覚醒剤 芸能 界。 芸能界に激震、違法薬物逮捕「芋づる式」|エンタMEGA

槇原敬之が薬で2回目逮捕で芸能界追放?覚醒剤使用で歯がボロボロ!

覚醒剤 芸能 界

もくじ• hatenablog. 今回も清原さんの時と同じく、続く芸能人の『芋づる式逮捕』にも、世間からの熱い注目が集まっています。 週刊誌では「大物芸能人」や「大物俳優X」さらには「大物女優A」といった人物の特徴が報じられ、ネット状では様々な芸能人の名前が候補として挙がるなど、話題性の高さを伺わせます。 7月に俳優の岩城滉一さんが『覚醒剤取締法違反』で逮捕されたのを皮切りに、8月には『大麻取締法違反』でジョー山中さん、9月に井上陽水さん、内田裕也さん、研ナオコさん、内藤やす子さん、桑名正博さん、10月に美川憲一さん、にしきのあきらさん、11月に上田正樹さんと計10名の芸能人が相次いで逮捕されました。 さらにこの年は、芸能人だけではなく『芸能関係者の人間』も60名以上が逮捕され、当時の人たちを驚かせます。 しかしこれ以降、芸能人の芋づる式での逮捕はパッタリとなくなり、未だに1997年を超える『大物芸能人の逮捕劇』は起こっていません。 blog. fc2. そんな中『芸能人の薬物入手ルート』は、その時代によって違ってくるそうですが、現代では『クラブ関係者からのルート』が一般的であるといわれています。 過去に覚醒剤で逮捕された酒井法子さんや押尾学さんが『同じクラブに通っていたこと』や、大麻事件で検挙された元力士の露鵬さんや若ノ鵬さんらが頻繁に出入りしていた場所が『六本木のクラブ』であるなど、芸能人の薬物事件にはやたらと『クラブ』が登場します。 また薬物関連の情報に詳しい専門家の話によれば、現代の麻薬取締官は、芸能人の薬物ルートを洗い出す際「まずはクラブ関係者から探る」のだとか。 これが事実であれば『芸能人をよく見かけるクラブ』は、裏社会とつながっている可能性が高いのかもしれません。 nikkan-gendai. では、何故そうしないのか? それは、覚醒剤を使用している芸能人の周りには、各方面に多大な影響力を持つ大物芸能人や政治界・経済界の大物、さらにはその子息たちが関わっていることが多いためであるといわれています。 つまり下手に大物芸能人を摘発すれば、その周囲の人間関係を洗わねばならず、捜査する側も「自分の立場が危うくなる可能性がある」というわけです。 麻薬取締官や警察官は、国に雇われている公務員である以上、踏み入れられる領域には限界があります。 そのため、話題になりそうな芸能人を単発で逮捕してはお茶を濁し、大物芸能人は一向に捕まらないという現象が起こるのだそうです。 また麻薬捜査では、芸能人に覚醒剤を売るような末端組織よりも『密輸入』といった大型の海外ルートを優先的に捜査する傾向にあるため「芸能人の逮捕ごときに人員を割いていられない」という理由もあるといわれています。 naver. この記事は、今までに公開された様々な芸能人の薬物逮捕事件の記録や、そこで語られた専門家や関係者の話を元にまとめてあります。 その中で、海外のドラッグが題材となった映画に見るような「警察も手を出せない権力」といった話が、実際に今の日本でもあるのかもしれないということに、まずは驚きました。 こうした話がもし事実であるのなら、今の日本の芸能界も薬物逮捕者が続出している海外の芸能界と、それほど大きな差はないのかもしれません。 【関連記事】.

次の

木村太郎氏、良太郎逮捕で芸能界批判「犯罪に対するルーズさがこういう人間を生む」/芸能/デイリースポーツ online

覚醒剤 芸能 界

yomiuri. 覚醒剤 の押収量としては過去最大。 警視庁は、現場にいた24~40歳の. 含まれない: 800kg 各税関の摘発事件発表(平成31年・令和元年) : 税関 Japan Customs www. customs. asahi. の指定薬物輸入)の疑いで逮捕したと発表した。 2017 年12月に指定薬物とされて以降、摘発されたのは全国初という。 含まれない: 800kg 覚醒剤の密輸摘発、17年は1. nikkei. 5倍だったことが6日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。 押収量は2年連続で1トンを超えた。 東京都内では同日から、同庁と各国. 覚せい剤の密輸押収量が800kgを超えたのは、2000(平成12)年以来じつに13年ぶりです。 mof. いずれも減少したが、深刻な状況が継続. *1 覚醒剤、大麻、あへん、 麻薬 ヘロイン、コカイン、MDMA等 、向精神薬及び指定薬物をいう. schedule6月6日 19:24. logsoku. 18 ID: vLBWvbWB0. 除外した結果についての注意.

次の

800kgの覚醒剤の摘発で青ざめる芸能界【NET TV ニュース】2019/06/06

覚醒剤 芸能 界

まず指摘できるのは、彼らは一般人よりもはるかに、日常生活の中でクスリと接する可能性が高いということだ。 「渋谷の一角にかつてバーがあった。 目立たないが、芸能事務所関係者、マスコミの人、海外の芸能関係者まで集う知る人ぞ知る店。 そこが『買える』ということで有名だったんです」 こう語るのは、芸能関係者のXである。 Xは 「今からでも2時間もらえれば、すぐにクスリを手に入れてきますよ」と豪語する。 Xは現在は薬物を断っているが、数年前に覚醒剤による逮捕歴がある。 現在も芸能界に関わっているため、匿名とする。 「クスリを手に入れることのできるバーはぼくが知っているだけで、現在も都内に5つはある。 経営者の方針にもよりますが、自らが売らずに、客同士に取引の場所を貸すパターンが多い。 そういう噂のあるバーは、外国人モデルが沢山遊びに来ていて流行っている」 その中の一つ、西麻布のバーでのことだ。 「ある程度人数が集まったら、店を閉めちゃうんですよ。 そしてテーブルをぴかぴかに磨いて、クスリ(コカイン)をざーっとテーブルの上に白線のように撒いて、みんなで鼻から吸っていく。 その場には、何人も芸能人がいましたよ」 昨年12月に『FRIDAY』で報じられた俳優・成宮寛貴の薬物使用疑惑の写真も、マンションの一室で撮られたとされるものだった。 成宮自身が薬物を使用していたか否かは今も定かではないが、こうした都心のクローズドな場所で、密かにクスリは取引され、使用されているのである。 Xは自ら薬物を使用する他、「運び屋」でもあった。 芸能事務所の人間、テレビ局員などに毎日のように覚醒剤を運んでいたという。 「カジュアルにつき合おうと思えばできるんですよ。 最初は葉巻みたいな感覚。 まあ、あったら気持ちがいいよな、程度です。 『覚醒剤を常用していると、身も心もボロボロになる』と言いますが、必ずしもそうならない人もいる。 15年、20年やりつづけて、中毒にならない人も知っています」 Xもまた「カジュアル」に覚醒剤に手を出した。 そして、その量は次第に増えていった。 「ぼくの場合、仕事が忙しいときは、やらなかった。 クスリをやると、自分では能率が上がっているつもりでも、実際の作業は遅く、そして雑になる。 やりたくなるのは、盆暮れとか、しばらく人に会わなくていいとき。 クスリをやって人に会うとばれてしまいますから。 清原さんが、『週に一度、子どもと会った後、寂しくなって覚醒剤を使っていた』という報道がありました。 でも、覚醒剤をやったことのあるぼくたちから見ると『来週まで子どもに会わないのだから、クスリを使えると考えたんじゃないか』と勘ぐってしまうんです」.

次の