日向坂新聞 オードリー 座談会。 読書家・小坂菜緒が一番好きな本『逢う日、花咲く』とは?【ひなちょい】

『日向坂46新聞』が発売!オードリーとの座談会や巨人・元木との対談!?

日向坂新聞 オードリー 座談会

使うほど日々うれしいときめき、きっとあなたのお肌にも。 より引用 『ルルルン』は10代〜20代の女性を中心に人気のフェイスマスク。 2018年には 国内フェイスマスクブランドで売上No. 1を達成しました。 『ルルルン』は従来のフェイスマスクと比較しても低価格で、 「継続して使いやすい」と特に中高生から人気を集めています。 またラインナップの豊富さも魅力で、 「乾燥肌用」「うるおい用」「ダメージ肌用」など肌タイプに合わせたもののほか、ご当地原料を使用した 「ご当地ルルルン」なるものまである多種多少ぶりです。 「買いやすい価格」と「豊富な種類」から毎日の化粧水感覚で使えるのが人気の理由といわれています。 日向坂46の起用理由について、 【日向坂46起用理由】 ルルルンシリーズの主な購買層は10代~20代の女性であり、日向坂46の皆さんはまさにその世代の女性の象徴であると考えました。 また普段からルルルンを愛用しているメンバーが多数いることからも、今回彼女たちをアンバサダーとして起用する運びとなりました。 日向坂46のメンバーがルルルンをより魅力的に発信してくれることを期待しています。 より引用 と公式発表されています。 ちなみにアンバサダー就任前から『ルルルン』を使っているメンバーもいたようですよ。 メンバーの小坂菜緒も、 【日向坂46小坂菜緒さんコメント】 ルルルンは毎日のように使っているフェイスマスクなので、今回のアンバサダーのお話を頂いた時はとてもうれしかったです。 わたしたちがアンバサダーを務めることで、「ルルルンを使いたい!」と思ってくれる方が増えればいいなと思います! とコメントしています。 特に男性の肌は男性ホルモンの影響で 皮脂の分泌が活発になり、分泌量は女性の数倍だといいます。 一方で、肌内の水分は女性の約半分。 男性ホルモンの影響で皮脂量が多い上に、水分量が少ないため乾燥を防ごうとさらなる皮脂を分泌するのです。 このためべとつきや皮脂が詰まることによってできる ニキビなどの肌トラブルを引き起こすこともあります。 より引用 肌ドラブルを避けるために重要なのが、洗顔後、肌にたっぷりの水分を補給してあげること。 つまり保湿。 そこで活躍してくれるのが 「フェイスパック」なのです。

次の

<日向坂46>初の専門紙「日向坂46新聞」創刊

日向坂新聞 オードリー 座談会

日向坂46新聞 価格:¥550 内容紹介 新聞タブロイド判32ページオールカラー 出版社からのコメント 昨年、NHK紅白歌合戦に初出場し、「日本レコード大賞」優秀作品賞を受賞するなど、今最も勢いのあるアイドルグループ・日向坂46。 その日向坂46だけをまるごと特集した「日向坂46新聞」が創刊されます。 表紙は、いよいよ放送開始された日本テレビ系ドラマ『DASADA』の大特集です。 中心的な役柄を演じる小坂菜緒と渡邉美穂が、ダブル表紙の一角に登場。 ドラマの世界観や、撮影エピソードを語ってくれています。 もう一方の表紙は、今年成人式を迎えた渡邉美穂、佐々木美玲、松田好花の晴れ着スリーショットです。 3人には成人の誓いも立ててもらいました。 テレビ東京系「日向坂で会いましょう」では、オードリーとの絶妙な掛け合いで楽しませている日向坂46。 本紙では、加藤史帆と佐々木久美がオードリーの2人と初座談会を開催し、お互いの印象や番組での夢や目標を語り合いました。 今年12月の東京ドーム公演に向けては、ドーム経験者に突撃取材! 佐々木久美と高本彩花が、巨人・元木大介ヘッドコーチを訪ね、ドームに立つ心得を聞いてきました。 さらには活動を再開した濱岸ひよりも登場! 仲良しの潮紗理菜が心境を直撃します。 河田陽菜、富田鈴花、宮田愛萌は紅白、レコ大と大忙しだった年末を回想。 幕張メッセでの「ひなくり2019」は、齊藤京子、丹生明里、上村ひなのが振り返ってくれました。 東村芽依、金村美玖は、フロントメンバーに選ばれた4thシングル「ソンナコトナイヨ」 2月19日発売 への思いを語ってもらいました。 そのほか、登場全18人の「今年の漢字1文字」色紙、サイン入りチェキプレゼントなど、日向坂46新聞だからできる、オリジナルの企画が満載です。 引用元: 「『日向坂46新聞』がスポーツニッポン(以下スポニチ)から来年早々に発売されることが決まったそうです。 〝坂道グループ〟と言えば、『乃木坂46新聞』を発売している日刊スポーツ(以下日刊)が強いことで業界内では知られていますが、今回は〝事情〟があってスポニチが利権を獲得したようです」 〝事情〟とは何なのか。 実のところは、スポニチから発売中の「AKB48グループ新聞」の売り上げが芳しくないことが大きく関係しているという。 「『AKB48グループ新聞』は、以前日刊に勤めていたX氏の諭旨退職もあって今年1月から発売元がスポニチに変わりましたが、その後は売上が下降線に。 毎月赤字を作る〝お荷物新聞〟となってしまったそうです。 そこでスポニチから泣きが入り、見かねた運営幹部が『日向坂46新聞』を差し出したという流れでしょう」(前出・出版関係者) 「日向坂46新聞」は、「AKB48グループ新聞」の〝赤字補填〟として差し出されたと言うのだ.

次の

日向坂46公式フェイスパック「ルルルン」|メンバー別オススメまとめ

日向坂新聞 オードリー 座談会

内容紹介 新聞タブロイド判32ページオールカラー 出版社からのコメント 昨年、NHK紅白歌合戦に初出場し、「日本レコード大賞」優秀作品賞を受賞するなど、今最も勢いのあるアイドルグループ・日向坂46。 その日向坂46だけをまるごと特集した「日向坂46新聞」が創刊されます。 表紙は、いよいよ放送開始された日本テレビ系ドラマ『DASADA』の大特集です。 中心的な役柄を演じる小坂菜緒と渡邉美穂が、ダブル表紙の一角に登場。 ドラマの世界観や、撮影エピソードを語ってくれています。 もう一方の表紙は、今年成人式を迎えた渡邉美穂、佐々木美玲、松田好花の晴れ着スリーショットです。 3人には成人の誓いも立ててもらいました。 テレビ東京系「日向坂で会いましょう」では、オードリーとの絶妙な掛け合いで楽しませている日向坂46。 本紙では、加藤史帆と佐々木久美がオードリーの2人と初座談会を開催し、お互いの印象や番組での夢や目標を語り合いました。 今年12月の東京ドーム公演に向けては、ドーム経験者に突撃取材! 佐々木久美と高本彩花が、巨人・元木大介ヘッドコーチを訪ね、ドームに立つ心得を聞いてきました。 さらには活動を再開した濱岸ひよりも登場! 仲良しの潮紗理菜が心境を直撃します。 河田陽菜、富田鈴花、宮田愛萌は紅白、レコ大と大忙しだった年末を回想。 幕張メッセでの「ひなくり2019」は、齊藤京子、丹生明里、上村ひなのが振り返ってくれました。 東村芽依、金村美玖は、フロントメンバーに選ばれた4thシングル「ソンナコトナイヨ」 2月19日発売 への思いを語ってもらいました。 そのほか、登場全18人の「今年の漢字1文字」色紙、サイン入りチェキプレゼントなど、日向坂46新聞だからできる、オリジナルの企画が満載です。 より引用しました.

次の