ふくらはぎ 肉離れ サポーター。 ふくらはぎ用サポーターの効果と人気おすすめ10選

ふくらはぎサポーターの効果で肉離れ・疲労軽減!おすすめ7選!

ふくらはぎ 肉離れ サポーター

特に足の背屈動作は治療開始時期には厳禁である為、可能であればギプス固定をし松葉杖などの装具を利用しながら足関節の背屈運動に完全に制限を加えることが理想です。 通常の歩行動作でも底屈及び背屈動作は必ず行われる為、装具や固定をせずに治療を行うことが難しいのもふくらはぎの肉離れの特徴の一つです。 尚、ギプス固定まで必要としない中程度の肉離れを発症してしまった場合は、上記にある腓腹筋中間部の断裂部位に運動制限を加えるテーピング処置を行います。 肉離れのテーピング処置は筋断裂を起こした筋膜 表層部 の保護にも繋がる為、回復の度合いにもよりますが治療期間初期~リハビリ期間にかけて適切に処置を行う必要があります。 毎回施術を行なうのが大変な場合はふくらはぎの肉離れ専用の補助ベルト付サポーターを利用するのもひとつの方法です。 専用サポーターは通常の履くだけのサポーターと比べると装着手順を覚える必要があり、また装着するまでに時間がかかる点が欠点であると言えます。 但し強いサポート力を得られる点と再発しやすい肉離れの予防対策としても利用できるため長期的に考慮すると便利な装具であると言えるでしょう。 尚、テーピング処置を行なう場合は脛やふくらはぎ後面の毛を処理しておくとフィット感の向上に繋がり、テーピングのズレを防止する事が可能です。 処理を行わない場合はテーピングを巻く前に専用のアンダーラップを巻いておくと剥がす際に毛を巻き込まずに済むため安心です。 ふくらはぎ全面を被せるように覆うサポーターは部分断裂した筋繊維のサポート力に欠けるため、肉離れの治療に関しては断裂部位の筋肉の動きに沿った処置を心がけましょう。

次の

肉ばなれ|SPORTS MEDICINE LIBRARY|ザムスト(ZAMST)

ふくらはぎ 肉離れ サポーター

ふくらはぎが肉離れする原因 ふくらはぎの肉離れは、筋肉が伸ばされる力に筋繊維が負けて、筋繊維の一部が損傷するために起こります。 特に、急に走ったときや、全速で走ったとき、ジャンプしたときなど、瞬発性の高いスポーツを行っている最中には動作で筋肉が強く収縮するので、肉離れが起きやすいのです。 肉離れは主にスポーツなどの 運動中に起こる筋肉の痛みとして代表的な疾患です。 筋力は、互い違いに並んだ筋繊維の束が収縮して噛み合うことで発生し、ゴムひものように筋肉も伸ばされながら収縮することで、最大筋力が発生しています。 このときに筋繊維の束が無理に引き伸ばされることによって、肉離れになるのです。 まれに筋肉や腱が完全に切れてしまうことがあり、肉離れよりも重症になります。 ふくらはぎが肉離れしたときの症状 肉離れを発症するとその部位に痛みが発生し、歩けなくなるといった症状が現れます。 まれに皮下出血や血腫という血液のかたまりが見られ、運動を継続することが難しくなる場合もあるのです。 痛みのある部分を見てみると、 肉離れを起こした部分を動かすと痛みが悪化します。 肉離れの程度によってはスポーツに復帰できることもあれば、筋肉の損傷が大きいため手術が必要になる場合もあるので注意が必要ですよ! 肉離れの重症度は1度から3度に分類されており、それぞれ以下のような違いがあります。 肉離れしたときの応急処置『RICE』とは? 肉離れを起こしたときに適切な処置をすることで、症状の悪化を予防したり早期治療につなげられるのです。 肉離れをしたときは、 RICEという外傷を受けたときの基本的な対処方法が効きます。 RICEとは、以下の4つの対処方法のことです。 安静(Rest)• 冷却(Icing)• 圧迫(Compression)• 患部を高く上げる(Elevation) ここからは肉離れをしたときの対処方法について詳しく解説します。 1 安静(Rest) 肉離れをしたときの1つ目の対処方法として、安静(Rest)があります。 安静を保つことで、肉離れしたふくらはぎの腫脹(はれ)や血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。 肉離れをした状態で無理に歩いたり立ち座りの動作を行うと、 腫れが強くなったり神経を圧迫してしまうことにつながります。 肉離れをしたふくらはぎが片方だけであれば、肉離れをした脚を浮かしながら安全な場所まで移動しましょう。 もしも1人で移動できない場合は誰かの肩につかまって移動したり、担架や車椅子で運んでもらうなど、患部を動かさずに移動できる手段を選ぶことが重要です。 座ったり横になるだけでも安静を保つことになりますが、テーピングやサポーターを使用して患部を固定すれば、よりふくらはぎの安静を保ちやすくなりますよ! 2 冷却(Icing) 肉離れをしたときの2つ目の対処方法として、冷却(Icing)があります。 肉離れをしたふくらはぎを冷却するのは、二次性の低酸素障害による細胞壊死と腫脹を抑えるためです。 具体的には、ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、 患部を冷却する方法をとります。 患部の感覚が無くなる15~20分を目安として冷却し、一度冷却を中止しましょう。 そして再び痛みが出てきたら冷却を再開するという処置を繰り返します。 冷却は急性期の肉離れに対して効果的な処置なので、1~3日を目安として実施しましょう! 3 圧迫(Compression) 肉離れをしたときの3つ目の対処方法として、圧迫(Compression)があります。 ふくらはぎの肉離れした部位を圧迫するのは、患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的です。 スポンジやテーピングパッドを腫脹が予想される部位に当てて、テーピングや弾性包帯で軽く圧迫気味に固定します。 肉離れしたふくらはぎを圧迫しなければ、ふくらはぎの出血が増えてきて 血腫になってしまうので、注意が必要です。 血腫が慢性化すると、血腫ができた部分にカルシウムが異常に集まり、骨化性筋炎を発症してしまって治療が長引く可能性があるので注意しましょう。 肉離れは筋肉が部分的に断裂し、受傷した直後から出血することが考えられるので、できるだけ早くから圧迫を開始しましょうね! 4 患部を高く上げる(Elevation) ふくらはぎが肉離れをしたときの4つ目の対処方法として、患部を高く上げる(Elevation)方法があります。 患部を高く上げることで、肉離れした部位の腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図ることが目的です。 ふくらはぎを心臓より高く上げることで効果的に腫脹を防ぎ、腫脹を軽減させられるので、 横になった状態で椅子などの台に足を上げるようにしましょう。 脚を上げたときにふくらはぎが台に当たって痛い場合は、かかとのみを台に乗せるようにしたり、ふくらはぎの一部に強い圧力がかからないように、クッションを敷くと良いです。 肉離れの痛みを軽減する4つの方法 肉離れしたら、家庭では次のように対処しましょう。 肉離れの症状を軽減し、できるだけ早期に治すためには、 病院を受診する必要があります。 肉離れで病院を受診したときの代表的な治療方法は以下の4つです。 内服薬• 湿布薬• 塗り薬 肉離れの重症度や症状の程度にもよりますが、これらの治療方法を組み合わせて治療を進めていくのが一般的です。 ここからはふくらはぎが肉離れしたときの治療方法について詳しく解説します。 1 安静 ふくらはぎが肉離れしたときの1つ目の治療方法は安静にすることです。 安静はRICEの応急処置の項目でも解説しましたが、病院での治療も安静が基本になります。 市販のものとは違い、病院では医療用のテーピングやサポーターを処方されることもあり、 専門的な処置を受けられるのです。 市販のもので一時的に応急処置することは重要ですが、 市販の商品では体に合わなかったり、適切な効果を得られない場合もあります。 病院ではあなたの肉離れの程度を正確に検査・診断してくれるので、肉離れの程度に合わせた適切な処置を受けられますよ! そのため、肉離れをした場合は必ず病院を受診するようにしましょう。 安静が必要な期間やスポーツ復帰の目処についても、自己判断で決めてしまうと症状を悪化させてしまう危険性があるので、主治医と相談しながら決めていくことが大切ですよ! 2 内服薬 ふくらはぎが肉離れしたときの2つ目の治療方法は内服薬を服用することです。 内服薬を服用すれば肉離れにより発生した痛みを緩和しながら治療を進められます。 肉離れの重症度が高いときは、安静にしていても強い痛みを感じる場合があるので、痛みで夜眠れなかったり、 日常生活に支障をきたす場合もあるのです。 市販の痛み止めで対応できる場合もありますが、どの痛み止めを選べば良いか分からないことや、適切な効果を得られない可能性もあります。 病院で診察を受ければ、必要に応じて内服薬を処方してもらえるだけでなく、基礎疾患や体質に合った痛み止めの種類や量を選択してくれるのです。 3 湿布薬 ふくらはぎが肉離れしたときの3つ目の治療方法は湿布薬を貼付することです。 内服薬とは違い、湿布薬は患部に直接貼付できます。 湿布薬によっては一度貼付すると24時間効果が持続するものもあるので、手軽に使用できるのです。 貼付するだけで冷涼感を得られる湿布薬もあるので、肉離れをしたふくらはぎが熱をもっていることが気になる場合は、そのような湿布薬も良いでしょう。 しかし湿布薬は粘着力があるので、貼ったり剥がしたりする動作によってふくらはぎに痛みが出現してしまう場合もあるので注意が必要です。 そのような場合は無理に湿布薬を使用しない方が良いでしょう。 また、テープかぶれしやすかったり、 使用中に湿疹やかゆみが出る場合は使用を中止しましょう。 使用方法や処方してもらう湿布の種類について主治医と相談して決めていくのがおすすめですよ! 4 塗り薬 ふくらはぎが肉離れしたときの4つ目の治療方法は塗り薬を使用することです。 先ほど紹介した湿布薬と比べて、貼ったり剥がしたりする際にふくらはぎに与える刺激が少ないので、急性期の痛みに対して使用しやすい薬になります。 また、湿布薬は体の動きや服との摩擦により剥がれやすいというデメリットがありますが、塗り薬は塗るだけで効果が得られるので、そういった心配がありません。 もちろん薬を塗るときにはふくらはぎに直接触れるため、 強くこすりすぎるとふくらはぎの痛みを悪化させる可能性があるので注意しましょう。 少し触れるだけで激痛が走るような肉離れの場合は、しばらくは使用を控えた方が良いですよ! 湿布でも同じことが言えるのですが、塗り薬で皮膚が赤くなったりかゆみが出たりする場合は使用を中止し、主治医か薬剤師に相談しましょう。 肉離れの予防にはストレッチが重要! ふくらはぎが肉離れしたときの対処法や治療方法について理解しておくのは大切ですが、重要なのは肉離れを予防することです。 運動を始める前に入念なウォーミングアップやストレッチを十分行うことで、筋肉が温まり筋肉・腱・靱帯の柔らかさ・弾性が増し、関節の動く範囲が広がります。 アキレス腱を伸ばすストレッチ方法でふくらはぎの柔軟性を高めておくのも、 肉離れの予防効果が期待できますよ! 特に運動不足の人は筋肉や靭帯が硬くなっていたり、関節の動く範囲が狭いためにケガをしやすくなっているのでストレッチは欠かせません! スポーツを楽しむためにも、ケガを予防できるような体作りをしていきましょう! 6. まとめ 今回の記事では、ふくらはぎが肉離れする原因や、肉離れしたときの対処方法、具体的な治療方法ついて解説しました。 肉離れしてすぐに適切な対応ができているかによって、症状が悪化するのを予防したり、できるだけ早く治すことにつながります。 久しぶりにスポーツをする場合は、肉離れをする可能性があることを考えて事前に冷却グッズを準備しておいたり、テーピングやサポーターを持参すると良いでしょう。 筋肉の断裂を予防するためにはスポーツを開始する前にストレッチしておくことも大切です。 今回の記事を参考にしてふくらはぎが肉離れしたときの適切な対応を覚え、症状を悪化させないような行動を取れるようにしましょう!.

次の

ふくらはぎが肉離れしました。

ふくらはぎ 肉離れ サポーター

肉離れとは? 急なダッシュやターンをした際に、プチッやバチッといった筋肉が切れたような感覚が生じ、その後痛みと力が入らない事でスポーツの継続が困難になります。 正確には 筋断裂・筋損傷といいますが、一般に肉離れと呼ばれています。 運動時には筋肉が収縮しますが、その力に耐えられなくなる事で筋肉が断裂して起こります。 ゴムを急激に引っ張って部分的に切れてしまうイメージです。 肉離れって筋肉がどうなっている? 筋肉は細かい線維の束が集まって成り立っています。 細かい線維を筋線維といい、その筋線維を束ねている膜を筋周膜といいます。 肉離れとはその筋線維や筋周膜が損傷している状態です。 魚肉ソーセージを思い浮かべてみて下さい。 魚肉が筋線維、外のビニールが筋周膜だとするとイメージしやすいかと思います。 ビニール、魚肉の裂け具合によって肉離れの重症度が変わってきます。 肉離れを発症しやすいスポーツ 陸上競技 サッカー 野球 テニス バスケットボール など 急激なダッシュやターンなどの動作が多いスポーツに多く発症します。 また運動不足の人が電車に乗り遅れそうだから急に走った際とか、階段を駆け上がった際などでも受傷する事もあります。 肉離れを起こしやすい部分 肉離れはハムストリングス(太ももの裏)、大腿四頭筋(太ももの表)、腓腹筋(ふくらはぎ)、内転筋(太ももの内側)に多くみられます。 ハムストリングス 太ももの裏 腓腹筋 ふくらはぎの筋肉 大腿四頭筋 太ももの表 内転筋 太ももの内側 腹斜筋 わき腹 私はサッカーの試合でハムストリングスの肉離れを2回、腓腹筋の肉離れを1回経験しています。 プレー中にプチっと嫌な感覚がしたのが忘れられません…。 すぐにダメだとわかります。。 肉離れの完治までの期間はどのくらい? 肉離れは重症度によってスポーツ復帰できるまでの期間が異なります。 肉離れの完治まではどのくらいかかるのか。 重症度別の症状とおおよその完治、スポーツ復帰までの目安を挙げていきます。 肉離れの重症度分類 この中でも、遠心性収縮は筋肉が伸びながら収縮するためより強い力が加わります。 肉離れは遠心性収縮で発症しやすいと言われます。 筋腱移行部に起こりやすい 筋肉は骨についていますが、骨と筋肉をつなぐ部分を腱といいます。 この筋肉と腱との境目の部分を 筋腱移行部と呼びます。 この部分が負荷が加わりやすく肉離れを起こしやすいといわれています。 二関節筋に起こりやすい 筋肉はついている部分によって 単関節筋と 二関節筋とにわけられます。 二関節筋とは関節二つをまたがって付いている筋肉です。 例を挙げるとハムストリングスの半腱様筋は股関節と膝関節の二つをまたがっています。 単関節筋は一つの関節にまたがっている筋肉です。 例を挙げると股関節にある腸骨筋は股関節だけをまたがっています。 二関節筋は収縮すると二つの関節の動きを生じさせ、より強い負荷がかかります。 そのため肉離れを起こしやすいとされています。 肉離れの対処法・応急処置 肉離れを発症した際の対処法と応急処置をお伝えします。 発症したら速やかにRICE処置といわれる応急処置をします。 適切にRICE処置を行わないと今後の回復に影響を与えます。 RICE処置とは? Rest 安静 Ice 冷却 Compression 圧迫 Elevation 挙上 の頭文字をとってRICE処置と呼びます。 by 肉離れの治療法 発症後RICE処置を2〜3日ほど行い、腫れや熱感が落ち着いてきたら温める 温熱療法を行います。 温熱療法の目的は 血液循環の促進 新陳代謝の促進 疼痛の軽減 筋緊張の低下 などが挙げられます。 簡単に説明すると血流を良くして、傷んだ組織の回復を促進し、痛みを生じさせている物質の除去を促すといった感じです。 整形外科などではホットパックやマイクロ波、超音波などで温熱療法を行う事が多いです。 肉離れは再発しやすい 肉離れは痛みが落ち着いたからといっても油断できず、しっかり治っていないと運動を再開した際に再発しやすいです。 肉離れ後は患部の筋肉の筋力低下、筋持久力低下、柔軟性低下がみられるため急な運動によってまた痛めてしまう事が非常に多いです。 私自身、肉離れをして復帰したサッカーの試合で再度同じ箇所の肉離れを起こした経験があります。 一流のプロ選手でさえ、何度も再発させる事の多い怪我なのでしっかりとしたリハビリをして、肉離れの対策を取ることが重要となります。 肉離れのリハビリ 肉離れの後、重要となるのが筋力、筋持久力、柔軟性を改善させる事です。 重症度や個人差によってリハビリを開始する時期は変わってきます。 肉離れを起こした筋肉をストレッチした時に強い痛みは生じない、患部を押しても痛みが生じない事が一つの目安ともいわれていますが、医者や理学療法士の指導の元行うのが望ましいでしょう。 もっとも頻度の多いハムストリングスと腓腹筋のリハビリ方法をお伝えしていきます。 ハムストリングス肉離れのリハビリ 筋力トレーニング 立った状態で、踵を上げつま先立ちをします。 そこからゆっくりと踵を下ろしていきます。 どちらかの機能が悪くなると、影響を及ぼすため両方ともリハビリする事が再発予防となります。 肉離れのサポーター 肉離れ後、運動を開始する際は再発が怖いものです。 その不安を解消するためのサポーターも有効となります。 タイツ状のもので筋肉に適度な圧をかける事で筋肉への負担を軽減させ、筋肉の働きをサポートする効果があります。 ちなみに理学療法士である私自身もサッカーの試合の際は着用しています。 ザムストタイツ by ふくらはぎの肉離れ防止テーピング 初心者向けのテーピング方法で、肉離れが回復し運動復帰の際の再発予防や筋肉の動きのサポートに効果的な方法です。 ふくらはぎ方向へ少し引っ張りながらテープに皺が寄らないように貼っていきます。 立位で膝を伸ばしたまま前屈し、ハムストリングスを伸ばします。 坐骨から膝裏の外側の腱に向かってテープを貼ります。 皺が寄らない程度に軽く引っ張りながら貼っていきます。 まとめ 肉離れは非常に再発しやすい怪我です。 特にスポーツ復帰するタイミングを間違えたり、適切にリハビリを行わないと何度も繰り返すこととなります。 プロスポーツ選手でも肉離れを繰り返すことが多々あります。 私自身も経験しており、その辛さは身をもって体感しています。 肉離れを侮らず、医師や理学療法士、トレーナーの支持の元適切な治療を行う事が重要です。

次の