ブログ アクセス数 収入。 【保存版】ブログの月間pvと収入の目安とは!? あなたのレベルは何級?

ブログの1日の平均アクセス数はいくらなのか?アクセス数の目安を知る。|魂を揺さぶるヨ!

ブログ アクセス数 収入

クリック報酬型の広告収入(グーグルアドセンスなど) グーグルアドセンスをはじめとするクリック報酬型の広告の場合、アクセス数と広告収入の金額が比例します。 クリック報酬型の1PVあたりの広告収入 グーグルアドセンスの場合、 1PVあたり平均0. 3円と言われています。 高くて1PVあたり0. 5円です。 つまり、 1000PVでおよそ300〜500円の収入になるということです。 サイトのジャンルによって1PVあたりの収入が変わります。 これは、1クリックあたりの単価が高いジャンルがあるからです。 例えば、美容系・クレジットカード系などは1クリックあたりの単価が高くなりますし、芸能系は単価が低いと言われています。 また、広告の配置や広告数によってクリック数も変動しますので、1PVあたり0. 5円以上になることも十分あり得ます。 8〜1円になっています。 アクセス数(PV)とクリック型広告収入の目安 1PVあたり0. 3〜0. 5円の場合、どれくらいのアクセス数が必要なのか、以下のまとめました。 ・1,000PV:300〜500円 ・3,000PV:900〜1,500円 ・1万PV:3,000〜5,000円 ・5万PV:15,000〜25,000円 ・10万PV:30,000〜50,000円 ・30万PV:90,000〜150,000円 ・50万PV:150,000〜250,000円 ・100万PV:300,000〜500,000円 グーグルアドセンスで月10万円稼ぎたいと思っているなら、20〜30万PVのサイトを作る必要があります。 成果報酬型広告ならアクセス数は少なくても良い グーグルアドセンスのようなクリック型広告に対して、 成果型広告はアクセス数が多い必要はありません。 クリック型広告は1000PVで300〜500円ですが、成果型広告なら数千円〜数万円の報酬も可能です。 例)単価3000円の広告を掲載し、そこから10人に購入してもらうと3万円の収入。 もちろん、闇雲に広告を掲載するだけでは購入してもらうことは難しいです。 しかし、訪問者が「興味ある!」「購入したい!」と思ってもらえるように誘導することで、少ないアクセス数でも数千円〜数万円の収入を得ることが可能です。 広告収入とアクセス数についてまとめ サイト(ブログ)のアクセス数と広告収入の目安は、クリック型広告と成果報酬型広告によって大きく違います。 クリック報酬型広告は、1PVあたり0. 3〜0. 5円なので、決して報酬は高くありません。 しかし、 アクセス数と収入が比例するので、アクセス数さえ集めれば収入を得ることが可能です。 対して成果報酬型広告は、アクセス数は少なくても訪問者の求めている情報とマッチしていれば、大きく報酬を得ることが可能です。 100PVと少ないアクセス数でも、3000円の商品を1件購入してもらえたら、1PVあたり30円となり クリック型広告の10倍の報酬になります。 ただし、購入してもらうためのテクニックが必要です。 それぞれの広告の種類と特徴を参考にして、ネット収入を得てみてくださいね。

次の

【保存版】ブログの月間pvと収入の目安とは!? あなたのレベルは何級?

ブログ アクセス数 収入

この記事で述べるのは、ブログ収入の王道『Googleアドセンスによる広告収入』とアクセス数の関係についてです。 ブログのアクセス数と収入の計算式 アドセンスブログの収入は、次の式に集約されます。 広告の種類によってクリック時の報酬額(クリック単価)は多少前後しますが、大体15円~35円くらいが一般的。 あなたのブログに貼ってある広告が10回クリックされれば、約150円~350円の報酬が発生するということです。 もちろん、ブログに訪れた読者さん全員が、広告をクリックしてくれるわけではありません。 広告のクリック数は、次の式で定まります。 アクセス数• クリック率• クリック単価 の3つの数値で決まります。 単純な話、クリック率が2倍になれば、収入も2倍になるんです。 ですがこれら3つの数値のうち、• クリック率• クリック単価 の2つを 意図的に変えるのは非常に難しいです。 クリック率はだいたい1%で安定してきますし、クリック単価も15円~35円から大きく外れることはあまりありません。 ですから、• クリック率= 1%• クリック単価= 25円(15円~35円の平均値) と考えると、ブログ収入の式は次のように書き換えられます。 月収5000円を目標とするなら、月20000PV、一日でおよそ650PVが必要です。 月収10万円を目標とするなら、月40万PV、一日あたり13000PVが目安になります。 関連: じゃあそのために、どれくらい記事を書けばええねん!? うさ太郎 ってことですよね。 例えば 1記事で月1000PV(1日あたり33PV)集められるのなら、 10記事で月10000PV、 300記事で月30万PV(月収およそ7万5000円)に到達です。 1記事で月3000PV(1日あたり100PV)なら、 10記事で月30000PV、 100記事で月30万PV(月収およそ7万5000円)です。 といっても、いきなり月3000PV(1日あたり100PV)の記事を書けるようにはなりません。 検索されやすく、ライバルが少ないキーワードを選び抜く 『キーワード選定力』や、長期的に読んでもらえるような 『高品質な記事を書く力』など、必要な力はたくさんあります。 そしてこういった力は、一朝一夕で身につくものではありません。 アクセスが集まる記事を書く ブログのアクセスを集めるためノウハウやテクニックに関する情報は、インターネット上にたくさん存在します。 僕も『とある世界の魔法学校』という特設サイトで、アドセンスブログに関するノウハウを解説しています。 正しい知識を入れた上で、その知識をどんどん実践していき、分析や改善を重ねていくこと。 これを地道に繰り返していくことで、少しずつ少しずーつ、アクセスが集まる良い記事が書けるようになるんです。 『ネットビジネス=楽して稼げるモノ』と思っている人は非常に多いですが、これは大きな勘違い。 ネットビジネスは『ビジネス』なんです。 楽して稼いでやろう! うさ太郎 と強く思っているのであれば、あなたにネットビジネスは向いていません。 繰り返しになりますが、 ネットビジネスは『ビジネス』です。 その死に物狂いの努力があって、初めて『ブログ収入』とか『不労所得』への道が開けるんです。 「楽して稼ぎたい」という気持ちも分かります。 「努力の成果がすぐに見えてこない」という恐怖も分かります。 努力した分の成果が手に入らないのは、僕もすっごく嫌なことです。 努力に見合わない成果を手にしたところで、それがいつまでも続くはずがありません。 ラッキーパンチが当たっただけですから、次へ活かすことができないんです。 それどころか 努力に見合わない成果は、結果的に破滅を招くかもしれません。 自分の実力を過信することに繋がりますから、背負いきれないものまで背負っちゃう可能性がありますからね。 まとめ そんなわけで、 アクセス数の4分の1がブログ収入の目安! そんでもって、 最初の3ヶ月は無給で死に物狂いでやるつもりで! ほんでもって、 この記事を読んで「めんどくさ」って思ったらブログ収入は諦めな! 以上! オマケ ここまで読んで、.

次の

グーグルアドセンス収入の目安は?アクセス数(pv)はどのくらい必要?

ブログ アクセス数 収入

Contents• ブログ初心者のアフィリエイト、アドセンス収入 まず、 誰もが気なる収入から。 初心者でも稼げるはずのアドセンスを導入しようにも、登録審査には落ちまくり、 アフィリエイトサイトも登録して広告を貼ってはみたものの、誰も購入してくれるはずなどなく。 いや、1か月目から稼ぐなんて、ビギナーにはムリですって。 涙 これには驚くどころか、逆に収入があったら自分の天才ぶりを疑うところでした。 ブログ開設1ヵ月目の投稿記事数 つづいて、私が1ヵ月目に投稿した記事数ですが、これは全部で、 38 記事でした。 巷でいわれる通り、 1日最低1記事を目標に、1000字を超えるように記事を更新し続けました。 メニューに出てくる先月分の記事数も、実際は今月に公開したものです。 Googleアドセンスに登録しようと思って、『毎日投稿がグーグル的にいいらしい』という情報を得てから、公開日を過去に設定してあるだけです。 笑 でも、この記事を書くだけでも 初心者には至難の業でした。 まずタイトルを決めるのにも一苦労。 『ブログ 稼ぐ』などで調べると、必ず出てくるのが、SEO対策関連の記事です。 SEO考えてタイトル決めようね~って気軽に書いているサイトがたくさん出てくるんですけど、 SEOってなんだよお… ってなっていました。 これがリアルな初心者の姿です。 SEOが何か分からないので、結局そこから勉強しなければならず、それだけでも気が付いたら1時間経っている、なんて事ばっかり。 SEOとは簡単にいえば、 Googleに自分のブログ記事を見つけてもらって検索の上の方に表示してもらう為の対策…だったんですけど。 だったら最初から日本語でそう言ってよ…涙 とにかく、こんなことをしながらの日々でしたので、 記事を1 つ書くにも、6 時間かかってしまうこともザラでした。 しかもそれも、今見返せば何の情報もない、たった1000字の記事。 これも経験と思っているんですけれど、自分のことながら苦笑いがこぼれるレベルです。 それを38記事分です。 自分でいうのも何ですが、ホント、大変でした。 でも、 記事を書けばいいってものでもないのがブログ。 ブログ開設から考えれば、• 『どこの会社がいいのか』• 『ドメインとは何か』から• 『訪問者の解析』• 『記事の管理』 までしなければ、 将来収入を生むなど出来ません。 独自ドメインの取得• レンタルサーバーと契約• ワードプレスでブログの開設• サイトカスタマイズ• 日々の記事の投稿• 大量の写真のせいで遅くなる読み込み対策• 様々なプラグインの導入• Googleアナリティクスの導入• Googleコンソールの導入• Googleアドセンス対策• アフィリエイト登録3社• ブログランキング登録 この1つ1つを始めるにあたり、会員登録やら支払いやらの、大量のメールが一度に届くようになりました。 カタカナが多い事に加え、知らない会社の名前がメールボックスに並ぶので、これがどの会社からなのか、そんな事さえもいちいち調べていく毎日。 結果、毎日12時間くらいPCをいじることに… メールチェックに時間を食われるこの時間も、ポジティブに考えれば、 ブログを始める前までは、一切気にしたことのなかった事ばかり学んできたものでした。 新しいジャンルをほんの少しかじれただけでも、ブログを開設した意味はあったのかな…今のところ。 これを会社勤めと並行してやろうと思ったら…考えただけで苦行です。 もし、この記事を読んでくださるあなたが会社勤めと当時にブログをやり始めているなら、自分自身を誇りましょう。 それは、 並大抵のことではないです。 初心者が登録したアフィリエイト会社3社 話は戻り、ブログ初心者の私が稼ぐために登録したアフィリエイト会社をご紹介すると、• の3つになります。 この3つは最低限、登録しておいて損はないです。 『 もしも』では初心者でもやりやすい、 アマゾンや 楽天アフィリでの収入も得られるので絶対登録。 また、『エーハチ、バリュコマ』を含めたこの3つで、 大抵の広告は見つけることが出来ると思います。 もちろん、もっと登録しておいた方がいいとは思いますが、初心者の私にはこの3つの管理で手一杯でしたので、1か月目はこの3つだけ登録しました。 ブログで稼ぐならワードプレス!とどのブロガーさんも言うので、その ワードプレスが一番簡単に使えるサーバーをと思って選びました。 確かに、パソコン初心者でも不自由なく使えているので、個人的にはおすすめのサーバーです。 一番安いものだと1円から取得できるので、ブログ初心者の見方といえるところです。 ですが私は、有名どころっぽい『. com』が欲しかったので、800円くらいのものにしています。 まあ、今思えば、もう少し安かったものでも良かったかもしれないですけれどね。 笑 >>お名前. comへはからどうぞ。 ブログ初心者のサイト、1ヵ月目のアクセス数 さて、 肝心のアクセス数です。 Googleアナリティクスの規定で スクショがダメみたいなので、手書きで失礼しますね。 こういう規定もしっかり勉強していかないとなあ こちらがブログを開設してからちょうど1か月経つまでの結果です。 訪問者 186 PV数 351 この結果をブログ玄人さんが見たら恥ずかしくてやってられなくなりそう。 笑 『初心者はブログランキングに登録すると PV を増やせるよ』というので、一応登録してみましたが、こんな感じ。 確かに最初の頃は、検索からの流入は0でしたので、ブログランキングから来てくれた方がいたのは本当にありがたかったです。 そうは言っても、それでも1日たったの2人や3人。 でも、 「見てくれている人がいるんだから辞めちゃいけない」と自分を奮い立たせるのには、彼らの訪問が不可欠でした。 そういう点で、0を1にしてくれたブログランキングは有効かも知れません。 PV云々よりも、 メンタルの面で、ブログランキングはやってもいいと思います。 >> >> 初期は殆ど誰も来なかったこの1か月ですが、ブログ開設当初に比べると、最近 アクセス数はじわじわ上昇してきました。 当初は1日5ユーザー以下の日が続いていましたが、 最近では10人以上来て下さるようになり、PVもそれに伴い徐々に上昇してきています。 この結果がいいのか悪いのかさっぱりですが、唯一分かるのは、来月の結果はもっといいものにしていかないといけないこと。 来月は、今月の記録を超えられるかな? ブログ初心者の現状 さいごに ネットで蔓延る成功者の話には程多い、リアル初心者のお話、いかがでしたでしょうか。 こんな結果でも来月続ける気でいるヤツもいるのか…じゃあ私も頑張ろうかな、 と思うきっかけになればいいなと思ってこんな記事を書いてみました。 笑 自分のしたことを一覧にして見るいいキッカケにもなったので、 自分がどれだけのことをしたのか確認の意も込めて、 毎月この成果報告をやっていくつもりです。

次の