ラッセル グドール。 ネプリーグ/ラッセルグドール(通訳)のwiki&経歴と年収や妻と子供!

超ラッセン原画展

ラッセル グドール

日本のバラエティには初出演とのことなので 日本では ラッセル・グドールさんを知らない人が ほとんどなのではないでしょうか? ということで今回、 ラッセルグドールさんの 経歴や学歴(高校や大学) 出身地や身長などについて調べてみることに! ラッセルグドールの経歴プロフィール! 名前: ラッセル・グドール 生年月日:1966年2月生まれ 出身地:ニュージーランド・オークランド生まれの北海道育ち 資格:日本語能力検定1級 住んでる場所:現在横浜 日本には宣教師をされている両親の 「日本に溶け込むために」 という考えの元生後間もなく来日されています。 そこからずっと日本なので、 ほぼ日本で過ごされていることになりますね。 親との日常会話は 英語。 兄や友達は 日本語。 納得です。 現在の 職業は翻訳家・通訳者として活躍されており これまでにロックスターやトップスポーツ選手、牧師、ビジネスマン、 ニュージーランドの元首相や日本の森元首相 などすごい 経歴を持った幅広い分野の方々の通訳をされてきました。 その他、ドラマや映画の翻訳家としても活躍されています。 そんな経験から 「メッセージを相手にきちんと伝える」 事の大切さを改めて実感したそうで 「味のある通訳」をこころがけているようです。 スポンサードリンク ラッセルグドールの学歴 高校や大学 は? 中学:室蘭市立北辰中学校 高校:清水ヶ丘高等学校 大学:オークランド大学 育ちは北海道の ラッセルグドールさんは 小、中、高と北海道の公立の学校に通われています。 小中高は日本 北海道 の 学校に通われていますが 大学は母国である ニュージーランドの大学に進学されています。 オークランド大学はニュージーランドを代表する国立大学です。 大学卒業後は日本へ戻り、東京で映像制作のお仕事に就かれます。 その後ディレクターとして番組制作のお仕事をこなします。 ラッセルグドールの身長は? ラッセルグドールの 身長は184㎝です。 さすが外国の方。 身長が高めです! 身長が高い方はやはりかっこいいですね。 ラッセルグドールさんは日本人女性と 結婚されており 妻と 子供 息子さんが二人 いらっしゃいます。 ラッセルグドールのまとめ 今回ネプリーグ(日本のバラエティ番組)に初出演のラッセルグドールさん。

次の

ラッセル・グドール日本語能力検定1級とは?通訳した人は?【ネプリーグ】|気になっ探団!

ラッセル グドール

新ステージ「シボリーグ」に挑む、(左から)堀内健、榎並大二郎アナ、モーリー・ロバートソン 2ndステージでは、新ゲームが登場!答えが複数存在する問題をラリー形式で制限時間内に答える「シボリーグ」。 第1試合は、フローラン・ダバディVS藤井アナVS久慈アナが「ヨーロッパの白地図から国を選んで国名を答えよ」という問題に挑戦。 フランス出身のダバディが有利と思われる中、岩手県出身・久慈アナの健闘ぶりにも注目だ。 第2試合は、モーリーVSフジテレビ榎並大二郎アナVS堀内健。 「小学校のとき以来」という社会科の問題に挑んだ榎並アナは「自分はMなんで、絞り出せば出てくる…」と告白し、筋トレのように自らを追い込むのだが…。 収録後には「脳みその片隅に眠っていた知識を呼び覚ました」と振り返るが、果たして勝利を収めることはできたのか? そのほか第3試合は元TBSアナの2人・小島慶子VS安東弘樹そして林先生による三つ巴(どもえ)対決が実現。 第4試合は、原田泰造VSラッセル・グドールVS松本アナ、第5試合では元NHKアナ・草野満代VS福井VS名倉潤の対決を放送。 <榎並大二郎アナコメント> Q. 収録が終わった感想は? お昼から始まった収録も、終わる頃には日が傾いていました。 しかしながら緊張と笑いが入り混じる空気の中で、あっという間の時間でした。 この角度の問題が出るのか…と、脳みその片隅に眠っていた知識を呼び覚ましてクイズに臨みました。 ネプチューンとの共演について? 収録中も休憩中も、楽しいお話で盛り上げて下さり、お陰さまで緊張がほぐれました。 また、長年番組を支えられながら、ひとつひとつのクイズに対して一喜一憂し、常に全力で挑まれる姿がカッコ良かったです。 新人の頃から10年以上お世話になっていますが、共演させていただくごとにどんどん御三方への尊敬の気持ちが大きくなっていきます。 「え!その分野もいけるの!?」と驚かされました。 本当は日本人なのではないかと常々思っていましたが、今回で疑惑が確信に変わりました(笑)。 視聴者の皆様へのメッセージをお願いします。 日本を知り尽くした世界選抜チーム、草野さん・小島さん擁する女子アナチームという猛者達に向かっていく男子アナチーム。 「なんか、ここぞという時に勝負弱そうだよね」と揶揄(やゆ)される男達の奮闘ぶりを是非ご覧いただきたいです。 また、新ステージ「シボリーグ」のヒリヒリ感は必見です。 めちゃくちゃ緊張しました。 あの林先生も額に汗がにじむほど、みなさん緊張していました。 これぞ三つ巴、それぞれのプライドがぶつかり合う大人達の本気をお楽しみいただければと思います。

次の

ネプリーグ/ラッセルグドール(通訳)のwiki&経歴と年収や妻と子供!

ラッセル グドール

この記事の構成• ラッセルグドールの経歴や家族は? ラッセル・グドールさんは 1966年 2月、 ニュージーランド 生まれ。 両親は 宣教師 で、 生まれた年の6月には日本に来ていたと言いますから、 ほぼ日本で生まれ育ったのですね。 インターナショナルスクールには通わず、 北海道の普通の小・中・高校へ通います。 中学校は 室蘭市立北辰中学校 とのこと。 ちなみに8歳上のお兄さんはご両親と同じ道を歩み、 現在は牧師として日本で活動されているそうです。 ) 大学は「授業料が安い」という理由でニュージーランドの オークランド大学 へ。 ここで改めて英語の難しさを知り、 勉強しなおしたそうです。 大学卒業後、 日本へ戻り東京で テレビ制作のディレクター に。 80年代終わり頃から90年代初頭ごろまで深夜の情報番組などのディレクターとして活躍。 その後 日本人女性と結婚 し母国 ニュージーランド へ。 日本人とニュージーランド人の間に入り、 翻訳・通訳・ビデオ制作・日本語ナレーターなどに従事。 ニュージーランド首相 や 森喜朗元首相 の通訳などを務めたこともあったそうです。 2001年日本へ帰国し、 渋谷の街頭テレビ局 「シブヤテレビジョン」 の プロデューサー兼ナレーター として再び日本での活動を開始します。 2005年にシブヤテレビジョンを退社、 現在は フリー で 通訳・翻訳・ナレーター などの分野で活躍中です。 家族は 奥さんと男の子が二人。 現在は 横浜市 に住んでいるそうです。 スポンサードリンク ラッセルドグールのエピソード ニュージーランドで寅さん? さて、 そんなラッセルさん、 言葉だけではなく 文化 においても日本とニュージーランドの橋渡し役として活躍しています。 1999年にニュージーランドのオークランドで、 世界で初めて 「男はつらいよ」 の 英語劇 が上演されたのですが、 ラッセルさんはその 制作 を担当。 それだけでなく、 なんと主役の 寅さんを演じた そうです。 外国人が演じる寅さんというと「オランジーナ」のCMの リチャード・ギア さんを思い出しますが、、、 ラッセルさんの寅さんも見てみたいですね。 ラッセルグドール 今後の活躍に注目! 日本語能力検定1級 を持ち、 日本人の心を持つラッセル・グドールさん。 なかなかに面白そうな人物、 今後テレビにも頻繁に登場されるかもしれないですね。

次の