ニキビ 頬。 頬(ほっぺ)のニキビ跡の症状と対処法

【ニキビ歴5年】頬ニキビ跡が治らない?解決します

ニキビ 頬

まぁまぁ、焦らないで。 ひとつずつ丁寧に教えていきますから・・・。 ヒントは 化粧水の選び方なんですけどね。 顔の部位によってニキビ跡の対処法が異なることがおわかりいただけましたでしょうか。 とくに頬は顔の部位の中でも、毛穴が大きく、その数も多いため、毛穴のトラブルがおきやすい特徴があります。 そのケアのためには、皮脂の分泌をおさえる働きのある ビタミンC誘導体が高濃度で含まれている化粧水でケアしていくことがおすすめとのことです。 まずは、ニキビ跡によいといわれている化粧品のお試すセットを1週間使ってみて、肌との相性をチェックしていきましょう。 以下のページでニキビ跡の症状ごとにオススメの化粧品を紹介しています。 あなたの症状にあった「症状のボタン」をタップしてページ遷移してチェックしてくださいね。 頬(ほっぺ)にできるニキビ跡の特徴的な症状 頬にできるニキビ跡には、3つの特徴があります。 それは、• 肌が凸凹になるクレーターのニキビ跡ができやすい• 片方の頬に色素沈着(シミ)のニキビ跡ができやすい• 肌の赤みがなかなか消えない 3つの特徴について詳しく紹介していきますね。 症状の特徴1:肌が凸凹になるクレーターのニキビ跡ができやすい 頬は、顔の部位の中でも、ニキビができると赤く腫れやすかったり、化膿しやすかったりと、ニキビが炎症しやすい場所ですよね。 そのため、ニキビが治ったあと、肌にクレーターのニキビ跡が残りやすいんです。 頬全体にクレーターが広がっていると、肌の黒ずみやくすみの原因になるから早く治したいですよね・・・(泣) また頬骨の周辺は、毛穴が開きやすいため、クレーターのニキビ跡と症状を間違えやすいという注意点もあります。 頬にできたクレーターのニキビ跡をスキンケアで治したいという方は、下のページも合わせてチェックしてくださいね。 症状の特徴2:片方の頬に色素沈着(シミ)のニキビ跡ができやすい 右頬、左頬、どちらか片方の頬に黒や茶色の色素沈着(シミ)のニキビ跡が残りやすい特徴があります。 これは、寝ている間に頬が枕(寝具)と擦れて刺激をうけやすいからです。 どちらかの頬に黒ずみの色素沈着がある方は、摩擦の少ないシルク素材の枕にかえるなどの対処をしましょう。 症状の特徴3:肌の赤みがなかなか消えない 頬にできたニキビ跡は、赤みが消えにくい特徴があります。 下の図は、頬の中の皮膚の状態です。 図のように頬は、顔の部位の中でも表皮が薄く、赤みの原因となる毛細血管が肌表面から近くにあります。 そのため、他の部位よりも赤みが濃くみえる傾向になります。 また、頬骨の近くは、赤みのニキビ跡が紫や赤紫色にみえることがあります。 これは、肌のターンオーバーが乱れやすく、皮膚が厚くなりやすいからです。 頬にできているニキビ跡の対処法 お待ちかねの頬にできたニキビ跡の対処法についてチェックしていきましょう。 ニキビ跡は、顔の部位に関係なく、「」、「」、「」といった症状別にケアしていくのが治し方の基本になります。 頬(ほっぺ)にできるニキビ跡には、「 ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使う」、「 定期的なピーリング」が効果的です。 ビタミンC誘導体を配合した化粧水をこれまでに使ってことがないという方は、まずは対処法1のケアから進めてください。 これまでにビタミンC誘導体化粧水を使ったケアをしたことがあるという方は、対処法1にプラスして、対処法2の定期的なピーリングケアを取り入れてください。 対処法1:ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使う ビタミンC誘導体は、「 肌の修復をたすける」、「 美白作用」、「 皮脂の分泌をおさえる」3つの働きがあります。 そのため、「赤み」、「色素沈着(シミ)」、「クレーター肌」といったニキビ跡のケアには効果的な成分です。 とくに頬の中でも目の下の頬骨のあたりは、ビタミンC誘導体を含む化粧品を使うことで、毛穴のトラブルを防ぐことができます。 ニキビ跡におすすめのビタミンC誘導体化粧水をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください(私が実際に使って効果を実感できたもの、いろいろな方の声も参考にしています)。 対処法2:定期的にピーリングをする ピーリングには、古い角質をはがして、肌のターンオーバーを正常なサイクルにもどす効果があります。 そのため、赤み、色素沈着して黒や茶色のシミが残っているニキビ跡に効果的です。 ピーリング化粧品を使って自宅でケアするためには、グリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)といった成分が含まれているピーリング石鹸、ジェル、化粧水を使う必要があります。 とくに、 色素沈着、クレーターのニキビ跡、毛穴のたるみには、グリコール酸(AHA)を配合している化粧品を使ったピーリングケアがおすすめです。 ピーリングは、1週間に1〜2回の頻度でおこなうようにしましょう。 自宅でのセルフピーリングに不安がある方は、エステや美容皮膚科でケミカルピーリンを受けることができます。 ニキビ跡におすすめのピーリング化粧品をすぐに知りたい方は、以下のページをご覧をください。 (もちろんグリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)を配合しています)。 頬のニキビ跡を治すときの方法のやり方(市販薬、高濃度ビタミンC誘導体化粧品、市販化粧品)を比較 なかなか消えないニキビ跡の対処法は、以下の3つの方法を多くの方が検討しています。 市販薬• 高濃度のビタミンC誘導体化粧品• 市販の安い化粧品 ここでは、美容部員の方に伺って私がまとめたそれぞれの方法の「良い」、「悪い」ことを表にして比較しています。 市販薬 ビタミンC誘導体化粧品(高濃度) 市販の安い化粧品 期間 期待効果 費用 ニキビ跡ケア(赤み、クレーター、シミ) 表のとおり、「期待効果」が高く、スキンケアにかかる「費用」をトータル的に安くおさえることができるのは、 高濃度のビタミンC誘導体化粧品を使ったスキンケアです。 美容部員の方いわく、「 クレーター肌、赤みやシミ(色素沈着)のニキビ跡ケアで大切なのは、高濃度でビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使うこと」だそうです。 ドラッグストアで買うことができる市販のビタミンC誘導体化粧品は、濃度がおさえられているため安いそうです・・・(驚) 私も過去、費用をおさえたいからといって、新しい商品がでるたびに市販の化粧品を試していました。 今ふりかえると、安くてもいろんな商品を使ってしまうお金と時間をつかってしまっていたなぁ・・・と後悔しています(泣) だから、ちゃんとニキビ跡に有効な成分が高濃度で配合されている化粧品を使ってケアしたほうが費用を安くおさえることができると美容部員の方が教えてくれました。 そのときに美容部員の方に教えていただいた化粧品を3つ紹介しますね。 まずは、お試すセットで1週間使ってみて、肌との相性をチェックすることが化粧品選びで大切なポイントとのことです。 ニキビ跡ケアにおすすめの化粧品• ビーグレン ニキビ跡ケアトライアルセット 「もっと早く試しておけばよかったぁ・・・」というのがはじめてビーグレンを使った感想。 鈍感な夫からも「化粧品変えた?」と変化に驚かれたぐらいです。 美容部員の方いわく、ビーグレンは、ニキビ跡ケアに特化して洗顔料、化粧水、美容液、クリームを開発しているからライン使いもオススメだそうです。 しかもCセラム美容液には、 弱いピーリング作用があるビタミンC高濃度で配合されており、顎のニキビ跡ケアには効果的だそうです。 今ならトライアルセットが1,800円で試せるので、キャンペーン中に申し込んだほうがいいですよ。 (365日返金保証がついていたので、安心して試すことができました。 ) ビーグレンのお試しセットは、下のページ(公式通販サイト)からしか購入できませんので、チェックしてみてください。 実際にビーグレンをニキビ跡に使った方の声を紹介します 「ビーグレンのトライアルセット」を、実際に使った方の感想を集めました。 ニックネームは敬称略とさせていただいております。 肌の調子がよくなるだけではなく、友達付き合いにも積極的になれました。 今までは他人の視線が気になって積極的になれなかった友達付き合いも積極的になれるようになりました。 ご覧のとおり、ビーグレンを使いはじめてから「 毎朝、化粧(メイク)をするのが楽しくなった」という声を多く頂いています。 他にも、「友達から笑顔が増えたね」「化粧品を変えた?と気づいてもらえるようになった」という方もいました。 まずは、トライアルセットを試してみて、自分の肌との相性をチェックしていきましょう。 ビーグレン商品情報 内容 クレイウォッシュ(洗顔料) QuSomeローション(化粧水) Cセラム(美容液) QuSomeモイスチャークリーム(クリーム) 成分 ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体など 価格 1,800円(トライアルセット)• 毛穴の悩みがひどいという方、ビーグレンを使っても治らないという方には、Cマックスローションをおすすめしています。 Cマックスローションは、下のページ(公式通販サイト)からしか購入できませんので、チェックしてみてください。 頬のニキビ跡を早く治すポイント 頬(ほっぺ)にできたニキビ跡は、赤みや色素沈着(シミ)が他の部位と比べて目立ちやすい特徴があります。 そのため、「ケアをしているのに治らない」という不安を減らすために、化粧(メイク)のポイントを理解して、上手に隠すことがおすすめです。 下にニキビ跡の症状別にメイクのポイントをまとめています。 化粧(メイク)で上手に隠すさいのポイント 症状ごとのメイクのポイントを理解して、上手にニキビ跡を化粧で隠していきましょう。 赤み(紫)のニキビ跡を隠すポイント 赤みのニキビ跡には、赤の補色となる緑色のコントロールカラーが効果的です。 下地を塗ったあと、ファンデーションを塗る前にコントロールカラーを点置きして、指で広げていきましょう。 黒や茶色の色素沈着のニキビ跡を隠すポイント 頬にできた黒や茶色のシミは、硬めコンシーラーが効果的です。 肌と同じ色みのコンシーラーをブラシにとり、シミにのせたら放射状に外へむけてぼかし、肌との境目は指で軽くたたいてなじませましょう。 頬全体にシミが広がっている場合は、スティックタイプがおすすめです。 クレーターのニキビ跡を隠すポイント クレーターのニキビ跡は、穴のへこみをカバーできる下地が効果的です。 化粧くずれを防ぐためにもファンデーションは薄く塗ることがポイントです。 まずは、 ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ったケアからはじめていきましょう。 クレーターのニキビ跡で悩んでいる方は、週に1〜2回程度、ピーリングケアも併用してみてください。

次の

【医師監修】頬ニキビの6つの原因と治し方|ツルツル肌を目指す対策

ニキビ 頬

本日の目次• 頬ニキビ跡の種類• 頬ニキビ跡が治らない時の対策• ニキビが治らない人の特徴• 頬ニキビ跡に効く食生活 頬のニキビ跡ってなかなか治らないですよね。 ニキビ歴5年の私が徹底解説します! 頬ニキビ跡の種類 ニキビ跡の種類は主に3つに分類できます。 治らないと悩んでいるニキビ跡がどれなのか、しっかり把握しておきましょう。 ニキビ跡:赤み これは、赤みが残っているタイプのニキビ跡です。 赤ニキビ・白ニキビと移行してきて、赤みが収まらないと感じる方はコチラです。 ニキビの中の皮脂が全部枯れてしまって、取れた後赤いパターンです。 これはまだ中で炎症が残っているのです。 ニキビ跡:シミ ニキビができる過程で、体を守る為に「メラニン」を生成します。 紫外線などに応じるものと同じです。 メラニンが細胞に運ばれて、色素沈着を起こして「シミ」のようになってしまいます。 ニキビ跡:陥没 クレーターとも呼ばれます。 炎症が終わった後に、肌に穴が空いたような状態になります。 これは、炎症が毛穴の奥底まで到達してしまい再生能力が無くなってしまいます。 その結果、穴が空いたままの状態になっているのです。 頬ニキビ跡が治らない時の対策 ここからはお待ちかねの、治らない時の対策について解説していきたいと思います。 赤みのニキビ跡 赤みのニキビ跡の人はまず、角質肥厚の部分を取っていかなければなりません。 脂が外に出れない状態です。 皮脂をエサにする常在菌、「アクネ菌」が増えてきます。 アクネ菌は元は悪いものではないのですが、皮脂が増える事によりアクネ菌も増えます。 アクネ菌が増殖しすぎると、白血球が退治しにきます。 その過程で炎症を起こし、ニキビの始まりとなります。 頬ニキビ跡に効く食生活 頬ニキビを治すには、油物は避けた方が良いです。 頬ニキビ跡が治らない方は試してみて下さい! 汚い油は取らない方がいいですが、良質な油は摂取した方が良いです。 油は良質な物だけ 良い油とは、サーモンなどのフィッシュオイル。 アボカドなどの油です。 肉系では、鶏肉が1番良いです。

次の

【ニキビ歴5年】頬ニキビ跡が治らない?解決します

ニキビ 頬

できてしまうとなかなか治らない、頬のニキビ。 繰り返すニキビに悩む男性も多く存在します。 頬は特に大人ニキビができやすく、治りにくい部分です。 なぜ、頬のニキビはできやすく治りにくいのでしょうか。 ここでは、頬ニキビの原因や改善方法について解説します。 頬にニキビができる原因 ニキビができる部位によって、その原因も違ってきます。 頬にできるニキビの原因は何でしょうか?その特徴も一緒に見ていきましょう。 頬ニキビの特徴 頬のニキビは、大人ニキビができやすい部位です。 大人ニキビとは、20歳を超えてからできるニキビで、思春期に皮脂の過剰によってできるニキビとは原因も違うのです。 吹き出物とも言われます。 大人ニキビは原因が生活習慣に大きく関わっていて、しかも1つではないために複雑で特定が難しいもの。 頬のニキビは顎と並んで大人ニキビができやすい部位なので、繰り返しニキビができる可能性があります。 また、頬のニキビは目立つ上に炎症を起こしやすいのも特徴です。 間違ったスキンケアや放置することによって炎症がひどくなり、ニキビ跡や最悪はクレーター肌になることもあるので、早い段階でケアをしていきましょう。 同時に、ニキビができなくなるように根本ケアも考えていきましょう。 頬ニキビの原因 頬は皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい場所です。 皮脂の量が少なければニキビはできないのでは?と思いがちですが、頬が乾燥することで肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなり肌表面に古い角質が溜まり、ニキビができやすい状態に。 他にも、複雑に絡み合う原因があるので自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。 肌の乾燥• 胃腸の不調• 食生活の乱れ• 睡眠不足• 間違ったスキンケア• ヒゲ剃りで傷つけている• 枕や布団など触れるものが合わない• ストレス 頬は乾燥しやすいから 大人ニキビの大きな原因として、 乾燥が挙げられます。 頬は顔のなかでも乾燥しやすい部分なので、大人ニキビができやすいのです。 頬はおでこや鼻といったTゾーンをはじめとするほかの部位に比べて、皮脂の分泌量が少ない場所といえます。 皮脂の分泌量が少ないと肌を守ってくれる皮脂膜が作られにくく、肌内部の水分が蒸発してしまうのです。 その結果肌の潤いが失われ、頬が乾燥してしまいます。 乾燥が進むと肌を守るために皮脂が過剰に作られ、毛穴を詰まらせてニキビを悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。 また、肌が乾燥すると古い細胞を押し出して新しい細胞に生まれ変わらせるターンオーバーの乱れも引き起こします。 乾燥によって肌のターンオーバーは遅くなり、その結果肌表面には古い細胞がいつまでも滞在することになってしまうのです。 古い細胞が剥がれ落ちずに残ってしまうと角質が厚くなり、毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。 毛穴の中に皮脂が溜まることでニキビができてしまうので、乾燥はニキビを悪化させる大きな原因といえるでしょう。 頬と接触する外的要因にも注意 頬のニキビには乾燥だけでなく、 外的要因も関わっていることが多いです。 頬は広いパーツなので何かが触れることも多く、触れたものの刺激や汚れによってニキビができやすくなることがあります。 例えば、枕カバーやタオルケットなどの寝具が清潔でない場合、頬のニキビが悪化しやすいです。 同様にフェイスタオルやバスタオルなどに付着した雑菌が、触れることで頬に付着してしまうこともあります。 また、頬杖をついたり考え事をするときに頬に触れたりといった行為にも注意が必要です。 手には目に見えない雑菌が多く存在しているため、手で頬に触れると雑菌が移動し、ニキビができやすくなってしまいます。 ニキビのある頬に触れることで刺激を与え、できてしまったニキビを悪化させてしまうこともあるのです。 さらに男性は、髭剃りが頬ニキビの原因となっていることも。 髭剃り時に使うカミソリの刃が頬に触れることで頬に刺激を与え、ニキビを悪化させてしまうケースが多くあります。 カミソリの使用によって皮膚表面が傷つき、肌のバリアを傷つけニキビができやすい環境を作ってしまっていることもあるのです。 頬ニキビのケアと対策 このように、頬ニキビには外的要因と内的要因が混在し、複雑に関係し合っているので、どれか1つだけが原因とは限りません。 しかし、内的要因を解決していかなければ、頬ニキビを繰り返すことになってしまいます。 ニキビを根本的にケアするためには、どちらからもアプローチすることをおすすめします。 頬ニキビの原因がわかったところで、ケアと対策について詳しく見ていきましょう。 頬ニキビは長い目で根気強く取り組むことが大切です。 だから、皮脂が少ないはずの頬にもニキビができるのです。 本来自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残ってしまうのは、肌の新陳代謝であるターンオーバーがうまくいっていないから。 ターンオーバーが乱れる原因は、肌の乾燥にあります。 男性は洗顔やヒゲ剃りの後に化粧水や保湿クリームをつける習慣のない人が多いでしょうが、肌の乾燥はすべての肌トラブルの元でもあるので、洗顔や入浴、ヒゲ剃り後には保湿クリームなどで乾燥を防いでください。 乾燥を防ぐことで、皮脂の過剰分泌も防ぐことができます。 偏った食事やアルコールは肌の乾燥をまねき、腸内環境を著しく悪くしてしまいます。 頬ニキビ対策には、外食やお弁当でも意識して和食系を選び、緑黄色野菜や青魚を積極的に摂りましょう。 できれば1週間に1度は休肝日をつくり、48時間はアルコールを摂取しないのが理想です。 頬ニキビは、胃腸の不調サインと思って、食生活を見直してみましょう。 頬ニキビに良い栄養は、以下の通りです。 タンパク質……肉、青魚、納豆、豆腐• ビタミンA……レバー、うなぎ、卵、乳製品• ビタミンC……パプリカ、ブロッコリー、レモン、いちご• よく言われる肌のゴールデンタイムとは、22時〜翌2時の間。 忙しい現代人にとって、22時までに寝るのは難しいかもしれませんが、頬ニキビ対策のためにはできる限り毎日6時間以上の睡眠を確保し、遅くとも0時までにはベッドに入るようにしましょう。 また、頬ニキビ対策としては、睡眠の質も高めたいところです。 そのためには、いくつかコツがありますのでご紹介します。 夕食は寝る3時間前までに済ませる 仕事などで遅くなり、いつも寝る直前に満腹になるまで食べてから寝ていませんか? 満腹のまま寝ると、胃腸の消化活動が活発なままとなり、浅い眠りになってしまうのです。 寝る前はできるだけ消化が終わっている方がいいので、就寝の3時間前までに食事を済ませておくのがぐっすり眠るコツです。 どうしても夕食が遅い時間になってしまったら、油っこい食事ではなく、和食やうどん、野菜スープといった消化のよいものにしましょう。 また、ナイトキャップも眠りが浅くなってしまうため、就寝の直前に飲むのは控えましょう。 朝日を浴びる 何時に寝たとしても、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びましょう。 それによって体内時計がリセットされ、夜の入眠をスムーズにしてくれます。 寝る1時間前にはパソコンやスマホをやめる パソコンやスマホから出るブルーライトは、目から入って交感神経を刺激してしまいます。 交感神経が優位になると眠りにくくなるため、寝る1時間前には画面を見ないようにしましょう。 ストレスを溜め込まない ストレスと睡眠は密接に関係しているといわれています。 なかなか寝付けない、夜中に目が覚めるといった場合は疲れやストレスの解消を心がけてみましょう。 ニキビ跡ができてしまうと、シミのように色素沈着したり、頬にクレーターのように凹んだ穴が空いてしまったりするので注意しましょう。 泡を立てる目安は、顔を洗う手が直接顔に当たらない程度です。 ニキビができている時は、余計に慎重に洗いましょう。 そして、30回程度よくすすぎます。 すすぎ残しがあると、石けんの成分が顔に残り、ニキビや肌荒れの原因となってしまいます。 よくすすいだ後は、清潔なタオルで顔を押さえるようにして水を吸い取らせましょう。 ゴシゴシこすらないように注意します。 洗顔の後は、30秒以内に化粧水をつけるのがおすすめです。 アルコールが入っていない、保湿成分が多い化粧水や保湿クリームがよいでしょう。 そして、化粧水のあとは乳液やクリームで水分が逃げないように蓋をします。 ポイントですが、基本は化粧水で水分を補い、最後の仕上げに乳液やクリームを最小限に重ねるというスキンケアをすると良いでしょう。 枕や毛布、掛け布団は顔に触れますので、いつも清潔にしていることが大切です。 汚れた枕やふとんが頬にかかることで、毛穴に雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因になってしまいます。 枕は横向きで寝ると頬に必ず触れますし、一晩中頬に付けている状態ですので、枕にはタオルを巻いて使用し、できれば毎日タオルを取り替えてください。 冬は、毛布や掛け布団が頬にかかっていることもよくあります。 洗ったり、交換するのはなかなか難しいですが、顔に当たる部分に清潔なタオルを当てるなどして、直接頬にかからないように気をつけましょう。 まとめ 頬ニキビの原因は複雑に絡んでいることがわかりました。 ケアの方法もいろいろありますので、すべて一度に行おうとせず、できることから始めましょう。

次の