キャバ嬢 貯金。 【現役ホステスが暴露】キャバ嬢が同伴以外で店外するお客様の共通点5つ

キャバ嬢の税金事情-確定申告は行うべきか?

キャバ嬢 貯金

止めておくべきです。 10万20万ならともかく、200万円の金額は半端なものではありません。 それだけの金額が払えなくて自己破産したり、ヘタすると自殺する人もいるくらいです。 大金をもらう場合は、暗黙の了解としてその人の庇護下に入る、パトロンになってもらうという考え方が昔からあります。 金額は違いますが、昔の芸妓の旦那に相当するものと同じですね。 何もないといいつつも、「おいおい、200万の金をタダであげるわけないだろ」と後から言われる可能性大です。 向こうが付き合っていると勘違いしているなら、なおさら危険でしょう。 そう言われても、のらりくらりと上手くかわせる自信があるなら良いでしょう。 また、体以外にビジネスとして働いて相手をもうけさせるとかの場合も構わないと思います。 そうでない場合は、後で何があっても自己責任です。 また、そういう事をしようとする男自体、「何があっても元を取る自信のと力のある男」か、「勘違いで粘着質な男」のどちらかでしょうから、ますます危険だと思います。 「夜の世界じゃ、返さないのは当たり前。 ダサい男」とか思っても、裁判で一般常識で判断されると、200万ならそうはいきませんからね。 ちなみに、口座振込は証拠がハッキリ残ります。 そういうミスに気がつかない時点で、止めた方がいいでしょうね。 こんばんは やめて置いた方が よいと思います。 私も若い頃、よく通った店(スキーやキャンプ、ゴルフに皆で行ってた) で店のママの資金繰りに300ほど出しました 当時困っていたので、貸す返すの話はしなかった しばらくして、恋愛告白したが、断られエンド! 都会の繁華街の遊び人だったので、他の店で遊ぶようになったけど その店7年後に閉店しました(実家も知ってるけど今更ね) で終わり。 役に立ったならいいか! でも正直返してもらえるなら返してよだよ。 今の嫁さんも、彼女知ってるから、今でもそんな馬鹿はいないとチクチク言われます。 「口座振込だとお金を渡した証拠」として残るから、考えものですよ。 貸したと言われたら?借用書はないが、振込みの証拠はある、返済の証拠はない やめときなさい。 キャバ嬢だったものです。 経験から言うと、現金をなんの後腐れもなく、ぽんとくれる人は存在します。 車や、マンションを、ただ喜んでほしいからとくれる人もいます。 これを受け取っていいのは、お客様との間に色恋か絡まない場合のみです。 奧さんがいて、羽振りがよくて、遊び方を知っている相手ならいいですが、付き合っていると思いこんでいる相手からは、もらわない方が無難です。 体の関係がないのに、付き合っていると思っているあたり、その方は女性に慣れてないのではないでしょうか? そういう方は、引きずると思います。 桁も三桁になると、引きずり方も違います。 だれかに恨まれるのは、気分のいいものではないですし、詐欺にならないとも限りません。 わたしなら、受け取らないと思います。

次の

お金の使い方を調査!! 〜貯まるキャバ嬢CHECKリスト〜

キャバ嬢 貯金

キャバ嬢の確定申告 キャバ嬢はフルタイムで働けば一般のOLよりも高年収を実現することができます。 たくさん稼ぐと、気になってくるのが 税金問題です。 キャバクラの仕事は特殊でグレーな部分がありますが、実際に現役キャバ嬢たちは税金をどのようにしているのでしょうか? キャバ嬢の税金事情についてまとめました。 もちろん、確定申告しない事はルール違反になり、万が一税務署にバレると追徴課税されるリスクがあります。 しかし、実際にキャバ嬢の収入で税務調査が入る事は非常に稀で、 ほとんどのキャバ嬢が何も税申告をしていないのが現状です。 そもそも、お店側がしっかり処理していない まず、キャバ嬢が税申告するときの正規の手順を紹介します。 キャバクラでキャストとして働く事はアルバイト扱いではなく、外注扱いです。 つまり、 実質キャバ嬢はお店から仕事を外注されて接客をこなしている個人事業主になるのです。 給与所得ではないので、本来であればキャバ嬢がお店に対して請求書を発行して帳簿を付けて確定申告する必要があります。 キャバ嬢が源泉徴収票を持って税申告 税務署で簡単な収支報告書などを作成します するのが正規の方法です。 つまり、キャバ嬢が税申告を正しくするには、お店側から源泉徴収票を出してもらわないといけません。 しかし、まずキャバ嬢側から源泉徴収票の発行を希望しないと店側から用意される事はありません。 それは紹介しているとおり、ほとんどのキャバ嬢が税申告をしていないからです。 また、源泉徴収票を発行するには お店側が税申告をしっかり行っている必要があります。 店側が税申告をしっかりしていないとキャバ嬢が正規の税申告を希望しても源泉徴収票がないと手続きが非常に難しくなりますし、お店側が都合悪くなるデメリットがあります。 勤務先が源泉徴収の前払いをしているのであれば、最低限の税金を収めている訳なので税務署も優先して税務調査をしない傾向があります。 本来であれば、税申告をして収入にあった住民税、健康保険料を納付する義務があります 店側が正しい税処理をしていない場合は、無知で何も対策を取らずに税務処理の不正をしている訳ではありません。 キャバクラはグレーな業界で、税金対策や税務調査逃れのノウハウが豊富で、問題が出ないように上手にやっています。 そのため、お店側が税申告を正しくやっていない事で、働くキャバ嬢に税務調査が行く事は非常に少ないです。 キャバ嬢が追徴されるケース キャバ嬢が税申告しない事で税務調査が入って 追徴課税された実例もあります。 最近ニュースになったのは六本木の高級ホステスの売上ナンバー1の方で、過去の傾向を見ても銀座などの高級ホステスは税務調査が入りやすいようです。 月収がコンスタントに150万円を超えるなど、高給取りのキャバ嬢やホステスは税務調査が入るリスクが高いです。 月収100万円以下の平凡なキャバ嬢であれば、絶対とは言い切れませんが、何も税申告しなくても追徴がくるケースは極めて低いです。 収入が高くなってきたら、税理士などを入れて税金対策を検討するとよいでしょう。 マイナンバーの影響 マイナンバーができて キャバ嬢の税不正が厳しくなるといったネットの記事や書き込みをよく見かけます。 実際にマイナンバーができたことで税金の不正がやりにくくなってしまいました。 しかし、根本的にお店が正しく税申告していないのであれば、キャバ嬢のマイナンバーに与える影響も少ないです。 お店側もマイナンバー対策をしているので、現状はそこまで気にする必要もありませんし、マイナンバーができてからキャバ嬢の追徴が増えたという実績も現状はありません。 現時点では、そこまで気にしなくて問題ないでしょう。 できれば、銀行振込よりも給料を現金で支給しているところだと履歴が残らないので安心できます。 面接時点で税金の事はしっかり確認する キャバ嬢が正しく税申告をするかは 本人次第です。 税申告をしない事に不安がある場合も、直接確定申告はしなくていいのか聞いてみるとよいでしょう。 決して正しいやり方ではないですが、キャバ嬢の大半は確定申告していない現状を考慮して、夜の世界で働く事を検討するとよいでしょう。

次の

【20代キャバ嬢の驚愕の平均貯金額】 20代キャバ嬢の平均貯金額が200万

キャバ嬢 貯金

飲食店などが並ぶ東京・歌舞伎町。 政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部を首相官邸で開き、東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道の5都道県で続いていた緊急事態宣言について、月末の期限を待たず解除した。 =2020年5月25日、東京都新宿区 日給が途絶えると追いつめられるのはあっという間 緊急事態宣言に伴う「休業要請」によって、都市部のキャバクラや風俗店の多くが経営危機に直面しているのはご存じのとおりだ。 しかし、この状況が風俗業界、さらには売春市場に少なからぬ影響を与え始めていることはあまり認知されていないのでは? いったい、どういうことなのか。 順を追って説明していこう。 営業自粛により軒並み窮地に立たされているキャバクラだが、キャバ嬢個人に目を向けると、必ずしも全員がピンチに陥っているわけではない。 昼職、すなわち会社員などの一般的な仕事と掛け持ちをしているキャバ嬢は、経済的にも精神的にも比較的に余裕があるからだ。 営業自粛を機に、昼職への転職を成功させたキャバ嬢も同様である。 一方、悲惨なのはキャバクラ1本で生活し、かつ、これまで貯金を怠ってきた人たちだ。 基本的に、「夜の仕事」では、給料の日払いが認められている店舗が多く、毎日現金が入ってくるという特徴がある。 「働いたその日にお金が入ってくる」というシステムは魅力的だが、自分を律することができない人にとってはその日暮らしの生活に陥りやすい。 このパターンは日給がもらえなくなった途端に家賃やクレジットカードの請求などの支払いが滞り、経済的にあっけなく追い詰められてしまう。 さて、こうなると残された選択肢は多くはない。 マンションを引き払って実家に戻るか、太客(金払いのいい常連客)の愛人になるか、それとも風俗嬢へ転身するか。

次の