脇腹から背中の痛み。 背中の左右両脇が痛い原因と内臓の関係

背中の右側に痛みが起こる原因|病気のサインの危険性は?

脇腹から背中の痛み

スポンサードリンク 右脇腹の痛みがでた!背中側に鈍痛-吐き気がでてるあなたに向けて、ここでは• 背中側に鈍痛-吐き気で考えられる病気7つ• 病院は何科を受診すればいいか• 右わき腹の痛みで特に考えらる肝臓の病気の詳細と治療方法• 一般的な腰痛と内臓の病気との見分け方 の4点について詳しく紹介していきます。 私は整形外科に務めており、当院に一般的な腰痛で通っていてなかなか治らないなという人に、 良く症状を聞いてみると内臓との病気との見分けポイントがありそれに当てはまっていました。 内科に受診してもらうとガンだったり、肝臓やほかの内臓の病気のことがつい先日もあったのでご自分がどんな症状にあてはまるかよく読んでみてくださいね。 お腹の痛みでも左右で原因がかなり変わるので、どの場所が痛むのかを詳しく知ることが解決の近道です。 右わき腹が痛むときに考えられる主な原因3つ お腹の痛みなのでトイレに行くという考えがまず浮かびますよね。 まず、1つ目は右脇腹が痛いと感じる時でも便秘や下痢が原因となる場合があります。 便秘によって腸に溜まったガスが他の臓器を圧迫して痛みにつながったり、ウィルス感染で下痢をしている場合も腸が痛むので右わき腹への刺激になったりします。 また、2つ目の原因として長時間のデスクワークで猫背になる場合や、右に偏る姿勢がクセになっている場合も右わき腹への負担になるので痛みにつながります。 そして、3つ目は病気による痛みです。 肋骨に守られている脇腹なので、大事な臓器が集まっています。 右わき腹が痛む以外に体調の変化が現れたら必ず内科で検査を受けましょう。 右わき腹が痛むときに考えられる病気7つ 右側脇腹には肝臓、腎臓、胆嚢、大腸、盲腸が集まっています。 痛み方や諸症状によって治療箇所、方法を見つけやすいので参考にしてみてください。 帯状疱疹 体に出来る赤い疱疹が出来る状態です。 水疱瘡のウィルスが、ストレスなどで免疫力が低下している時に神経細胞に入り込んでチクチクした痛みや疱疹を引き起こします。 帯状疱疹の症状の出方はそれぞれですが、衣服で肌がこすれやすい胴体に現れやすく、チクチクした右わき腹の痛みからだんだんと帯状疱疹が現れるのが一般的です。 症状が現れた場合は 皮膚科を受診しましょう。 そして、休養を取れば帯状疱疹が治まるのですが、あまりに自己治癒に頼ってしまうと最悪、疱疹がないのに日常的な神経痛や麻痺が残る危険性がありますので要注意です。 腹膜炎 腹膜という腹腔を覆う膜が、細菌感染などで炎症を起こす病気です。 症状は右わき腹の痛みから 違和感、吐き気、発熱がみられ、あまりの激痛で気を失うかたも。 そして症例として、虫垂炎や胆嚢炎と併発して起こるケースや、腹への強い衝撃によって腹膜炎を起こすケースもあり、合併症にも気を付けましょう。 治療は内科、消化器科で診てもらい、細菌の炎症なので抗菌薬、抗生物質などを用います。 また、合併症を引き起こしている場合は、その他の病気を優先に治療して、一緒に治していくこともあります。 胆石症 右わき腹が定期的に痛む病気の代表的なものが胆石症。 胆石症は食生活の乱れによって、右脇腹にある胆嚢に石が出来て、それが胆管へ移動する時に痛みます。 右わき腹にある臓器、胆嚢や胆管に胆石という石ができて痛みを引きおこします。 症状は右わき腹、 背中の痛み、発熱が挙げられ、 特に食後に痛むのが特徴。 1時間以上違和感や痛みが続く場合は、胆石症を疑ってみましょう。 例えば油の多い食事、飲み過ぎ食べ過ぎをした直後に右脇腹から背中、腰に掛けて重い痛みが走り、息が出来ないぐらいの苦痛に襲われます。 しかし、10分から30分程のたうち回った後、何事もなかったようにスーッと痛みが引くのが胆石症の特徴。 そして、また油の多い食事をすると同じような痛みに悩まされる事が定期的に起こります。 胆石症の症状はこれ以外にも黄疸、発熱もみられます。 胆石症の治療方法 治療方法は軽度の場合、胆石を溶かしたり、レーザー治療で小さくしたりしますが、重度になると胆嚢炎を起こし手術の為長期入院が必要になるので早期治療を行いましょう。 小さい石で早期発見できれば薬物治療を行い、石を小さく溶かしていきます。 患者の負担が軽いので、それほど苦痛ではありません。 病院は内科、消化器内科で診てもらいましょう。 しかし、後期の症状で、石が大きい場合は腹腔鏡手術が必要です。 その他の合併症を起こしている場合があり、治療にはかなり時間とお金が必要になりますので早めに内科や消化器内科を受診しましょう。 尿路結石 尿が通る管、尿管に小さな石ができる病気で、右わき腹、下腹部、 背中、腰回りの痛みや排尿時は特にかなりの痛みが伴い、血尿などの症状が現れます。 原因としては食生活の乱れ、ストレス、細菌感染などがあげられます。 治療は内科、泌尿器科を受診し、軽度の尿路結石であれば放射線で石を砕き排出させたり、水分をたくさん取ったりすることで自然に排出できますが、重度になると自然排出は地獄の苦しみと言われるほどの激痛なので、手術で取り出すことになります。 ガン 右わき腹が痛むことで考えられるガンは、大腸がん、腎臓がん、肝臓がんがあります。 特に大腸がんは日本人のガン発症率が極めて高く、死亡率も高いので気を付けておきたい病気。 運動不足や、食性格の欧米化で油や砂糖の多い食事などが原因と考えられています。 右わき腹の痛みと併せて 腹部の違和感、血尿、発熱がある場合は内科を受診しましょう。 早期発見できれば治療をしやすく生存率もグンと上がります。 調子が悪い時は右半分 、背中に痛みや違和感があります。 しかし、肝臓の病気でも肝臓が直接痛みを発信するわけではありません。 なぜなら肝臓に神経は通っていないからです。 痛みや違和感はどうして起こるのかと言うと、肝臓が炎症を起こし、大きく腫れた状態になると近くの臓器を圧迫し痛みになります。 肝臓の異変を見分ける症状 腹痛や、筋肉痛とは違って横になって休んでも、痛みが一向に治まらないのが肝臓の病気。 また、 お腹が張る、違和感、過度の下痢、便秘がみられ、目に見えて様子が違う事に気が付くのが黄疸です。 白目も濁ってくるので、顔色が悪いと感じるようなら す ぐに内科か消化器内科を受診しましょう。 右わき腹痛み:肋骨の痛み、腰痛と内臓痛の見分け方 マラソンなどで急に走ると脇腹が痛くなる感覚は誰でも経験したことがあるはず。 しかし、その痛みも1時間ほどでなくなり、特に違和感が残る事もありませんよね。 今回はお腹の痛みに関して、右脇腹の肋骨辺りが痛むときに考えられる原因、右脇腹の痛みに加え腰痛が酷い場合、腰痛と内臓痛の見分け方、そして定期的な痛みに困っている時に気を付けたい病気をまとめました。 この骨が痛いと感じるのはどのような原因が考えられるのでしょうか? 骨折 肋骨の骨はかなり丈夫で大体の衝撃に耐えられるような造りになっていますが、まれに肺炎などで長期間咳が続き、肋骨が折れてしまう、ヒビが入る場合があります。 強くぶつけた場合とは違い、なぜか肋骨だけが痛いという感覚なのでまさか骨折しているとは気が付きにくいので危険です。 押すと痛い、なんだか腫れている気がすると感じたら病院へ行きましょう。 筋肉疲労 偏った姿勢を長い時間とったり、ショルダーバックなどの荷物が長時間肋骨付近に当たり続けたりすると筋肉が炎症を起こし痛みになります。 右利きの場合は右側に力が入りやすいので、右脇腹と共に肋骨が痛むことが多いので、持ち替える、姿勢を変えてみる等対策を取ってみましょう。 肋間神経痛 体の胴体であればどこでも肋間神経痛の痛みが起こりますが、一番感じやすい場所は脇腹、肋骨です。 症状としては急なズキッと刺されたような鋭い痛みが特徴。 何もしなくても急に痛みが起こる場合の他に、ストレスを感じている、くしゃみ、咳、体を伸ばす、力を入れると痛むケースもあります。 そして、肋間神経痛はすぐに治まるので特に気にせず病院へ行かない方が多い病気。 頻繁に痛む、いったん痛み出すとすぐに治まらないようであれば病院へ行きましょう。 応急手当として痛み止めを飲んでみることも方法の一つですが、痛み止めを使うほどの痛みであれば早めに病院へ行きましょう。 また、日常生活おいての適度な運動、食性格を整える、体を冷やさないといった習慣も大事です。 肋間神経痛や筋肉疲労に時には痛みを和らげるような処置を施してくれます。 一般的な腰痛の原因としては、運動不足、長時間立ちっぱなし、もしくは座りっぱなし、猫背、反り腰などが考えられます。 しかし、右脇腹への痛みに合わせて腰が痛い時は、体の右側にある内臓系疾患の可能性があります。 考えられる疾患として、胃潰瘍、胆石症、膵炎、腎臓、子宮、卵管などの病気があります。 ごく一部ですが参考にしてみてください。 継続的な痛みが1週間以上ある• どんな姿勢になっても痛む• 尿の色がおかしい 血が混じる、極端に色が濃い さらにその他糖尿病や高血圧などの持病がある方は内臓疾患の可能性で腰が痛いという可能性が高くなります。 まとめ すぐ痛みが治まるような痛みであればそれほど心配にはなりませんが、今回ご紹介した病気の症状に当てはまるようであれば必ず病院で検査をしましょう。 脇腹は特に重要な臓器が集中している場所なので、体の異変を侮ってはいけません。 右脇腹の痛みでも様々に分けられます。 押したり、触ったりすると痛むのは骨折、ヒビ。 何もしなくても痛い、定期的に痛む、黄疸があるのは内臓の病気。

次の

【左脇腹の痛み完全ガイド】左脇腹の痛みの原因となる10の病気とは

脇腹から背中の痛み

スポンサードリンク 右脇腹の痛みがでた!背中側に鈍痛-吐き気がでてるあなたに向けて、ここでは• 背中側に鈍痛-吐き気で考えられる病気7つ• 病院は何科を受診すればいいか• 右わき腹の痛みで特に考えらる肝臓の病気の詳細と治療方法• 一般的な腰痛と内臓の病気との見分け方 の4点について詳しく紹介していきます。 私は整形外科に務めており、当院に一般的な腰痛で通っていてなかなか治らないなという人に、 良く症状を聞いてみると内臓との病気との見分けポイントがありそれに当てはまっていました。 内科に受診してもらうとガンだったり、肝臓やほかの内臓の病気のことがつい先日もあったのでご自分がどんな症状にあてはまるかよく読んでみてくださいね。 お腹の痛みでも左右で原因がかなり変わるので、どの場所が痛むのかを詳しく知ることが解決の近道です。 右わき腹が痛むときに考えられる主な原因3つ お腹の痛みなのでトイレに行くという考えがまず浮かびますよね。 まず、1つ目は右脇腹が痛いと感じる時でも便秘や下痢が原因となる場合があります。 便秘によって腸に溜まったガスが他の臓器を圧迫して痛みにつながったり、ウィルス感染で下痢をしている場合も腸が痛むので右わき腹への刺激になったりします。 また、2つ目の原因として長時間のデスクワークで猫背になる場合や、右に偏る姿勢がクセになっている場合も右わき腹への負担になるので痛みにつながります。 そして、3つ目は病気による痛みです。 肋骨に守られている脇腹なので、大事な臓器が集まっています。 右わき腹が痛む以外に体調の変化が現れたら必ず内科で検査を受けましょう。 右わき腹が痛むときに考えられる病気7つ 右側脇腹には肝臓、腎臓、胆嚢、大腸、盲腸が集まっています。 痛み方や諸症状によって治療箇所、方法を見つけやすいので参考にしてみてください。 帯状疱疹 体に出来る赤い疱疹が出来る状態です。 水疱瘡のウィルスが、ストレスなどで免疫力が低下している時に神経細胞に入り込んでチクチクした痛みや疱疹を引き起こします。 帯状疱疹の症状の出方はそれぞれですが、衣服で肌がこすれやすい胴体に現れやすく、チクチクした右わき腹の痛みからだんだんと帯状疱疹が現れるのが一般的です。 症状が現れた場合は 皮膚科を受診しましょう。 そして、休養を取れば帯状疱疹が治まるのですが、あまりに自己治癒に頼ってしまうと最悪、疱疹がないのに日常的な神経痛や麻痺が残る危険性がありますので要注意です。 腹膜炎 腹膜という腹腔を覆う膜が、細菌感染などで炎症を起こす病気です。 症状は右わき腹の痛みから 違和感、吐き気、発熱がみられ、あまりの激痛で気を失うかたも。 そして症例として、虫垂炎や胆嚢炎と併発して起こるケースや、腹への強い衝撃によって腹膜炎を起こすケースもあり、合併症にも気を付けましょう。 治療は内科、消化器科で診てもらい、細菌の炎症なので抗菌薬、抗生物質などを用います。 また、合併症を引き起こしている場合は、その他の病気を優先に治療して、一緒に治していくこともあります。 胆石症 右わき腹が定期的に痛む病気の代表的なものが胆石症。 胆石症は食生活の乱れによって、右脇腹にある胆嚢に石が出来て、それが胆管へ移動する時に痛みます。 右わき腹にある臓器、胆嚢や胆管に胆石という石ができて痛みを引きおこします。 症状は右わき腹、 背中の痛み、発熱が挙げられ、 特に食後に痛むのが特徴。 1時間以上違和感や痛みが続く場合は、胆石症を疑ってみましょう。 例えば油の多い食事、飲み過ぎ食べ過ぎをした直後に右脇腹から背中、腰に掛けて重い痛みが走り、息が出来ないぐらいの苦痛に襲われます。 しかし、10分から30分程のたうち回った後、何事もなかったようにスーッと痛みが引くのが胆石症の特徴。 そして、また油の多い食事をすると同じような痛みに悩まされる事が定期的に起こります。 胆石症の症状はこれ以外にも黄疸、発熱もみられます。 胆石症の治療方法 治療方法は軽度の場合、胆石を溶かしたり、レーザー治療で小さくしたりしますが、重度になると胆嚢炎を起こし手術の為長期入院が必要になるので早期治療を行いましょう。 小さい石で早期発見できれば薬物治療を行い、石を小さく溶かしていきます。 患者の負担が軽いので、それほど苦痛ではありません。 病院は内科、消化器内科で診てもらいましょう。 しかし、後期の症状で、石が大きい場合は腹腔鏡手術が必要です。 その他の合併症を起こしている場合があり、治療にはかなり時間とお金が必要になりますので早めに内科や消化器内科を受診しましょう。 尿路結石 尿が通る管、尿管に小さな石ができる病気で、右わき腹、下腹部、 背中、腰回りの痛みや排尿時は特にかなりの痛みが伴い、血尿などの症状が現れます。 原因としては食生活の乱れ、ストレス、細菌感染などがあげられます。 治療は内科、泌尿器科を受診し、軽度の尿路結石であれば放射線で石を砕き排出させたり、水分をたくさん取ったりすることで自然に排出できますが、重度になると自然排出は地獄の苦しみと言われるほどの激痛なので、手術で取り出すことになります。 ガン 右わき腹が痛むことで考えられるガンは、大腸がん、腎臓がん、肝臓がんがあります。 特に大腸がんは日本人のガン発症率が極めて高く、死亡率も高いので気を付けておきたい病気。 運動不足や、食性格の欧米化で油や砂糖の多い食事などが原因と考えられています。 右わき腹の痛みと併せて 腹部の違和感、血尿、発熱がある場合は内科を受診しましょう。 早期発見できれば治療をしやすく生存率もグンと上がります。 調子が悪い時は右半分 、背中に痛みや違和感があります。 しかし、肝臓の病気でも肝臓が直接痛みを発信するわけではありません。 なぜなら肝臓に神経は通っていないからです。 痛みや違和感はどうして起こるのかと言うと、肝臓が炎症を起こし、大きく腫れた状態になると近くの臓器を圧迫し痛みになります。 肝臓の異変を見分ける症状 腹痛や、筋肉痛とは違って横になって休んでも、痛みが一向に治まらないのが肝臓の病気。 また、 お腹が張る、違和感、過度の下痢、便秘がみられ、目に見えて様子が違う事に気が付くのが黄疸です。 白目も濁ってくるので、顔色が悪いと感じるようなら す ぐに内科か消化器内科を受診しましょう。 右わき腹痛み:肋骨の痛み、腰痛と内臓痛の見分け方 マラソンなどで急に走ると脇腹が痛くなる感覚は誰でも経験したことがあるはず。 しかし、その痛みも1時間ほどでなくなり、特に違和感が残る事もありませんよね。 今回はお腹の痛みに関して、右脇腹の肋骨辺りが痛むときに考えられる原因、右脇腹の痛みに加え腰痛が酷い場合、腰痛と内臓痛の見分け方、そして定期的な痛みに困っている時に気を付けたい病気をまとめました。 この骨が痛いと感じるのはどのような原因が考えられるのでしょうか? 骨折 肋骨の骨はかなり丈夫で大体の衝撃に耐えられるような造りになっていますが、まれに肺炎などで長期間咳が続き、肋骨が折れてしまう、ヒビが入る場合があります。 強くぶつけた場合とは違い、なぜか肋骨だけが痛いという感覚なのでまさか骨折しているとは気が付きにくいので危険です。 押すと痛い、なんだか腫れている気がすると感じたら病院へ行きましょう。 筋肉疲労 偏った姿勢を長い時間とったり、ショルダーバックなどの荷物が長時間肋骨付近に当たり続けたりすると筋肉が炎症を起こし痛みになります。 右利きの場合は右側に力が入りやすいので、右脇腹と共に肋骨が痛むことが多いので、持ち替える、姿勢を変えてみる等対策を取ってみましょう。 肋間神経痛 体の胴体であればどこでも肋間神経痛の痛みが起こりますが、一番感じやすい場所は脇腹、肋骨です。 症状としては急なズキッと刺されたような鋭い痛みが特徴。 何もしなくても急に痛みが起こる場合の他に、ストレスを感じている、くしゃみ、咳、体を伸ばす、力を入れると痛むケースもあります。 そして、肋間神経痛はすぐに治まるので特に気にせず病院へ行かない方が多い病気。 頻繁に痛む、いったん痛み出すとすぐに治まらないようであれば病院へ行きましょう。 応急手当として痛み止めを飲んでみることも方法の一つですが、痛み止めを使うほどの痛みであれば早めに病院へ行きましょう。 また、日常生活おいての適度な運動、食性格を整える、体を冷やさないといった習慣も大事です。 肋間神経痛や筋肉疲労に時には痛みを和らげるような処置を施してくれます。 一般的な腰痛の原因としては、運動不足、長時間立ちっぱなし、もしくは座りっぱなし、猫背、反り腰などが考えられます。 しかし、右脇腹への痛みに合わせて腰が痛い時は、体の右側にある内臓系疾患の可能性があります。 考えられる疾患として、胃潰瘍、胆石症、膵炎、腎臓、子宮、卵管などの病気があります。 ごく一部ですが参考にしてみてください。 継続的な痛みが1週間以上ある• どんな姿勢になっても痛む• 尿の色がおかしい 血が混じる、極端に色が濃い さらにその他糖尿病や高血圧などの持病がある方は内臓疾患の可能性で腰が痛いという可能性が高くなります。 まとめ すぐ痛みが治まるような痛みであればそれほど心配にはなりませんが、今回ご紹介した病気の症状に当てはまるようであれば必ず病院で検査をしましょう。 脇腹は特に重要な臓器が集中している場所なので、体の異変を侮ってはいけません。 右脇腹の痛みでも様々に分けられます。 押したり、触ったりすると痛むのは骨折、ヒビ。 何もしなくても痛い、定期的に痛む、黄疸があるのは内臓の病気。

次の

背中の左側に痛みが起こる原因は?考えられる病気も紹介

脇腹から背中の痛み

背中の左側がなんだか痛い……背中に感じる痛みはチクチクとした痛みやズキズキとした鈍痛など、症状も人それぞれです。 背中の痛みは姿勢などの生活習慣が原因となることがほとんどですが、病気のサインであることもあります。 胃痛や吐き気といったほかの症状が現れた場合は、特に注意が必要です。 突然背中の左側に痛みが起こった場合は、狭心症や心筋梗塞、また大動脈解離などの大きな病気のおそれもあります。 自分で判別がつかない強い痛みの場合は、医療機関を受診しましょう。 背中の左か右かにかかわらず、次のような症状のある場合は、早急に病院を受診してください。 ・重苦しい痛み、鋭い痛みを感じる ・痛む場所が移動する ・胸の痛みがある ・急な痛みで、痛みが強くなっている ・排尿痛がある また痛み以外に次のような症状をともなう場合も、すぐに医師の診断を受けてください。 ・息切れ、息苦しさ ・冷や汗 ・血尿 ・吐き気や嘔吐、発熱 ・背部、首、顎、上腹部、片側の肩または腕の痛み ・ふらつきや失神 ・速い心拍や不規則な心拍の自覚 背中の痛みの多くは、背中の筋肉の疲労により起こります。 筋肉の疲労を引き起こす原因には、過度の運動または運動不足、姿勢の悪さ、長時間同じ姿勢をとる、肩こりなどがあります。 左側の背中にばかり痛みが生じる人は、立ち方や座った時の姿勢に癖があり、左肩や左側の僧帽筋にばかり負担がかかっている可能性が高いといえます。 さらに症状が悪化すると、吐き気や頭痛といった症状が現れることがあります。 体の左側にばかり負担をかける姿勢をとっていないか見直すとともに、適度に体を動かして筋肉をほぐすよう心がけましょう。 骨・関節・筋肉などの運動器系の疾患は、ときに神経を圧迫して背中の痛みを引き起こすことがあります。 背中の痛みを引き起こす代表的な疾患には、次のようなものがあります。 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは背骨のパーツ(椎骨)をつなぐ椎間板の組織の一部が飛び出す病気で、神経を圧迫することで痛みやしびれの症状がでます。 20~30代と比較的若い人にもみられるのが特徴的です。 腰部脊柱管狭窄症 60歳以上の人に多くみられる腰部脊柱管狭窄症は、脊椎にある脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることで痛みが生じます。 主な症状は、お尻から足にかけてしびれですが、腰から下に痛みがでることもあります。 神経の根元が圧迫される「神経根型」と呼ばれるタイプだと、お尻から足の左右どちらかに痛みが起こりやすくなっています。 安静にしていても痛みを感じる場合は、内臓の疾患のおそれもあります。 背中が痛く内臓疾患が疑われる場合は、早めに病院の内科を受診しましょう。 左側の肩周辺〜腕・肩甲骨の下側の痛みは心臓の病気のおそれ 背中の痛みでも左側の肩周辺~腕にかけてや、肩甲骨の下側に痛みがある場合、「狭心症」や「心筋梗塞」など心臓の疾患が原因である危険性もあります。 主な症状は左側の胸部を圧迫されるような痛みですが、左側の腕~肩周辺の背中にかけて痛みが生じることもあります。 痛みは数分でおさまることもあれば、15分以上続くこともあります。 このほか、風邪でもないのに咳がよく出たり、坂道や階段で急に動悸・息切れがするようになったといった体調の変化もみられます。 加齢によって起こるほか、喫煙や運動不足、ストレス、肥満、高血圧なども原因となるので注意が必要です。 主な症状は胸前部の激痛であり、痛みは30分以上続くこともあります。 このほか左側の上腕部分や左肩、そして背中の左側にも痛みが生じるのが特徴です。 これらの痛みが続くと、吐き気や嘔吐、呼吸困難といった症状が現れることもあります。 心筋梗塞は、前兆として声のかすれや咳が起こりやすいです。 狭心症と同じく加齢や喫煙、運動不足、ストレス、肥満、高血圧などが主な原因となっています。 左側の背中中央部の痛みは胃・膵臓の病気のおそれ 背中の痛みが、左側から真ん中の部分にまで及ぶ場合、胃や膵臓(すいぞう)の病気も考えられます。 突発的に症状が現れるのが特徴で、背中の左側~中央部にかけての痛みや、胃痛、胸やけ、吐き気といった症状がみられます。 主な原因は肉体的・精神的ストレスです。 治療にはストレスの除去と安静が求められます。 急性胃炎ほど症状がはっきりと現れないケースが多いですが、背中の左側~中央部にかけての痛み、食欲不振、胃もたれといった症状がみられます。 主な原因としてアルコールや喫煙、ストレスのほかピロリ菌の感染もあげられます。 背中の左側に痛みが起こるほか、症状が重くなると、血便や吐血などもみられます。 胃液の分泌を盛んにしてしまうストレスや暴飲暴食などが原因となるほか、ピロリ菌感染も胃潰瘍の引き金となります。 背中の痛みは左側だけだけでなく真ん中までおよび、腹部にも激痛が走ります。 あまりの痛さから前かがみの姿勢をとる傾向があります。 このほかの症状では37~38度の発熱や吐き気・嘔吐といった症状が現れるのが特徴です。 さらに症状が悪化すると重症急性すい炎となり、呼吸困難やショック状態などが現れるため一刻も早い対処が求められます。 背中の痛みは慢性的に起こり、激痛や鈍痛など感じ方には個人差があります。 このほか下痢や体重減少といった症状もみられます。 慢性すい炎によって失われた膵臓の機能は、取り戻すことができないので早めの対処が必要です。 そのため、背中の左側~真ん中にかけての痛みは、重要な病気のサインとなります。 このほか下痢、胃あたりの腹痛、体重減少、吐き気、黄疸といった症状もみられます。 症状が進行すると背中の痛みは腰のあたりまで広がる傾向にあります。 左側の腰回りの痛みは腎臓や尿管の病気のおそれ 背中の左側でも比較的下の方である腰周りに痛みを感じる場合は、「腎孟腎炎」「尿管結石」など腎臓や尿管の病気の危険性があります。 腎臓は左右両側にありますが、腎孟腎炎は腎臓の片方だけに起こることもあるので、場合によっては左側だけ痛みを感じることがあります。 歩くと背中に響くような痛みがあることが多く、背中の痛みのほかには、頻尿、残尿感、高熱、腰痛といった症状もみられます。 中年以降の男性に起こりやすく、左右どちらかに痛みが生じ、左側の尿路に結石ができると左側の腰周りあたりの背中に激しい痛みが生じます。 さらに症状が進行すると、脇腹や下腹部にまで痛みがおよび、吐き気や血尿といった症状をともなうこともあります。 背中の場所別に考えられる痛みの原因が異なります。 背中の痛みのほかにみられる症状もあわせてチェックしましょう。 また医師の診察を受ける必要がある場合は、早めに対処してください。 左右どちらに限らず、強い痛みや、発熱・吐き気などの症状がともなう場合は、我慢せず医師に相談しましょう。

次の