ゆうちょ トークン 処分。 ゆうちょ銀行の認証アプリが便利すぎる!トークンから変更できる?

20年使ってきたゆうちょ銀行を解約しました。その理由と手続きの流れをご紹介します

ゆうちょ トークン 処分

社員が少ないので顧客情報の入った書類などをシュレッダーにかけるのは本当に大変でした。 日本郵便さんのサービスなので安心して任せられます! お申込み 事前に をお出しいただきます。 必要事項をご記入の上、最寄りの集配を受け持つ郵便局または営業担当者にお渡しください。 受付郵便局は 手続き完了後、3~5日程度で専用キット(5枚1セット)をお送りいたします。 ご利用上の注意• 本サービスのご利用は、弊社の料金後納契約をお持ちの法人企業さま(個人事業主を含みます。 )に限らせていただきます。 個人のお客さまのご利用、現金でのお取り扱いはできません。 書類に付随するホチキス、クリップ、とじひも、紙ファイルは混入できますが、それ以外の文具、CD-ROMやフロッピーディスクなどの紙以外のものは混入できません。 本サービスのご利用以外での専用箱による荷物の差し出しはできません。 (誤って溶解されるおそれがあります。 本サービスのご利用については、専用箱に貼付されている専用ゆうパックラベルを必ずご使用ください。 その他のゆうパックラベルではご利用いただけません。 紛失または破損した場合はゆうパック約款の範囲内で補償いたします。 文書上の秘密情報または個人情報が漏えいした場合は、当社の定める個人情報の取り扱いにより、補償限度額で補償いたします。 詳しくは をご覧ください。 その他詳細につきましては をお読みください。

次の

ゆうちょダイレクトの振込手数料一覧!他行でも無料なの?

ゆうちょ トークン 処分

ちなみにゆうちょダイレクトを利用するには申し込みが必要です。 申し込みは無料でできますので、ゆうちょ銀行をよく利用される方は申し込みだけでもしておいた方が便利ですよ。 ゆうちょダイレクトにはウェブからの申し込み方法と書面での申し込み方法があります。 近所に郵便局がない場合はウェブでの申し込みがいいかもしれませんね。 ちなみに、先程の手数料などの一覧はゆうちょ銀行のホームページからも確認できます。 ゆうちょダイレクトは他行でも無料なのか? ゆうちょダイレクトであっても他の銀行に振り込むときは 5万円未満なら216円、5万円以上なら432円の振込手数料がかかります。 ちょっと話はそれますが、ゆうちょダイレクトを利用するときには気をつけなければならない点があります。 それは「 他行からゆうちょに振り込むときは専用の店名と口座番号が必要になる」というものです。 一般の銀行とゆうちょ銀行では口座番号の桁数が違います。 これは公共料金の支払い用紙なんかをみてみると一般銀行とゆうちょ銀行は同じ振り込みのはずなのに用紙が違っていることからもわかると思います。 口座番号の桁数が違うので、振込専用の店名や口座番号を使う必要があるのです。 ですから、ゆうちょ銀行に振り込む際には、相手に振込専用の店名や口座番号なのか確認しておきましょう。 なじみがないと難しいことを言っているような感じがしますが、難しいことは考えなくても大丈夫です。 というのも、最近口座を作った方や新しい通帳に繰越しているのなら振込用の店名や口座番号がちゃんと通帳に記載されていますので。 一般の銀行口座の他にゆうちょ銀行も口座を持っているとなにかと便利です。 ですので、もしこれからゆうちょ銀行で口座を開設しようと思っているのなら、ついでにゆうちょダイレクトの手続きも済ましておきましょう。 まとめ ゆうちょダイレクトの振込手数料はゆうちょ銀行あてなら月5回まで無料になります。 他行に振り込む場合は5万円未満なら216円、5万円以上なら432円の手数料がかかりますので、ご注意くださいね。 銀行口座を作っておくとげん玉などのポイントサイトを利用するときなどに便利ですよ。

次の

トークンの再発行|ゆうちょダイレクト

ゆうちょ トークン 処分

ネット銀行のトークンは基本無料 ネット銀行のセキュリティトークンは、 新規発行や 電池切れ、 故障による再発行は無料です。 ジャパンネット銀行は、口座開設すると郵送でセキュリティトークンが届きます。 ソニー銀行は、トークン発行を希望すれば、無料で発送してもらえます。 セキュリティトークンの電池切れや故障も、自己都合による再発行ではないので、手数料なしで再発行できます。 動作がおかしい、液晶の表示に不具合がある場合は、早めに再発行することをおすすめします。 銀行マイページから再発行の申し込みが可能です。 再発行申請中に振り込みたい場合は、提携ATMでキャッシュカードを使い振り込めます。 ジャパンネット銀行とソニー銀行のキャッシュカードで振り込みできるのは、 三井住友銀行ATMです。 トークン発行が有料のケースとは 追加発行や 紛失による再発行は、再発行手数料がかかります。 自己都合による再発行は有料です。 ゆうちょ銀行は、 新規発行・再発行とわず完全有料です。 追加発行 ジャパンネット銀行・ソニー銀行ともに、セキュリティトークンは 一人あたり2台まで持てます。 紛失にそなえて予備を持ちたい人や、自宅用・仕事用で2台持ちしたい人などにニーズがあります。 口座開設時に発行できるセキュリティトークンは、1台です。 2台目のトークン発行を依頼すると、 発行手数料1,100円(税込)が必要です。 発行手数料は、セキュリティトークン発行の手続き後に、円普通預金口座から引き落としとなります。 紛失による再発行 セキュリティトークンを紛失した場合も、再発行手数料が1,100円かかります。 再発行を申し込む前に、マイページから「トークンロック」の手続きをすることをおすすめします。 なくしたセキュリティトークンを凍結し、第三者による不正利用を防げます。 凍結手続きを終えたあと、続けて再発行手続きを済ませれば、スムーズに新しいセキュリティトークンを受け取ることができます。 ゆうちょ銀行はすべて有料 ゆうちょ銀行のセキュリティトークンは、 新規申込も再発行もすべて有料です。 紛失だけでなく、故障や電池切れによる再発行も、例外なく1,620円(税込)の手数料が発生します。 ゆうちょ銀行のセキュリティトークンが有料化したのは、「 ゆうちょ認証アプリ」サービスが始まったからです。 ネットバンキング「ゆうちょダイレクト」にログインする際、専用アプリで本人認証し、セキュリティを高められるようになりました。 スマホの生体認証(iPhoneのFace IDなど)にも対応しています。 ハードウェアのセキュリティトークン発行を有料にすることで、ゆうちょ認証アプリの利用を推奨しているともいえます。 ゆうちょ銀行のセキュリティトークン発行は、ゆうちょダイレクトからのみ申し込めます。 窓口や電話では受け付けていません。 トークンの電池が切れた際の対応方法 セキュリティトークンはバッテリーで動作するため、 電池切れになる場合があります。 電池切れになったら、カスタマーセンターに問い合わせて、ハードウェアを再発行する必要があります。 有効期限があるトークンは、期限より長く電池が持つようになっています。 しかし、製造タイミングによっては、電池が切れる可能性もあるかもしれません。 ジャパンネット銀行とソニー銀行の、セキュリティトークンが電池切れになったときの対処方法を比較してみました。 ジャパンネット銀行 ジャパンネット銀行のセキュリティトークンは、有効期限が近づくと、 ジャパンネット銀行から自動的に新しいトークンが届きます。 こちらから手続きをする必要はありません。 約5年に1回、新しいトークンに交換します(交換の場合は無料)。 セキュリティトークンの電池は、有効期限(5年)より長く使える仕様です。 有効期限ごとにトークンを交換すれば、電池切れにはなりません。 ジャパンネット銀行のセキュリティトークンは、当初はキーホルダー型でした。 現在は、よりコンパクトなカード型に切り替わっています。 バッテリー切れが起こる可能性があります。 セキュリティトークンの「更新予定日」が近づくと、 ソニー銀行から更新の案内が届きます。 その案内に従い、バッテリー切れ前に新しいトークンに交換します。 交換手数料は無料です。 バッテリー残量が10%未満になると、液晶にエラー表示が出ます。 電池切れが近づいたらカスタマーセンターに問い合わせて、新しいトークンを発行してもらいます。 ソニー銀行のセキュリティトークンは、重量わずか13gの小型キーホルダー型です。 持ち歩きに便利です。 しかし、ソニー銀行では現在、アプリを使う「スマホ認証方式」を推奨しているようです。 トークンアプリや認証アプリで2段階認証を行い、ネットバンキングのセキュリティを向上する仕組みです。 ソフトウェア型だと、ハードウェア機器の欠点である、電池切れや紛失リスクがありません。 主要銀行の認証アプリは、スマホの 生体認証にも対応しています。 生体認証でログインすると、とてもスムーズに認証が完了します。 ハードウェアトークンを起動し、ワンタイムパスワードを発行し、ネットバンキング画面に手入力する手間がなくなります。 ハードウェアトークンを発行していない銀行でも、認証アプリなどがあれば安心して利用できます。

次の