壇上 キングヌー。 King Gnuの歌詞一覧リスト

King Gnu 解散? 常田の「壇上」が泣ける!紅白出場で解散しようと思っていた

壇上 キングヌー

Contents• KingGnuの解散は5枚目のアルバムを出してから 「5枚目のアルバムを出したら引退する」 これはKingGnuのインタビューで出てきた言葉です。 引用: と常田さんに改めて聞き、常田さんはそれに対して以下のように回答していました。 終わりがないと美しくないので。 「どうやって終わらせるか?」も、バンドの美学じゃないですか。 極限までデカくして終わらせたいなって思います。 最後にどんなディストピアが広がっているのか、楽しみです。 まぁ、この話は冗談半分っていうことで、聞き流してください(笑)。 引用: 最後にも言っている通り、冗談半分なんだそうですねww なので多分、全盛期にパッといきなりやめるっていう可能性は少ないのかな?と個人的には思います。 それを踏まえた状態で次からの項は「 もし本気で解散を考えているなら」という提で考えていきたいと思います。 KingGnuが5枚目をラストに引退する理由はなぜ これはとてもシンプルな理由でした• ダサくなる前にやめる• 終わりが分かっている方が美しい• 極限までデカくして終わりたい これ、すごく感覚的でカッコいいなと思います。 常田さんの芸術家としての思想や軸がしっかりとしており、そのようなアーティスティックな生き様がカリスマ性を引き出してるのかな? なんて思えたりしてきます。 常田さんはバンドの美学として「どうやって終わらせるか?」というのを大切にしています。 僕はこの考え方にとても感銘を受け、このように考察しました。 今売れているものに執着せず、芸術家としての在り方を重んじ、あえて安全地帯を離れて次のステージで花を咲かせる すでに常田大輝さんはミレニアムパレード(millennium parade)という音楽グループを結成しており、様々なコアな曲を出しています。 キングヌーで一般層に響く曲を出し、そこからミレパの宣伝もして次のステージの土台を作っていると思います。 KingGnuって一般受けする音楽ってよりも耳が肥えたコアな音楽ファンが聞くような音楽が多いじゃないですか、これって全て常田大輝さんの感性が作り出す世界観なんですよね。 だから常田さんの世界観をフルで発揮できる本当の舞台としてミレパを新しく作り上げたのかな?なんて思っています。 まあでももう一度言いますが、 常田さんは引退する話については冗談半分なんだと言ってましたから、半分の可能性として先に考察してみただけです。 KingGnuは5枚目のアルバムを最後に解散するというのは冗談半分だがもしかするとのパターンもあり得る 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

KingGnu「壇上」歌詞の意味は??読み方は?解散を意識して作った楽曲!?

壇上 キングヌー

Contents• KingGnuの解散は5枚目のアルバムを出してから 「5枚目のアルバムを出したら引退する」 これはKingGnuのインタビューで出てきた言葉です。 引用: と常田さんに改めて聞き、常田さんはそれに対して以下のように回答していました。 終わりがないと美しくないので。 「どうやって終わらせるか?」も、バンドの美学じゃないですか。 極限までデカくして終わらせたいなって思います。 最後にどんなディストピアが広がっているのか、楽しみです。 まぁ、この話は冗談半分っていうことで、聞き流してください(笑)。 引用: 最後にも言っている通り、冗談半分なんだそうですねww なので多分、全盛期にパッといきなりやめるっていう可能性は少ないのかな?と個人的には思います。 それを踏まえた状態で次からの項は「 もし本気で解散を考えているなら」という提で考えていきたいと思います。 KingGnuが5枚目をラストに引退する理由はなぜ これはとてもシンプルな理由でした• ダサくなる前にやめる• 終わりが分かっている方が美しい• 極限までデカくして終わりたい これ、すごく感覚的でカッコいいなと思います。 常田さんの芸術家としての思想や軸がしっかりとしており、そのようなアーティスティックな生き様がカリスマ性を引き出してるのかな? なんて思えたりしてきます。 常田さんはバンドの美学として「どうやって終わらせるか?」というのを大切にしています。 僕はこの考え方にとても感銘を受け、このように考察しました。 今売れているものに執着せず、芸術家としての在り方を重んじ、あえて安全地帯を離れて次のステージで花を咲かせる すでに常田大輝さんはミレニアムパレード(millennium parade)という音楽グループを結成しており、様々なコアな曲を出しています。 キングヌーで一般層に響く曲を出し、そこからミレパの宣伝もして次のステージの土台を作っていると思います。 KingGnuって一般受けする音楽ってよりも耳が肥えたコアな音楽ファンが聞くような音楽が多いじゃないですか、これって全て常田大輝さんの感性が作り出す世界観なんですよね。 だから常田さんの世界観をフルで発揮できる本当の舞台としてミレパを新しく作り上げたのかな?なんて思っています。 まあでももう一度言いますが、 常田さんは引退する話については冗談半分なんだと言ってましたから、半分の可能性として先に考察してみただけです。 KingGnuは5枚目のアルバムを最後に解散するというのは冗談半分だがもしかするとのパターンもあり得る 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

KingGnu「壇上」歌詞の意味は??読み方は?解散を意識して作った楽曲!?

壇上 キングヌー

金髪美女とのセクシャルなシーン かと思いきや 突然ビニール袋を被される主人公! その後、もう1人 黒髪美女が現れます。 繰り広げられる回想シーンから 主人公が 二股をかけていたことがわかります。 おおかた、 「美女達の復讐」 といったところでしょう。 メンバーも共犯だったのかもしれません。 最終的には全員がビニール袋を被されます。 犯行後に、ほくそ笑いながら 連絡を取り合う彼女たちに 戦慄を覚えますね。 女性の恨みとは 怖ろしいものです。 MVで 復讐に使われていたビニールは 歌詞では、 主人公を殻に閉じ込めるもの として使われています。 纏ったビニール というのが、それにあたります。 自分の思うがままに立ち振る舞いたい主人公 ですが、 纏わりつくビニールによって それができないようです。 だから他者に 貫いて 突き刺して 知らぬふりはやめて と言っているのでしょう。 纏ったビニールを脱がせたい のです。 ビニールから抜け出して 思うがままに人生を謳歌したいのです。 サビ1 気の済むまで暴れなよ 哀れだろむしゃくしゃするぜ 喧騒に上がる煙に飛び込んでいくだけさ 遊びがないのあなたには なんて適当に言葉侍らせて 喧騒に上がる煙に薪をくべろ ビニールを被っている自分に対して 自由になりたい自分が 気の済むまで暴れなよ 哀れだろむしゃくしゃするぜ と囁きかけます。 侍らせるとは、従えること。 喧騒とは、さわがしいこと。 薪をくべるとは、火を強くすること。 ビニールから抜け出したい主人公は 遊びがないのあなたには と他者 女? から言われることで 喧噪 自由になりたい気持ち に 火を付けて欲しいのです。 しかし、そんな未来は考えたくないから 見ないようにしています。 今日も軽やかなステップで 騙し騙し生きて行こうじゃないか 真っ暗な明日を欺いてさ ここの部分がそれにあたります。 サビ2ではとうとう 主人公がビニールを破ります。 どうなっていくのでしょうか。

次の