発酵 食品 ソムリエ。 発酵食品資格人気の資格徹底比較

今注目の「発酵食品ソムリエ」の資格を取る!

発酵 食品 ソムリエ

発酵食品とは 発酵食品とは微生物などの働きを利用して変質させた食べ物です。 そうすることで食べ物の味が変わって風味が良くなったり、栄養分が豊富となったり、食べやすくなるなどの恩恵が生まれます。 またそうした発酵食品は保存性にも優れることから冷蔵庫などの保冷道具が乏しく食品の長期保存が難しかった頃から優れた保存食として活用されていました。 現在確認される最古の発酵食品としては約八千年ほど前にワインが作られていたことが分かっています。 そんな私たちとの繋がりが深い発酵食品ですが、どのように定義されているかご存知でしょうか?「微生物が分解して食べ物を変化させるのでは?」と思われるかもしれません。 しかし『微生物が食べ物を分解して変化させる』というのは、実は食べ物が腐る仕組みと一緒なんです。 そのためこの理由だけでは腐っている食べ物と発酵食品の区別ができないのです。 それでは実際に何がこのふたつを分けているのでしょうか。 答えは「人間にとって有用かどうか」です。 つまり人が食べて平気なもので美味しいと感じるということが腐敗と発酵食品のふたつが区別される条件なのです。 同じ微生物による分解でも人間に対して有害になったり、有益になったりと変化するところには思わず自然界の神秘を感じさせられます。 発酵食品の種類 一般的な発酵食品としては納豆、醤油、ヨーグルト、味噌、キムチなどがあります。 それぞれどのような働きで発酵しているのかを解説します。 まず納豆は大豆内で納豆菌と呼ばれる枯草菌の一種が活動することによって独特な粘りや旨味が生まれて納豆となります。 納豆は藁にくるまれているイメージがありますが、これは納豆菌が藁に数多く付着しており、かつてはこれを納豆の製作に用いていたからです。 次は美味しいデザートであるヨーグルトです。 ヨーグルトの製作には乳酸菌が欠かせません。 乳酸菌は腸の調子を整えてくれるということでお馴染みです。 この乳酸菌の働きによって液体である牛乳が固形になってヨーグルトが完成します。 この乳酸菌はヨーグルト以外にもキムチなどの製作においても活躍しています。 私たち日本人が古来から愛用している味噌ですが、これは大豆が麹菌というカビの一種によって柔らかく変化したものです。 そして代表的な調味料と言えば醤油を思い浮かべるかと思いますが、この醤油も味噌を作る上での副産物として生まれたものだったのです。 このことからもともと味噌と醤油は同じものであったと言えるでしょう。 ちなみにパンにも微生物による発酵が活用されています。 パンの製作過程で用いられるイースト菌はパン内に含まれる糖を分解してアルコールと二酸化炭素を排出します。 その二酸化炭素のおかげでパンは膨らみあの形になるのです。 私たちの身の回りにある食品には一見わからないものの微生物のおかげで成り立っているものが数多く存在しています。 発酵食品マイスター資格認定試験 発酵食品を美容に関するメリットとして扱える人は、「発酵食品マイスター」として働くことができます。 どのような食材が発酵によって変化し、人体に影響を与えるのか、そういった知識は食品関係のなかでもかなり専門性の高いジャンルです。 そのため発酵食品マイスターは、多くの職場に求められる専門職となることができるでしょう。 納豆、チーズ、ヨーグルトといった食品は一般家庭でも親しまれていますが、ただ摂取するだけでは目的とする美容効果を得ることは難しいです。 だからこそ発酵食品マイスターのような専門知識が、役立つスキルとして認められることになります。 特に専門の資格を持つ人は、就職時に発酵食品のスペシャリストとして認知されるでしょう。 それは就職後の仕事や転職時に有利となるので、発酵食品マイスターを目指すのなら資格は要チェックです。 発酵食品マイスターの仕事内容 発酵食品マイスターは、発酵食品を取り扱い、専門の知識やスキルを披露することを仕事とする職業です。 特定の職場に勤めるだけでなく、発酵食品に関連するあらゆる仕事をすることが、発酵食品マイスターの特徴だといえるでしょう。 ときにはその知識を使って人に教えたり、スキルを使って新たな発酵食品を生み出したりすることもあります。 そのため食品系の工場やメーカー、料理教室などが職場になってくるのです。 さまざまな形態が仕事として考えられるので、柔軟に対応できるようにしておきましょう。 特に発酵食品マイスターは、美容関係の職場でその真価が発揮されます。 発酵食品が美容にどのような効果をもたらすのかといった基本的なことは、すぐに引き出せるようにしておくのが働く際のコツです。 発酵食品マイスター資格取得 発酵食品についての知識があり、誰かに教える技術を持っているのなら、「発酵食健康アドバイザー」の仕事に就くことができます。 健康に影響する効果を引き出し、日々の食事を変えることに興味がある人は、アドバイザーポジションで働けるこちらの仕事をチェックしてみましょう。 一般的にも発酵食品は体に良いものという認識がありますが、実際にそれぞれの食品からその効能を手に入れるのは容易ではありません。 食品ごとに精通した知識と適切な取り扱い方法を知らなければ、せっかくの発酵食品を活かしきれないのです。 発酵食健康アドバイザーはそういったスキルを持たない人たちをサポートし、発酵食品の魅力を広げていく職業となっています。 気になるのなら事前に専門の資格を取得して、就職を有利に運ぶのがおすすめです。 有資格者はそれだけで発酵食品のプロとして見られるので、発酵食健康アドバイザーとして働きやすくなるでしょう。 発酵食健康アドバイザーの仕事内容 発酵食品を使った健康の改善や維持をサポートするのが、発酵食健康アドバイザーの仕事内容となります。 どういった健康事情に悩んでいるのか、そしてその症状を改善するのに適している発酵食品はどれなのか。 そんなことをスムーズに把握し、伝えていくのが発酵食健康アドバイザーの仕事の基本となるでしょう。 発酵食品の魅力を正確に伝達するアドバイス力と、相手の健康状態を素早く理解するカウンセリング力が仕事には必要となります。 つまりはコミュニケーションが重要な仕事となっていくので、発酵食健康アドバイザーになるのなら常に多くの人と交流することを意識していきましょう。 発酵食品は今でも進化を続けているジャンルであるため、専門家の力はいつだって求められています。 発酵食健康アドバイザーの仕事は、今後も多くの職場で活躍の機会に恵まれるでしょう。 発酵食健康アドバイザー資格取得 食の基本や応用方法を学ぶ「フードコーディネーター」も、発酵食品の知識やスキルが役立つ仕事となります。 どういった発酵食品が食卓に向いているのか、保存方法や作り方にコツはあるのか。 そんなことを伝えることができれば、フードコーディネーターとして働いていくことができるでしょう。 発酵食品はその数を増やし続けていて、あらゆる効果や美味しさを持つことからさまざまな料理に影響を与えています。 そのため発酵食品について詳しくなることが、そのまま食全般のスキルの向上につながるのです。 フードコーディネーターの仕事をする際には発酵食品関連の資格を手にして、その知識の深さをアピールすることがおすすめされます。 発酵食品を元に新しい事業展開ができれば、フードコーディネーターのなかでも特別な人材となることができるでしょう。 フードコーディネーターの仕事内容 食の楽しみ方や料理の技術を教えるのが、フードコーディネーターの基本的な仕事内容となります。 そこには発酵食品も含まれるため、専門知識を持つことが仕事での活躍につながるでしょう。 料理教室や専門学校などが職場となり得るので、多くの人たちの間で働くことができます。 さらに企業に対してアドバイスや知識提供を行うことも可能であり、ときには大きなプロジェクトに関わることもあるのです。 毎日の食をより楽しく、より意味のあるものとする仕事となるので、フードコーディネーターは高い意識を持って日々の業務をこなす必要があります。 食事は人生に欠かせないものであるため、フードコーディネーターの仕事は今後もあらゆる形で浸透していくでしょう。 フードコーディネーター資格取得 フードコーディネーター資格取得は、契約によって変化します。 働く際には基本給と手当等を確認し、内容に納得したうえで働くようにしましょう。 仕事を続けることで実績が積まれていけば、少しずつ給料の上昇にも期待できます。 まずは自分の経歴になるような仕事をして、将来資格取得に良い影響を与えられるよう準備をしましょう。 食品開発メーカーの仕事内容 新しい味や食感、栄養の吸収率などを実現する新商品の開発が、食品開発メーカーの仕事内容となります。 今はネットで料理のレシピを発表する機会も多いため、専門知識を持つ人材は引く手数多となるでしょう。 商品開発にはいくつかの工程があり、研究や市場調査、コンセプトの決定や計画の立案など、さまざまな仕事によって成り立っているのです。 食品開発メーカーに就いたのならその知識をフル活用して、どの部分を任されても実力を発揮できるように準備しておきましょう。 健康等に効果がある発酵食品のスキルは、当然ながら食品開発メーカーの仕事では大切なものとなります。 発酵食品のメリットを提案することができれば、自分の実績として今後に活かすこともできるでしょう。 食品開発メーカー資格取得 食品開発メーカー資格取得は基本的に、会社が提示する労働条件によって決められます。 求人情報を参考にして、どのくらいの年収が望めるのか就職前に確認しておいてください。 その後の昇給はどれだけ仕事に貢献できたのかがポイントになるので、積極的に成果を狙いましょう。

次の

『発酵食品ソムリエ講座』デビュー! |株式会社ユーキャンのプレスリリース

発酵 食品 ソムリエ

人気発酵食健康アドバイザー 【発酵食品】は、お酢や味噌にはじまり、酒粕(甘酒)、キムチ、漬物など種類が多岐に渡ります。 それぞれの食品に含まれる菌には健康効果があり、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定試験に合格すると、【発酵食健康アドバイザー】になれます。 【発酵食健康アドバイザー】は、食育や健康、教育に関する仕事に関心の高い方に打ってつけで、仕事以外でも【発酵食品】をより良い形で生活に活かせますよ。 jpinstructor. 発酵食品は大変他種類、海外から輸入された食品なども含まれ、多くの家庭で身近なスーパーやコンビニエンスからでも入手できます。 また自ら家庭で手作りの発酵食品を作ることも出来、幅の広い食卓のメニューを彩る事ができます。 美容に良い発酵食、減量や減塩、肥満防止に役立つ発酵食などを様々な世代の人にもその知識を広め、発酵食専門の知識を資格を通じて周知できるメリットが発酵食健康アドバイザーにはあります。 発酵食健康アドバイザーの仕事について 発酵食健康アドバイザーはそうした発酵食品を通じて、美容からダイエットに貢献したり、効果的な健康的食生活を提案する仕事などに活用できる資格となります。 食についての講演会、セミナーの他に、著作物やインターネットのブログサイト、あるいはSNSでも、その知識を活用してアドバイスを行うアドバイザーとして、発酵食健康アドバイザーを名乗って活躍する事ができます。 発酵食品マイスター 【発酵食品】が複数あるのは、それぞれの食品や調味料に特定の菌が存在するためです。 例えば、ヨーグルトは乳酸菌といった具合です。 【発酵食品マイスター】なら、【発酵食品】の知識以外にも、自家製発酵食品の作り方などに精通していると証明できます。 【発酵食品マイスター】認定試験を行っている日本安全食料料理協会(JSFCA)は、健康食に関連した「薬膳調整師」「マクロビオティックマイスター」「スーパーフードアドバイザー」などの認定試験も実施しているので、健康や美容に関心の高い方は受験や併願を考えてみてください。 asc-jp. 発行食品に関わる様々な分野に関して、深い理解と理解を有していることが求められます。 発酵食品マイスターは、特に女性に関心が強い美容に関係する有機発酵食について詳しい専門家です。 有機栽培した農産物 有機農産物 及び、それらから作られた食品の総称を「有機食品」と呼び、それら野菜などの食材から作った美容に良い発酵食品の食べ方、保存方法、調理への応用などを他人に教える事ができます。 また発酵食品は消化不良改善などにも有効な食品となるため、禁煙ではヨーグルトなどの他に、納豆ダイエット、漬物の有効性など、様々な情報がメディアでも話題となっており、男女問わず人気があります。 発酵食品マイスターの仕事について 原則として農薬、化学肥料を使用しない栽培方法で3年以上経過し、堆肥などで土作りをした土壌で生産した、有機農産物を使った発酵食品を扱うので、美容の他に、アレルギーなどの持病に関して、影響の少ない発酵食を食卓に取り入れる方法や活用を、様々なメディアや講演やセミナーで他人に提案できる仕事に就くことが可能です。 特に美容となれば、女性を中心に注目を浴びやすく、それだけ高い需要を期待することも可能となります。 健康食コーディネーター 【健康食コーディネーター】は日本健康食品科学アカデミーの資格で、別に通信講座で学習すると合格率が高まるとされます。 推奨されるのは、学習後に受験料(7,000円)を支払い、検定試験を受ける方法です。 資格取得後は、メーカーなどでも不足している、健康食品のプロ人材として活躍できます。 主食、主菜、副菜などの、日常生活で欠かせない、普段の一日三食の食事メニュー、食材の何を取り入れ、何を改善すれば健康的な生活を送れるかを、数多い人に説明、解説しながら健康的な食事メニューなどを提案することが出来ます。 食卓のコーディネーターの役割もあるので、幅広い日常生活の食事について、人々にアドバイスを行える立場となります。 健康食コーディネーターの仕事について 近年、注目されている健康食ブームに則り、様々な健康食のメニューを考案して、著作などの出版物の刊行、発酵食品などの紹介、メニューやレシピの公開など、有料、無料で、様々なサービスを通じて収益を上げることも可能です。 食卓総合コーディネーターなど、独自に職種を作り出して活動しても有効です。 人が健康な生活を送るために健全な食生活は欠かせませんが、厚生労働省や農林水産省から提唱されている「食事バランスガイド」にあるように、主食、主菜、副菜を基本にバランスのとれた食事と適度な運動が必要であり、健康食コーディネーターは、主食、主菜、副菜の食材や調理法を、健康に寄与するようにコーディネート出来、それを人に提案できる資格所有者ということになります。 また主食、主菜、副菜を組みあせたレシピなども、自分で考案して発表するなど、様々な活躍が期待できるでしょう。 発酵マイスター 【発酵食品】のなかでも、日本の伝統的食文化に精通し、文化継承に関心のある方に適した内容になっています。 【発酵マイスター】になると、料理教室や、味噌メーカー・酒蔵などで就職できますよ。 管理栄養士や看護師にも人気です。 【発酵マイスター】の養成講座を受けたあと、課題提出や資格試験の受験に進みます。 【発酵マイスター】一般社団法人 日本発酵文化協会 受講費用:140,400円~(税込み) 発酵マイスター資格取得のメリット 日本発酵文化協会などが認定を行っている、、味噌や甘酒、日本酒などを原材料として、日本の食文化を支える「麹」について学ぶなど、国内外問わず、発酵食材、発酵食品の知識を数多く得ていることを認定された資格が、発酵マイスターです。 日本の伝統食品の中には、味噌や醤油も発酵食品なので、非常に日本食についても、詳しくその効能や製造についても詳しくなれます。 「発酵マイスター検定制度」を世界で初めて立ち上げた日本発酵文化協会などでは、座学による講座などを通じて、わかりやすく様々な発酵食品の詳細を知り、それを自分や自分以外の他人に対して、その知識を活用し、世間の関心が高い健康食を提案する事が出来ます。 総合的な発酵食の文化も知ることが出来、食生活をより豊かにすることに貢献が出来ます。 発酵マイスターの仕事について 各種講座などを受講して、それを記憶、記録しながら詳細に学ぶことで、発酵食品、発酵食材について詳しく人に教えることが出来るようになります。 自分でも発酵食品の講座を解説したり、セミナーなど、様々な活躍の場が広がります。 発酵食スペシャリスト 【発酵食スペシャリスト】は、タカコ ナカムラ監修の講座で、オリジナルの「旨塩麹」や、調理のコツを習得できます。 指導課題のついた通信講座形式で、この講座を修了すると、【発酵食スペシャリスト(通称:「醸 かも しにすと」)に認定されます。 口コミ評判を集めている【発酵食健康アドバイザー】【発酵食品マイスター】なら、在宅受験が可能で、ご自身の力量で自由に開業したり、料理教室を運営できます。 腕に自信のある方は、日本インストラクター技術協会(JIA)や日本安全食料料理協会(JSFCA)の【発酵食品資格】で実力を活かしましょう! 発酵食スペシャリスト資格取得のメリット 通信信教育の発酵食のスペシャリスト養成講座など、特定の講座を毎回受講し、 味噌、醤油、酢の基本調味料だけでなく、かつお節、ぬか床と身近に発酵食など、発酵・醸造について総合的に詳しいスペシャリストが発酵食スペシャリストです。 発酵食について、その製造から発酵、醸造過程に至るまでを詳しく就学して学び、その知識を得ているため、発酵食品の開発や提案、あるいはセミナーや講座や、インターネットでの発酵食専門サイト運営や、著作物など、様々な活動をするメリットが発酵食スペシャリストの資格所得には、メリットがあります。 発酵食スペシャリストの仕事について 発酵食スペシャリストの仕事は、自ら講座やセミナー、著作物などで活動を通じて、発酵食を利用した健康法、減量やメタボリックシンドローム予防、肥満予防など、健康についての様々な提案をする職種や、講師としても活躍することが出来ます。 発酵食品資格の学校について 様々な団体や協会などで、通信教育の他に座学などで、講師からわかりやすく説明を受けながら、発酵食品の全てについて詳しく学べる機会は近年、健康食ブームから多くの一般の方でも需要が大きいいです。 発酵に関する専門的な知識は、一般の大学講義でも、その一部分しか学ばない事が多く、発酵食品についても、メーカー以外は意外にあまり知られていないのが現状です。 そのため、主婦層や介護、または医療関係者などでも、発酵食品の資格所得は注目されており、健康増進に非常に世間では関心が強いことが伺えます。 発酵食品資格の試験難易度 試験の難易度は、そもそも発酵食品や食材の種類、製造方法も多岐に渡るため、かなり覚える事が多く、試験はその記憶を頼りにするため、難易度は高めです。 それなりに難しい試験・検定だと言えるでしょう。 発酵食品資格の給料・年収 甘酒作りの単発講座だけで、一人あたり約5,000円前後などが多いので、100人募集で埋まれば、単純計算で1講座50万の売上になります。 発酵食品資格取得後は やはり、個人や協会や団体に所属して、講座やセミナーなど、何らかの講師活動や、教える立場として活躍したほうが有利となるでしょう。 また介護や、医療現場で食事に関係している仕事をしているなら、この資格をスキルの一つとして評価を受ければ、報酬も高くなる可能性はあります。

次の

発酵食工房 和美sabi

発酵 食品 ソムリエ

みなさんこんにちは! 「発酵食品ソムリエ講座」開発担当のTです。 ようやく暑い夏が終わったー! と、思ったのもつかの間。 まだまだ残暑が続きそうですね…。 最近では夏バテならぬ、「秋バテ」をする人も多いので気をつけましょう。 さて、そんな秋バテ対策にピッタリなのが 「発酵食品」です。 栄養豊富で消化が良く、善玉菌がおなかの調子を整えてくれる健康食品。 そして、発酵菌が醸し出す「美味しさ」が、なんといっても一番の魅力です。 そんな発酵食品のことを楽しく学べる講座がこのたび登場しました。 それが… ユーキャンの 「発酵食品ソムリエ講座」です!! で、「裏話」というほどではないんですが、 私、この講座の開発中に初めて、メタボ診断に引っかかったんです。 ラーメン大好き! お酒も大好き! 運動大キライ! と3拍子揃ってますから、 もともと不健康なのですが、「ついに来たか!」と思いましたね。 それで、管理栄養士さんの特定保健指導を受けながら、 3ヵ月間の生活改善に取り組むことになったわけです。 基本的には「ラーメンとお酒は控えて運動をしましょう!」と、 普段の逆をすれば良いので、とてもわかりやすく実行は難しいのですが、 ちょうど良い機会だと思い、 「発酵食品を毎日食べたら健康になれるか?」を 自分の身体で検証してみようと思い、試してみた次第です。 実際に私が3ヵ月間、毎日食べ続けたのが以下の食品です。 志村先生、誉めてくれてありがとう。 嬉しかったです。 さて、それから10ヵ月以上経った現在、 発酵食品はすっかり毎日の習慣になっています。 そのおかげか、特にリバウンドもなく同じ体型をキープできています。 あと、何となく風邪をひきにくくなったような気もします。 私の場合、習慣化がうまくいった理由として、 何よりも 「味が好きだから」というのがあります。 毎朝、納豆とキュウリの糠漬けをご飯と一緒にゆっくり咀嚼して、 アツアツのお味噌汁で流し込むたびに、 「ああー、日本にうまれてよかったー」とじみじみ思います。 あと、もう一つの理由として、 講座の開発を通じて発酵食品について知っていたのも大きいと思います。 これは私の個人的な体験談で、効果を保証するものではありませんが、 美味しいものを毎日食べて健康になれるとしたら、 こんなにオイシイ話はありませんよね! というわけで、 秋バテには「発酵食品ソムリエ講座」がおすすめです。

次の