新型 n ワゴン。 【評価は90点】2019新型Nワゴン/カスタムの辛口な口コミ評判はどこにある!?デザイン&安全性能&ラゲッジの実用性は高評価!|KEIVEL|軽自動車人気ランキング

ホンダ 新型 N

新型 n ワゴン

いい感じです。 デザイン性&実用性を両立しているだけじゃなくて、基本装備も充実。 そして何より先進安全性能も全グレード標準装備なんですよっ! 安全性能「ホンダセンシング」全グレード標準装備 サポカーS<ワイド> 新型Nワゴンの先進安全性能はもちろん「ホンダセンシング」。 衝突軽減ブレーキ• 誤発信抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 先行者発進お知らせ機能• 標識認識機能• 渋滞追従機能付ACC• 車線維持支援システム• 後方誤発信抑制機能• コンパクトなエンジンルームと特許技術「センタータンクレイアウト」 前席との間隔を広くとり、ゆとりある後席空間を実現。 燃料タンクの出っ張りがないHondaの特許技術「センタータンクレイアウト」により足元にスペースが生まれ、足を組んだり引いたりといった動作もラクにできます。 座面の高さにもこだわるなど、より深いくつろぎを追求しました。 エンジンが停止した状態からのスタートって遅れる感じがするときあるもんね!スムーズは発進は嬉しい! ECONモードで低燃費を実現• ECONスイッチ(ECONモード) エンジンやエアコンといった、クルマ全体の動きを燃費優先で自動制御するECONモード。 空調など快適性を優先したいときは、スイッチを押してオフにできます。 6~29. 2~29. 8~25. 6~26. 2~29. 4~25. 8~25. 2~25. 8~24. もう少々お待ちください。 ターボエンジンの実際の燃費は ターボで18. もう少々お待ちください。 足が疲れにくく、気持ちにもゆとりがもて、さらに低燃費。 信号待ちの間や、駐車券を取る時なども安心です。 アクセルを踏めば自動解除され、再発進できます。 NワゴンかNワゴンカスタムか(内外装のデザイン)• 通常エンジンかターボエンジンか(自身の生活環境を考える)• 快適装備は必要か 上記3点をしっかり考えて選べば何も難しくありません! 当ブログでおすすめするグレードはずばり Nワゴンの L・ターボ ホンダセンシング! 高速もそこそこ運転するという前提でターボエンジンを選びました! 丸目がレトロモダンな雰囲気の新型Nワゴンです!いいでしょ~ 見積りやってみた!リアルな乗り出し価格は¥1,960,462 そして「いざ購入!」となったときには、ある程度の乗り出し価格を把握しておくことは大切です。 このときディーラーさんに 「他の会社では45万円で買い取ってくれると言われたので」 と言えれば、結果的にディーラーさんも下取り価格を合わせて上げてくれるかもしれないですし、上げてくれなかったらそのまま最高値の下取り価格を出した会社に買い取ってもらえばいいだけです。 デザイン良し• 装備充実•

次の

〈新型ホンダN

新型 n ワゴン

いい感じです。 デザイン性&実用性を両立しているだけじゃなくて、基本装備も充実。 そして何より先進安全性能も全グレード標準装備なんですよっ! 安全性能「ホンダセンシング」全グレード標準装備 サポカーS<ワイド> 新型Nワゴンの先進安全性能はもちろん「ホンダセンシング」。 衝突軽減ブレーキ• 誤発信抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 先行者発進お知らせ機能• 標識認識機能• 渋滞追従機能付ACC• 車線維持支援システム• 後方誤発信抑制機能• コンパクトなエンジンルームと特許技術「センタータンクレイアウト」 前席との間隔を広くとり、ゆとりある後席空間を実現。 燃料タンクの出っ張りがないHondaの特許技術「センタータンクレイアウト」により足元にスペースが生まれ、足を組んだり引いたりといった動作もラクにできます。 座面の高さにもこだわるなど、より深いくつろぎを追求しました。 エンジンが停止した状態からのスタートって遅れる感じがするときあるもんね!スムーズは発進は嬉しい! ECONモードで低燃費を実現• ECONスイッチ(ECONモード) エンジンやエアコンといった、クルマ全体の動きを燃費優先で自動制御するECONモード。 空調など快適性を優先したいときは、スイッチを押してオフにできます。 6~29. 2~29. 8~25. 6~26. 2~29. 4~25. 8~25. 2~25. 8~24. もう少々お待ちください。 ターボエンジンの実際の燃費は ターボで18. もう少々お待ちください。 足が疲れにくく、気持ちにもゆとりがもて、さらに低燃費。 信号待ちの間や、駐車券を取る時なども安心です。 アクセルを踏めば自動解除され、再発進できます。 NワゴンかNワゴンカスタムか(内外装のデザイン)• 通常エンジンかターボエンジンか(自身の生活環境を考える)• 快適装備は必要か 上記3点をしっかり考えて選べば何も難しくありません! 当ブログでおすすめするグレードはずばり Nワゴンの L・ターボ ホンダセンシング! 高速もそこそこ運転するという前提でターボエンジンを選びました! 丸目がレトロモダンな雰囲気の新型Nワゴンです!いいでしょ~ 見積りやってみた!リアルな乗り出し価格は¥1,960,462 そして「いざ購入!」となったときには、ある程度の乗り出し価格を把握しておくことは大切です。 このときディーラーさんに 「他の会社では45万円で買い取ってくれると言われたので」 と言えれば、結果的にディーラーさんも下取り価格を合わせて上げてくれるかもしれないですし、上げてくれなかったらそのまま最高値の下取り価格を出した会社に買い取ってもらえばいいだけです。 デザイン良し• 装備充実•

次の

新型ホンダN

新型 n ワゴン

キズが目立ちにくく、長く乗っても塗装の劣化が分かりづらい点もいいですね。 ただ、あまりにお手入れをサボりすぎると水アカや緑のコケが目立つので要注意です。 パール塗装なので、光が当たると塗装面が煌びやかに輝いてとてもキレイです。 晴れた日の日中なんて、眩しくてクルマを直視できないくらいです。 真っ白というよりは、ほんのすこしだけクリームがかった色味ですが、その見え方が高級感を感じさせます。 先日嫁さん用の車にホンダN-WGN試乗してきたんですけど、乗り心地の良さや静粛性の高さにビックリ!安全装備も標準でボディ剛性も安全性に定評のあるN-BOXより高いとのこと。 これが車両価格135万円くらいからはコスパ高すぎ。 軽自動車やコンパクトカー検討中の方におすすめです! — ハマジ ギックリ腰だいぶ良くなりました hamaji36 2位 クリスタルブラック・パール 引用元: 続いても永遠の定番色 【クリスタルブラック・パール】が人気ランキング2位となりました。 クルマと言えば、白か黒かと決めているオーナーさんも多いのでは? クリスタルブラック・パールは真っ黒なソリッドカラーではなく、光輝材の入ったパール塗装です。 パール塗装になることで、ソリッドブラックと比べて線キズなどが目立ちにくく、お手入れがしやすくなった点が特徴です。 今のクルマはパール・メタリック塗装されたブラックがほとんどですね。 背景に溶け込む黒色のボディ、一方で光が当たる部分は煌びやかにその光を反射し、自らの存在感を示す… どこか身近に感じられる色味なのは、いわゆるアースカラーのような雰囲気を持ち合わせているからでしょう。 N-WGN納車されました🤗 — Hal HALtypeR そういえば、新型の2代目スズキ ハスラーにも似たような色が追加されていましたね~ ハスラーのボディカラー解説記事は 4位 ルナシルバー・メタリック 引用元: ホンダの定番シルバー色といえば 【ルナシルバー・メタリック】です。 年齢層の高いユーザーを中心に支持を集めています。 あまり目立ちたくない、クルマで自己主張するタイプではないひとにとって、街中に溶け込むルナシルバー・メタリックはぴったりなボディカラーです。 そんなルナシルバー・メタリックの良さといえば、陰影感がボディにはっきりと出るので クルマ全体の印象がシャープになる点です。 シルバーといえば、営業車っぽく見えないかという心配もあるかもしれません。 ルナシルバー・メタリックは、シルバー系の色のなかでも少しダーク寄りの色味をしています。 もちろん、ガンメタとまではいきませんがその絶妙な色加減により、営業車っぽく見えてしまうネガティブなイメージを低減させています。 女性を中心に人気があります。 とくに20代前半の初めてのマイカーという方や、ファミリー層で奥さまの普段の足として使うセカンドカーとしてよく選ばれる色です。 軽自動車のなかでは、メーカーを問わずオシャレでかわいいスタイルの車種は、以前からブラウンパール系のボディカラーが定番色として人気があります。 写真で見るとわかるのですが、プレミアムアガットブラウン・パールは他メーカーのブラウンカラーと比較して、艶やかさがあってたまりませんね。 とてもキレイなボディカラーに所有感が満たされます。 先日、某所で見かけたホンダの新型 N-WGN。 不具合発覚で生産停止になっているので、これはその前に納車されたことになる。 昔のステップバンを思わせるシンプルで良いデザインだ。 オラオラ系ではなく、ホンダはこの方向で頑張って欲しい。 ピンクが好きなひとのためのカラーですね。 サイト画像などで見るより、実際はもう少しだけ濃い印象です。 派手なショッキングピンクというわけではありませんが、淡い…という言葉が合うわけでもないので色味の説明をするのは難しいですね。 (管理人自身が定番色は避ける傾向にあるので余計にそう思います) 実車を見ないで買うには勇気のいるボディカラーかもしれませんが、実際に見ればあなたも惚れてしまうかもしれませんよ。 N-VANでも設定されているボディカラーなので、街中で見る機会があれば目に焼き付けてみてください(笑) 可愛い新型N-WGNを発見🤗 — N-WGN1028 r4otPquWdZp000b ガーデングリーン・メタリックはボディカラーそのものが特徴的なので、ノーマルのまま乗っても存在感バツグンなのでOK。 しかし、相反することを言うようですが、街中に自然と馴染む色味でもあるので、 存在感はありますが目立つボディカラーではありません。 実際に、街中で見ることは少なくレアカラーのひとつですね。 ミラノレッドはレーシーな印象を与えるので、同じホンダであればシビックのようなクルマがよく似合います。 とは言え、赤が好きなオーナーさんが多いのも事実ですし、ここ数年で赤色のクルマは定番色の黒白シルバーに次いで、街中でもかなり見かけることが増えました。 そんなオーナーさんに向けて設定されたボディカラーなのでしょう。 濃いブルーや水色といったどちらかに振り切ったボディカラーが多いなかで、中間色にあたる落ち着いたブルーを意識した色は、イメージカラーということもあって、人気・注目を集めています。 ハイライトのトーンのなかにゴールドが含まれているのがポイントで、レトロカラーなのに華やかさも表現されているのがポイントです。 そこまで深く考えて開発されたボディカラーです。 毎日乗っても飽きない色を、突き詰めて考えるそんなメーカーの開発陣の方々の姿勢には、ただただ尊敬するばかりです。 とてもステキで魅力的なのですが、オプションカラーとして費用が別途かかる点は理解しておく必要があります。 どちらもレトロ感のあるベースカラーなので、挿し色としてホワイトが加わると垢抜けた爽やかさとカジュアルさがプラスされます。 合わせて、可愛らしい雰囲気が生まれてガラッと印象がかわるのが不思議なところですね。 同じプレミアムアガットブラウン・パールでも、単色か2トーンカラーかで選ぶオーナーの好みやスタイルも大きく異なってくるでしょう。 ミラノレッドは除くかなぁ…)で、自分の直感でこの色だと思ったものを選べば間違いないです。

次の