ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズの詳細情報

ハウスコンシェルジュの開業の特色や評判などを徹底調査

ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ

無料!3分でかんたん資料請求。 ユニバーサルホームはローコスト住宅を扱うハウスメーカーとして知られており、坪単価の相場としては、40万円台〜50万円程度が目安となっているようです。 この価格帯で提供されながら、「地熱床システム」を提案するなど品質にもこだわった住宅を手がけるメーカーでもありますが、現在ユニバーサルホームで検討中の方は評判なども気になると思います。 特に注文住宅での建築となれば、融通が利くのかや、希望などにも柔軟に対応してもらえるか?なども気になるポイントです。 そこで、今回はユニバーサルホームの注文住宅の評判に注目してみました。 「総合的に判断し、ユニバーサルホームを選びました。 正直、価格に関しては大して安くはない印象です。 ただ、我が家は建築士さんのセンスが良く、いくつかの選択肢を用意した上で提案してくれました。 また、提案力だけでなく、変更した間取りを翌日には仕上げるという迅速な対応でした。 」 いかがでしょうか。 ユニバーサルホームはフランチャイズ制を採用されているということが大きな特長ですが、これが良くも悪くも評判に影響を与えているもの事実です。 実際に工事を担当するのは、加盟している工務店になりますので、結局のところその大工さんの腕次第なところがあります。 あまり腕の良くない大工さんに当たってしまった場合は、施工中のトラブルも起こりやすいですし、引き渡し後のトラブルや不具合も起こりやすく、ユニバーサルホーム自体の評判にも大きな影響を与えることになります。 フランチャイズゆえのリスクは伴うものの、他のローコスト系の住宅メーカーと比較すると、質の高い住宅を手がけているため、評判の良い工務店に巡り合えると満足度も高いのではないかと思います。 ユニバーサルホームの地熱床の評判と口コミ ユニバーサルホームといえば、やはり地熱床暖房のイメージが強く、公式サイトなどを見ても夏も冬も快適な床としてPRされています。 地熱による自然エネルギーを利用し、ユニバーサルホームの基礎工法である「地熱床システム」に、床暖房を組み合わせたものを「地熱床暖房」と言います。 そもそも、地熱床システムですが、これは地面と床下の間に砂利を敷き詰め密閉し、その上をコンクリートで仕上げる強度の高い工法です。 万が一の災害時でも、外部からの振動を吸収して、分散するクッション効果が期待できるため耐震性が上がりますし、床下浸水という心配も不要です。 さらに、耐震性が上がったり、床下浸水の心配がなくなるなど、地熱床システムには魅力も多く、ユニバーサルホームの地熱床システムに惹かれる方も多いようですね。 地熱床暖房は1階の全面が床暖房とされており、一年中快適な暮らしが実現可能なことをアピールされていますが、やはり世間での評判も気になるところです。 そこで、ユニバーサルホームの地熱床の評判を徹底調査しました。 「夜だけ床暖房を使用しています。 キッチンはタイルということもあり、朝は暖かく感じますが昼頃には冷たくなってきます。 床暖房を使用すると、そこそこ快適に過ごすことはできるのですが、床暖房ばかりだと電気代が高くなってしまいます。 そして、切ったら寒くなるので地熱のエネルギーに関しては半信半疑です。 また、脱衣所が冷たいところも不満です。 」 いかがでしょうか。 ユニバーサルホームの独自となる地熱床システムは、地中の熱を利用することで1年を通し、快適な暮らしが実現できるとされていますが、評判などを見ていると、このシステム自体に否定的な意見もみられます。 ただ、地熱床暖房の場合は1階の全面が床暖房となっているため、部分的な床暖房とは異なり、LDK以外に、廊下やトイレ、洗面所に至るまでほどよい暖かさを保つことができます。 その反面、地熱床システムにはデメリットも存在します。 地熱床システムの場合、地面と床下の間に砂利を敷き詰め密閉し、その上をコンクリートで仕上げる強度の高い工法のため、床下の空間が存在しません。 そのため、床下収納を作ることはできませんので、収納スペースに不安がある場合は床下ではなく、代わりの部分で収納スペースを確保する必要があります。 ユニバーサルホームしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> ユニバーサルホームの断熱材と断熱性能 住まいの断熱性能を高めるために、断熱材というものも重要になってきます。 断熱材が施されていても、正しく施工されていなかったり、断熱材の厚みが薄かったりすると、夏は暑く、逆に冬は寒くて不快な住まいというだけでなく、冷暖房による効果もイマイチ感じられず、光熱費もバカになりません。 そこで、ユニバーサルホームの断熱材について徹底調査しました。 まず、ユニバーサルホームでは「吹付硬質ウレタンフォーム」という断熱材が使用されています。 吹付硬質ウレタンフォームとは、主成分をポリウレタン樹脂として発泡させたスポンジ状の断熱材のことです。 泡の集合体となる硬質ウレタンフォームの中に、熱を伝えにくい空気が入っているため断熱性能を高めることができるようです。 ハウスメーカーで主に扱われる断熱材としては、グラスウールがあげられます。 吹付硬質ウレタンフォームの場合、グラスウールと比較すると価格は高くなるものの、経年劣化による型崩れなども起こりにくいため、断熱性能が優れている断熱材として知られています。 さらに、ユニバーサルホームでは水で発砲する断熱材が採用されるなど、環境にも配慮されており、アレルギーの原因とされている有害物質やホルムアルデヒドを発生しないため、安心感があります。 断熱性能を確かめる時には、窓ガラスやサッシなども重要になってきますが、ユニバーサルホームではLow-E複層ガラス+樹脂サッシが採用されており、優れた断熱性能だけでなく、気密性や防音性も高いですし、結露を防いでくれます。 以上のように、ユニバーサルホームでは特に断熱性能に優れている吹付硬質ウレタンフォームという断熱材が採用されており、気密性や遮音性にも優れているようですが、世間での評判も気になるところです。 そこで、最後にユニバーサルホームの断熱性能に関して、どのように評価されているのか評判についても少しだけふれておきたいと思います。 無料!3分でかんたん資料請求。 そんなユニバーサルホームで建てるメリットといえば、まず思い浮かぶのはローコスト住宅であることではないかと思います。 さらに、ローコスト価格を実現しつつ、仕様のグレードは極力落とさないような企業努力によって、多くの方々から選ばれていますが、今回はユニバーサルホームを選んだ場合に得られるメリットについて考えてみました。 メリット1:地熱床暖房が標準で装備されている! ユニバーサルホームの大きな特徴として、地熱床暖房が標準で装備されていることがあげられます。 地熱による自然エネルギーを利用し、ユニバーサルホームの基礎工法である「地熱床システム」に、床暖房を組み合わせたものを「地熱床暖房」と言います。 一般的な床暖房の場合は、LDKなど部分的に対応されていますが、ユニバーサルホームの地熱床暖房は1階の全面が床暖房となっており、脱衣所や廊下、トイレなどの温度差がなくなるため、快適に過ごせるだけでなくヒートショックのリスクを軽減させます。 さらに、火を使わないため安心でもあります。 このシステムは別途追加料金が発生するのではなく、標準装備されているため、建築コストを抑えることができますし、床下浸水の心配も不要です。 メリット2:耐震性が高い! ユニバーサルホームの基礎工法である「地熱床システム」では、地面と床下の間に砂利を敷き詰め密閉し、その上をコンクリートで仕上げる強度の高い工法となっています。 その敷き詰められた砂利によって、万が一大きな地震が起こった場合でも、振動を吸収して分散する効果が得られ、耐震性能を高めることができます。 さらに、一般的な工法よりも家の強度が上がると言われているハイパーフレーム構法が採用されていたり、制震装置の「MGEO-N」の採用によって、地震に強い家づくりを実現されています。 ユニバーサルホームといえば、ローコストというイメージが先行しがちですが、標準仕様で地熱床暖房が完備されていたり、地熱床システムやハイパーフレーム構法によって耐震性に優れた家づくりを提供されているハウスメーカーです。 安さだけで勝負されているハウスメーカーは沢山ありますが、安いだけではなく品質にもこだわっているということはユニバーサルホームの強みでもあります。 ユニバーサルホームのデメリット ユニバーサルホームといえば、手が届きやすいローコスト住宅ですし、引き渡しから定期的な点検、10年目、20年目に有料のメンテナンスを実施すると、最長で30年間の保証を受けることができるなど、保証の面でも非常に充実しています。 ユニバーサルホームといえば、コストパフォーマンスに優れていると評価されている反面、いくつかデメリットも指摘されています。 そこで、あえてユニバーサルホームのデメリットに注目してみました。 デメリット1:フランチャイズゆえのリスクを伴う! ユニバーサルホームといえば、フランチャイズ制を導入されているということが大きな特長としてあげられますが、フランチャイズであることがデメリットになってしまうこともあります。 引き渡し後に、不具合やトラブルが発生した時にその責任は、加盟している工務店が負うことになりますが、あまり考えたくないですが、もし、引き渡し後にその工務店が倒産してしまった場合はどうでしょうか。 工務店が倒産してしまった場合は、本部がその後の対応をカバーしてくれるはずもなく、「加盟店が倒産したり退会してしまった場合は、悲惨なことになります、、、。 」といった声が多数寄せられています。 実際に、ユニバーサルホームで建てたものの、その後工務店が倒産してしまった方の体験談によりますと、「アフターサービスと保証は別の会社に移ったものの、簡単な点検のみで万が一、不具合が起これば、保証で直りそうなものなど関係なく、全てこちらが直さなければなりません、、、。 」とのことです。 フランチャイズチェーンとし展開されているハウスメーカーの場合は、このようなリスクを伴うため、加盟されている工務店の評判などを事前に調べておく必要があります。 デメリット2:大してローコストではない! ローコスト系のハウスメーカーではネット限定の商品を扱っていたり、規格化した商品を用意し、破格の坪単価で提供されているところもあり、それらと比較するとユニバーサルホームの価格帯は少々高めに感じるかもしれません。 ユニバーサルホームの坪単価の目安としては、40万〜50万円程度と一般的にはローコスト住宅という認識があります。 関連記事>> しかし、いざ見積りを取られた方や建築されたオーナーからは、『思っていた以上に坪単価が高かった。 』『外構や照明、カーテン、諸経費などを除き、基本的な建物の坪単価が60万円ぐらいだった。 』など、ローコスト系のメーカーと言われているものの、坪単価が高くなってしまったとの情報がありました。 加盟店によっても若干坪単価などは違ってくると思いますが、結果的に高くなってしまうような印象を受けますので、ローコスト住宅というイメージでユニバーサルホームを選ぶと失敗するかもしれませんね。 いかがでしょうか。 今回はあえてデメリットに注目しましたが、どんなハウスメーカーであれメリットが存在する反面、デメリットというものも存在します。 契約後にデメリットばかりに目がいってしまうと満足のいく家づくりは難しいため、事前にデメリットを理解した上で検討すると、理想の家が建てられるのではないかと思います。

次の

ハウスコンシェルジュのフランチャイズの詳細情報

ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ

ハウスコンシェルジュ このページではハウスクリーニングFCの「ハウスコンシェルジュ」に関して、開業資金やロイヤリティ、サポート体制などのフランチャイズの概要と、実際に開業したオーナーの声などについて紹介しています。 ハウスコンシェルジュのハウスクリーニング開業の特色 洗剤・ワックスの製造販売メーカーとして55年以上もの実績があるハウスコンシェルジュ。 技術はもちろん、クリーナーやワックスなどの道具も高品質です。 洗剤と汚れを知り尽くし、単なるハウスクリーニングではなく、顧客の要望にできるだけ応える総合生活支援サービスの提供を目指しています。 住環境をトータルに提案するのがサービスの特徴で、開業してからのサポートも充実しています。 ハウスコンシェルジュの注目ポイント• フランチャイズ本部からの顧客紹介が行われる• 洗剤・ワックス・清掃用品のメーカーとしては55年以上の老舗であり、品質に定評がある• 使用する洗剤・ワックスは自社製品であり、卸値以下で購入できるので、ランニングコストが低い• マンションビル管理会社や大手ハウスメーカーと取引があり、多くの引き合いがある• 研修はマンツーマン対応• 未経験の方が対象の現場体験・見学あり• 技術研修だけでなく、顧客の好感を得るためのコンシェルジュとしてのマナー研修も行われる ハウスコンシェルジュのフランチャイズ概要 開業資金・加盟金• 開業資金は最大で202. 加盟金97. 2万円(税込):ハウスコンシェルジュの商標使用権、契約事務手数料、指定研修費(1名分)• 保証金30万円(税込):加盟店の本部に対する債務の担保• 資材費75. 6万円(税込):資機材、専用洗剤、ユニホームなど ロイヤリティ• 定額:32,400円/月(税込) 契約タイプ• フランチャイズ契約 契約期間• 1年間(以降自動更新) 開業地• 全国 収益モデル• 営業利益:75万円(月に、レンジフード2万円、空室清掃1万5000円を25日行った場合) サポート体制• 開業前の研修期間は5日間(本社で実施)• 研修内容は、洗剤・資機材の基礎知識、ガラス・トイレ・キッチン・バス・洗面所・フロア・壁掛けエアコンクリーニングの実技研修、営業マナー・お客様への電話応対やアフターフォロー等のサービス面の研修• 実技研修、営業マナー・お客様への電話応対やアフターフォロー等のサービス面の研修• 開業後は本部から顧客を紹介• 営業同行や地域企業営業、現調同行など営業サポート• 現場同行や技術相談など技術サポート• 営業講習や業務用エアコン講習など講習会実施 加盟条件• 個人:20歳~65歳位まで、学歴、性別不問• 普通自動車免許 車両• リース契約可(ロゴマーク付きの軽自動車を付与) ハウスコンシェルジュの特徴って? 開業・運転にお金がかからない 開業資金が最大で218万円、ロイヤリティは定額3万円と安さが特徴的なハウスコンシェルジュ。 クリーニングで使用するのはフランチャイズ本部の洗剤・ワックスなので、ランニングコストも安く抑えられます。 開業・運営にお金がかからないだけでなく、営業・技術サポートもしっかりしているのも嬉しいポイント。 ハウスクリーニングの経験がなく不安だという人でも安心です。 長く続けるうえで、集客は大きな課題になってきます。 ハウスコンシェルジュでは、使用しているクリーニング材の質の高さやサービスの充実性で、リピーターを増やすことも可能です。 独立開業で成功するためには、フランチャイズ選びが重要。 開業資金やロイヤリティ、サポート体制などを総合的にまとめましたので、成功したい方はぜひご活用ください。 ハウスコンシェルジュの説明会 開業を検討している方から一人ひとりお話を聞き、その方に合ったフランチャイズ開業のお手伝いをしたいということから、 ハウスコンシェルジュの説明会は完全個別対応とのこと。 他の人を気にすることなく、疑問点や不安な点など気軽に質問することが可能です。 説明会では事業内容や業界動向、サポート体制、売り上げなど詳しく説明。 また、ハウスコンシェルジュの説明会は以下の3つをうたっていました。 嘘や隠しのない説明• 他社FCの内容を完全把握・熟知した上での説明• FC希望者の本当の幸せを第一優先とした説明 開業希望者に合わせたペースで説明が進むので、未経験の人や開業に不安を持っている人も安心です。 会話をはさみながらの説明で、疑問をそのままにすることなく解決。 加盟希望者向け三つ折りリーフレットやお客様向けA4二つ折りリーフレット、製品の総合カタログなどの資料が配布されます。 「事業投資」の色が強いハウスクリーニングフランチャイズ本部もあるなかで、ハウスコンシェルジュからは「ハウスクリーニングの仕事を知って、納得した上で検討して欲しい」という思いが伝わってきました。 また、月額3万2,400円というロイヤリティの価格や初期費用の安さに関して、メーカー出身の強みがあるからなど理由が明らかに。 説明会後の営業がしつこくないか不安がありましたが、強引にすすめることはなく対応はソフトな印象です。 ハウスコンシェルジュで開業した場合いくらの利益がでるのか ハウスコンシェルジュのフランチャイジーとして開業した場合、一ケ月あたりいくら以上売り上げれば利益が出るのか、シミュレーションしてみましょう。 ハウスクリーニング業でかかる必要経費を計算しよう まずは、ひと月あたりにかかる消耗品費、販売管理費などの必要経費を計算してみましょう。 消耗品費 約5万(月)• 洗剤、ワックス代、ブラシ代など…4~5万円 販売管理費 約12万5,000円(月)• 通信費…約1~1万5,000円• 広告宣伝費…約5~6万円• ガソリン代・駐車場代…約2万円• 毎月のロイヤリティ…3万円 開業に必要な費用 約10万円(分割)/合計360万円• 開業資金…180万円• ユニフォーム…60万円• 加盟金(研修費込み)…90万円• 保証金…30万円 消耗品費として考えられるのは、洗剤代、ワックス代、ブラシ代などです。 ハウスコンシェルジュの場合、自社製品を卸値以下で購入することができますから、初めはおおよそ4万円~5万円を見ておくと良いでしょう。 次にガソリン代・駐車場代や通信費、広告費、ロイヤリティなどの販売管理費が必要となります。 これが合わせて12万5,000円ほど。 さらに、開業の際にかかる初期費用を月で割って支払っていく償却もする必要があります。 ハウスコンシェルジュの場合、開業資金として最大で180万円、1名分の研修費を含む加盟金が90万円、保証金30万円、ユニフォーム等の資材費が最大で60万円ほど必要となりますから、合計すると約360万円がかかるものと見込まれます。 これを例えば3年(36ヶ月)かけて償却すると想定した場合、ひと月当たり10万円となります。 この10万円を月の経費に入れて計算してみましょう。 消耗品費用・販売管理費・開業に必要な費用(分割)すべてを含めて算すると月に27万5,000円ほど。 これが最低限稼がなければいけない金額となります。 ハウスクリーニング業の売上高をシミュレーションしよう 次に、ひと月あたりどれくらいの仕事を受注すれば利益が出るのか、シミュレーションしてみましょう。 部分クリーニングの料金目安• エアコン…1万2,000円~• キッチン…3万5,000円~• 換気扇(レンジフードタイプ)…2万円• トイレ…1万円• 浴室…2万円• 洗面台…1万円~• フロアクリーニング…3万5,000円~ 空き家クリーニング• 1件あたり…1万5,000円~ ハウスクリーニングビジネスで受注の多い仕事と言えば、一つは個人宅のエアコン掃除、換気扇、キッチン周りの掃除といった在宅クリーニングが挙げられます。 また、賃貸物件の退出時に発生する原状回復のためのクリーニング(空き家クリーニング)も頻繁に依頼があります。 まず手始めにこれらの仕事を受けるとするとしましょう。 例えばレンジフードの掃除は2万円、空き家クリーニングが1万5,000円~、これらを月に25日受けるとすると、87万5,000円となります。 しかし最初から多くの顧客が付くことは考えにくいので、本部から紹介を受けて手数料を支払ったとしても、売り上げとしては約75万円は残ります。 月々40万円~が営業利益に 売り上げの75万円から必要経費の27万5,000円を引くと、47万5,000円が営業利益として残ります。 もちろん、場合によっては別途倉庫のレンタル料金や追加の資材費などが発生する可能性がありますが、それらを差し引いてもおよそ40万円前後が利益として残るでしょう。 損益計算書(簡易)• 売上…75万円• 必要経費…27万5,000円• 営業利益…47万5,000円 これはあくまでも開業したばかりの時に見込まれる額で、 今後受注件数が増えて自力開拓した顧客が増えると、これ以上の売り上げを計上することも十分可能です。 特に空き家クリーニングの場合は、一度気に入ってもらえると定期的に依頼されることが多いため、安定収入にもつながるでしょう。 ハウスコンシェルジュは他社と比べてロイヤリティの設定が低いため、長く続ければ続けるほど手取りの収入が増えるのが何よりのメリットです。 またハウスクリーニングは他のビジネスとは異なり資材費がそれほど掛からないため、自分の努力と労力次第でどれだけでも売り上げを伸ばすことができるのも魅力です。 またハウスコンシェルジュの場合、自社製品の資材を安く仕入れることができるため、ランニングコストがさらに低く抑えられるという利点もあります。 開業を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。 ハウスコンシェルジュでハウスクリーニングを開業したオーナーの声 まだインターネット上ではフランチャイジーの口コミ評判があまり見られないハウスコンシェルジュですが、配布資料に掲載されている開業した人の声では「紹介される仕事の多さが予想以上だったので、開業前の不安が消えた」という感想が目立ちました。 開業前は、本当に仕事があるのか?やっていけるのか?など心配してましたが、実際にはじめると、仕事の多さに驚きました。 お掃除の仕事が必要とされていることがよく分かりましたし、本部の営業や集客のサポートもあるので、安心して仕事に取り組めました。 チェーン本部の理念にある「ありがとうと言われる人生」が、本当にあるのだと実感しています。 研修では日々進化している素材に対応した清掃方法などを知ることができるので、助かります。 最近は、お客様の在宅中の清掃だけではなく、マンション共用部の日常清掃の仕事の紹介も受けるようになって、仕事量・質ともに満足しています。 ハウスコンシェルジュは、フランチャイズ本部の担当者の方が親身になって手伝ってくれますし、仕事もどんどんまわして頂けるので、安心して仕事に従事できます。 ハウスコンシェルジュでハウスクリーニングを開業したオーナーのネガティブな声• ここはクリーニング用品の品質が売りです。 しかし、まだハウスクリーニング業界であまり名前を知られていないという部分があり、ハウスクリーニングといえばここ、というところまで来ていないのが現状です。 お客様にハウスクリーニングサービスがあることをびっくりされることもあります。 クリーニング用品は自社製品を利用するので、基本的に一貫したサービスの提供が可能です。 ただこっちの製品の方が慣れているというケースもありますが、それが仕事に使えないのが歯がゆいですね。 本部からお客様を定期的に紹介いただきますが、それ以上の顧客を作り出そうとすると、やはり自分で動かなくてはいけません。 研修制度もありますが、自ら動くことは基本的に必要ですね。 「ハウスコンシェルジュ」は開業資金が197万円と比較的安価なので、他フランチャイズと比べて少ないリスクで開業しやすいと言えるでしょう。 ロイヤリティは毎月3万円と定額方式で、独立したての頃は少し厳しく感じるかもしれません。 他フランチャイズが導入している売上歩合制度だと… 売上歩合制は、売上の数パーセントをロイヤリティとして支払う方式です。 例えば月の売上が50万円だった場合、6%の30,000円をロイヤリティとしてフランチャイズに支払います。 売上が80万円に増えた場合は、6%の42,000円を支払うことになり、売上が上がるとその分ロイヤリティも上がる仕組みになっています。 ハウスコンシェルジュは頑張った分だけ収入が増える! 50万円の売上が上がった時点で3万円のロイヤリティを支払うシステムのハウスコンシェルジュ。 売上がどれだけ上がっても3万円なので、自分の頑張りがそのまま収入として得られます。 独立初期にかんしても、クリーニング材料の仕入れ金額や、知名度、集客のサポートなど総合的な面から判断すれば、ハウスコンシェルジュのロイヤリティは決して高くはありません。 営業・技術においてサポートを受けられる 営業や技術について、現場でのサポートも行っているので、未経験からの開業でも心強いと感じているオーナーが多いようです。 集客サポートを行っているフランチャイズの中では、開業資金がお手頃なのは大きな魅力でしょう。 知名度は低いが、サービスの高さでリピーターが多い ハウスコンシェルジュは、ダスキンやおそうじ本舗と比べると知名度が低いのが懸念点。 地域によっては独立直後は、認知が広がらず集客しずらいこともあります。 しかし、ハウスコンシェルジュが提供するクリーニングや接客の質の高さ、サービス内容などで多くのお客さんをリピーターにできるのも重要ポイント。 「ハウスクリーニングを定期的に利用したい」というお客様に一度サービスを利用していただければ、質の高さに気づいてリピーターになっていただくことは十分可能です。 会社概要• 運営会社:株式会社 リスダンケミカル• 所在地:東京都豊島区池袋3-26-15• 設立:1961年1月.

次の

ハウスメーカー比較ランキング

ハウス コンシェルジュ フランチャイズ 口コミ

レポート2:ハウスコンシェルジュ 2社めに訪れたのは、洗剤・ワックスメーカーが運営するハウスクリーニングのフランチャイズ、ハウスコンシェルジュのFC説明会です。 ハウスクリーニングでの開業を考えている人の参考になれば幸いです。 知る人ぞ知る業務用洗剤の老舗メーカー運営のハウスクリーニングFC 3社の中で2番目に訪れたのは、Webサイトで運営会社の情報を見て「洗剤メーカーの運営するハウスクリーニングならしっかりしていそう」と気になった、ハウスコンシェルジュです。 正直、運営元の株式会社 リスダンケミカルという会社の名前は知らなかったのですが、実際に行ってみたら「あー!それ知ってる!」という事が多くて、驚きました。 プロのおそうじの品質の秘密は洗剤とワックスの質?! 説明会の会場は、池袋の西口。 繁華街と住宅街の境目のあたりにある本社の2階でした。 入口に敷いてある足ふきマットが可愛いなぁと思っていたら、それも運営元の会社の製品であるコイルカラーマットで、2004年には文部科学大臣賞も受賞しているとか。 ちょっと順番が前後しますが、説明会の中で運営会社の開発した清掃用品の紹介があったのですが、日本発明大賞や中小企業優秀技術・新製品賞を取得した製品が数多くあり、また社長さんが平成18年春の褒章で黄綬褒章を受勲していることなどもわかり、かなり驚きました。 一般的には知名度の高い会社ではありませんが、業務用のワックスや洗剤のメーカーとしてはかなり古く、ここには名前は書けませんが、省庁や、大手建設会社のモデルルーム、自動車メーカーのショールームなどの清掃を、自社製品を使ってまるまる請け負っているそうです。 よく「日本の中小企業の中には、一般には知名度の高くない会社の中に、匠がザクザクいる」と言われますが、この会社もその一つなのだと思いました。 自社製品を使った清掃の受注が増えすぎてFCを始めたという経緯 説明会は、事務所の会議室で、ホワイトボードとパワーポイント資料の出力を使いながら、支店開発の担当者と口頭でやり取りしながら、というスタイルでした。 部屋は一対一の対面式ではないので、前回のおそうじ本舗のような圧迫感はありませんでした。 手元に置かれた資料は、以下の通りです。 パワーポイント資料「フランチャイズ事業のご案内」会社概要・製品紹介・事業所一覧・導入事例・市況の説明・業務の概要・料金・収益モデル・契約の流れ・開業資金・サポート内容・先輩オーナーの声などがしっかりとまとめられています• 加盟希望者向け三つ折りリーフレット• お客様向けA4二つ折りリーフレット• 製品の総合カタログ おもしろいのは、説明会の会場に 実際にハウスクリーニングに使う道具や、制服などが展示されていたこと。 「これが加盟店さんに着てもらう制服です」 「このコート剤で床を磨くとこんな感じ」などと見せてもらえるので、実際の業務がイメージしやすいです。 前回のおそうじ本舗が、お金の話メインで「事業投資」のカラーが強かったのに対し、こちらは「ハウスクリーニングの仕事を知って、納得した上で検討して欲しい」という姿勢の違いが伝わってきました。 聞けば、現在、自社製品を使った清掃の依頼が増えすぎていて、対応する人を探すためにフランチャイズ展開を始めたという経緯があるのだそう。 加盟金が低いのも、その事情があるようです。 富裕層向けのサービスを目指すので料金設定も… いいな、と思ったのが、制服の可愛さです(笑)。 男女どちらが着ても、カフェの店員さんのようなオシャレな感じです。 女性が着た方がサマにはなりそうでしたが、オジサンでもそれなりに…。 実際に、女性の加入者も大歓迎だそうです。 理由をお尋ねしてみると、 「女性のほうが、日常的に家事や掃除をしている分、ハウスクリーニングの実際の業務に触れた時に、キツイ部分が受け止められる」上に 「お客様は主婦が多いから、家に入られるのは女性のほうが嬉しい時も多い」からとのこと。 そして制服も女性に似合うだけでなく、オジサンが着ても「ハウスクリーニングは、女性一人のお部屋にお邪魔することも多いから、作業着で来られるより、こざっぱりとしたオシャレな服装にした」とのことでした。 この細やかな発想は、現在抱えている顧客層に合わせて出てきたものでもあるとのこと。 現在、モデルルームの清掃を引き受けている建設会社の関係で回ってくるクリーニングの依頼は、やはり立派なお家にお住まいの方が多く、そこで違和感のないものを目指していったら、制服もオシャレなものになったとか。 料金設定も、薄利多売ではありません。 ランニングコストとロイヤリティの安さは長期で大きな差になる! ハウスコンシェルジュの説明会で一番聞きたかったのは、どうしてロイヤリティがこんなに安いのか、でした。 本サイトでランキングしたフランチャイズ5社の中で、 ハウスコンシェルジュのロイヤリティは月額3万円固定で最安、初期費用の安さは180万円で第2位ですが、1位のおそうじ革命とはわずか2万6千円の僅差です。 初期費用の安さに関しては、最初に清掃用品を見せてもらった時点で察しが付いていたのですが、やはり「メーカー出身」の強みで、卸値以下の安さで必要な資機材が揃えられるから、でした。 後日説明会に参加したおそうじ革命の場合は「なるべく道具を使わず、自分の手で掃除の技術を身に付ける」から、資材の費用が安かったのですが、ハウスコンシェルジュの場合はプロ性能の清掃器具が安価で入手できるために費用が安い、というのが違いです。 また、ロイヤリティの安さに関しては「仕事の量に対して人手が足りないからFCを募集しているので、ロイヤリティを安く抑えることによって、長く続けて欲しい」という思惑があるそうです(ずいぶん、突っ込んで尋ねてしまいましたが)。 初期費用は一度のことですが、ロイヤリティやランニングコストはずっと掛かってくるものです。 特にハウスクリーニング業では、仕事を頑張れば頑張るほど洗剤やワックスなどの材料消耗品費がかさむのですから、それらが卸値以下の価格で補充できるとなれば、長期ではその差がどんどん積み重なっていきます。 後から調べたのですが、他社の1ヶ月のワックス・洗剤などの消耗品の費用は、7万円? 7万5千円くらいが多いようです。 ハウスコンシェルジュの場合は3万円くらいとのことなので、半分以下です。 毎月3万円の差が付いたら、 一年では36万円の出費の差になります。 こういう、一見地味な差が、のちのち効いてくると思います。 結論はもう1社を見てからに保留 ロイヤリティや顧客の紹介料がおそうじ本舗より安い時点で、かなりハウスコンシェルジュでの開業に乗り気になっていましたが、実はこの数日後に、もう一社おそうじ革命の説明会を控えていたので、返事を保留して帰る事にしました。 営業の推しが強くないので、納得した上で、もっと知りたいことがあったら何度でも問い合わせて欲しいと言われて、この日は終了しました。 総評:知名度は低めだがサポートと費用のバランスが取れたFC本部 この説明会のレポートは、当サイトの管理人の個人的な目と考えというフィルターを通したものですので、公平で歪みがないものとは言えないかもしれません。 その前提で見ていただけると嬉しいのですが、私の感じた「ハウスコンシェルジュ」さんの説明会の評価は以下の通りです。

次の