人魚の歌 ピアノ レベル。 ピアノの発表会におすすめの曲!初級~上級まで【動画付き】 [ピアノ] All About

ピアノの森|楽譜|学研 おんがく.net

人魚の歌 ピアノ レベル

発表会で弾いた曲は思い出に残るあなたにとって特別な一曲になります。 「この曲を弾くためには努力を惜しまない」と思えるお気に入りの曲をみつけましょう 発表会で弾いた曲というのは、思い出に残る特別な曲となります。 自分の好きな曲であることはもちろんですが、レベル的に無理がなく腕前を存分に披露でき、ステージ映えする曲を選びたいもの。 具体的にどのような曲が発表会に向いているのか、また、どのような点に気をつけて選曲すべきか、ガイド記事「」で紹介していますので是非参考にしてください。 ピアノ発表会におすすめの曲リスト 「エリーゼのために」や「トルコ行進曲」など、誰もが知っている発表会定番曲を弾くのもいいですが、膨大なピアノレパートリーの中には、あまり演奏される機会がなくてもステージで魅力的に聴かせられる曲がいろいろあります。 今回はそのような隠れた名曲を交え、ガイドおすすめの発表会向けの曲をご紹介します。 リストに挙げた曲は、大人を意識した選曲となっています。 また、レベルは中級に入っている曲でも初級寄りと上級寄りの曲では大きな差があり、個人の読譜力やテクニックにより難しさの感じ方が違います。 あくまで参考程度にご覧ください。 初級者向け(ブルグミュラー、ツェルニー100~30番、ソナチネレベル) 弾きこなせる音型やリズムのパターンが限られている初級レベルでは、基礎テクニックをベースとしながらも、なるべく変化に富んだ曲を選びたいものです。 短い曲は、ひとつの曲集からテンポや曲調の違う2~3曲を組み合わせることでメリハリのある弾き映えするプログラムを組むことが出来ます。 キャサリン・ロリン 「ピアノの叙情詩」 女性的な優しい響きの美しい曲集• ギロック 「小組曲」• サティ 「ジムノペディ1番」()• ベートーヴェン 「メヌエット ト長調」()• マイカパル 「春」()• 発表会は上達する大きなきっかけとなるのでチャレンジは必要ですが、技術的には実力に見合わったレベルにとどめ、本番でなるべく間違えずにしっかり表現をつけて演奏することを目標にすると、実力アップにつながり、ステージでも印象の良い演奏となります。 サティ 「ジュ・テ・ヴ(あなたが欲しい)」()• スカルラッティ 「ソナタK. スカルラッティ 「ソナタK. 技術的な難所を早い時期に克服して表現を深め、選んだ曲の魅力を十分弾き出すような演奏を目指しましょう。 ラフマニノフ=クライスラー 「愛の喜び」()• モシュコフスキー 「スペイン奇想曲」()• 轟千尋 「おぼろ月幻想曲」()• 曲の雰囲気を損なわない程度に自分が弾けるテンポに合わせることによって、選曲の幅が広がります。 発表会は上達する絶好のチャンス!「絶対にこれを弾きたい」と思える曲だと、練習を苦と感じず、難しいところを克服するエネルギーもわいてきます。 ステージで輝く一曲をみつけて、思い出に残る素敵な発表会にしてください。 【関連記事】•

次の

ブルグミュラー25を難易度順に並べ替えてみた&各楽曲の特徴も紹介

人魚の歌 ピアノ レベル

カワイ音楽教育システムの各コースカリキュラム・教材は、その上達の程度ごとに「レベル」が設定されています。 学習の課程でそのレベルの習熟・理解度を確認し「グレード(級)」として認定しています。 カワイグレード認定委員会にて、各学習課程の修了時(各レベルの修了時)ごとに「カワイグレードテスト」を実施し、レベルの習熟度・理解度を『技術』と『表現』の視点から検定しています。 また、音楽指導者・演奏家を目指す方には能力検定として、各コースに定められた様々な課題を目指して学習を続けることにより、実技、理論、見識等のあらゆる側面を習得することができます。 <目 的>• 内的動機づけ 生徒さんの学習に対する動機づけとして、外から与えられるものによって動機づけられるのではなく、自らの意識の中で知識や技術が身に付いてゆくことを自覚し、その自覚が次のステップへの意欲となることを目指します。 より専門的な音楽教育への案内 より高いレベルの教育を継続し、専門家への道筋を開くことを目指します。 音楽教育者の育成 音楽指導者・演奏家として、常に心掛け実践しなければならない演奏技術の向上と、知識や音楽能力の向上のための自己啓発を促します。 カワイグレードテスト 16〜7級 生徒さんのためのグレード 受験資格• カワイ音楽教室の生徒さん• カワイシステム教室の生徒さん• カワイ音楽教育研究会会員の生徒さん• カワイシステム契約特約店の生徒さん ピアノ 16級 15級 14級 13級 12級 11級 10級 9級 8級 7級 ドリマトーン 15級 14級 13級 12級 11級 10級 9級 8級 7級 おとな• クラシックピアノコース• ポピュラーピアノコース• 音楽指導者・演奏家を目指す方であれば、どなたでも受験できます。 「ピアノ」「ポピュラーピアノ」「ドリマトーン」「音楽教育」の4種類のコースが設定されており、全コースとも、演奏あるいは実技能力を問う「演奏(実技)グレード」と、指導者としての基礎能力を問う「指導(筆記)グレード」に分けられています。

次の

楽譜一覧 連弾・アンサンブル作品

人魚の歌 ピアノ レベル

ライオンの大行進• 人魚の歌• 作曲 ウェーバー• おまつり• 作曲 グルリット• そりあそび• 作曲 ストリーボッグ• チクタク時計• 作曲 ツェルニー• 五月のそよかぜ• 作曲 ロルセーズ• 短いおはなし• 作曲 リヒナー• 兵隊の行進• 作曲 シューマン• メヌエット ト長調• 作曲 バッハ• ちいさな妖精のワルツ• 作曲 ストリーボッグ• スケーターズ・ワルツ• 作曲 ワルトトイフェル• いなかのおどり• 作曲 フンテン• ドイツ舞曲• 作曲 W. モーツァルト• 高貴なワルツ ハ長調• 作曲 グルリット• たのしい夏休み• 作曲 ストリーボッグ.

次の