エーハイム。 初心者におすすめのエーハイム2213、その魅力とは!?評判や評価

エーハイム

エーハイム

エーハイム2213は2019年に創業70周年を迎える老舗のアクアリム用品を販売しているエーハイム社が出してる外部フィルターなります。 正式名称は「エーハイム2213クラシックフィルター」でその長年愛され続けてきたかいもあり信頼性という圧倒的な地位をつけてきました。 日本で普及している60cm規格サイズの水槽にはコレ!と言う人が数多くいるのもうなずけます。 長年アクアリウムをやってる方ならその口コミや評価、評判などがずば抜けて高いのもご存知でしょう。 クラシックというだけあって目新しい機能はありませんが、長年愛用されるだけの壊れにくさ、壊れた場合でも部品交換できるアタッチメントの多さなどがあげられます。 70周年モデルとしてグレーカラーも販売してますので気になる方はこちらもいいかもしれません。 エーハイムの2213のスペック エーハイム社の2213クラシックフィルターは60cmに適した外部フィルターになります。 2Lのペットボトルを横に置いたのでだいたいの大きさがわかると思いますが思った以上にスペースをとる感じです。 外径もペットボトルよりは大きいかなって感じです。 水槽棚には楽々入る設計なので問題ありません。 アクセサリー(パーツの内容) パーツ類は一通り揃っておりダブルタップを使用すれば水を溢れさす事なくメンテナンスが容易にできるようになります。 何故60cm水槽にて選ばれるのがエーハイム2213なのか?メリット 何故の外部フィルターの中では割高であるエーハイムがアクアリストに一番に選ばれるのか? その理由は 60cm水槽の外部フィルターの中では、わかり やすい構造と信頼性の高さにあると思っています。 エーハイム2213の信頼性の高さ まず最も言えるべき点は信頼性の高さです。 なんと言っても昔から悪いうわさを聞かない点がすばらしいです。 作りがシンプルで下の吸い込み口から水を吸い込んで上の排出口から出て行くので見た感じが非常にわかりやすい構造になっています。 そのため間違いなく水は循環しているので確実性が高いです。 他の製品を見てもらえばわかりますが他の製品は上部に両方付いているので見た感じには、わかりにくい構造になっています。 そのためこのシンプルな構造は非常に扱いやすいと言う点が上げられます。 エーハイム2213の保障期間は2年間 どんなに信頼性が高いと言われたものでも初期不良があったら嫌ですよね…そんな時に大切なのは保証期間です。 エーハイムは2年間の保証期間があり、そのことからも信頼性の高さが伺えます。 普通に使っていれば、10年以上問題なく動いてくれる製品なので保証期間が短い場合でも全然問題はないのですが、エーハイムが自信を持ってすすめる製品だからこそ2年間保証という期間が付けられているのではないでしょうか? エーハイム2213のモーター音の静音声が高い 外部フィルターを語る上で静音性は外せません。 どんなに優れたモーターでも、室内で使う外部フィルターは静音性に優れていなければなりません。 その点エーハイムは非常に優れた静音性を誇ります。 寝室で使えるほどの静音性が高く僕が使った外部フィルターの中でも一番静かです。 (テトラ、コトブキと比較した結果) 趣味でアクアリウムをやっていると数多くの水槽を抱え込むことも少なくありません。 そんな状況下でも非常に静かなモーター音なので数多くのエーハイムの外部フィルターを使った場合でも耳につくようなことにはなりません。 エーハイム2213のデメリットなポイント このように、エーハイム2213には非常に優れた点が多い製品ではありますが、些細なデメリットがいくつかあります。 あまり気にするような点ではないかもしれませんが選ぶ上で参考になればと思いいくつか書いていきます。 エーハイム2213のデザインが古い もはやクラシックシリーズと言われていて気にする方も少ないと思いますが、デザイン性の古さがあげられます。 非常に完成度が高いゆえに改良の余地が少なく何かをプラスするようなら価格も上げなくてはなりません。 しかも、改良型のを発売し続けると、アタッチメントや部品が手に入りにくくなってしまいます。 ゴムパッキンやインペラ、ボールジョイントなど細やかな部品を供給し続け長く使ってもらおうとしてるユーザーに寄り添う企業は他にはないのではないでしょうか? そのため多くの愛用者は古くてもこのクラシックシリーズを使い続けるのではないでしょうか! メンテナンス性が悪い• 濾過槽が一つなのでろ材を分けるには工夫が必要• 取っ手がないので持ち上げにくい• 呼び水を入れるのが大変 エーハイムのクラシックシリーズは濾過槽が一つなのがある意味一番のデメリットでもあるかもしれません。 リングろ材などを洗濯ネット等に入れてあげないとバラバラになってしまうので事前に100均などで購入しておいたほうが無難です。 中の容器に擦り傷がつくのを気にしない方はそのまま入れても問題ありませんがちょっとためらってしまいますね。 あとは、見たらわかるとおり外側には取っ手が存在しません。 掃除をする際などに持ち上げるのがちょっとめんどくさくなります。 動かすといった場合は殆どないので普段の使用時には問題ないのですが気になる方は考えたほうがいいかもしれません。 あとは、呼び水は自分で吸い込まないと水が呼べない事が難点です。 アタッチメントの エーハイム スターターを 購入しておけば楽に出来るので一つ持っておくか、テトラの外部フィルタをもっている人はポンプが代用できたりします。 100均の排水用ポンプでもできるようです。 流量はテトラの方が多い1. 5倍くらい多い• 静音性はエーハイムの方が静か• パーツが豊富なのでサブフィルターなど増設しやすい• エーハイムはちょっと割高い 流量などはテトラの方がワット数も多く非常に強力です。 そのため濾過能力が増しますが電気代も掛かるため、オーバースペックになりがちな場合もあります。 そのぶんエーハイムは電気代が少なくすみますのでその点では物凄く優秀と言えるでしょう。 静音性も外部フィルターのなかでは一番静かなメーカーになりますのでとにかく静かな外部フィルタがいい!と言う方には間違いなくエーハイムの製品を選んだほうが無難です。 パーツ類なども非常に多いのがエーハイムならではで、濾過能力が少し足りないかな?と思ったらサブフィルターを継ぎ足すことでより効果が高められます。

次の

エーハイム

エーハイム

プレフィルターのメンテナンスだけで、日常のお手入れが完了する、画期的な商品。 メインのろ材の洗浄目安は、2~6か月に一回程度。 ろ材部分を洗いすぎないので、 バクテリアの定着を助け、水質の悪化や急変を避けられます。 2071の他にも、さらに適用水槽のサイズの大きい2073・2075・2080があります。 水槽の大きさや生体の性質に合わせて検討してくださいね。 2m(50Hz)・1. 7m(60Hz) 呼び水機能 あるが補助的 マイクロプロセッサを搭載し、さまざまな水槽を自動管理してくれる優れもの。 他の製品と同等のろ過能力、静穏性がありながら、プラスアルファの機能を楽しめます。 最大のポイントは、 流量の自動調節機能が付いていること。 水槽内の流量を自動で感知し、あらかじめ設定した流量に調整してくれます。 また、繰り返し流量を切り替えることもできるので、より自然な水流を再現でき、使い方によっては生体へのストレスを減退させることも可能です。 2m(50Hz・60Hz) 呼び水機能 あり プレフィルター付きのため、メインのろ材を洗うインターバルを長くできます。 また、ろ材が目詰まりしても、「エクステンダーノブ」を使用することで、流量低下を防ぐことが可能に。 これにより、 お手入れのタイミングを2~3日先延ばしにできるので、忙しい人にもおすすめです。 当製品は、プロフェッショナル4シリーズの中で、最も 流量・ろ材容量・揚程に優れており、大型の水槽に向いています。 大型であればあるほど、メンテナンスが楽になる快感を感じられますよ! なお、このシリーズは、全ての製品が50Hzと60Hzが別々の製品となっています。 使用環境が変わる可能性がある人は、理解した上で購入してくださいね。 45m(50Hz)・2. 0m(60Hz) 呼び水機能 あるが補助的 ろ材の出し入れに便利な「ろ材コンテナ」ですが、「特に必要ないから」と外して使う人も多いようです。 この製品は、もともと 「ろ材コンテナ」を備えていないので、その分価格が抑えられます。 「できるだけ安くエーハイムの外部式フィルターを手に入れたい」という人には、うってつけですね。 ただし、 ろ材はセットになっていないので、純正のろ材を別途購入すると、その分の費用は別途かかります。 クラシックシリーズの他の機種を視野に入れて、機能や初期費用を比べてみると良いかもしれません。 5m(50Hz・60Hz) 呼び水機能 なし 2215は、大きめの水槽に最適な、クラシックシリーズのフィルターです。 流量が500Lで、60cm水槽では使いやすい数値。 ただし、流れに弱い生体や水草の飼育には、サブフィルターを併用するなどして流量を調節することも視野に入れておきましょう。 「プロフェッショナル3などの大型シリーズでは大きすぎるけれど、ろ過能力はしっかり欲しい!」という人は、ぜひ検討していただきたい商品です。 また、 音が静かとの口コミが多いため、寝室に置く場合やワンルームにお住まいの方にもおすすめです。 2m(50Hz)1. 8m(60Hz) 呼び水機能 なし 初心者でも迷わず使えるよう、計算しつくされた製品です。 難しい呼び水も、マルチハンドルを操作すれば簡単に行えます。 この2232は、熱帯魚飼育では45cm以下の小型水槽に対応。 小型水槽から始める初心者の方に、ぜひおすすめしたい商品です。 エココンフォートシリーズのパフォーマンスを最大限に発揮できる 専用ろ材がセットになっており、コストパフォーマンスが良いのもポイント。 0m(50Hz)・1. 3m(60Hz) 呼び水機能 あり ベテランのアクアリストからの信頼も厚いクラシックシリーズ。 中でもこの2213は、最も一般的な45cm・60cm水槽に適合するため、エーハイムの外部式フィルターの中でもダントツの人気を誇ります。 静音性が高く、寝室にも置いても邪魔にならないとの口コミも。 一人暮らしからファミリーまで、 あらゆる家庭で使える製品と言えるでしょう。 4位の「EF-500」との最大の違いは、「ろ材コンテナ」が付いている点。 9m(50Hz)・1. 9m(50Hz)・1. 2m(60Hz) 1. 0m(50Hz)・1. 3m(60Hz) 1. 2m(50Hz)1. 8m(60Hz) 1. 5m(50Hz・60Hz) 1. 45m(50Hz)・2. 0m(60Hz) 2. 2m(50Hz・60Hz) 1. 2m(50Hz)・1. 7m(60Hz) 呼び水機能 なし あり なし なし あるが補助的 あり あるが補助的 商品リンク•

次の

エーハイム 外部式フィルター機種別スペック表

エーハイム

5 久々に水槽一台追加してみようかなと思って驚きました。 私が以前に本品を購入した際は1台5000円程度が一般的で、チャームさんなどでは4000円台でセールが行われることもしばしばでしたが・・・何と言う値上がり。 民主党政権時代の円高の時期と言うわけでもなかったように思うのですが。 さておき、本品はエーハイム社が生み出した傑作外部フィルターです。 構造がシンプルなのでメンテナンスもしやすく、そして頑丈。 多少目詰まりしてもパワフルなモーターで、安定した水流を生み出そうとします。 私はGEXやらテトラやら、色々な外部フィルターを使用してきましたが、実際に運用していると、本品…このエーハイムクラッシックシリーズの信頼性の高さはダントツだと言い切ることが出来ます。 初心者で、特にものぐさでメンテの時間もないという方は、多少高くても本品を購入することを強くお勧めします。 4 久々に一台追加してみようかなと思って驚きました。 私が以前に本品を購入した際は1台4000円程度が一般的で、チャームさんなどでは2900円台でセールが行われることもしばしばでしたが・・・何と言う値上がり。 民主党政権時代の円高の時期と言うわけでもなかったように思うのですが。 さておき、本品はクラッシックシリーズと異なり、色々コストダウンされたモデルとなっている。 特にモーターはクラッシックシリーズ比較で信頼性は落ちるもののよう。 しかしながら実際に運用していると、確かにパワーで劣るようには思うが、それでも安定して動作はしており、やはりエーハイムの製品で信頼性は高い。 お手軽に始めたいのであればお勧めできる製品。 ダブルタップが付属しているのもお得で良いですね。 4 初めての外部フィルターでしたが大変気に入っております初めてがこのエココンフォートなので、飼育水を飲む羽目になっていませんハンドル1回、ガッシャんと下すと自動で水が入ります凄く便利です静音効果も大変高く、最初は動いているのか心配になったほどです上部フィルター故障でやむなく導入したんですがなぜ人気があるかすぐ理解できました半透明のボディは半分透明というよりほぼ不透明で、うっすら水が分かる程度稚魚の吸い込みはまあまあありますあとでスポンジを追加しても、まだ稚魚やエビを吸い込みますので定期的に回収にいくことが必要です濾過装置も交換しやすく、構造が分かりやすいです最初は緑と赤の配色に慣れませんでしたが、いつのまにか愛着がわいております 5 数年前に2500円程度で3セット購入し、90cm水槽や60cm水槽にて重宝しています。 相場的にそのくらいだったと思うのですが、随分と値上がりしているようで驚いています。 民主党政権時代の円高時期ではなかったと思うのですが…。 本品の用途として、下から吸い込み式にして、底面の砂利を丸々濾材にして濾過能力絵お高めると言う目的の方が多いと思うのですが、私は逆に吹き上げ式にし、底面のソイルや砂利にゴミがたまりにくいようにして、プレフィルターとフィルターにゴミを集中させ、メンテナンスを行いやすいようにしています。 実際、底面の通水性を確保することで、ゴミがたまりにくくなりました。 水草も、グロッソスティグま程度であればしっかりと生えそろいます。 難点としては、ソイルの場合、栄養分が水中に流出しやすくなるため、コケが発生しやすくなるので、使う土を考えなければならないと言う点ですね。 むしろ砂利向きの方式かもしれませんね。

次の