クエン 酸 第 一 鉄 na。 鉄剤(フェロミア、フェルム、フェログラデュメット、インクレミン)の違い

フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム)はお茶・コーヒーと一緒に飲める?吐き気を予防する方法

クエン 酸 第 一 鉄 na

フェロミア(クエン酸第一鉄)とビタミンCの併用は無意味? 詳細 親カテゴリ: カテゴリ: 作成日:2015年09月21日(月)23:13 最終更新日:2016年12月04日(日)18:26 参照数: 17163 40歳女性、内科。 Rp1 フェロミア(50) 2T ハイシー顆粒25% 2g 1日2回朝夕食後 28TD 「ハイシーって何で服用するんですか?」 ー患者さんの状態ー 会社の健康診断で毎回貧血を指摘されていたが病院には行ってなかった。 最近、めまいや動悸など自覚症状あり受診。 ヘモグロビン濃度9.0g/dLで今回から薬物治療開始。 鉄欠乏性貧血の診断。 併用薬はない。 その質問されなくても、いつも説明してる内容ですよ。 ただ、最近はフェロミアにハイシーやらシナールの併用の処方が少ない気が・・。 この時は、 「ハイシーはビタミンC製剤ですが、ビタミンCは鉄が吸収されやすい形に変える作用があるので、一緒に処方されてると思います。 」 と返答。 ところが!! ちらっと見た、 鉄欠乏性貧血治療剤フェロミア処方に関するQ&A って資料に、こう書かれていました。 『フェロミアは、鉄と鉄吸収促進物質であるクエン酸との化合物であるため、特にビタミンCと併用する必要はなく、フェロミアを単独およびビタミンCと併用した比較試験では貧血改善効果に影響がない報告がされています。 』 えっ!?フェロミアにビタミンC併用って意味ないの!? ビタミンCには、 吸収されにくい3価鉄(第二鉄)を吸収されやすい2価鉄(第一鉄)に還元する作用があるけど、 クエン酸の キレート作用で2価鉄(第一鉄)から3価鉄(第二鉄)に酸化されることがあまりないようなので、結局ビタミンCは不要? 食べ物から摂取した3価鉄(第二鉄)の還元には役立ってると思うけど、薬物治療を開始してるなら、ビタミンCをプラスしても変わらないかぁ・・。 それどころか、 胃腸障害の副作用が増大することがあるとな・・。 それでも、先生はご自身の経験からお出ししているのでしょう!! 安易に患者さんに意味ないよとは言えないな・・。

次の

フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム)はお茶・コーヒーと一緒に飲める?吐き気を予防する方法

クエン 酸 第 一 鉄 na

薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 セフジニル セフジニルの吸収を約10分の1に阻害することがあるので、3時間以上間隔を空けて本剤を投与すること。 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する。 キノロン系抗菌剤 塩酸シプロフロキサシン ノルフロキサシン トスフロキサシントシル酸塩水和物 スパルフロキサシン等 抗菌剤の吸収を阻害することがある。 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する。 テトラサイクリン系抗生物質 相互に吸収を阻害する。 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相互に吸収を阻害する。 甲状腺ホルモン製剤 レボチロキシンナトリウム水和物 リオチロニンナトリウム等 チロキシンの吸収を阻害するおそれがある。 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害するおそれがある。 制酸剤 鉄の吸収を阻害することがある。 in vitro試験において、pHの上昇により、難溶性の鉄重合体を形成することが報告されている。 タンニン酸を含有する食品 鉄の吸収を阻害するおそれがある。 in vitro試験において、タンニン酸と高分子鉄キレートを形成することが報告されている。 副作用.

次の

フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム)はお茶・コーヒーと一緒に飲める?吐き気を予防する方法

クエン 酸 第 一 鉄 na

禁忌 鉄欠乏状態にない患者[過剰症を起こす恐れがあるので、過量投与にならないよう注意する]。 慎重投与• 消化性潰瘍、慢性潰瘍性大腸炎、限局性腸炎等の胃腸疾患のある患者[病態を悪化させることがある]。 発作性夜間血色素尿症の患者[溶血を誘発し病態を悪化させることがある]。 鉄含有製剤投与中 鉄剤投与中、MRI用肝臓造影剤投与中等 の患者[鉄過剰症を起こす恐れがある]。 重要な基本的注意 本剤投与中は、適宜血液検査を実施し、過量投与にならないよう注意する。 相互作用 併用注意:• セフジニル 経口 [セフジニルの吸収を約10分の1に阻害することがあるので、3時間以上間隔を空けて本剤を投与する 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する ]。 キノロン系抗菌剤 経口 塩酸シプロフロキサシン 経口 、ノルフロキサシン 経口 、トスフロキサシントシル酸塩水和物 経口 、スパルフロキサシン 経口 等 [抗菌剤の吸収を阻害することがある 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する ]。 テトラサイクリン系抗生物質 経口 [相互に吸収を阻害する 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相互に吸収を阻害する ]。 甲状腺ホルモン製剤 経口 レボチロキシンナトリウム水和物 経口 、リオチロニンナトリウム 経口 等 [チロキシンの吸収を阻害する恐れがある 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成し、相手薬剤の吸収を阻害する恐れがある ]。 制酸剤[鉄の吸収を阻害することがある in vitro試験において、pHの上昇により、難溶性の鉄重合体を形成することが報告されている ]。 タンニン酸を含有する食品[鉄の吸収を阻害する恐れがある in vitro試験において、タンニン酸と高分子鉄キレートを形成することが報告されている ]。 高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 小児等への投与 小児に対する安全性は確立していない 使用経験が少ない。 臨床検査結果に及ぼす影響 潜血反応で偽陽性となることがある。 過量投与• 過量投与時の症状:主な症状は胃粘膜刺激による悪心、嘔吐、腹痛、血性下痢、吐血等の消化器症状である また、頻脈、血圧低下、チアノーゼ等がみられる 、重症の場合は、昏睡、ショック、肝壊死、肝不全に至ることがある。 過量投与時の処置:服用初期には催吐、胃洗浄が有効である その他に下剤、鉄排泄剤 デフェロキサミン 等の投与を行う。 過量投与により血圧低下や循環虚脱が現れた場合には、昇圧剤、輸液等による対症療法を行う。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 その他の注意• 本剤の投与により便が黒色を呈することがある。 本剤の投与により歯が一時的に着色 茶褐色 することがあるが、その場合には、重曹等で歯磨きを行う。 動物実験において、大量のアロプリノールとの併用で肝の鉄貯蔵量が増加したとの報告がある。 取扱い上の注意 安定性試験:PTP包装及びバラ包装したものを用いた長期保存試験 室温、3年間 の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

次の