サンキョウ ハウジング 倒産。 サンキョウハウジング破産へ

サンキョウハウジング破産へ

サンキョウ ハウジング 倒産

中国新聞に紹介されていたのでご存知の方も多いと思いますが、福山のビルダーのサンキョウハウジングなどグループ3社が破産手続き開始の申し立てを行うようです。 負債総額は32億円とのこと。 福山は当社の営業エリアではないのですが、福山で2011年から数年間、中国新聞主催のリフォームフェアがあり、何度かサンキョウハウジングさんに出展の案内をしたことがあります。 当時はリフォームに力を入れていなかったので、仕事になりませんでしたが、素敵な事務所と感じていました。 売上はサンキョウハウジングが2018年8月期で約18億とのことですが、同業者との競合激化や資材価格の高騰、また2016年に住宅リフォームの相談や住設機器の展示場「リフォーム&グリーンビレッジ」を新設したものの需要喚起が出来なかった点で財務が悪化していたそうです。 このほか、昨年7月の豪雨災害により分譲地やモデルハウスが浸水に遭い、その後の集客低下により受注も減少していたそうです。 岡山県笠岡市では昨年より全75区画の大型分譲を始めており、こちらの事業が資金繰りに大きく影響が出た模様です。 笠岡市のプロジェクトは、「笠岡サトヤマプロジェクト 美の浜」という名前で展開しており、2019年のグッドデザイン賞も受賞されたそうです。 コンセプトは、少子化で不要となった市民球場を市・金融機関・住宅会社が一体となって再開発をし、新規道路は設けないことで将来に渡る行政負担を減らし、その見返りを所有者住民に免税で還元するというもので、先進的な取り組みのように思います。 破産には様々な要因が重なっているのでしょうが、その一つが豪雨災害とすればやりきれないですね。 今回の台風19号でも大きな被害が起きております。 今後もこのような事態が起きることを想定しなければならないように感じます。 なにごとも「備え」が常に必要と感じます。 次回発行の「イエスタ」では備えをテーマに企画を立てているところです。 これからの暮らしに必要な要素を読者に提案していきたいと思います。 詳細については、改めてご報告させて頂きます。

次の

福山の住宅会社 サンキョウハウジングの倒産

サンキョウ ハウジング 倒産

中国新聞に紹介されていたのでご存知の方も多いと思いますが、福山のビルダーのサンキョウハウジングなどグループ3社が破産手続き開始の申し立てを行うようです。 負債総額は32億円とのこと。 福山は当社の営業エリアではないのですが、福山で2011年から数年間、中国新聞主催のリフォームフェアがあり、何度かサンキョウハウジングさんに出展の案内をしたことがあります。 当時はリフォームに力を入れていなかったので、仕事になりませんでしたが、素敵な事務所と感じていました。 売上はサンキョウハウジングが2018年8月期で約18億とのことですが、同業者との競合激化や資材価格の高騰、また2016年に住宅リフォームの相談や住設機器の展示場「リフォーム&グリーンビレッジ」を新設したものの需要喚起が出来なかった点で財務が悪化していたそうです。 このほか、昨年7月の豪雨災害により分譲地やモデルハウスが浸水に遭い、その後の集客低下により受注も減少していたそうです。 岡山県笠岡市では昨年より全75区画の大型分譲を始めており、こちらの事業が資金繰りに大きく影響が出た模様です。 笠岡市のプロジェクトは、「笠岡サトヤマプロジェクト 美の浜」という名前で展開しており、2019年のグッドデザイン賞も受賞されたそうです。 コンセプトは、少子化で不要となった市民球場を市・金融機関・住宅会社が一体となって再開発をし、新規道路は設けないことで将来に渡る行政負担を減らし、その見返りを所有者住民に免税で還元するというもので、先進的な取り組みのように思います。 破産には様々な要因が重なっているのでしょうが、その一つが豪雨災害とすればやりきれないですね。 今回の台風19号でも大きな被害が起きております。 今後もこのような事態が起きることを想定しなければならないように感じます。 なにごとも「備え」が常に必要と感じます。 次回発行の「イエスタ」では備えをテーマに企画を立てているところです。 これからの暮らしに必要な要素を読者に提案していきたいと思います。 詳細については、改めてご報告させて頂きます。

次の

倒産情報アーカイブ

サンキョウ ハウジング 倒産

サンキョウハウジング 福山市で完全自由設計の注文住宅を手掛ける「サンキョウハウジング」について、家づくりの特徴や施主の口コミ評判などをまとめました。 自己破産申請をしております。 サンキョウハウジングで注文住宅を建てた施主の口コミ・評判• モデルハウスに見学に行ったのですが、スタッフの方の対応がとてもよかったです。 教育がしっかりしていると思い、サンキョウハウジングにお願いしました。 いくつかの会社と打ち合わせをしたのですが、サンキョウハウジングが我々の要望をきちんとくみ取ってくれました。 プランも気に入りましたし、設計士の方がとても熱意を感じる方でした。 うちには大型犬がいるのですが、ワンちゃんでも快適に暮らせる家を提案してくれたのがココだけでした。 無垢と漆喰塗りという自然素材の家、犬用の部屋とかも提案してくれて、ペットと楽しく過ごせる家ができました。 実績が豊富な会社だからか、細かい要望もうまく理解してプランに反映してくれました。 建売では実現できないような暮らしやすさになったと思います。 sankyo-h. html 無垢のフローリング、造作テーブル、木製のオープン階段…と、木をふんだんに使った住まい。 素材そのものから感じられる温かみと、やさしい香りに包まれたLDKです。 sankyo-h. 黒の外壁と木目を活かしたエントランスの組み合わせが絶妙です。 室内の特徴は、LDKに木の飾り天井を設けていること。 単調になりがちな空間に変化を加えています。 建築家、施主のセンスが光る注文住宅といえるでしょう。 sankyo-h. 一見すると面白みに欠けるデザインですが、玄関に大きな吹き抜けを設けることで、この家ならではの特徴を生み出しています。 室内はオーソドックスな設計です。 木の温もりを活かすとともに、随所に収納を設けるなど暮らしやすさにこだわっています。 デザイン性と住み心地を両立した注文住宅です。 sankyo-h. 特徴は、住み心地を考えて回遊動線を設けていることです。 行き止まりがないので毎日の家事を快適に行なうことができます。 もう一つの特徴として挙げられるのが、屋上に設けられた大きな庭園です。 家族でゆったりとくつろぐことができます。 理想的な二世帯住宅といえるでしょう。 sankyo-h. 室内は、木の質感を活かしたナチュラルテイストな仕上がりです。 大きなインナーバルコニーを設けている点も特徴として挙げられます。 外の視線を遮りながら家族だけの時間を過ごすことができます。 暖かな暮らしを想像できる注文住宅です。 sankyo-h. 室内の特徴は、無垢のフローリング材を使用していることとLDKに大きな吹き抜けを設けていることです。 木の温もりと空間の広がりを感じながら過ごすことができます。 のびのびと暮らせるナチュラル仕様の注文住宅といえるでしょう。 素材と構造に注力している「サンキョウハウジング」の特徴 吸湿・消臭性に優れ、有害物質の心配がほとんどない壁材 サンキョウハウジングの家は、琉球の漆喰、そして卵の殻を応用したエッグウォールを壁材として使っています。 琉球漆喰は、調湿性や消臭性、断熱性に優れており、職人の手で仕上げるため風合いのある仕上がりになります。 しかも揮発性有害物質を吸着してくれるので、家の中の空気をきれいに保ってくれます。 またエッグウォールは、多孔質という特性によって室内の湿度を調整してくれるため、冬はしっとり、夏はカラッとした環境を作ってくれます。 二つの天然素材による壁材が、快適に過ごせる室内環境を作ってくれるのがサンキョウハウジングの大きな強みです。 効果が持続する防腐防蟻剤「エコボロン」 住宅を建てた後に心配になるのが防腐・防蟻です。 木材の腐朽とシロアリは住宅劣化の大きな原因と考えられています。 サンキョウハウジングは、高濃度のホウ酸水溶液を素早く木部に浸透させるエコボロンPROにより防腐防蟻対策を行っています。 木部に浸透したホウ酸の効果は、長期間、衰えないので、通常の防腐防蟻材で必要になる5年ごとの再施工を必要としません。 エコボロンPROが使用しているホウ酸は、カリフォルニア州などで採取された鉱物から作られる天然物です。 シロアリなどの害虫に効果を発揮します。 24時間換気システムで気持ちのよい空間 サンキョウハウジングは、24時間機械換気システム「澄家ECO」により、室内を気持ちのよい空間に保ち続けます。 一般的な住宅換気と澄家ECOの違いは換気方式です。 一般的な住宅は、トイレや台所換気などから強制的に排気し、給気口から外気を取り入れることで室内の空気を入れ替えます(第三種換気)。 これに対し、澄家ECOは、排気も給気も機械的に行います(第一種換気)。 澄家ECOの排気は、各部屋の床に設置した排気グリルから行います。 排気グリルから取り込まれた空気は、熱交換器に運ばれて室内の温度と湿度を取り込まれた外気に受け渡し排出されます。 室内に取り込まれる空気は、熱交換器に運ばれて排出される空気から温度と湿度を受け取り1階の床下に吹き込まれます。 高性能花粉フィルターを通過するので、98%以上の花粉やPM2. 5は取り除かれています。 つまり、清潔な空気のみ室内に取り入れられるのです。 以上を、機械的に行うのが澄家ECOです。 澄家ECOには、各部屋のホコリを排気グリルに吸い込む働きや床下の空気を乾いた状態に保ちシロアリの発生を予防する働き、地中熱を利用して室温を快適に保つ働きなどもあります。 機能性に優れた24時間機械換気システムといえるでしょう。 ここで気になるのが騒音とメンテナンスです。 機械式と聞くと、これらを心配する方が多いかもしれません。 澄家ECOは、本体ファンを床下に設置するためとても静かです。 また、低い位置にフィルターを取り付けているのでメンテナンスは簡単です。 機械換気システムになれていない方でも、騒音やメンテナンスに悩まされることはないはずです。 澄家ECOは、お部屋を気持ちのよい空間に保ってくれます。 全ての水を安心・安全に サンキョウハウジングの家づくりには、AQ-lifeという水道システムを組み込むことができます。 AQ-lifeの中でも、AQ-wayは特にきれいな水を安心して使うためには欠かせない浄水機能。 家で使う水が通る入り口に浄活水装置を取り付けることで、家の蛇口から出る水を全て安心して使える浄活水にしてくれるというシステム。 家の中のどこで水を使っても有害物質のほとんどない、きれいな水を利用することができます。 どんなテイストにも対応できる提案力 注文住宅を建てるなら、とことん自分の好みや理想を反映させたいもの。 サンキョウハウジングは、幅広いテイストに対応できる提案力を持った注文住宅会社です。 シンプルモダンからナチュラル、和テイストなど、あるいは家族団欒の広いリビング、暖炉のある家など、いろいろな要望に応えてきた実績があります。 世界にひとつしかない、自分だけのこだわりの家づくりができるのは、提案力に優れるサンキョウハウスならでは。 ぜひ一度、家づくりについて相談してみてはいかがでしょうか。 女性設計士によるこだわり(女性目線を活かした設計) サンキョウハウジングで、注文住宅の設計を担当しているのが女性設計士です(9割以上を女性設計士が担当)。 なぜ、女性設計士が中心となり注文住宅を建てているのでしょうか。 実際の暮らしを基軸に家づくり サンキョウハウジングが家づくりの中心に女性設計士を用いている理由は、女性ならではの視点を活かした家づくりを行なえるからです。 一般的に、男性設計士は建物の見た目や大人の使い勝手にこだわる傾向、女性設計士は実際の使い勝手や子ども目線にこだわる傾向があるといわれています。 どちらにも長所・短所があるので優劣はつけられませんが、サンキョウハウジングは実際の暮らしを基軸に家づくりを行なうため家づくりの中心に女性設計士を用いています。 新生活をイメージして設計 サンキョウハウジングの女性設計士は、施主のライフスタイルをヒアリングしたうえで新生活をイメージしながら注文住宅を設計してくれます。 女性ならではの視点や気配りなどを活かし、生活動線、収納、インテリアなどを提案してくれるので、快適な暮らしを送れる注文住宅を建てられます。 必要があれば、理想の暮らしを実現するまで打ち合わせを繰り返すことも可能です。 対応エリアを限定して密なお付き合い サンキョウハウジングは、対応エリアを福山市から1時間以内の範囲に限定しています。 対応エリアを限定している理由は、アフターメンテナンスに責任を持つためです。 サンキョウハウジングは、引渡し後6カ月、1年、2年、5年、7年、10年のタイミングで定期メンテナンスを行っています。 また、心配や問題があったときに、24時間体制で連絡をとれる体制、すぐに駆け付けられる体制を構築しています。 エリアを限定して質の高いアフターメンテナンスを提供しているので、新生活を始めた後も安心です。 会社情報 会社名 サンキョウハウジング株式会社 住所 広島県福山市南蔵王町2-4-5 アクセス 福山東インターから車で1分 営業時間 記載なし 対応エリア 福山市、尾道市、府中市、岡山県井原市、笠岡市.

次の