貴殿とは。 「貴校」「貴学」「御校」の違いと正しい使い方

「貴校」「貴学」「御校」の違いと正しい使い方

貴殿とは

話す相手の名前を知っている場合は、名前+敬称で呼ぶのが一般的です。 具体的には「佐藤さん」「田中様」など、苗字に敬称である「さん」「様」をつければOKです。 名前を知っているのにあえて「あなた」と呼ぶのは距離を感じますし、批判や敬遠などの別のニュアンスを与えてしまうことも考えられます。 相手の名前をきちんと覚えておくことも、相手に対する敬意に値します。 対面で会話をしているときには「~さん」、公の場で始めに声をかけるときや呼び出しをするときには「~様」など、場面に合わせて使い分けるとよいでしょう。 自分の上司と話すとき、役職のある相手なら「苗字+役職名」でOKです。 「佐藤部長」「田中課長」という呼び方できちんと敬意を示すことができます。 「佐藤部長様」などと役職名に様をつける必要はありませんが、取引先の相手などを呼ぶときには「部長の佐藤様」とするとよいでしょう。 名前を知らない場合は「あなた様」 採用時や昇進試験などの面接の際に「あなた」が使われることがあるとすれば、それは面接官や上司から発する場合に限られるでしょう。 面接を受ける立場の人から目上の人に対して「あなた」と呼び掛けることはできません。 面接においては「あなた」の使い方に知恵をしぼるよりも、適切な敬語表現でしっかりと自己アピールすることに重点をおきましょう。 「あなた」の最上級敬語は? 「あなた」という二人称は、自分と同等かあるいは後輩などには使える言葉ですが、目上の人に対しては失礼にあたります。 ビジネスでは目上の人と話すときは、名前+様、名前+役職など、名前に敬称をつけましょう。 「あなた」「貴方」「貴女」という言い方や書き方は、上から目線の印象を受けるという意見も多く見受けられます。 日本語として間違ってはいなくても、敬語としてふさわしいかどうかは実際の現場の雰囲気や相手との関係で大きく変わってきます。 大切なのは、相手を敬い大切に思っているという気持ちをきちんと伝えることです。 「あなた」「貴殿」などいずれの言葉を使う際も、相手への思いやりや敬意を忘れずに、適切な敬語で気持ちを表現するようにしましょう。

次の

「貴殿」の意味や使い方は?類語との使い分けも徹底解説

貴殿とは

みなさんは「貴殿」という言葉を使ったり、見たりしたことはありますか? 社会人になると、いろいろな立場の人と関わるようになります。 その時々の状況にあった、いろいろなマナーを身につけていかなくてはいけませんね。 数あるマナーの中でも、相手への敬意を表す敬称は、まず押さえておきたいポイントです。 相手への呼びかけですから、最初の印象を決めてしまうといっても過言ではありません。 ですが、手紙やメールでは「貴殿」という言葉がよく使われています。 この「貴殿」、あまり普段の会話の中で使う言葉ではないですよね。 どういう意味なのでしょうか? どんな人に対して使うのでしょうか? なんとなく男らしい響き(笑)の言葉ですが、女性にも使っていいのでしょうか? 今回は、「貴殿」の意味とは?女性にも使える?についてご説明いたします! 目次• 「貴殿」の意味 まずは「貴殿」ってなんなのでしょうか。 よみかたは「きでん」です。 辞書で調べてみました。 「二人称の人代名詞。 男性が目上または同等の男性に対して用いる。 あなた。 」 元々、近世前期までは武家が目上の相手を尊敬して呼ぶ語だったそうです。 それが一般的に目上の相手への敬称となり、のちに同輩に対して親愛を表す敬称としても使われるようになったということです。 「貴い」「殿」なんていう字を使っているだけあって、元々はお侍さんが使う言葉だったんですね。 女性にも使える? 先ほど見た辞書の定義では、「貴殿」は男性が男性に対して使う語ということでした。 ですが、実際には女性宛の文書や賞状などにも「貴殿」がよく使われています。 また女性がビジネス文書を書く際に「貴殿におかれましては…」などと使うこともあります。 辞書的な意味から考えると、これは間違っていることになりますね。 しかし、現代の日本の状況を考えてみてください。 何事も男女平等に、性別による差別をなくしていこうという社会になっています。 ビジネス文書やメールを送ったり受けたりする際にも、できるだけ男性、女性であることを意識しないようにしているんですね。 ですので、男女どちらにも配布されるような書類などに「貴殿」が使われているのも今では当たり前のことなのです。 言葉の使い方は時代とともに変わっていきます。 『貴殿』は本来は男性向けの言葉だが、現代では女性が使ったり、女性に対して使ったりすることもある」と柔軟にとらえていけばいいのかな、と思います。 「貴殿」の女性向けの言い方 「貴殿」は現代では、場面によっては女性に対して使われることもあります。 ただ、本来は男性に対して使う言葉です。 また、「殿」という漢字も男性を連想させますよね。 ですので、特定の女性に向けて呼びかけるときや、その女性宛てに手紙やメールを書くときに「貴殿」を使うのは、やはり不適切です。 女性に対しては、一般的には「貴女」(きじょ)を使います。 これも元々は身分の高い女性に対する敬称で、今では女性に対して軽い敬意を表す語として「あなた」という意味で用いられています。 ただし、手紙文で用いられることが多い言葉ですので、会話するときに「貴女は……」と呼びかけると不自然です(笑)。 「貴殿」の類語 「貴殿」のような、「貴」のつく人代名詞には様々なものがあります。 中からいくつかご紹介いたします。 「貴方」(きほう、あなた) 男性が同等の相手を敬っていう語。 「貴兄」(きけい) 男性が手紙などで、同輩または先輩に対して軽い敬意や親しみの気持ちを込めて用いる語。 「貴台」(きだい) 相手を敬っていう語。 多く手紙文で用いる。 「貴公」(きこう) 男性が、対等または目下の男性に対して用いる。 「貴姉」(きし) 男性が、自分と同等または年長の女性を敬って呼ぶ語。 他にも「貴君」「貴職」「貴家」「貴僧」「貴老」など、相手によって色々な「貴」のつく呼び方がありますので、ご興味のある方はぜひ辞書などで調べてみるといいでしょう。 「貴様」(きさま)には注意しましょう。 「貴様」は、元々は近世中期ごろまで、文字の通り、尊敬の意味を表す呼び方として用いられていました。 それがだんだんと敬意が薄れていき、親しい同等の者、あるいは目下の者に対して用いるようになりました。 そして、現在ではさらに敬意がなくなり、主に相手をののしる意味で使われるようになりました。 「貴様!」なんて、ドラマや漫画のセリフにもよくありますよね。 「おまえ」よりさらにののしる意味が強い感じです。 目上の人に対して、緊張のあまり「貴様は」なんて言ったり書いたりしないようにしてくださいね! まとめ 何気なく目にしている「貴殿」の、意味や使い方を改めて考えてみました。 基本的には手紙やメールで使う言葉ですので、会話の中で使うことはあまりないと思います。 でも、意味や使い方をきちんと知っておくことで、迷わずに使うことができます。 よろしかったら参考にしてみてくださいね。 最後まで読んでくださりありがとうございました!.

次の

「貴殿」「貴台」「貴君」の使い分け /文例・敬語の使い方・意味

貴殿とは

スポンサーリンク 貴職の意味や正しい使い方とは? 貴職 きしょく の意味は、役人のことをさしており、 公的な役職の人に対して使うものとなります。 そのため、 民間企業で貴職を使うのは不適切ですので、注意しておきましょう。 貴職の意味は、貴職の職が 国家公務員をさしており、ビジネスでもあまりしようされることがありません。 意味を簡単に言うと、 貴方を丁寧にした言葉が貴職になります。 しかし、貴方の場合は誰にでも使用する言葉ですが、貴職は公務員の人に対して使うので使い方には気を付ける必要があります。 貴職の正しい使い方としては、 公務員宛に書く文書に貴職を入れるのが良いでしょう。 正しい使い方で文章に取り入れることで、堅苦しくなくなり、相手に不快感を与えることもありません。 スポンサーリンク 貴職と貴殿に違いはあるの? 貴殿 きでん は、貴職と違い オールマイティに使うことのできる二人称で、手紙などの文章で使うことが多く、ビジネスでも重要になるかと思います。 しかし、オールマイティに使うことのできる貴殿ですが、目上の男性や同等の男性に対して使用する二人称で、女性に使用する貴女のような二人称になります。 そのため女性から男性に使用することもあり、ビジネスでは良く耳にすることもあるかと思います。 このように 貴職は公務員に対してですが、 貴殿は男性に対して使用することができるという違いがあります。 よって、ビジネスでも使い方を間違えないように意味や違いについて把握しておくことが重要です。 貴殿の貴職との細かい違いとは? 貴殿は目上の男性に向けて、 文章の書き出しに「拝啓 貴殿におかれましては…」といった使い方をすることが多くなります。 多少の違いはありますが、あなたという意味では一緒ですので、公務員の人に対して使う場合には貴職、目上の男性には貴殿と使い分けることがベストです。 ビジネスでは 貴殿を使うことがありますが、ビジネスで 貴職を使うことはほとんどないという違いもあります。 しかし、公務員の仕事をしている人であれば、貴職を使うこともあるかもしれません。 そのため、貴職か貴殿の使い方でお悩みの人は、公務員か目上の男性に対してかの違いで 使い分けておきましょう。 貴殿と貴職の意味は難しいものではないので、上記のように正しい使い方を把握していれば、間違えることはありません。

次の