リクルートカード 家族カード。 リクルートカードの海外旅行保険(利用付帯)とメリットを徹底解析

【2020最新】リクルートカードの特徴をデメリットも含めて客観的に紹介

リクルートカード 家族カード

お申し込み対象 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方• 本会員が学生の場合は、申し込みできません。 銀行が発行するカード、または本会員がキャッシュカード一体型クレジットカードの場合には、カード裏面のカード発行会社までお問い合わせください。 以下カードについては、申し込みにあたり制約があります。 申し込み対象が配偶者や女性、卒業生などに限定されているカード (例) JCBネクサス、JCBレディスカード、慶應JCBカードなど• 申し込み人数が限られているカード (例) JRカードなど• 家族カードをご用意していないカードがあります。 (例) JAF・JCBカード、フライング・ブルーJCBカード、クリスフライヤーJCBカードなど• リクルートカードプラス家族カードの申し込み受付は、すでに終了しています。 インターネットからの申し込み 会員専用WEBサービス「MyJCB」なら申込書の記入や郵送の手間なく簡単にお申し込みできます。 申し込みの際は、本会員のログイン後に家族カードに申し込まれるご本人の方の入力が必要となります。 カードの種類や発行会社によってはMyJCBから申し込みができない場合があります。 家族カード申込書からの申し込み 申し込みの際は、下のリンク「申込書のご請求はこちら」より、申込書をご請求のうえ、必要事項を記入しご返送ください。 一部のカードは専用の家族カード申込書で申し込みが必要になります。 「特定のカード専用の家族カード申込書」をご確認のうえ、申込書をご請求ください。 申込書のお届けには1週間程度かかります。 エメラルドSTACIA JCBカード• エメラルドSTACIA PiTaPa JCBカード• ペルソナSTACIA PiTaPa JCBカード• JALOP member's カードなど、こちらの申込書ではお申し込みができないカードがあります。 詳しくは、JCBインフォメーションセンターまでお問い合わせください。 銀行が発行するカード、または本会員の方がキャッシュカード一体型クレジットカードの場合には、カード裏面のカード発行会社までお問い合わせください。

次の

リクルートカードnanacoチャージは家族カードと合算して月3万円までに注意!

リクルートカード 家族カード

「モバイルSuica」は、「Suicaアプリ」でクレジットカードを登録することでクレジットチャージできるが、クレジットカードによっては、「モバイルSuica」のチャージ分にはポイントが付与されない場合もある。 今回は、「Kyash」などのプリペイドカードを使って、電子マネーにお得にチャージする方法を紹介しよう。 また、すでに「ビューカード」をオートチャージ設定で登録している場合は、オートチャージ設定を停止しなければならない。 「モバイルSuica」に「Kyash」が登録されると、「Kyash」から1円利用の通知が来る。 ただし、この1円利用はカード情報確認のためのものとなっており、あとでKyash残高に1円が戻ってくるので安心しよう。 続いて、試しに「Kyash」で「モバイルSuica」にチャージしてみた。 1万円を「Kyash」から「モバイルSuica」にチャージして、そのチャージ金額を使用した。 これを4回繰り返して、合計4万円をチャージ。 なお、「Kyash」の決済上限は1日3万円までなので、4万円をチャージするには、最短で2日間が必要だ。 「Kyash」で「モバイルSuica」にチャージしたところ、下記のように、問題なくチャージすることができた。 では、「」で「kyash」に月3万円超をチャージした場合は、ポイントが付与されるのだろうか。 「」の電子マネーチャージの月間集計期間は、毎月16日~翌月15日なので、集計期間が同じになるよう、5月22日と23日の2回に分けて2万円ずつ、合計4万円を「kyash」にチャージした。 なお、筆者は、この期間に「kyash」へのチャージ以外にも、「リクルートカード」で1502円を利用した。 つまり、合計4万1502円を利用したことになる。 この利用金額に対してリクルートポイントが付与されるのは、7月10日の支払日の後だ。 そして、7月10日以降にリクルートポイントの獲得履歴を見ると、498ポイントを獲得していた。 「」は還元率1. 2%なので、4万1502円の利用で498ポイントが獲得できる。 つまり、「」で「Kyash」にチャージした場合は、 3万円を超える分もポイントを獲得できるというわけだ。 【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】 年会費無料ながら 新規入会後6カ月は2. 0%の高還元率で、7カ月以降も 通常還元率が1. 0%の高還元クレジットカード。 「オリコモール」活用で 「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば 「楽天市場」では還元率2. 5%、 「Yahoo! ショッピング」では還元率3. 0%、サイトによっては 還元率15%以上に達するなど、 ネットショッピングでは最強レベル。 また、 「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。 ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. 15)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16).

次の

リクルートカードを解約する方法と解約前後のNG行為まとめ

リクルートカード 家族カード

目 次• 家族カードは損!本会員カードが絶対におすすめ! 夫婦なら片方がリクルートカードを作って配偶者は家族カードを作ろうと考えるのは普通の事ですが、リクルートカードの場合それはおすすめしません。 家族カードを作る事を選択してしまうとせっかく貰えたはずの特典を取りこぼしてしまいます。 他にも本会員カードのメリットは沢山ありますが、1番大きい理由はこれです。 入会特典は家族カードより本会員カードの方がお得! リクルートカードは本会員カード、家族カードともに新規で作るとそれぞれ入会特典が貰えますが、この特典の差があまりにも大きいです。 最大9500円相当分の差がある! それぞれの入会特典はこんな感じです。 本会員カード 6000円~10000円相当分のポイント 家族カード会員 500円相当分のポイント 本会員の入会特典は6000ポイントが基本ですが、週末(金・土・日)限定で8000~10000ポイントにアップします。 これは毎週の事なので、週末に申し込みをすれば最低でも8000ポイントは獲得出来る事になります。 家族カードは入会特典が500ポイントしかもらえないので、少なくとも7500ポイント以上の差で最大9500ポイントもの差が付いてしまいます。 9500ポイントは大きいですね!リクルートカードはリクルート関連サービスのホットペッパーやじゃらんなどで使えますので、9500円として利用出来ますので、どうせなら美味しい物を食べた方がお得ですよね。 しかも、家族カードの入会特典は条件があります。 家族カード入会特典はJCB限定で本会員カードと同時申込が条件 これは結構厳しい条件ですが、家族カード発行で500ポイントが貰えるのは国際ブランドがJCB限定となります。 そして本会員カードを新規で申し込む際にJCBを選択して家族カードも同時に申し込む事が条件となっています。 家族カード入会特典が貰える条件• 本会員カードと同時申込• 国際ブランドがJCB限定 同時申込は良いとしても、JCB限定というのは厳しいですよね。 JCBを選択しなかったら特典は無しなので最大10000円の損となります。 ちなみに本会員の入会特典は国際ブランドなどの条件は特にありません。 入会特典でこれだけの差があるわけですから、クレジットカードを作るなら絶対に本会員カードがおすすめです。 18歳以上で本人または配偶者に安定した継続収入のある方 配偶者に安定した継続収入があればOKなんです! 家族カードを作ろうか迷っているという事はどちらかが本会員としてリクルートカードを作ろうとしているわけですから安定収入があるという事ですよね。 という事は、どちらも本会員として申し込む資格がある事になりますね。 審査はクレヒスに問題が無ければ通る! クレジットカードの審査はもちろんクレジットカードのレベルによって審査難易度は変わりますが、入会資格を満たしていれば後はクレヒスによほどの問題が無ければだいたい通ります。 なぜなら最近のクレジットカード審査の傾向は、とりあえず発行はするという方針になってきているからです。 少し問題がありそうなら、発行をする代わりにリスク回避で限度額を減らすという感じです。 ですので専業主婦などでも通る可能性は高いと言えますね。 パートなどで収入があったら高確率で作れる! もしクレヒスに問題が無くて、パートなどをしているならさらに高確率で審査に通ります。 パートなどで収入があるなら家族カードを作る理由は皆無と言って良いですね。 ここまで、本会員カードを作った方が家族カードを作るより入荷特典がお得だという事をお伝えしましたが、本会員カードをおすすめする理由は入会特典だけではありません。 他のメリットも解説していきます。 本会員と家族カード会員のメリット・デメリット 本会員、家族カード会員ともにメリットデメリットがあります。 基本的に本会員はメリットの方が多くなりますね。 デメリットも一応あげていますが、デメリットと言える程のものではないです。 ちなみに本会員カードのメリットデメリットはそのまま真逆になって家族カード会員のメリットデメリットになります。 本会員のメリットは家族カード会員のデメリットって感じです。 本会員のメリット 筆者が考える本会員カードのメリットは以下の通りです。 入会キャンペーンがお得• 限度額を多く出来る• 国際ブランドを分けられる• 利用履歴を分けられる• ポイントを分けて貯められる• クレヒスを磨ける 入会キャンペーンのお得さは先ほどからお伝えしていますので省力します。 限度額を多く出来る これは結構重要な事ですが、本会員カードを作った方が2枚の合計限度額が多くなります。 なぜなら家族カードは本会員の限度額を分けあう形になるので、少なくなってしまうんです。 例えば本会員の限度額が100万円あったとしたら、家族カード会員が20万円使ったら本会員は80万円になってしまうという感じです。 2枚で限度額は100万円になります。 いっぽうでどちらも本会員なら、片方が100万円で片方は30万円という感じになります。 2枚で限度額は130万円になります。 限度額は多い方が絶対に良いのでこれは本会員カードのメリットですね。 国際ブランドを分けられる 国際ブランドとは、クレジットカードの右下のロゴのブランドの事で、日本で発行が可能なのはVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースの5社が一般的です。 本会員として2枚作る場合なら上記の5社からそれぞれが自由に選ぶ事が出来ます。 国際ブランドは出来れば別々を選択した方が後々何かと役に立ちます。 家族カードの場合、国際ブランドは本会員と同じブランドになり、別のブランドにする事は出来ないので結構デメリットになる事って多いです。 国際ブランドを別にする事のメリットは、もしJCBが使えないお店だったら、もう片方が別の国際ブランドだったら決済が出来たりします。 別に違うクレジットカードを持っていれば良い話ですが、もしリクルートカードしか持っていないのでしたら決済が出来なくなってしまいます。 自分が持っている国際ブランドの取り扱いが無い事はよくある事なので、そんな時の為に別々にしておくと良いですね。 もしどうしても家族カードが良いと言うなら家族カード特典を諦めVISAかMastercardを選択すれば決済で困る事はほとんど無くなりますよ。 利用履歴を分けられる 家族カードだと、利用履歴は本会員と合算されてしまいます。 例えば内緒の買い物がしたい場合、同じ利用履歴になってしまうとバレてしまう可能性が高くなるので都合が悪いですよね。 こんな場合それぞれが本会員なら別々の利用履歴になるので問題バレにくくなりますよね。 ポイントを分けて貯められる 家族カードの利用分のポイントは本会員のポイントとして貯まります。 普通の夫婦なら「ポイントは合算で良い」という意見も多いと思うので何とも言えませんが、個人的な買い物をして貯まったポイントは自分で使いたいという人も多いと思いますので分けられると便利ですよね。 クレヒスを磨ける クレヒスとは「クレジットカード利用履歴」の事です。 個のメリットは別に必要無い人も居るかもしれませんが、本会員として利用していれば自分のクレヒスを磨く事が出来ます。 もし将来的に夫婦関係に亀裂が入ってしまった場合、自分1人でやってい行かねばならなくなる事も十分に考えられます。 そうなった時は自分でクレジットカードを作る事になりますのでクレヒスがあると作りやすくなりますよ! 本会員カードならこんなにもメリットがあるんです! 本会員のデメリット もちろん本会員にもデメリットはあります。 ただ、たいした事ない内容ですよ!こんな感じです。 家族カードよりは審査が厳しい• 利用明細が別になるので管理が少々手間 家族カードよりは審査が厳しくなる これは当然ですが、家族カードを作るよりは審査は厳しくなります。 でも先ほどお話ししたように、入会資格はてハードルが低いし、最近のクレジットカード業界は「とりあえずカードを発行する」という方針になってきているのもありますので、クレヒスなどに問題が無ければよほど全然大丈夫でしょう。 リクルートカードの審査が不安な方はこちらの記事をご覧ください。 やはり1番のデメリットは入会特典が圧倒的に少ない事ですね。 専業主婦でも作れるので本会員の入会特典を貰わない手は無いですよね。 リクルートカードの詳細 リクルートカードの特徴• 年会費無料• 家族カード・ETCカード年会費無料• どこで使っても還元率1. 2円還元)• ポンパレモール・じゃらん・ホットペッパーで還元率3. 2~4. 2%以上• リクルートポイントはPontaポイントと相互交換できる• 楽天Edy・nanacoチャージで還元率1. 新規入会特典で大量のリクルートポイントプレゼント 楽天Edy、nanacoなどの電子マネーチャージで1. 還元率1. リクルートカードの入会キャンペーン特典は週末がお得! リクルートカードの入会キャンペーン特典は週末がお得です。 通常は6000ポイント(6000円相当分)ですが、週末(金・土・日)限定で8000~10000ポイントにアップします。 その差は2000~4000ポイントなので、木曜日と金曜日の申込では大きな違いとなります。 リクルートカードの入会キャンペーン詳細、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。 「入会キャンペーンがお得なのはいつ?」 「獲得条件は簡単なの?」 リクルートカードはお得に入会出来る... 2%(100円で1. 2円還元) (毎月の合計利用額の1. 2~4. さらにショッピング保険も国内外対象など、本当にクレジットカードとしての総合力が高い素晴らしいカードです。 まとめ リクルートカードは家族カードを作るより本会員カードをもう1枚新しく作るのがおすすめです。 最大の理由は本会員の方が入会キャンペーン特典が圧倒的にお得だからです。 リクルートカードは世帯収入があれば専業主婦でも作る事が出来るので、家族カードを作るなら絶対に本会員カードの方がメリットが大きいのでおすすめです。 もちろん本会員は入会キャンペーン特典以外にも色々とメリットがあります。 本会員と家族カード会員のメリットをおさらいします。 本会員のメリット• 入会キャンペーン特典を5500~9500円相当分多く獲得出来る• 限度額が高くなる• 国際ブランドを別々に出来る• 利用履歴を別々に出来る• ポイントを別々で貯められる• クレジットカード履歴(クレヒス)が磨ける• 世帯収入があれば配偶者が無職でも作れる こんな感じで本会員はメリットが多いです。 やはり入会キャンペーン特典のお得さが1番大きいですね。 ただメリットは多いけど家族カードよりは審査通過は厳しくなる所が最大のデメリットでもあります。 家族カード会員のメリット• 審査に通りやすい• 利用明細を1つにまとめられるので家計管理が楽になる• ポイントをまとめられる (2人で貯めて一気に使える) 家族カードの最大のメリットは「審査に通りやすい」という部分だと思います。 最大のデメリットはやはり入会特典が少ない事と、入会特典を貰おうと思ったらJCB限定で、しかも本会員カードと同時申込が必要になります。 もしすでに本会員カードがあって、これからもう1枚作るのに迷っているとしてら家族カードは特典がありませんのでなおさら本会員カードをおすすめします。 別に本会員でも家族カード会員でもリクルートカードの機能自体は変わる事がありません。 本会員はやはり家族カードよりは審査通過が厳しくなるので、最悪審査落ちもあり得ます。 カードが持てないという事になりかねませんので、その点は家族カードならほぼ問題なくカードを持つことが出来ると思います。 それぞれのメリット・デメリットを考慮して、合う方を導き出してみてください! おすすめは間違いなく本会員カードの申込ですよ。

次の