食後 胃痛。 胃痛があるときに食べてもいい食べ物は?食後の胃痛は病院に行くべき?医師522名に聞いてみました

福田耳鼻咽喉科醫院|病気と治療の基礎知識

食後 胃痛

胃から発信されるシグナル 胃がキリキリ傷む、少しでも食べ物を胃に入れると激痛がはしる・・・ こんな経験をされている方は多いのではないでしょうか?食べすぎ、飲みすぎ、神経使い過ぎなど胃は私達の生活スタイルを如実に反映します。 胃もたれ 食べたものが消化されずに胃の中に残っている時におきる。 食べ過ぎや二日酔いで胃の働きが弱っていたり、胃酸の刺激によって起こることもある。 胸やけ 胃酸が増加することでおこる。 胸がむかむかするのは、胃酸が食道に上がってきて粘膜を刺激している。 吐き気 胃の中にあるものを吐きたくなる気持ちを言う。 胃の粘膜に傷があると、胃酸で刺激されて痛み、吐き気を感じることがある。 げっぷ ガスが発生するのは、食事中に飲み込んだ空気が胃酸と混じりあう時。 空腹時の 不快感 夕方や深夜など、お腹が空くと胃がキリキリ痛くなるのは、胃粘膜が荒れているため。 胃酸が粘膜を刺激している。 胃がこのような状態になると、何を食べても美味しく感じませんよね。 では、胃の中でどのような処理が行なわれているか見ていきましょう。 つまり、胃に入ってきた食べ物は、胃液と混ぜられ、ぜんどう運動(胃の筋肉が収縮する運動)によって、細かく砕かれてドロドロのおかゆ状になります。 おかゆ状になった食べ物を消化・吸収するために少しずつ十二指腸に送るという小腸での消化の前処理段階が胃のはたらきです。 Q:消化とは? A:主に小腸で行なわれますが、食物の三大栄養素である炭水化物・タンパク質・脂肪を身体の中に取り込めるくらい小さく分解すること。 吐き気を感じたときに口に上がってくるあのすっぱいものが胃液です。 胃液とは: 胃液はph1. 0〜2. 5の強い酸性を示し、胃に入ったタンパク質を小腸で消化しやすいサイズへ分解する。 胃液では炭水化物や脂肪は分解できません。 Q:タンパク質(お肉)で出来ている胃が溶けないのはなぜ? A:胃がタンパク質を分解する胃液によって溶けないのは、粘膜のおかげです。 胃は 胃酸から身を守るため粘膜の壁を作って溶けないようになっているのです。 もう消化しちゃったのかな?」などと私達は簡単に消化という言葉を使っていますが、食事をしてから胃が空っぽになるまでの時間をご存知ですか? これは、食べ物の量や質、種類によって異なります。 私達はお腹が空いていなくても、当たり前に1日三度の食事をとっています。 その間、胃は休みなくずっと働いていることになります。 食事を1〜2食抜いた時の方が身体の調子が良いときはありませんか? 飽食である現代、私達は食べ物を食べ過ぎているのかもしれません。 プチ断食が流行っている理由。 分かるような気がしますね。 ちなみに口から入った食べ物が便になるまでは約24時間です。 」という気持ちで気にも留められない方は多いのではないでしょうか? しかし、単なる胃の痛みと思っていたら、実は大きな病気のサインだったということも充分考えられます。 病 名 特 徴・症 状 原 因 胃 炎 急性胃炎 胃粘膜の急性炎症で、典型的な症状は急におこるみぞおちの痛み吐き気、嘔吐、発熱など。 食べ物やアルコール、風邪薬などの薬剤など 慢性胃炎 胃粘膜や胃腺の萎縮により、長期にわたる食欲不振、吐き気、嘔吐、胃の不快感などが続く。 食べ物やアルコール、薬剤などのほか、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因の一つと考えられています。 胃潰瘍 本来なら食物を消化する胃液の強力な消化作用により胃の粘膜が解かされることで起こります。 胃粘膜下層を越えて深い部分にまで組織の欠損を生じたもの。 空腹時や夜間に痛みが強くなります。 ストレスや薬剤、過度のアルコールにより胃粘膜の血液循環を障害して、潰瘍が起きます。 胃 が ん 早期胃がん 胃の粘膜下層までの浅いがんで、経過が良い。 また、自覚症状がないことが多い。 胃の粘膜にできた悪性腫瘍を言います。 食物中の塩分が危険因子として考えられています。 胃がん死亡率 男性第2位 女性第1位 進行胃がん 進行が速く、初期には見つけにくい。 症状はみぞおちの痛み、食欲不振、吐き気などで、胃炎や胃潰瘍と同じことが多く、がん特有の症状は分かりにくい。 これを生かすかどうかは私達次第。 胃の調子が悪いときは控えるようにしましょう。 胃が元気になってから!と思い控えましょう。 物事をあまり考え込まずに気持ちの切り替えが出来るようにしましょう。 嫌なことや落ち込むことがあると、すぐに胃がキリキリと痛む。 胃は自律神経の影響を受けやすくなっています。 All rights reserved.

次の

食後の胃痛で薬を飲んではいけない!?胃痛と薬の関係

食後 胃痛

胃痛の原因 食後に痛むときはどう対処する? 胃が痛くなってから1週間…。 解ってきた事は、空腹時にもちょっと鈍痛…だけれども、食後1時間くらいから4〜5時間くらい胃痛が続く事。 背中まで痛かったりします。 食後の胃痛の原因ってなんだろう? 胃痛には大まかに分けて、空腹時や食事前の痛みと、食後の痛みの二種類に分けられます。 空腹時の胃痛は、胃酸による胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の可能性が高く、 食後の胃痛は胃炎、胃潰瘍、逆流性食道炎の可能性があるそうです。 Photo by 胃が荒れていると、食べた食べ物を消化吸収するために胃が動いて、消化液が分泌されます。 この消化液の中に胃酸があり、 胃酸は酸性なので、酸っぱいものをかけるのをイメージしていただくと解りやすいと思いますが。 何らかの理由で、胃の粘膜保護作用の低下によって防御が弱くなっているために荒れてしまった胃に、しみて痛くなるのです。 胃の炎症はおもにストレスによって起こります。 精神的なストレスやダメージで自律神経が乱れます。 自律神経が胃をはじめとする内蔵の各機関の働きを担当しています。 自律神経が乱れると、腹部にストレスや緊張、疲労が蓄積されて自律神経と内臓器官の連携がうまくとれなくなってきます。 元々胃が丈夫でない人は、胃酸の量を調整したりする機能がうまく働く事ができなくなりして胃が荒れて痛むようです。 胃の炎症の原因は突き詰めていくと自律神経の乱れなのですね。 昼食後よりも夕食後の胃痛が激しいのはなぜ? Photo by それから、今回の胃痛で気になったのは、昼食のときよりも夕食後のほうが胃痛の時間が5時間と長いこと。 …おかげでベッドに入ってからもずっと痛くて眠れない…(泣)。 昼食後よりも夕食後の胃痛が激しいのは、単純に「夕食の量のほうが多いために消化に時間がかかるため」だと思っていました。 それも原因のひとつだと思いますが、どうやら、ここにも深く 自律神経が関わっているようなのです。 自律神経には交感神経と副交感神経があります。 簡単に説明すれば交感神経が戦闘態勢状態、副交感神経はリラックスモード。 1日を終えた夕方は、体も心も日中の仕事での集中が途切れ、体が副交感神経優位になりリラックスモードになります。 リラックスモードになると、血液や体液の流れも良くなって内臓器官の働きも高くなります。 それとともに、 人間本来に備わっている自然に備わっている自己治癒力の働きも高まって、乱された自律神経とともに内蔵機能も回復していくように働きます。 その際、胃に痛みが出たりするようです。 胃痛の対処、食べ物 Photo by 胃が痛いと食事をどうするか?迷います。 痛くて、食欲がわいてこないけれど…、何か食べておかないと体力がなくなってしまうのではないか?と心配にもなります。 でも、実は胃は痛みを発しているというのは「今はやさしくしてね」と胃が言っているので、 無理して食べなくても大丈夫なのだそうです。 痛みが弱くなるまで数日は、胃にやさしい消化の良い食べ物を食べるとよいです。 いつものお米もお粥など、柔らかな食感の食べ物に変えたり。 いつもよりしっかりと噛んで消化よくしてあげるのがいいみたいです。 その他、にゅうめん、うどん、豆腐、大根、キャベツ、かぶ、長芋などもお腹にやさしいです。 逆にアルコールやコーヒーなどや油分が多い食事など、刺激の強いものは避けるようにしたほうがよいです。 そして、食べ物に気をつけて胃を修復するとともに、胃痛を引き起こした根本的な原因になっている、ストレス。 そのストレスの原因も探ってみるのがいい気がしました。 …でないと、せっかく治りかかっても、またストレスにさらされて胃痛に逆戻り…なんてイヤですから。 一体何がストレスになっているのか?生活を振り返って、 ストレスの原因になっていることを軽減することが実は一番大切な気がしました。

次の

胃痛・胃もたれ・胃がん ― 胃から発信されるシグナル

食後 胃痛

胃から発信されるシグナル 胃がキリキリ傷む、少しでも食べ物を胃に入れると激痛がはしる・・・ こんな経験をされている方は多いのではないでしょうか?食べすぎ、飲みすぎ、神経使い過ぎなど胃は私達の生活スタイルを如実に反映します。 胃もたれ 食べたものが消化されずに胃の中に残っている時におきる。 食べ過ぎや二日酔いで胃の働きが弱っていたり、胃酸の刺激によって起こることもある。 胸やけ 胃酸が増加することでおこる。 胸がむかむかするのは、胃酸が食道に上がってきて粘膜を刺激している。 吐き気 胃の中にあるものを吐きたくなる気持ちを言う。 胃の粘膜に傷があると、胃酸で刺激されて痛み、吐き気を感じることがある。 げっぷ ガスが発生するのは、食事中に飲み込んだ空気が胃酸と混じりあう時。 空腹時の 不快感 夕方や深夜など、お腹が空くと胃がキリキリ痛くなるのは、胃粘膜が荒れているため。 胃酸が粘膜を刺激している。 胃がこのような状態になると、何を食べても美味しく感じませんよね。 では、胃の中でどのような処理が行なわれているか見ていきましょう。 つまり、胃に入ってきた食べ物は、胃液と混ぜられ、ぜんどう運動(胃の筋肉が収縮する運動)によって、細かく砕かれてドロドロのおかゆ状になります。 おかゆ状になった食べ物を消化・吸収するために少しずつ十二指腸に送るという小腸での消化の前処理段階が胃のはたらきです。 Q:消化とは? A:主に小腸で行なわれますが、食物の三大栄養素である炭水化物・タンパク質・脂肪を身体の中に取り込めるくらい小さく分解すること。 吐き気を感じたときに口に上がってくるあのすっぱいものが胃液です。 胃液とは: 胃液はph1. 0〜2. 5の強い酸性を示し、胃に入ったタンパク質を小腸で消化しやすいサイズへ分解する。 胃液では炭水化物や脂肪は分解できません。 Q:タンパク質(お肉)で出来ている胃が溶けないのはなぜ? A:胃がタンパク質を分解する胃液によって溶けないのは、粘膜のおかげです。 胃は 胃酸から身を守るため粘膜の壁を作って溶けないようになっているのです。 もう消化しちゃったのかな?」などと私達は簡単に消化という言葉を使っていますが、食事をしてから胃が空っぽになるまでの時間をご存知ですか? これは、食べ物の量や質、種類によって異なります。 私達はお腹が空いていなくても、当たり前に1日三度の食事をとっています。 その間、胃は休みなくずっと働いていることになります。 食事を1〜2食抜いた時の方が身体の調子が良いときはありませんか? 飽食である現代、私達は食べ物を食べ過ぎているのかもしれません。 プチ断食が流行っている理由。 分かるような気がしますね。 ちなみに口から入った食べ物が便になるまでは約24時間です。 」という気持ちで気にも留められない方は多いのではないでしょうか? しかし、単なる胃の痛みと思っていたら、実は大きな病気のサインだったということも充分考えられます。 病 名 特 徴・症 状 原 因 胃 炎 急性胃炎 胃粘膜の急性炎症で、典型的な症状は急におこるみぞおちの痛み吐き気、嘔吐、発熱など。 食べ物やアルコール、風邪薬などの薬剤など 慢性胃炎 胃粘膜や胃腺の萎縮により、長期にわたる食欲不振、吐き気、嘔吐、胃の不快感などが続く。 食べ物やアルコール、薬剤などのほか、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因の一つと考えられています。 胃潰瘍 本来なら食物を消化する胃液の強力な消化作用により胃の粘膜が解かされることで起こります。 胃粘膜下層を越えて深い部分にまで組織の欠損を生じたもの。 空腹時や夜間に痛みが強くなります。 ストレスや薬剤、過度のアルコールにより胃粘膜の血液循環を障害して、潰瘍が起きます。 胃 が ん 早期胃がん 胃の粘膜下層までの浅いがんで、経過が良い。 また、自覚症状がないことが多い。 胃の粘膜にできた悪性腫瘍を言います。 食物中の塩分が危険因子として考えられています。 胃がん死亡率 男性第2位 女性第1位 進行胃がん 進行が速く、初期には見つけにくい。 症状はみぞおちの痛み、食欲不振、吐き気などで、胃炎や胃潰瘍と同じことが多く、がん特有の症状は分かりにくい。 これを生かすかどうかは私達次第。 胃の調子が悪いときは控えるようにしましょう。 胃が元気になってから!と思い控えましょう。 物事をあまり考え込まずに気持ちの切り替えが出来るようにしましょう。 嫌なことや落ち込むことがあると、すぐに胃がキリキリと痛む。 胃は自律神経の影響を受けやすくなっています。 All rights reserved.

次の