国際孵化 確率。 【ポケモン】国際孵化とひかるおまもりで色違いゴースを3体孵化させた話

【ポケモン】第7世代からの国際孵化

国際孵化 確率

ゲームでは第二世代(金・銀・クリスタル)から出現するようになった、通常とは異なる色をまとった、通称 「色違いポケモン」ですが、普通に本編をクリアしただけで捕まえられるほど容易なものではありません。 今回はそんな色違いポケモンを、育て屋さんにポケモンを二体預けることによって産まれるタマゴからゲットしてみようというお話。 ちなみに、公式名は 「ひかるポケモン」らしい。 今回のターゲット 冒頭の写真からも分かるように今回のターゲットは、第一世代から長らくその歴史に名を残すゲンガーの進化前 ゴースです。 色違いのゲンガーと言えば 余談ですが、ポケモン映画に登場する(らしい)ジャービスというキャラが色違いゲンガー使いらしいです。 そんなわけで、セブン-イレブンのセブンスポットで、そんなされていました。 ちなみに、僕もせっせとセブンスポットに通い、YとASそれぞれ一体ずつゲットしてきました。 育て屋に預ける親ポケモン 今回は色違いのみならず、個体値にもある程度拘ってみようということで、以下の二体を親ポケモンとして預けます。 ゲンガー• 性 格: おくびょう• 特 性: ふゆう• 持ち物: かわらずのいし• 個体値: A抜け5V• 備 考: 遺伝技の「ほろびのうた」を覚えている メタモン• 性 格: なまいき• 特 性: じゅうなん• 持ち物: あかいいいと• 個体値: 6V• 備 考: 海外産• タマゴ発見と孵化までの効率UP 色違いポケモンを孵化させるのは時間との戦いにもなるため、可能な限りの効率化を図る必要があります。 (必須じゃないけど、普通にやると時間がいくらあっても足りない) 道具 以前、で、全国図鑑を集めきった際にもらった二つの道具が活躍します。 まるいおまもり: タマゴ発見までの効率アップ• 手持ち 特性が「ほのおのからだ」または「マグマのよろい」を持つポケモンを一体手持ちに入れておきます(タマゴ孵化速度2倍)。 タマゴだけの手持ちにはできないこともあるので、戦闘可能ポケモンはこの一体です。 下の画像のウルガモスがそれです。 Oパワー(タマゴふかパワー) 3分間、タマゴが孵化するまでの速度が上がります。 (Lv. 3で2倍) 3DSとソフトが2つずつあれば、相互に送り合い続けることができるらしいのだけど、僕は手元に3DSひとつしかないのでOパワーはおまけ程度に使っていました。 色違いが産まれる確率 ゲームに初めて色違いが登場した第二世代から第五世代までと、第六世代とでは色違いが産まれる確率が異なる(第六のほうが2倍出やすい)ようなので、今回は第六世代での話に特化します。 つまり、4096回野生ポケモンと戦って(または4096個のタマゴを孵化させて)、1回色違いが出ればラッキー、ということ。 (あくまで確率ですが) 計算式としてはかなりややこしい上、ゲームの画面上には登場しない、いわば裏パラメータ的なものを用いるのですが、簡易的には SV(ShinyValue)という通称を用いて説明されるようです。 ただ、ここでは備忘録的にその計算式を書いておくことにします。 色違い判定に使われるパラメータ値 以下のパラメータは表IDを除き、ゲーム上では見えないものですが、それぞれが00000~65535の65536通りの値を取り得るものとされています。 表ID トレーナーカードで見えるトレーナーID 裏ID ゲーム上は見えない裏のトレーナーID 性格値の上位4桁 ポケモンの性格値(16進数8桁)の上位4桁 性格値の下位4桁 ポケモンの性格値(16進数8桁)の下位4桁 色違い判定に使われる計算式 上記4つのパラメータを2進数に変換し、それぞれの排他的論理和( xor)を取り、さらにそれらの排他的論理和を10進数に変換した値が15以下であれば色違いとなります。 SV(ShinyValue)について 先述したSV(通称)についてですが、これにはトレーナーのSV(TSV)と、ポケモンのSV(PSV)があるとされ、それらの一致により色違いが産まれると言われています。 国際孵化とひかるおまもり 色違いポケモンが産まれるかどうかの判定式は上記の通りですが、この時の判定の試行回数(野生ポケモンとの遭遇時やタマゴの発見時など)を増やす方法が「国際孵化」と「ひかるおまもり」です。 国際孵化 自分が使っているポケモンのゲームソフトが日本版とすると、そこで産まれた(捕まえた)ポケモンと、日本以外で発売されたゲームソフトで産まれた(捕まえた)ポケモンを親ポケモンとすると、この色違い判定の試行回数が増えるとされています。 つまり、本来4096個のタマゴを孵化させて1回、という確率が、512個で1回、という確率になったわけです。 無論、あくまで確率、です。 上記の条件下で色違いゴースを粘った結果 3体の色違いゴースが産まれました と書くとかなり聞こえはいいですが、後述するようにかなりのタマゴを孵化させています。 それでも上述した確率よりははるかにラッキーだったかと思います。 とはいえ、以下のように二体目が出るまでがなかなかきつかった。。 一体目が産まれるまで: 11孵化目• 二体目が産まれるまで: 310孵化目• 三体目が産まれるまで: 28孵化目 352体の個体値分布 親ポケモンとして、A抜け5Vゲンガーと、6Vメタモン(あかいいいと持ち)を使ったので4V以上は確定なのですが、352体の個体値は以下のようになりました。 6V: 5体• 5V: 201体• 4V: 146体 なお、いわゆる理想個体と呼ばれる? 、A抜け(A0)5Vゴースはわずか一体でした。 考えてみれば、親はどちらもA0じゃないので6Vよりも産まれづらいのかな、と。 ちなみに、色違いは5V二体と4V一体でした。 さいごに... 全国図鑑を完成させてからだいぶ間が空きましたが、ようやく「ひかるおまもり」の恩恵に与ることができました。 (それでもテレビ観ながらとかだいぶ粘りは必要) 世間ではの日本リリースが待たれていますが、それと同じレベルで秋発売のが楽しみですね。 予約も始まっているようです。

次の

【ポケモン剣盾】色違い厳選勢が絶対知っておくべき確率と罠!

国際孵化 確率

国際孵化とは、用の1つで、が産まれやすくなる方法の通称・俗称である。 、際とも呼ばれる。 実用性 という2つの的の為、以下の記述の内容はあえて第代以降をとしています。 またではない為に間違っている可性もあります。 概要 の現取締開発である氏のである『の』に書かれていた内容から発覚したが元となっている。 だがそれは同じ言の親同士をに預けてを産ませた場合の話。 に考えると他のの言の親を用意するには当然他ののとの交換により手に入れる必要がありそうだが、第代である以降は開始時に限り言の選択が可となった為、1人でに出来るが2つあれば自分1人でも他の言の親を用意する事が可となった。 その為、国際孵化というよりは『異言孵化』『他言孵化』の方が正しい。 第5世代以前(~)のと言えばほぼ産であると言ってしまっても差し支えなく、また後述する孵化厳選のも重なり、狙いで国際孵化を行うはごくごく限られた一部であったと言わざるを得ない。 だが以降は実質的にがとなり、また以降は作産のを含めたがのィング対戦で使用になった為、国際孵化の需要・が急上昇した。 また同じく氏のにかれた内容により発覚した具『いと』の5箇所遺伝+『かわらずのいし』による性格遺伝により対戦に理想的なが産まれる可性も十分的な数字になった上、からは捕獲したが遺伝する様になるという変更も重なり、第代以降の国際孵化はこだわりたいの心をまくる要素となった。 には、その色の特別感と登場時のとる演出はあるものの、その他値等には通常色のとべ一切の変化・はない。 第一そんなものはめてはいけないのだ。 国際孵化とはそれすなわちなのだから。 第6世代以前について 第3世代以前• (ないと思われる) 第4世代• 具『かわらずのいし』の性格遺伝なし• 遺伝が系により1箇所固定可&残り2箇所遺伝は 第5世代• 遺伝が系により1箇所固定可&残り2箇所遺伝は 関連項目• …第7世代から登場した国際孵化の系。

次の

【ポケモン剣盾】色違い図鑑一覧・確率上げる方法・孵化厳選【鎧の孤島】

国際孵化 確率

ゲームでは第二世代(金・銀・クリスタル)から出現するようになった、通常とは異なる色をまとった、通称 「色違いポケモン」ですが、普通に本編をクリアしただけで捕まえられるほど容易なものではありません。 今回はそんな色違いポケモンを、育て屋さんにポケモンを二体預けることによって産まれるタマゴからゲットしてみようというお話。 ちなみに、公式名は 「ひかるポケモン」らしい。 今回のターゲット 冒頭の写真からも分かるように今回のターゲットは、第一世代から長らくその歴史に名を残すゲンガーの進化前 ゴースです。 色違いのゲンガーと言えば 余談ですが、ポケモン映画に登場する(らしい)ジャービスというキャラが色違いゲンガー使いらしいです。 そんなわけで、セブン-イレブンのセブンスポットで、そんなされていました。 ちなみに、僕もせっせとセブンスポットに通い、YとASそれぞれ一体ずつゲットしてきました。 育て屋に預ける親ポケモン 今回は色違いのみならず、個体値にもある程度拘ってみようということで、以下の二体を親ポケモンとして預けます。 ゲンガー• 性 格: おくびょう• 特 性: ふゆう• 持ち物: かわらずのいし• 個体値: A抜け5V• 備 考: 遺伝技の「ほろびのうた」を覚えている メタモン• 性 格: なまいき• 特 性: じゅうなん• 持ち物: あかいいいと• 個体値: 6V• 備 考: 海外産• タマゴ発見と孵化までの効率UP 色違いポケモンを孵化させるのは時間との戦いにもなるため、可能な限りの効率化を図る必要があります。 (必須じゃないけど、普通にやると時間がいくらあっても足りない) 道具 以前、で、全国図鑑を集めきった際にもらった二つの道具が活躍します。 まるいおまもり: タマゴ発見までの効率アップ• 手持ち 特性が「ほのおのからだ」または「マグマのよろい」を持つポケモンを一体手持ちに入れておきます(タマゴ孵化速度2倍)。 タマゴだけの手持ちにはできないこともあるので、戦闘可能ポケモンはこの一体です。 下の画像のウルガモスがそれです。 Oパワー(タマゴふかパワー) 3分間、タマゴが孵化するまでの速度が上がります。 (Lv. 3で2倍) 3DSとソフトが2つずつあれば、相互に送り合い続けることができるらしいのだけど、僕は手元に3DSひとつしかないのでOパワーはおまけ程度に使っていました。 色違いが産まれる確率 ゲームに初めて色違いが登場した第二世代から第五世代までと、第六世代とでは色違いが産まれる確率が異なる(第六のほうが2倍出やすい)ようなので、今回は第六世代での話に特化します。 つまり、4096回野生ポケモンと戦って(または4096個のタマゴを孵化させて)、1回色違いが出ればラッキー、ということ。 (あくまで確率ですが) 計算式としてはかなりややこしい上、ゲームの画面上には登場しない、いわば裏パラメータ的なものを用いるのですが、簡易的には SV(ShinyValue)という通称を用いて説明されるようです。 ただ、ここでは備忘録的にその計算式を書いておくことにします。 色違い判定に使われるパラメータ値 以下のパラメータは表IDを除き、ゲーム上では見えないものですが、それぞれが00000~65535の65536通りの値を取り得るものとされています。 表ID トレーナーカードで見えるトレーナーID 裏ID ゲーム上は見えない裏のトレーナーID 性格値の上位4桁 ポケモンの性格値(16進数8桁)の上位4桁 性格値の下位4桁 ポケモンの性格値(16進数8桁)の下位4桁 色違い判定に使われる計算式 上記4つのパラメータを2進数に変換し、それぞれの排他的論理和( xor)を取り、さらにそれらの排他的論理和を10進数に変換した値が15以下であれば色違いとなります。 SV(ShinyValue)について 先述したSV(通称)についてですが、これにはトレーナーのSV(TSV)と、ポケモンのSV(PSV)があるとされ、それらの一致により色違いが産まれると言われています。 国際孵化とひかるおまもり 色違いポケモンが産まれるかどうかの判定式は上記の通りですが、この時の判定の試行回数(野生ポケモンとの遭遇時やタマゴの発見時など)を増やす方法が「国際孵化」と「ひかるおまもり」です。 国際孵化 自分が使っているポケモンのゲームソフトが日本版とすると、そこで産まれた(捕まえた)ポケモンと、日本以外で発売されたゲームソフトで産まれた(捕まえた)ポケモンを親ポケモンとすると、この色違い判定の試行回数が増えるとされています。 つまり、本来4096個のタマゴを孵化させて1回、という確率が、512個で1回、という確率になったわけです。 無論、あくまで確率、です。 上記の条件下で色違いゴースを粘った結果 3体の色違いゴースが産まれました と書くとかなり聞こえはいいですが、後述するようにかなりのタマゴを孵化させています。 それでも上述した確率よりははるかにラッキーだったかと思います。 とはいえ、以下のように二体目が出るまでがなかなかきつかった。。 一体目が産まれるまで: 11孵化目• 二体目が産まれるまで: 310孵化目• 三体目が産まれるまで: 28孵化目 352体の個体値分布 親ポケモンとして、A抜け5Vゲンガーと、6Vメタモン(あかいいいと持ち)を使ったので4V以上は確定なのですが、352体の個体値は以下のようになりました。 6V: 5体• 5V: 201体• 4V: 146体 なお、いわゆる理想個体と呼ばれる? 、A抜け(A0)5Vゴースはわずか一体でした。 考えてみれば、親はどちらもA0じゃないので6Vよりも産まれづらいのかな、と。 ちなみに、色違いは5V二体と4V一体でした。 さいごに... 全国図鑑を完成させてからだいぶ間が空きましたが、ようやく「ひかるおまもり」の恩恵に与ることができました。 (それでもテレビ観ながらとかだいぶ粘りは必要) 世間ではの日本リリースが待たれていますが、それと同じレベルで秋発売のが楽しみですね。 予約も始まっているようです。

次の