放送記者 仕事内容。 NHKのディレクターの仕事内容は?やりがいはある?

NHKの企業研究!就活生が知っておくべき仕事内容や待遇まとめ

放送記者 仕事内容

主な記者の種類 記者と言っても、その働き方は様々です。 記者になる為の資格は特に必要ありませんが、新聞社やテレビ局に務める記者の場合は大卒以上を条件にしていることが多いです。 また、 知識の豊富さや、記事を仕上げる文章力・表現力も必要とされています。 どこに所属し、どんなジャンルを担当するかにもよりますが、記者の収入は年収500万〜1300万と幅広いです。 しかしフリーの記者の場合は、年収がもっと低い人もいます。 新聞記者 新聞社に属し、事件や政治、スポーツ、世界のニュース、流行などを取材します。 新聞社によっては海外に支局を持っている場合があり、現地記者として常駐することもあります。 入社をすれば誰でも取材記者になれるわけではなく、多くの人は校閲記者や整理記者などの内勤の仕事に配属されます。 その後、適性や内勤業務の段階を積み、取材記者になるという流れが多いです。 採用試験では、作文や論文で文章力や構成力を求められます。 雑誌記者 出版社に所属し、雑誌に載せる記事を取材します。 事件、スポーツ、政治から芸能スクープまで様々な分野があります。 雑誌記者の場合、 専門性の高い知識が必要とされています。 その為、自分の得意なジャンルで取材を行う記者がほとんどです。 雑誌は発行日が決められているので、締め切りが厳しく体力的にはかなりハードです。 週刊誌の記者を想像すると分かりやすいですが、1つのスクープを撮るために、忍耐強く調査し取材するという精神力も必要とされます。 雑誌記者の場合、学歴はあまり重要視されていません。 記者として比較的入社しやすい傾向にありますが、待遇や収入面に関しては記者の中でも低いです。 放送記者 テレビ局に所属し、アナウンサーが読む原稿の作成や取材に関わるのが放送記者です。 新聞記者と同じように、取材記者と内勤の編集記者に分かれます。 記者クラブに所属し取材にあたりますが、事件が起こればすぐに現場へ駆けつけ、場合によってはその場で記者自身が中継をすることもあります。 記者自身が中継を行い報道をするのは、放送記者ならではの仕事です。 そしてその後、編集された原稿がアナウンサーへ渡り、ニュース番組で読み上げられます。 放送記者の場合、テレビ局の報道部の採用試験を受けなければいけません。 アナウンサーより採用枠は多いですが、テレビ局の放送記者は高給取りと言われるだけあって倍率も高くなっています。 フリーランス記者 フリーランスの記者の場合、複数の雑誌や週刊誌と契約し仕事をします。 新聞社、出版社などの採用試験に受からなかった人• 新聞社や出版社で働いた後、フリーになった人 が主に現在活動しているフリーランス記者です。 取材内容などは他の記者達と変わりませんが、 フリーランス記者の場合は取材やアポイントを取るのが難しいです。 収入に関しては、取材実績の有無や取材内容により報酬条件が変わってきます。 報酬も原稿単位となるので、安定した収入を得るのが難しいです。 フリーランスでは記者クラブに所属できない 記者クラブとは中央官庁や企業団体などにあり、新聞社やテレビ局に所属している記者だけが加盟できます。 その為フリーランス記者の場合は、記者クラブに所属することができません。 様々な記者会見の現場に出席できないことは、 他の記者に比べて大きなハンデとなります。 実績がないときつい職種 フリーランスの記者の場合、取材やアポイントを取るのが難しい です。 記者の世界は、「〇〇新聞社の記者」「〇〇出版社の記者」という肩書きが重要視されています。 フリーランス記者の場合は、様々な理由をつけて取材を断られるケースが多いです。 新聞社や出版社の記者を経験した人でも、フリーランスになったら仕事を断られたという事があるぐらいです。 肩書きで仕事をしていると言っても過言ではないです。 その為、 初めからフリーランスとして働くには、厳しい世界です。 将来的にフリーランスの記者を目指す場合は、会社員として記者をしている間に人脈や業界のコネを作っておく必要があります。 まとめ フリーランスの記者として仕事をしていくのは、覚悟がいる選択だと思います。 特に記者の採用試験に落ちてフリーランスの道を選ぶ場合は、まず仕事を得ることが難しいです。 出版社や新聞社には、正社員で働く記者と専属契約で働く契約記者がいます。 専属契約でどこかの出版社などに所属し、実績や人脈づくりなどを広げていく方が記者としての経験が積めるでしょう。 また、記者は休みの日でも事件が起きれば現場に直行しなければいけません。 フリーランスとして仕事をしていくには、常に色々な情報にアンテナを貼り、いつでも取材に行ける体制を整えるというのも大事になことです。 ハードな仕事ではありますが、記者がいなければ市民へニュースは発信されないので、やりがいは十分にある仕事と言えます。

次の

新聞記者の仕事内容

放送記者 仕事内容

放送記者には2種類あり、主に現場で取材を行う外勤記者と、取材先から送られてきた原稿やビデオなどを編集してニュース番組などの制作に携わる内勤記者(整理記者、ニュースディレクターとも呼ばれる)。 外勤記者は、テレビなどにも登場し、現場の様子を、正確に臨場感を持って伝える必要があるため、現場の様子を正確に把握する洞察力や、適切な表現力な どが求められる。 内勤記者は、ニュース番組の構成や演出、編集を行うため、情報を整理する能力や構成力などが必要となってくる。 放送記者はそれぞれ、政治・経済・社会・スポーツなど担当の分野を持っていて、それぞれの分野で報道に合う取材を行います。 テレビは新聞と異なり、現場から生中継できるので、現場に行ってさまざまな角度から取材し、原稿にまとめたあと、アナウンサーに代わってテレビ画面から直 接視聴者にレポートすることも多い。 その際、現場の映像を確保することが先決になるので、カメラマンとの連携が重要。 ・お給料 初任給25万円〜 大手の放送局では、平均年収が1000万円を超える事も。 ・勤務形態 正社員、派遣社員 ・勤務地 テレビ局、ラジオ局、取材先など 取材記者の場合、国会や警察などの記者クラブに常駐。 海外特派員として活躍することも。 ・休日 不定期 シフト制で勤務する事もあり、休みは不規則になりがち。 ・勤務時間 1日8時間ほど 番組が朝の早い時間帯や深夜の時間などに収録や放送が行われる場合も多い。 台風や地震などの災害時には、速報を伝えるため宿泊勤務もある。 採用試験は、筆記試験、作文や面接など。 対策として入りたい局の試験傾向を研究したり、大学のマスコミ関係のサークルに入るのも一つの手段。 学生時代に、新聞部や放送部で活動していたり、報道関係のアルバイトなどをしておくと就職時に有利なことも。 ・必要な資格 必須の資格は無いが、放送記者は他の報道関係者や野次馬で混乱する現場に飛び込んでいかなければならないこともあるので、好奇心と行動力、そして度胸のよさや冷静さが必要。 ・ワンポイントアドバイス 昼夜を問わず取材を行うこともあるので、体力と精神力も大切。

次の

報道記者の仕事内容、なるには、資格、給料、求人

放送記者 仕事内容

「記者」とは、 取材して得た情報を元に記事を書く仕事です。 「ライター」とは、 文章を書く仕事です。 「記者」の仕事内容について 記者とは、 主に現場に赴いて取材を行い、インターネットや書籍で調査して得た情報をもとに記事を書く人を指します。 この記事を書く上で重要になるのが、 情報の正確さ、 文章のわかりやすさ、 執筆のスピードの三点です。 記事は事実をもとに書かれるので、調査した情報の正確性が求められます。 このため、現場での取材能力が必要不可欠です。 次に、記事の読者層は一般市民であることが多いので、幅広い世代に伝わるわかりやすい文章で書くことが求められます。 そのため、修飾語を用いて情緒的に書くよりは、簡潔で短い文章でまとめあげなければいけません。 最後に、記事は事実をいち早く読者に知らせるという役割を担うので、そのためになるべく早く記事を執筆する能力が求められます。 さらに、文字数が定められていることが多いため、端的にまとめ上げる能力も必要です。 記者には、様々な媒体で活躍をする人がいます。 ここでは、「新聞記者」「放送記者」「雑誌記者」について簡単に説明します。 「新聞記者」とは 新聞記者とは、 紙面やデジタル版に載る新聞記事の執筆や編集を行う人を指します。 政治や経済、スポーツなど私たちの生活に密接な関わりを持つ、社会のあらゆる分野について取材を行います。 基本的に、元となる情報源がないため、自ら積極的に取材を行うことで情報を入手します。 また、取材を行うだけでなく、紙面のレイアウトを考えたり、編集作業を行ったり、校閲や校正を中心に行う記者もいます。 ちなみに、校正は文字の誤りを正す作業であるのに対して、校閲は文章の意味や内容を踏まえた上での誤りを正す作業を指します。 「放送記者」とは 放送記者とは、 主に各テレビ局の報道部門に所属して、各地で起きた事件について取材を行い、そこで見聞きした情報を視聴者に伝える仕事を行う人を指します。 さらに具体的に説明すると取材を行う取材記者と情報をもとに原稿を編集する編集記者の二つにわけられます。 取材記者は国会や警察などから取材を行い、そこで得た情報をもとにニュースの原稿を作成します。 編集記者は、取材記者から上がってきた原稿に修正を加え、その原稿がアナウンサーの手に渡ります。 「雑誌記者」とは 雑誌記者とは、 出版社に所属し、雑誌に掲載する記事の執筆を行う人を指します。 新聞記者との大きな違いは、担当する雑誌によって扱う分野が異なるということです。 雑誌は発行日が定められているので、記事の締め切りがとても厳しいです。 雑誌の記事は旬の情報が求められているので、雑誌記者は流行に敏感であることが望ましいです。 そして、色んな人に手に取ってもらうためにはより詳しい情報を載せる必要があります。 そのため、すぐ現場へ取材に行くフットワークの軽さと踏み込んだ調査を行う時の好奇心旺盛さが求められます。 「ライター」の仕事内容について ライターとは、 雑誌やウェブサイトなどに掲載される文章やコラムなど幅広く、文章を書く仕事をする人を指します。 伝えたい内容について調査をしたり、取材を行ったりするという点では記者と共通しています。 しかし、書かれる文章は必ずしも事実であるわけではなく、フィクションのものを書く場合もあります。 また、記者に求められている記事よりも 内容の自由度が高く、 ライター自身の個性が求められることもあります。 必ずしも事実をもとに文章を書くわけではないので、取材を行わずに執筆することもあります。 例えば、自身の体験談をコラムとして書いたり、別のインタビュアーが取材した音源をもとに記事を作成したりする場合などです。 ライターにも様々な分野で活躍する人がいます。 ここでは、「コピーライター」「グルメライター」「ルポライター」について簡単に説明します。 「コピーライター」とは コピーライターとは、 広告業界で活躍するライターです。 商品の宣伝や企業のブランディングイメージを高めるために、キャッチコピーのようなインパクトのある短い文章で魅力を伝えます。 コピーライターが一番求められる能力は広告戦略の企画立案能力です。 依頼主が「売りたい」と考えているものを、どのように売り出したら良いのかを考えなくてはいけません。 具体的にはマーケティングを行い、販促企画などを作成します。 「グルメライター」とは グルメライターとは、 飲食店に赴き、オーナーやシェフへの取材を通してメニューや店舗の紹介記事を書くライターです。 いかに「美味しさ」を言葉巧みに表現するかの能力が求められます。 「ルポライター」とは ルポライターとは、 社会で起きている問題や事件について扱うライターです。 ジャーナリストとほとんど同じ意味で使われます。 多くのルポライターはフリーランスで仕事をしていますが、たまに新聞社などから仕事の依頼が来ることもあります。 まとめ 以上、この記事では「記者」と「ライター」について解説しました。

次の