迅速なご対応。 迅速かつ丁寧な対応いただきありがとうございました、って英語でなんて言うの?

早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

迅速なご対応

「迅速な対応」 「迅速な対応」というフレーズは 「迅速」という単語と 「対応」という単語から成り立っていることが見てわかります。 迅速とは物事の進み具合が非常に速いことやその様子を表す単語です。 また、対応とは大きく二つの意味があり、1つめの意味は2つの物事や仕事が他のそれらに対応していることを表します。 2つめの意味は相手の出方に応じた態度をとることや、物事を処理することを表します。 ここでは、2つめの意味である相手の出方に応じた態度をとることや、物事を処理することの方が適当だといえるでしょう。 ではそれらの単語が合わさってできている 「迅速なご対応」とはどのような意味を持つのでしょうか。 「迅速な対応」の意味 「迅速な対応」とはビジネスシーンでよく使われる表現です。 そう考えると、なんとなく意味がつかめてくるのではないでしょうか。 ここでいう 「対応」とはすなわち仕事のことを意味します。 したがって早く仕事を終わらせるという意味を持つのがこのフレーズなのです。 「迅速な対応」の言葉の使い方 前項では 「迅速な対応」の意味を説明し、理解してもらえたかと思いますが実際にどのように使ったら良いのかいまいちつかめていない方もいるのではないでしょうか。 例えば仕事相手にできるだけ早く仕事を終わらせてほしい時あなたならなんと伝えるでしょうか。 「早く終わらせてください」で相手に用件は伝わるかもしれませんが、このような言葉しか使うことのできない仕事相手のために急いで仕事を終わらそうという気が起こるでしょうか。 このような場面でこそ 「迅速なご対応」を使うべきなのです。 迅速には 「正確に」という意味合いも含まれているためこのような場面ではもってこいのフレーズなのです。 丁寧に正しく用件を伝え、相手のやる気を損なわせないことが仕事を円滑に行うためには必要なスキルなのです。 ですので、ビジネスマンは是非このフレーズを覚えておくとよいでしょう。 「迅速な対応」を使った例文・短文 解釈 では実際に複数の例文や短文を準備しました。 こちらを読んで頂ければ、より理解を深めてもらえるのではないでしょうか。 「迅速な対応」の例文1 「このプロジェクトの書類作成は迅速な対応を持って臨んでください」 上記のように表現することにより、相手に対して書類作成を正確かつスピーディーに行うことを依頼できます。 また、例文から分かるように迅速な対応のあとよく使われるのがこの 「臨んでください」という表現です。 「臨む」とはある機会・場面にぶつかることを意味します。 セットで使われることも多いのでこちらもあわせて覚えておくと良いでしょう。 「迅速な対応」の例文2 「お客様からのクレームには丁寧かつ迅速な対応に合わせ、おなじクレームが発生しないために今後の対応策などが必要です」 こちらは接客業等のマニュアルによく記載されているような文言です。 クレームをいれたお客様の立場からすると、説明や謝罪に時間がかかることは怒りや悲しみが増してしまう可能性が非常に高くなります。 ですので、クレームに対しては迅速な対応が必要なのです。 ビジネスシーンではせっかちな人や、怒りっぽい人に対しては早急な対応が必要になってきますのでこのような表現方法で部下や同僚などに引き継ぎをしているのがこちらの例文です。

次の

「迅速」の意味とは?「迅速な対応」などビジネス例文と関連用語も

迅速なご対応

予想外の事態が起こり、上司や取引先などのビジネスの相手に、急ぎの対応をお願いする時に使うのが「早急なご対応をお願いします」という言葉です。 この記事では「早急なご対応」という言葉の意味や具体的な使い方、類語の「早速」「早々」「迅速」などとの使い分け、実際に上司や取引先に早急に対応してもらうためのコツなどについて解説しています。 上手く使えると便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。 「早急なご対応」の意味 「早急」の意味は「非常に急ぐこと」であり、 「対応」は「周囲の状況などに合わせて物事をすること」なので、具体的な行動を指示しているわけではありません。 「早急なご対応を願います」という言葉は、「(予期せぬことが起こったので、誠に申し訳ありませんが)至急対応してください」と、相手に依頼する時の丁寧な表現として使われます。 「早急なご対応」という言葉が使われる場面 「早急なご対応」という言葉は何か突発的な事態に陥り、現場に応じた作業を大至急で相手にお願いする時に使われます。 しかし、こちらにとっての「突発的な事態」への対応は、相手にとっても「突発的な事態」です。 「早急なご対応をお願いします」だけでは、命令のニュアンスがあるので、「申し訳ありませんが」などのお願いする気持ちを表す言葉を付け加えると、対応を依頼された相手も快く作業をしてくれるでしょう。 「早急なご対応」の使い方と類語・例文 ビジネス敬語としての「早急なご対応」 「早急なご対応」の「ご対応」という言葉では、指示や命令に近いニュアンスを持つ「対応」に尊敬語の「ご」をつけて、「対応していただきたい」を丁寧にした言い回しです。 メールに「早急なご対応をお願いします」だけ書いても、相手から「突然、大急ぎの用事を持ち込まれた」と迷惑に思われることもあるので、「早急なご対応をお願いします」の前に「申し訳ありませんが」をつけると、相手も快く協力してくれるでしょう。 「早急」の類語3つ ビジネスの場で頻繁に使われる「早急なご対応をお願いします」の「早急」には、意味の似た言葉が3つあります。 それは「早速」「早々」「迅速」です。 ここでは「早急」と類語の「早速」「早々」「迅速」の違いと使い分けのコツを勉強していきましょう。 類語をたくさん知って、うまく使い分けることができると、ビジネスもスムーズに進みます。 類語1. 「早速」 「早速」は「すみやかなこと」「すぐ行うこと」「すぐに」を意味する言葉ですが、文章の途中からしか使えない形容動詞の「早急」とは違い、形容動詞・副詞の「早速」は文章の最初につけてもかまいません。 使用例として「早速お返事をいただき、ありがとうございます」「早速だが、上海でのビジネスの話をしよう」「早速ご報告していただきたいことがあります」などがあります。 類語2. 「早々」 早々は「はやばや」と「そうそう」の2つの読み方があります。 「早々」は「早急」と違って自分や目下の人や友人、知人などには使えますが、目上の方に使うと失礼な印象を与えます。 「中学時代の後輩は入社早々から仕事の面倒をみてくれた」「彼は結婚早々、札幌に転勤になってしまった」「マイホーム購入早々に出た転勤辞令だったが、子どもの学校のこともあり、単身赴任することにした」などの使用例があります。 類語3. 「迅速」 「迅速」は物事の進捗や行動が速いことを意味します。 「早急」は自分の行動には使えませんが、「迅速」は自分の行動に対しても、相手側の行動に対しても使うことができます。 ビジネスでは「迅速なご対応ありがとうございます」という表現が頻繁に使われます。 他に「警官は迅速に現場にかけつけた」「通勤用車両は迅速な乗降のために扉を大きくした」「契約後、迅速に資金が振り込まれた」などの表現例があります。 「早急なご対応」と類語の例文4つ 例文1 ビジネスのメールで使われることが多い「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」という言葉は、突発的な出来事に対して自らの予定を変更して処理してくれた相手への感謝の思いが込められています。 メールだけでのやりとりはドライな関係になりやすいですが、「早急にご対応をお願いします」と「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」を一対で使うように習慣づけておくと、相手と良好な関係が築けます。 例文2. ビジネスメールで使われる「この度は迅速なご対応ありがとうございました」という言葉は、思いがけず相手がすばやく対応してくれたことへの感謝の表現です。 「早急なご対応をお願いします」とメールを送った後、相手の対応が速くて適切に処理できた時に、報告メールの文中に「迅速なご対応ありがとうございました」と一言添えると相手に喜ばれます。 「早急なご対応をお願いします」とワンセットで使うとよいでしょう。 3 「〇〇商事の件、メールで送付しましたので早急に対処をお願いします」の「対処」は、「対応」と似たニュアンスで使われることが多い言葉です。 「対応」は 周囲の状況などに合わせて物事をすることで、「対処」はある事に対して適当な処置をとることを指し、「対処」は「対応」よりも範囲が限定的です。 使用例に「取引先の倒産に対処した」「倉庫の火災への対処に保険をかけた」「顧客からのクレームに対処する」などがあります。 このように早急な対応をお願いする時には、必ず期限を明確に記載することが大事です。 敬語について知りたい方へおすすめの本はこちら ここでは上司や取引先に「早急なご対応」をお願いする時の注意点について説明します。 ポイントは4つあります。 迅速に依頼すること 2. メールの見出しで急ぎの依頼内容であることを伝える 3. 案件の回答期日や急ぎの理由を明確に書く 4. 返事が遅れている場合は、督促メールをだけでなく、電話や口頭でも「早急なご対応をお願いします」と伝え、急ぎの案件があることを思い出してもらう 具体的な方法についてみていきましょう。 迅速に依頼 相手に依頼しなければいけない緊急の案件がまわってきたら、自分の抱えている案件は後回しにしてでも、即座に上司や取引先にお願いのメールを送り、必要があれば電話します。 相手もたくさんの案件を抱えているため、突発的な事態に早急な対応が必要になった場合、スケジュール調整しなければならないケースが多いので、自分の片付けたい急ぎの案件を、速く処理したい気持ちを抑えて、まずは相手に連絡することが大切です。 メールや依頼内容 急ぎの案件があることを取引先に確実に伝えるには、メールで依頼するのがよいでしょう。 メールのタイトルに「急用」「至急」などの文字を入れておくと、相手が至急の案件が入ったことに気づきやすくなります。 相手がメールをフォルダー分け設定していない場合もあるので、メール送信だけではなく、必ず電話や口頭で「お忙しいとは思いますが、早急なご対応をお願いします」と、相手に急ぎの案件があることを伝えましょう。 例えば「上司に売上データを急いで送ってほしい」と依頼するメールに、「来季の売上目標を決める会議の資料として使いたいので、売上データを〇月〇日〇時までに資料を送ってください」と理由を書き添えるとよいでしょう。 メールだけでなく口頭でもリマインド 上司に送ったメールが期限間近になっても返答が帰ってこない場合、改めて「お忙しいところ申し訳ありませんが、早急なご対応をお願いします」と催促のメールを送ります。 そして、もう一度口頭で催促します。 この時に相手を急かし過ぎず、失礼のないように丁寧に対応することが大切です。 多忙の余り、こちらが送ったメールを見ていない可能性もあるので、口頭で早急な対応が必要な案件があることを思い出してもらうことが重要です。 ビジネスシーンで「早急なご対応」を正しく使おう この記事ではビジネスメールを書くケースを中心に「早急なご対応」という言葉の意味や使い方、「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」との使い分けについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 「早急」の類語「早速」「早々」「迅速」や、「対応」の類語「対処」との使い方の違いに注意して、メールで頻繁に出てくる「早急なご対応をお願いします」という言葉を使いこなして、ご自分のビジネスを円滑に進めてください。 ビジネスにおいて正しい敬語を身に付けよう 社会人になると、上司・先輩・同僚・後輩・お客様・取引先の担当者など、性別も年代も価値観も立場も全く違う人とコミュニケーションを取る必要が出てきます。 特に先輩や上司、お客様や取引先などの目上の方に、親しみの気持ちを保ちながらも距離感を調節していくためには「敬語」の使い方が重要です。 周りの人たちと良好なコミュニケーションをとり、自信を持って仕事をしていくために、正しい敬語の使い方を身につけましょう。

次の

「迅速な対応」とは?意味や使い方を解説

迅速なご対応

「迅速」という言葉の意味は「物事やタスクをきわめて早くこなすこと」や「物事の進行がきわめて早いこと・はかどっていること」、また「すみやかに行動を起こすこと」などと言い、一般的に「迅速な対応」と言われる場合は「きわめて仕事を早くこなすこと」という意味合いで使われます。 主に仕事をする場合では、この「迅速な対応」というのが日常的な行動に課される形で認められ、「何をするにも早く、正確にこなすこと」という標語が設けられる場合が多く見られます。 「何でも物事を早くこなすこと」というのはまるで美徳のように言われますが、この「迅速な対応」という言葉の意味には「ただ早く物事をするだけでなく、丁寧に仕事をし、その成果をより引き上げること」というベターな成果を目指す言葉として使われます。 「迅速な対応」の意味は先述のように「きわめて早く、正確にその仕事を終えて、従来の成果よりもさらに大きな成果を獲得すること」を言います。 これは主に仕事上での専門用語としてだけではなく、日常生活においても頻繁に使われ、その場合でも「物事を丁寧かつ正確に、さらにそのことを早く終わらせる」という意味合いをもって使われます。 そもそも「迅速」という言葉の意味には「すみやかに物事を終わらせる」という、「あまり手間をかけずにその物事をし終える」という意味合いがあり、この場合の「手間取らない」という意味は「他の物事に注意をそらさず、まっすぐにそのことだけをする」といった集中力を引き上げることを言います。 その意味合いをもって言えば、「ただ早く終わらせず、正確かつ丁寧に仕事をする」という、集中してその物事をこなすという背景がうかがえてきます。 ビジネスでの「迅速な対応」の使われ方 ビジネス上で「迅速な対応」という言葉が使われる場合は、たいてい「正確に仕事をすること」と「丁寧に仕事をすること」、そしてなおかつ「その仕事をきわめて早く終わらせること」という三拍子の意味合いで使われる場合がほとんどです。 ただ早く仕事を済ませるのであれば、その仕事に集中しないでも、いい加減に終わらせることは可能で、そうしたいい加減・あいまいな仕事の済ませ方を望んでいることは仕事上においてありません。 そのためこの場合の「迅速な対応」という言葉の真意には、「早く終わらせるのは当然で、その早く仕事をするための集中力を高めよ」という、社員各自の仕事に対する姿勢の補強を図る言葉として受け取られます。 メールでの「迅速な対応」の使われ方 ビジネスメールやプライベートでのメールを問わず、この「迅速な対応」という言葉を用いた表現は非常に多くの場面で見られています。 「何かできごとが起きて、その物事に対する処置や対応を急ぐとき」などには必ずと言ってよいほど、この「迅速な対応」という言葉やそれに準じる言葉をもって相手に伝えられます。 ・受験の準備を、迅速な対応をもってし終えてください。 ・入社式に間に合わすために、書類選考を迅速な対応で済ませてください。 ・迅速な対応をもって、何事にも対応してください。 ・楽器の調達を、迅速な対応をもって行なってください。 「これからしよう」という場合や、この先にあるイベントやタスクに間に合わせる形で「迅速な対応」という言葉が使われます。 そしてこの場合でも「ただ早くそれをするだけ」ではなく、「正確にそのイベントやタスクに対応できるよう、ことを慎重に運ぶ」という姿勢が求められます。 社内での「迅速な対応」の使われ方 ビジネス上では常にいろいろな仕事が飛び交うため、この「迅速な対応」という言葉がその要所で使われるのは誰でも納得できるでしょう。 その場合でも主に「対応すること」を念頭に掲げた「迅速さ」が求められますので、会社内外における「対応の場面」ではこの「迅速な対応」という言葉が頻用されます。 ・この書類作成は、迅速な対応をもって臨んでください。 ・今度の入社式への準備は、今から迅速な対応をもってしなくては間に合いません。 ・迅速な対応をもて、先方にこれらの書類を回してください。 ・プリントを迅速な対応で行なってください。 ・接客では迅速な対応が必要です。 このようにビジネス上では「あらゆる対応の場面」がありますので、この「対応する場面」では必ずと言ってよいほど「迅速さ」が義務づけられます。 この場合の「迅速な対応」の意味合いにも、「正確かつ丁寧に、物事への対応を早くすること」が含まれます。 日常での「迅速な対応」の使われ方 先に少し触れましたが、この「迅速な対応」という言葉は日常(プライベート)の多くの場面でも使われます。 ただそのまま「迅速な対応」という言葉をもって使われることは少ないですが、それでも「迅速な対応」と同じ意味合いを持つ別の言葉をもって、物事を迅速にすることを伝える場合は多いです。 ・早急に(迅速な対応をもって)ビジネス書類を作成しよう。 ・すぐに(迅速な対応をもって)レシピを作ろう。 ・とにかく早く(迅速な対応で)自転車を買いに行こう。 敬語表現では「迅速な対応」という言葉が使われることはまず少ないです。 この場合は「早急に」や「早々に」、また「早速」などと言葉が置き換えられ、表現そのものが変えられて表現されます。 ・早急に折り返し、お電話をさせていただきます。 ・早々に、ご提示いただきました案件に対応させていただきます。 ・それでは早速、事業計画案をご提出させていただきます。 このように「早急」、「早々」、「早速」といった別の言葉に置き換えられて表現される上で、「迅速な対応」という言葉の基本的な意味合いを相手へ表明します。 尊敬語での「迅速な対応」の使い方 先述での「迅速な対応」の敬語表現例を踏まえた上で、尊敬語で相手に伝える場合はどうするのか。 尊敬語というのは「目上の人や司に当てて敬意を示して言う敬語表現」であり、ビジネス上では最も使われる敬語表現の1つとなるでしょう。 ・早急に(迅速な対応をもって)書類作成をさせていただきます。 ・可能な限りで早期に(迅速な対応をもって)、事業計画を打ち立てます。 ・その案件につきまして、迅速に行動に移らせていただきます。 ・早々に報告書を作成させていただきます。 このように、「迅速な対応」という意味合いを持つ別の言葉で表現されることが多いですが、尊敬語で言う場合は「自分より相手の立場が上位にあること」を踏まえて言うため、「迅速に行動するのが自分であること」をあらかじめ表現しています。 そのため、自分の行動に当てて「迅速な対応を心がける」という言い方は非礼には当たりません。 謙譲語での「迅速な対応」の使い方 謙譲語というのは「相手の立場や自分との関係性を問わず、自発的に自分の立場・姿勢を低めて敬意を示す表現」を意味します。 この場合でも相手を立てて言うため、「迅速な対応」という言葉をそのまま「自分宛て」に使うことはできます。 ・微力ながらも、その案件につきまして早速ご対応させていただきます。 ・できるだけ早い時期をプラン立てし、そのお仕事に就かせていただきます。 ・早急に書類作成させていただきます。 ・迅速な対応をもって、わたくしどもが請け負わせていただきます。 このように、謙譲語で言う場合でも尊敬語の場合と同じく、「迅速な対応」をするのが自分であることを相手に打ち明け、その表現をもって「早々に仕事を終わらせる」という旨を相手へ伝えられます。 丁寧語での「迅速な対応」の使い方 丁寧語というのは「不特定多数の人々に敬意を示す敬語表現」で、主に「です・ます口調」によって公式な場面や情報メディアに公表される、尊敬語にも謙譲語にも認められる敬語表現を意味します。 ・迅速な対応をもって仕事に当たらせていただきます。 ・迅速にご対応させていただきます。 ・ご連絡は迅速な対応をもってさせていただきます。 ・早急にご連絡いたします。 ・迅速な対応によって、それへの解決を図って参ります。 このように公式掲載される情報や言葉になりますので、伝える相手が不特定多数ということもあり「特定の人物に対する非礼」ということはありません。 そのため、丁寧な言葉や口調をもって「迅速な対応」という言葉はそのまま使用される場合が多いです。 この場合は特に「上司から部下へ仕事を命令される場面」で使われ、その際に「仕事を早く済ませること」を伝える際に「迅速な対応」という言葉がそのまま使われます。 ・Aプランに関する書類作成を迅速な対応をもってしなさい。 ・会議プランを迅速な対応で進めてください。 ・今度の土木建設に関する施工工事を、迅速な対応で進める必要があります。 このように、上司から部下に命令される場合は特に表現に遠慮する必要がないため、そのまま「迅速な対応」という言葉が使われます。 基本的にはこのように表現されますが、それでも「迅速な対応」という言葉は少しお堅い表現となるため、この場合でも「早急に」や「早々に」といった伝えやすい言葉に置き換えられる場合もよく見られます。 日本語には全てる義後と対義語というものがあり、その言葉の意味合いと近い言葉・全く正反対の意味を持つ言葉、というように分類されます。 この類義語や対義語をワンセットで覚えることで、1つの言葉を覚える際にも多角的な理解が求められます。 ・早急の行動 ・すみやかな対応 ・素早い処置 ・いち早い行動 ・スピーディな対応 ・要領のよい行動 ・効率的な行動 ・一にも二にもない対応 ・さっと ・すぐに ・直球的な行動 ・直接的な対応 ・ストレートな行動 ・早々の対応 ・迅速な行動 ・すばやい行動 他にもありますが、一般的にはこれらの言葉や表現が使われます。 どの言葉にも「素早く行動し、正確にそのタスクに見合った対応をすること」という意味合いが含まれます。 「迅速な対応」の対義語 先述で少し触れましたが、部下が上司に対して「迅速な対応をよろしくお願いします」という言い方はタブーになります。 そもそも「迅速な対応をしてください」という表現そのものが命令調を含む表現になりますので、この場合は部下から上司に命令している図にもなりかねません。 ・ご都合がつく限りでかまいませので、できるだけ早々のご連絡をお待ちしております。 ・なるべく早くのご対応をいただければ幸いです。 ・早急のお取り計らいを感謝申し上げます。 こちらの方につきましても、よろしくお願いします。 このように「迅速な対応」という言葉は使わず、必ず別の表現によって「早くしてください」という旨を伝えてください。 どうしても「早くしてほしい旨」を伝えたい場合であれば、最後の例文のように、先に感謝を伝えておき、その後に「早くしてほしい」という旨を伝えると印象も悪くなりません。 部下への「迅速な対応」の使い方 何か仕事や案件を依頼される際に、この「迅速な対応」という言葉が使われる場合があります。 その場合でもこれまでにお伝えしましたように、上司から部下であればそのまま「迅速な対応」という言葉が使われ、部下から上司、または先方会社などに依頼する場合には、相手に対して非礼のないよう、あらかじめ表現を変えておくことが大切です。 ・先日、ご依頼させていただきました件につきまして、ご都合がつく限りで再度ご確認をお願いいたします。 ・先日、ご依頼させていただきました件につきまして、その後のご進展はいかがでしょうか。 ・依頼した件につき、できるだけ迅速にご連絡をください(上司から部下に対しての場合) ・ご依頼させていただきました件につきまして、早急のお手続きをいたしております。 このように場面や状況、また相手が変わることによって「迅速な対応」という言葉や表現も変わってきます。 お礼の手紙やメールにおいては「迅速な対応」という言葉がどんな場面でも使われています。 これは、その手紙の送り主がその文面の主体になるため、その話題での場面設定や話の流れや経過を、その送り主によって自由に設定できるためです。 ・わたくしどもへの迅速な対応を心がけていただきまして、誠に感謝申し上げます。 ・早急のお返事をいただくことができたことを、誠に感謝いたしております。 ・早々のご返信を、誠にありがとうございます。 さまざまな文面によって「迅速な対応」という言葉が使われますが、お礼状などに見られる場合の「迅速な対応」という言葉の意味合いには、主に物事の経過について説明した上で感謝の意を述べることになるため、お礼状という形で始めから相手への敬意が示されることになります。 「迅速な対応をせよ」といきなり言われても、すぐにその対応ができるかと言えば、それは土台無理な話と言えます。 迅速な対応というのは先述のとおり、「物事や仕事を正確かつ丁寧に、それでいてそのタスクを素早くこなすこと」を言いますので、日頃から「物事や仕事を正確にこなすスキル」を身につけておかなくてはなりません。 つまり「迅速な対応ができる」というのは、日頃からの仕事への向き合い方がまず問われ、そこで積み上げてきた経験(キャリア)によって、その物事・仕事を迅速にできるスキルを培うことができます。 したがって、「迅速な対応をするための準備」というのは、この日頃からの鍛錬が必要になり、日頃からまず仕事やあらゆる物事を正確にできるスキルを身につけておき、その上でそのタスクを「どうすれば素早く、効率よくすることができるか」というアイデアを工夫し続けることが大切です。 先にご紹介しました「迅速対応」の英語表記を活用して、いくつかの英語の例文をご紹介します。 下記の例文は、英語圏内でも一般的に使われる例文です。 ・His deeds always are quickly. 「彼の行動は常に迅速です。 」 ・Thanks for your quick response. 「迅速なご対応をありがとうございます。 」 ・Her communication extremely was rapid. 「彼女の会話は常に迅速を心がけます。 「この国の対応はいつも素早く、かつ行動的です。 」 「迅速な対応」の英語表現と意味(2) 先述の「迅速な対応」の英語表現に加えて、もう少し具体的な「迅速な対応」の意味合いが活用された例文をご紹介します。 ・Her quick response always overstates ours. 「彼女の迅速な対応は、いつでも皆を驚かせます。 」 ・This country's prompt response is also important in anticipating the future economic vision. 「この国の迅速な対応は、今後の経済的な展望・ビジョンを想定する上でも重要です。 」 ・Their ability to communicate quickly is superior to any ethnic group. 「彼らの迅速なコミュニケーション能力は、どの民族よりも優れています。 」 いかがでしたか。 今回は「迅速な対応」の意味・使い方・読み方・類義語と題して、「迅速な対応」という言葉の正確な意味合いや用法、その類義語、またさまざまな場面での用例についてさまざまな場面や分野からご紹介しました。 「迅速な対応」という言葉はビジネスをはじめ、普段の日常生活でも頻繁に使われている言葉に認められ、特に「素早い行動や対応」を指す形で、いろいろな表現をもって言われます。 また「迅速な対応」という言葉をそのまま使う例よりも、「早急」や「早々に」といった別の言葉で表現される場合も多く見られます。 何度も「迅速な対応」という言葉を使っていくうちに、「迅速」や「対応」というそれぞれの言葉の根本的な意味合いも理解できるようになり、「言葉を使って覚える」という実践的な学習をすることによって、「迅速な対応」という言葉の正確な用法もしっかりマスターできるようになるでしょう。

次の