若林 志穂 インスタ。 若林志穂が須藤公一(五郎)などにいじめられたってマジ?真相はPTSDによる被害妄想か?

【爆報】天までとどけの待子(若林志穂・長女)が出演しない理由は嫌われたから?|kaznaoのエントピ

若林 志穂 インスタ

2017年に若林志穂は過去に受けたいじめについて女性週刊誌で告白しています。 いじめを受けていた時期は若林志穂が一躍有名となるきっかけとなった代表作『天までとどけ』の時期で、共演者やスタッフからの陰湿ないじめがあったと話しています。 ドラマの内容は大家族をテーマにしたハートフルなファミリードラマでした。 若林志穂のドラマ内での役はとても明るい性格のイメージが強いため、ドラマの現場でひどいいじめを受けていたようには見えません。 女性週刊誌で若林志穂はこのいじめについて今まで誰にも言えず暗く辛い過去を独りで抱えていましたが、勇気を出し告白しています。 何故、若林志穂はいじめの対象になったのか今だに理由は分からないままです。 ドラマ『天までとどけ』が終了した後も陰湿ないじめは続いていました。 ある日『天までとどけ』の共演者である五郎役の「須藤公一」から有楽町で食事会のお誘いがあり参加したのですが、あるプロデューサーから「こいつ、頭おかしいから」とひどい言葉を浴びせられます。 以前と同じで周りからのフォローや助けはありませんでした。 2010年頃にまた須藤公一から食事会があると連絡がありましたが、若林志穂はただの食事会としか知らされておらず、当時は病気を患っていたため、断りました。 しかし、この食事会はただの食事会ではなく『天までとどけ』の20周年パーティーでした。 パーティーに参加しなかった事で責められてしまいます。 不本意な仕打ちにまた体調が悪くなりました。 『天までとどけ』はTBS系、愛の劇場の枠で1991年から2004年に渡り放送されていた大人気ドラマシリーズです。 このドラマは15人の大家族をテーマにしたアットホームなファミリードラマです。 物語の舞台となるのは、様々な性格を持った8男5女の13人の兄弟と、そんな子供たちを育てる父親、母親の大家族です。 次々と起こる問題に日々奮闘する家族のあり方や家族愛が描かれています。 この作品は子供から大人まで幅広い世代から高い支持を得ました。 若林志穂は『天までとどけ』の兄弟の中で長女・待子を演じています。 この作品で若林志穂は一躍注目される事となりました。 1992年から現在までフジテレビ系で放送されている2時間ドラマシリーズと言えば現在もなお、根強い人気を誇る『赤い霊柩車シリーズ』です。 赤い霊柩車シリーズとは推理作家の山村美沙が書き下ろした作品『葬儀屋社長 石原朋子シリーズ』が原作となっています。 舞台となるのは京都にある石原葬儀社の先代社長が亡くなり、先代の遺言を守る為に空回りする専務の秋山が受ける葬儀の中で起こる事件を推理し、解決していくというドラマです。 このシリーズはドラマの主演を務めている、女優の片平なぎさの代表作品となりました。 若林志穂は2005年に放送された金曜エンタテイメント『赤い霊柩車シリーズ20』の遠山美加子役で出演しています。 その他にも大人気2時間ドラマである『月曜ミステリー劇場』シリーズ、『火曜サスペンス劇場』シリーズや『土曜ワイド劇場』シリーズなど多くの作品に出演していました。 若林志穂は子供時代に芸能界入りを果たし、歌手や女優として活躍していました。 若林志穂の名前が有名となったのは、8年間も続いたTBS系の大人気ドラマ『天までとどけ』シリーズです。 長女の待子を演じたことで、若林志穂は人気を博しました。 しかしその舞台裏で、若林志穂は共演者とスタッフから陰湿ないじめを受けていました。 味方のいない現場の中で独り辛い日々を乗り越えてきた若林志穂は女優として様々な役をこなしドラマでは欠かせない存在となっていきました。 女優として活躍している最中、いつも通り稽古場に向かっていた若林志穂は殺人現場を目撃してしまいます。 この事件で強いショックを受け、精神的にも体調を壊し、PTSDというこころの病気(精神疾患)患ってしまいました。 殺人事件を目撃した事が女優人生を閉ざしてしまうきっかけとなりました。 病気と戦い、若林志穂は再び女優として再出発しようとした時に『天までとどけ』で共演した弟役の金杉太朗の事故死に相当なショックを受け、また精神的な原因で体調を崩してしまいました。 この出来事が最後の引き金となり、所属していた芸能事務所との契約は解除され芸能界を引退しテレビの世界から姿を消しました。 芸能界引退後は若林志穂がプロデュースした化粧ブランド「S」を立ち上げたりしていましたが、現在公式サイトは消えており、化粧品ブランドや酵素ドリンクの生産はしていません。 結婚についてですが、実業家と結婚したという情報があります。 いじめを受け、殺人事件の目撃者となり、共演者が事故死するいう壮絶な人生を経験してきた若林志穂ですが今では普通の一般人として結婚し、家庭を築き、幸せな生活を送っているようです。

次の

若林志穂が須藤公一(五郎)などにいじめられたってマジ?真相はPTSDによる被害妄想か?

若林 志穂 インスタ

2017年に若林志穂は過去に受けたいじめについて女性週刊誌で告白しています。 いじめを受けていた時期は若林志穂が一躍有名となるきっかけとなった代表作『天までとどけ』の時期で、共演者やスタッフからの陰湿ないじめがあったと話しています。 ドラマの内容は大家族をテーマにしたハートフルなファミリードラマでした。 若林志穂のドラマ内での役はとても明るい性格のイメージが強いため、ドラマの現場でひどいいじめを受けていたようには見えません。 女性週刊誌で若林志穂はこのいじめについて今まで誰にも言えず暗く辛い過去を独りで抱えていましたが、勇気を出し告白しています。 何故、若林志穂はいじめの対象になったのか今だに理由は分からないままです。 ドラマ『天までとどけ』が終了した後も陰湿ないじめは続いていました。 ある日『天までとどけ』の共演者である五郎役の「須藤公一」から有楽町で食事会のお誘いがあり参加したのですが、あるプロデューサーから「こいつ、頭おかしいから」とひどい言葉を浴びせられます。 以前と同じで周りからのフォローや助けはありませんでした。 2010年頃にまた須藤公一から食事会があると連絡がありましたが、若林志穂はただの食事会としか知らされておらず、当時は病気を患っていたため、断りました。 しかし、この食事会はただの食事会ではなく『天までとどけ』の20周年パーティーでした。 パーティーに参加しなかった事で責められてしまいます。 不本意な仕打ちにまた体調が悪くなりました。 『天までとどけ』はTBS系、愛の劇場の枠で1991年から2004年に渡り放送されていた大人気ドラマシリーズです。 このドラマは15人の大家族をテーマにしたアットホームなファミリードラマです。 物語の舞台となるのは、様々な性格を持った8男5女の13人の兄弟と、そんな子供たちを育てる父親、母親の大家族です。 次々と起こる問題に日々奮闘する家族のあり方や家族愛が描かれています。 この作品は子供から大人まで幅広い世代から高い支持を得ました。 若林志穂は『天までとどけ』の兄弟の中で長女・待子を演じています。 この作品で若林志穂は一躍注目される事となりました。 1992年から現在までフジテレビ系で放送されている2時間ドラマシリーズと言えば現在もなお、根強い人気を誇る『赤い霊柩車シリーズ』です。 赤い霊柩車シリーズとは推理作家の山村美沙が書き下ろした作品『葬儀屋社長 石原朋子シリーズ』が原作となっています。 舞台となるのは京都にある石原葬儀社の先代社長が亡くなり、先代の遺言を守る為に空回りする専務の秋山が受ける葬儀の中で起こる事件を推理し、解決していくというドラマです。 このシリーズはドラマの主演を務めている、女優の片平なぎさの代表作品となりました。 若林志穂は2005年に放送された金曜エンタテイメント『赤い霊柩車シリーズ20』の遠山美加子役で出演しています。 その他にも大人気2時間ドラマである『月曜ミステリー劇場』シリーズ、『火曜サスペンス劇場』シリーズや『土曜ワイド劇場』シリーズなど多くの作品に出演していました。 若林志穂は子供時代に芸能界入りを果たし、歌手や女優として活躍していました。 若林志穂の名前が有名となったのは、8年間も続いたTBS系の大人気ドラマ『天までとどけ』シリーズです。 長女の待子を演じたことで、若林志穂は人気を博しました。 しかしその舞台裏で、若林志穂は共演者とスタッフから陰湿ないじめを受けていました。 味方のいない現場の中で独り辛い日々を乗り越えてきた若林志穂は女優として様々な役をこなしドラマでは欠かせない存在となっていきました。 女優として活躍している最中、いつも通り稽古場に向かっていた若林志穂は殺人現場を目撃してしまいます。 この事件で強いショックを受け、精神的にも体調を壊し、PTSDというこころの病気(精神疾患)患ってしまいました。 殺人事件を目撃した事が女優人生を閉ざしてしまうきっかけとなりました。 病気と戦い、若林志穂は再び女優として再出発しようとした時に『天までとどけ』で共演した弟役の金杉太朗の事故死に相当なショックを受け、また精神的な原因で体調を崩してしまいました。 この出来事が最後の引き金となり、所属していた芸能事務所との契約は解除され芸能界を引退しテレビの世界から姿を消しました。 芸能界引退後は若林志穂がプロデュースした化粧ブランド「S」を立ち上げたりしていましたが、現在公式サイトは消えており、化粧品ブランドや酵素ドリンクの生産はしていません。 結婚についてですが、実業家と結婚したという情報があります。 いじめを受け、殺人事件の目撃者となり、共演者が事故死するいう壮絶な人生を経験してきた若林志穂ですが今では普通の一般人として結婚し、家庭を築き、幸せな生活を送っているようです。

次の

若林志穂が爆報フライデーに出演しなかった理由は?PTSDで芸能界引退?

若林 志穂 インスタ

PTSDの原因となった若林志穂が遭遇した殺人事件とは? 出演しなかった大きな理由としては、殺人事件にに遭遇し、PTSDを発症してしまったことが原因といわれています。 それともう一つ理由があり、その事件を紹介する前に知っておいて欲しいことがあります。 それは、若林志穂さんが天までとどけの舞台裏で、いじめを受けていたことを暴露していたのです。 メイクさんの持ち物がなくなった時に犯人扱いをされ、誰にもかばってもらえず、その後、スタッフからも酷い言葉を浴びせ続けられたそうです。 そして、天までとどけシリーズ終了後、2年が経ったある日、若林志穂さんが芸能界を引退する理由となるPTSDを発症した原因であるとある事件に遭遇してしまいます。 若林志穂が目撃した殺人事件とは? 若林志穂さんは、当時住んでいた世田谷の自宅マンションから稽古場へ向かう途中に、警官とナイフを振り回す犯人が揉み合いとなり、犯人は射殺され、警官も刺殺された事件目撃してしまうんですね。 「自転車に乗っている子どもたちや、奥さんたちは気がつかず、大きな刃物で威嚇する犯人が私の前で止まったんです。 男は、世田谷区の無職54歳で、過去に薬物使用で何度か逮捕されていた人物。 警部補は、揉み合いの際、威嚇射撃をした上で、発砲。 銃声のような音が3回したと証言あり。 二人は、病院に運ばれたが、いずれも死亡した事件です。 こんな事件に遭遇してしまうなんて、辛すぎますね … 若林志穂がPTSDを発症し芸能界引退! この 8月 26日に起きた殺人事件をきっかけで、若林志穂さんは、 PTSDを発症してしまいます。 PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)とは、 強烈な心的外傷体験をきっかけに、実際の体験から時間が経過した後になっても、フラッシュバックや悪夢による侵入的再体験、イベントに関連する刺激の回避、否定的な思考や気分、怒りっぽさや不眠などの症状が持続する状態を指します。 日本語では「心的外傷後ストレス障害」といいます。 心的なストレスを経験したとき、その状況に対応するために自身の気持ちの整理を付けることは、誰しもが経験することです。 しかし、 1か月を経てもうまく対処できずにいる状態では、 PTSDを発症している可能性があります。 引用元:Wiki 若林志穂さんが激太りしたビフォーアフター画像 そんな若林志穂さんの現在の姿は太ってるようです。 それがこちら かなり太ってますね … 若林志穂が爆報フライデーに出演しなかった理由は?PTSDで芸能界引退?まとめ 以上、若林志穂さんが芸能界を引退した理由をお届けしました。 不幸が不幸を呼び、本当に自分の身に起きたら…と思うと、心が引き裂かれる思いです。 たくさんの不幸に見舞われたので、現在、幸せであることを願います。

次の