リゼロ at パネル。 【リゼロ】レムのジャージパネル出現?!今度こそ強力な恩恵を受けられるか!!【天井狙い】

【リゼロ】Re:ゼロから始める異世界生活の「剣聖パネル」5000台から10000台へ!

リゼロ at パネル

どーもてんてです! 緊急事態宣言完全解除! …といっても東京などがどんな状況かよく分からないので、よくわかりませんがw ウイルスも経済も全てにおいてはっきりした答えはありませんが、早くもとの日常に戻れることを願っています。 閉塞感漂う2020年。 これから明るいニュースばかりで埋め尽くされることが必要です。 日本では前を向いて歩いていけるようになってますが、海外ではまだまだ大変なところもあるでしょう。 やはり効果的な薬やワクチンなどの開発が一番のニュースとなるかな。 楽しい、嬉しい。 どんな時でもそういった気持ちを否定せず、出そうや! 病は気から! 予防はする! それでも気持ちが前を向けるように楽しく生きていこうぜ! ランキング参加中! 応援よろしくお願いします! リゼロ この日は夕方からの稼働です。 今回はたまーに打ちたくなるリゼロです! 6号機に夢を与えてくれた機種ではありますが、解析や6号機の基準などさまざまなことを知るに連れて、とてもじゃないけどメインの立ち回り機種にはなり得ない台だということが分かりましたね。 この機種から純増多めでほぼ無抽選ゾーンができてしまう仕様の台も増えました。 完走の魅力はありますが、やはり高設定でないと勝てないというあからさまな機種になってしまいましたね… 北斗もそうだし、青鬼もそう。 勝ちを狙っていく分にはゲーム数ハイエナくらいしか、今現在ではできませんが、北斗稼働ほぼゼロに対して、リゼロはちょこちょこと打たれています。 そんなリゼロですが、落ちている台は有利区間非継続の即ヤメ台か32Gヤメ、つまり温泉(膝枕)ヤメの台しかほぼありません。 稀に60Gほど回っていることもありますが、そんな程度では打つ理由にはなり得ません。 この日はなんかとてつもなく打ちたくなってしまったので、温泉抜けのゼロからポイントが700ある台を選びました。 リゼロは200G当選で1つ、500G当選で2つ、A天井で3つのアイテムとれてるくらいじゃないと白鯨撃破がしにくいと思ってます。 その為、どうしても打ちたいならば、ポイントが700あたりある台を選ぶのが最低条件だと思います。 これ、よく思うのですが、他の色のアイコン(主に緑)をとれている時に、白アイコンでも撃破率が増えやすいですよね。 トータル撃破率が既に決まっていて、なんらかの要因で振り分けが変わってるのでしょう。 … ホントにそういうのはやめてほしいですねw せめてこの部分は、各アイコンに対してガチ抽選して欲しかったものです。 ほらね? 白でループしたのに青でループしませんからね。 お、黄色アイコンでそこそこ頑張れました! あとは緑アイコンが残るのみです! … しかし、この緑アイコン… いつも期待はするが、全く…なことが多い… たぶん理由として、先ほどの白アイコンで撃破率を多めに獲得している場合、他のアイコンで得ている撃破率が白アイコンに回っている可能性が高いからでしょう。 3戦突破って、なんでこんなに楽しいんだろうか。 そしてなぜ、同じ3戦突破でも北斗、星矢SPは打とうと思えないのだろうか。 … 謎は深まるばかり… … それではまた!.

次の

リゼロにも2枚掛けペナルティが存在!下パネル○○台は超危険!!

リゼロ at パネル

スポンサーリンク マイジャグラー:設定狙い 打ち出す段階の合算は、3817回転でBIG・REG共に16回ずつで設定6以上の合算。 40とはっきり言って悪かったです。 それでも、全体的にジャグラーの島が高配分っぽかったので思い切って打ってみることにしました。 が、、、やっぱり自分が打っても全然ブドウが落ちない。 ジャグ怖い。 そして、やっぱりブドウの逆算はけっこうあてになりますね。 Re:ゼロから始める異世界生活:設定狙い ということで、リゼロに移動してきました。 3283回転で初当たりが5回取れていて、履歴を見ると最近個人的に重視している通常Bでの解除が複数回見られたので上3つはあるとの判断です。 早速しっかり通常Bで解除からの白鯨中にBARカットイン!? 打ち出す段階では、しっかり有利区間がリセットされてコンビニ抜けで即ヤメされていました。 とりあえず温泉ステージを回してみると、カードはN+でしたがリゼロポイントが 860ポイントまで貯まりました。 そのイメージ通り、通常時の前兆が下2桁50ゲーム以降ばかりで前兆が発生して通常B濃厚の中で491ゲームに白鯨攻略戦に当選。 もしかしたらガチな白鯨を運良く通せたやつ?? レムのパジャマパネルから出てきたのは鬼アツ?? さて、ラッシュを消化していくとレムのパジャマパネルが出現しました。 いや、確かに強いんだけど鬼アツを出すほどの恩恵かな?? それとも、もしかしたら内部的に完走を確定させた的なやつなのか…? …そんなことは無く普通に終了です てか純増少なくないか?? 有利区間がループするも… このラッシュ後は、有利区間がリセットされてカードはN+。 早い初当たりが欲しい所ですが、200ゲーム前半のゾーンで夕方背景から夜背景に移行! これやはりアツかったみたいで、244ゲームで白鯨に当選。 高設定でも、たまにこの200前半で当たったラッシュから完走しているのを見るので、案外ガチ白鯨が出てきやすい所なのかもしれませんね。 その後は、有利区間がループしてくれて早い初当たりを目指します。 ワンチャン鬼天国に移行してないかなあと思いつつ消化していくと、200ゲーム台前半で前兆が来なくて通常Bっぽい動き。 これはこれで早めの初当たりに期待できるから良いんですけど、なぜか200ゲーム台後半でも前兆は来ず。 なんだか不思議な前兆パターンだなと思って消化していくと、その後は前半で前兆来まくりの圧倒的通常A挙動。。。 たぶん突破出来たら高性能ラッシュだったのに。 またもや不思議な前兆パターンで? ここでは深くハマってしまったので有利区間がリセットされて再スタートです。 と、ここでコンビニ演出で 「246円でーす」 ああ、4だわこれ。 ぶっちゃけここでヤメても良かったんですけど、まだ時間もあったのでちょっと様子見をしてみることに。 ということで、早めの当たりが欲しいと思っていると、200ゲーム台の前半で前兆が来なくて通常Bの大チャンス!! …またもや200ゲーム台の後半で前兆が来なかったんですけど。。。 この段階で、リゼロぽいんとが1000ポイント近くまで貯まっていたので、とりあえず出てくるアイテムを見てみることに。 すると、カットインが出てきて、、、 はい、もう一回当たるまで打たせていただきます。 結局当たったのは 691回転。 それでも、やっぱり最深部までハマらないのはちょっとだけ優しい。 この撃破率じゃちょっと厳しいよなあと思いつつ消化していくと、、、 2戦負け。 せめて3戦目まで行ってワンチャンを見させてくれよ。 ということで、ここでまた有利区間がリセットされたということで、時間も遅いのでヤメにしました。

次の

リゼロにも2枚掛けペナルティが存在!下パネル○○台は超危険!!

リゼロ at パネル

エミリアパネル:導入台数 8,000台 最初の2019年3月4日に導入された当初は たったの8,000台でした。 今からは考えられないですね。 小規模ホールで導入したいけど買えなかったというホールが多かったのを覚えています。 エミリアパネル:増産 7,000台 あっという間に3月、4月とエミリアパネルが増産されました。 これでエミリアパネルが15,000台。 ですがまだまだ足りんということで、3月中には第二弾の新パネル・ レムパネルが発表されました。 レムパネル:15,000台 導入から2か月たった5月20日には待望のレムパネルが登場。 この辺りからどのホールでもリゼロが複数台はあるような状況になっていきましたね。 この時点でエミリア15,000台+レム15,000台で 合計30,000台です。 双子パネル&エミリアパネル増産:25,000台 レムパネルから2か月後の7月22日。 この時新パネル第三弾・双子パネルが登場しました。 同時に初期のエミリアパネルも増産し、文句なく「リゼロ、お前がナンバー1だ!」という感じ。 ちなみに双子パネル15,000台でエミリアパネル10,000台。 これで一気に 合計55,000台へ。 剣聖パネル:10,000台 さらに2か月後の9月17日からダメ押しの第四弾新パネル・剣聖パネルが登場。 個人的に今までで一番好きなパネル。 今回は10,000台なんですが、ホールからのリクエストは15,000台分あった模様。 リゼロ以外がクソってことなんですかね... 合計設置台数 ・エミリアパネル 25,000台 ・レムパネル 15,000台 ・双子パネル 15,000台 ・剣聖パネル 10,000台 合計 65,000台 バジリスク絆を超えて現在の 導入台数No. 1になった模様です。 念のため言いますが、あくまでメーカーの公表値なので実際の台数とは異なる可能性があります。 ただこれより少ないってことはなさそうです。 第五弾新パネルは? 「リゼロ増やしすぎ、もういいよ」と思う一方、ここまで来たらキリのいい第五弾まで出してほしいと思います。 11月にはリゼロの映画も公開されますし勝手に予想してみました。 今後6号機でリゼロを超える台が出てくるのか。 出てきてほしい。 逆にリゼロの歴史がこれでまだ1ページ目だったら恐ろしい。 リゼロの匹敵する高純増機 リゼロ以上の機械割.

次の