粗 チン 反対 語。 韓国語で「チンチャ」はどんな意味?「チンチャ=本当」を意味する韓国語をご紹介!

「大味」の意味と使い方を解説!「大味」の例文を紹介

粗 チン 反対 語

이거 진짜야? (いご ちんちゃや?) これ、本当? 이거 진짜에요? (いご ちんちゃえよ?) これ 本当ですか? あと、そうですね。 かしこまった時にはあまり使いません。 <スポンサーリンク> 同じ意味の言葉として、 정말(ちょんまr) があります。 これはハングル教科書に出てくる単語ですよね。 これももちろん使います。 正式な「本当」ですよね。 でも生きた韓国語ってことなら 진짜 が良く使われる感じがします。 これ使ってたら 「わ~韓国語上手ですよね」 ってほめられます^^ あと私が教えてもらったときには チンチャは女性がよく使うって聞いたんですけど 聞いてると男性も使ってますよね。 でもチョンマル使っても問題はありません。 かしこまった時でも、フランクな場所でもいつでもつかえるので。 参考にしてみてくださいね^^ スポンサーリンク.

次の

「大味」の意味と使い方を解説!「大味」の例文を紹介

粗 チン 反対 語

もくじ• 「大味」の意味 「大味」は「おおあじ」と読みます。 次に意味ですが、まずは「大味」の漢字をひとつずつ確認していきましょう。 「 大」は「おおきい」「おもんじる」「ものごとの初め」「おごる、ほこる」などの意味の他に「おおまか、粗(あら)い」という意味があります。 「 味」は文字通り、舌で感じる「あじ」です。 他に「うまみ」「気持ち」などの意味もあり、日本では「気が利いている、乙(おつ)」という意味も生まれました。 この二つの字からなる「大味」は、 ・「 味がおおまかで、微妙な味わい、旨味(うまみ)に欠けるおおざっぱな味」 という意味です。 味自体が「おおまか」とする辞書と、「食物が、見てくればかり大きくて、本来期待される旨味に欠ける」と説明する辞書があります。 次に、この本来の意味から転用されて、 ・「(物事一般において) 味わいが大まかで、繊細さ、妙味が感じられない様子」 を指すようになりました。 一般的に使われるのは上記の2つの意味でしょう。 しかし、もう一つ ・「(相場で) 変動の幅が大きく、面白みに富む」 という用法もあります。 「大味」の使い方 「大味(おおあじ)」は、3通りの使い方があります。 1「味がおおまかで、微妙な味わい、旨味(うまみ)に欠けるおおざっぱな味」 =魚などの形はいいが、料理して食べてみると今ひとつ味が乗っていない。 料理が、見栄えも塩加減もちゃんとしているが、どこか旨味が足りない。 2「(物事一般において)味わいが大まかで、繊細さ、妙味が感じられない様子」 =例えば映画などで、話は面白いしよく出来ているけれど、細かい部分の詰めが浅くて味わいが単調、などという場合に使います。 3「(相場で)変動の幅が大きく、面白みに富む」 =金融取引などで、相場の変動が激しい場合に使います。 「大味」の類義語・同義語 「大味(おおあじ)」の類義語・同義語にはどのようなものがあるでしょうか。 以下に、例をあげてみましょう。 まず 味覚に関する例としては、• サクラマスというのは釣るのには面白いが、食べるとなると案外大味なものだね。 この店の料理は、何を頼んでも大味で、料理人にやる気というものが感じられない。 あの俳優は大御所ぶっているが、演技は大味で、心に響く芝居の出来ない大根役者だよ。 あの関取はたしかに圧倒的に強いけれども、試合運びは大味で、見ていて面白みに欠けるね。 まとめ 以上、「大味」の意味や用法について深掘りしてみました。 「大味」だけではなく、さまざまな類語や対義語などをうまく活用して、ぜひ、表現の幅を広げていただければと思います。 この記事が少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

荒い、粗いの対義語はなんですか?

粗 チン 反対 語

男性の悩みとしてよく話題になるのが「粗チン」です。 粗チンという言葉を聞いたことくらいはあると思いますが、意味を正確に知らない人も多いのではないでしょうか? そこで、粗チンという言葉の由来や意味などを詳しく解説します。 「粗末なアソコ」の略 粗チンというのは、「粗末なアソコ」の略です。 粗末というのはつまり、小さい、短いということ。 男性のアソコがとても小さい、または短い、もしくはその両方の特徴を持っている場合に「粗チン」と呼ばれます。 ネガティブな言葉 「粗チン」という言葉は、とてもネガティブなニュアンスをもった言葉です。 男性のアソコは、大きければ大きいほど褒められたり、羨ましがられたりする傾向があります。 その逆が粗チンです。 褒められる部分がないような、小さくて短いアソコのことを粗チンと呼びます。 決して褒め言葉ではなく、どちらかといえば悪口で、自虐として使われることも多い言葉です。 「粗チン」の対義語 粗チンとは小さなアソコのことですので、対義語は、大きなアソコを意味する「巨根」や「デカチン」が一般的です。 男性のアソコは、仏教用語が由来の「マラ」という呼称もあるので、「デカマラ」と言われることもあります。

次の