用・連用形)たる(存続の助動詞・連用形)を(接続助詞)、例(名詞)なら(断定の助動詞・未然形)ず(打消の助動詞・連用形)御格子(名詞)まゐり(ラ行四段活用・連用形)て(接続助詞)、炭びつ(名詞)に(格助詞)火(名詞)おこし(サ行四段活用・連用形)て(接続助詞)、物語(名詞)など(副助詞)し(サ行変格活用・連用形)て(接続助詞)集まり(ラ行四段活用・連用形)さぶらう(ハ行四段活用・連体形)に(接続助詞)、「少納言(名詞)よ(終助詞)。 香炉峰(名詞)の(格助詞)雪(名詞)いかなら(形容動詞「いかなり」の未然形)む(推量の助動詞「む」の終止形)。 」と(格助詞)仰せ(サ行下二段活用・未然形)らるれ(尊敬の助動詞・已然形)ば(接続助詞)、御格子(名詞)上げ(ガ行下二段活用・未然形)させ(使役の助動詞・連用形)て(接続助詞)、御簾(名詞)を(格助詞)高く(形容詞・ク活用・連用形)上げ(ガ行下二段活用・連用形)たれ(完了の助動詞・已然形)ば(接続助詞)、笑は(ハ行四段活用・未然形)せ(尊敬の助動詞・連用形)たまふ(尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形)。 なほ(副詞)、こ(代名詞)の(格助詞)宮(名詞)の(格助詞)人(名詞)に(格助詞)は(係助詞)、さ(副詞またはラ行変格活用「さり」の連体形「さる」の撥音便無表記)べき(当然または適当の助動詞「べし」の連体形)な(断定の助動詞「なり」の連体形の撥音便無表記)めり(推定の助動詞・終止形)。 」と(格助詞)言ふ(ハ行四段活用・終止形)。

次の

枕草子雪のいと高う降りたるを299段品詞分解

雪 の いと 高 う 降り たる を 品詞 分解

『枕草子』の現代語訳:143 『枕草子』の現代語訳:143 清少納言(康保3年頃(966年頃)~万寿2年頃(1025年頃))が平安時代中期に書いた 『枕草子(まくらのそうし)』の古文と現代語訳(意訳)を掲載していきます。 『枕草子』は中宮定子に仕えていた女房・清少納言が書いたとされる日本最古の女流随筆文学(エッセイ文学)で、清少納言の自然や生活、人間関係、文化様式に対する繊細で鋭い観察眼・発想力が反映された作品になっています。 このウェブページでは、『枕草子』の『雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子まゐりて~』の部分の原文・現代語訳を紹介します。 参考文献 石田穣二『枕草子 上・下巻』(角川ソフィア文庫),『枕草子』(角川ソフィア文庫・ビギナーズクラシック),上坂信男,神作光一など『枕草子 上・中・下巻』(講談社学術文庫) スポンサーリンク [古文・原文] 284段 雪のいと高う降りたるを、例ならず御格子まゐりて、炭櫃(すびつ)に火起こして、物語などして集り侍ふに、(宮)「少納言よ、香爐峯(こうろほう)の雪、いかならむ」と、仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。 人々も、「さる事は知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそ寄らざりつれ。 なほ、この宮の人には、さべきなめり」と言ふ。 285段 陰陽師(おんみょうじ)のもとなる小童(こわらべ)こそ、いみじう物は知りたれ。 祓へ(はらえ)などしに出でたれば、祭文(さいもん)など読むを、人はなほこそ聞け、ちうと立ち走りて、「酒、水、いかけさせよ」とも言はぬに、しありくさまの、例知り、いささか主に物言はせぬこそ、羨しけれ。 さらむ者がな、使はむとこそ、おぼゆれ。 楽天AD [現代語訳] 284段 雪がとても高く降り積もっているのに、いつものようではなく御格子を下ろしたまま、炭櫃(すびつ)に火を起こして、女房たちが会話などをして集まって侍っていると、(宮)「少納言よ、香爐峯(こうろほう)の雪は、どのようなものでしょう」と、おっしゃられるので、御格子を上げさせて、御簾を高く上げた所、中宮様はお笑いになられる。 人々も、「そんな事はみんな知っており、歌などにも歌っているけれど、(すぐに御簾を上げるという機転は)思いも寄らなかった。 やはり、この中宮様に仕える女房としては、然るべき教養を備えた人のようだ」と言う。 285段 陰陽師(おんみょうじ)の所で使われている小さな子供は、とてもよく物事を知っている。 祓へ(はらえ)などをしに河原に出ると、陰陽師が祭文(さいもん)などを読むのを、人は適当に聞いているのだが、その子供は素早く立ち走って、「酒、水、などをかけさせよ」とも言わないうちに、それをやってしまう様子が、作法に通じていて、主人に少しも余計な言葉を言わせないところが、羨しいものである。 そういった者がいないだろうか、使ってみたいなと、思うのである。 スポンサーリンク [古文・原文] 286段 三月ばかり、物忌(ものいみ)しにとて、かりそめなる所に、人の家に行きたれば、木どもなどのはかばかしからぬ中に、柳といひて例のやうになまめかしうはあらず、葉広く見えてにくげなるを、(清少納言)「あらぬ物なめり」と言へど、「かかるもあり」など言ふに、 さかしらに 柳のまゆの ひろごりて 春の面(おもて)を 伏する宿かな とこそ、見ゆれ。 そのころ、また、同じ物忌しに、さやうの所に出でたるに、二日といふ日の昼つ方、いと徒然(つれづれ)まさりて、ただ今も参りぬべき心地するほどにしも、おほせ言のあれば、いとうれしくて見る。 浅緑(あさみどり)の紙に、宰相の君、いとをかしげに書い給へり。 「いかにして過ぎにし方を過(すぐ)しけむ暮しわづらふ昨日今日かな となむ。 私には、今日しも千年(ちとせ)の心地するに、暁には、疾く(とく)」とあり。 この君ののたまひたらむだに、をかしかべきに、まして、おほせ言のさまは、おろかならぬ心地すれば、 (清少納言)「雲の上も 暮しかねける 春の日を 所からとも ながめつるかな 私には、今宵のほども、少将にやなり侍らむとすらむ」とて、暁にまゐりたれば、(宮)「昨日の返し、『かねける』いとにくし。 いみじうそしりき」と、仰せらるる、いとわびし。 誠にさることなり。 楽天AD [現代語訳] 286段 三月の頃、物忌(ものいみ)のために、仮の宿として、人の家に行ったところ、庭の木などが立っていてあまり良い木も無い中で、柳というけれど、普通の柳のように上品ではなく、葉が広く見えて見た目が良くないものを、(清少納言)「柳ではないでしょう」と言うけれど、「このような柳もある」などと言うので、 さかしらに 柳のまゆの ひろごりて 春の面(おもて)を 伏する宿かな(小ざかしく柳の木の葉が広がって、春の景色を隠してしまっている宿であるな) と、歌を詠んだ。 その頃、また、同じ物忌のために、そうした所に退出すると、二日目のお昼頃、とても退屈な気持ちが強くなってしまって、今すぐにも参上したい気持ちになっていたその時、中宮様からのお手紙がきたので、とても嬉しい気持ちで読んだ。 浅緑色の紙に、宰相の君が、とても綺麗な筆跡で書いておられる。 「いかにして過ぎにし方を過(すぐ)しけむ暮しわづらふ昨日今日かな(どのようにして今まで過ごしているのですか。 あなたがいない日々の暮らしを寂しく思っている昨日今日なのです) という歌が詠んである。 私と致しましても、今日はもう千年(ちとせ)を過ごすような気持ちですから、明日の明け方には、早く参上されて下さい」と手紙には書いてある。 宰相の君のお言葉だけでも面白いのに、まして、中宮様の歌の趣きは、おろそかにはできないという気持ちがするので、 (清少納言)「雲の上も 暮しかねける 春の日を 所からとも ながめつるかな(雲の上には長く暮らしかねます。 春の日をどこということもない所から眺めていただけですよ) 私と致しましては、今宵のうちにも、あの少将のようになってしまうのではないかという思いがします」と返事を書いて差し上げ、明け方に参上すると、(宮)「昨日の返事に書いてあった、『かねける』と言う言い方はとても憎たらしいものですね。 みんなでひどくその言い方を非難しました」と、おっしゃられるのが、とても悲しい。 本当にその通り(生意気な言い方)であるので。

次の