歴代うたのおねえさん。 【当時の画像有】歴代うたのおねえさんまとめ【Eテレ おかあさんといっしょ】初代から現在まで

うたのおねえさんになるには音大だけ?おかいつに合格するコツを大公開

歴代うたのおねえさん

あつこおねえさん:東京音楽大学• たくみおねえさん:洗足学園音楽大学• しょうこおねえさん:宝塚音楽学校• りょうこおねえさん:武蔵野音楽大学• あゆみおねえさん:武蔵野音楽大学 と、5人中4人が音大出身! うたのおねえさんは一般募集が皆無で、特定の音大か有名劇団のみにかけられます。 そうなると、 音大や劇団に入る事が近道になりますね。 過去に歌のおねえさんを輩出した大学なら、間違いないでしょう。 音大や劇団だけとなると、しっかりとした歌の基礎がある人物が求められているんですね。 うたのおねえさんになる! 音大に入る方法 音大に入るには、• 幼少期から音楽のレッスンをしている• 高校は音楽コースである• 普通科であっても何らかのレッスンを受けている などが条件です。 普通科であっても、ほとんどのお姉さんが幼少期からレッスンを受けていたり、合唱団に所属していたと推測されます。 歌の上手さはもちろんですが、特に重視されてるのが人柄です。 しょうこお姉さんには「最終審査で困っている参加者を助けたら合格した」というエピソードが。 なんでも、スタッフが出演者と同じ控え室にいて、人助けをするしょうこおねえさんの様子が「一番おねえさんらしかった」そうです。 合格後には「表だけじゃなく裏も見てた」と伝えられたとのこと! まるでマンガの世界みたいです。 また、たくみおねえさんはおかあさんといっしょの大ファンで、オーディションでは歴代のお兄さんお姉さんの名前をすらすら答えた事も合格の要因となったよう。 理由はそれだけじゃないんでしょうけど、親切で情熱があれば合格率が上がるのかもしれませんね。 NHKうたのおねえさんに合格するコツ! 合格するコツは 歌の上手さ、親切である、おかあさんといっしょのファンである 以上、3点です。 見た目やキャラクターに関しては気にしなくて良いと思います。 例えば、たくみおねえさんは外見や歌声がアイドル系でしたが、次に就任したあつこおねえさんは見た目も歌声も正統派。 正統派じゃないとダメ、アイドルっぽくないとダメなんてことは全くないです。 ただし、アイドル系のお姉さんの次に、またアイドル系を持ってくることはないですね。 うたのおねえさんのマメ知識 スケジュールがハード!• 海外旅行• 車の運転• 立ち食い• スポーツ 以前は恋愛禁止もありましたが、だいすけお兄さんによると最近はOKなようです。 「ばれないようにしてくれ」と言われたのだとか。 たくみおねえさんも在任中は、彼氏の存在が報じられたこともありました。 恋愛に関しては、ばれなければ自由にという感じだと思います。 うたのおねえさんのその後は? 結婚、出産、テレビ、ラジオ、コンサートなど。 記憶に新しいのは三谷たくみおねえさん。 卒業後は一切メディアに出ず、現在育児中です。 視聴者としてはもっとたくみおねえさんを見たい気がしますが、人生いろいろって感じで、おねえさんの卒業後も色々。 うたのおねえさんになるには まとめ.

次の

うたのおねえさん

歴代うたのおねえさん

歌のお姉さん歴代人気ランキングトップ10 歌のお姉さんとは?簡単にご紹介 歌のお姉さんという存在は、1961年「うたのえほん」に出演していた眞理ヨシコさんが最初ですが、「うたのえほん」番組時代は2人のお姉さんが、隔週交代で担当していました。 13代目・奈々瀬ひとみさんからは、歌のお姉さんは1人体制となり、その後は世代交代を繰り返し、現在は21代目・小野あつこさんが担当しています。 【10位】小鳩くるみ 10代目ー小鳩くるみ 1972年4月3日 — 1974年3月29日 2年間 1970年代に、子どもからお年寄りまで人気の高かった 小鳩くるみさんが10位にランクイン。 その華麗なキャリアは、3歳の頃まで遡ります。 家族でお出かけしたときに、母親が公開ラジオ番組『声くらべ腕くらべ子供音楽会』に急に申し込み飛び入り参加。 小鳩さんは、47人中ただ1人だけ合格の鐘を鳴らすことに成功したのです。 子ども向けの音楽番組なのに、ロックやビートルズのナンバーで、子どもが真似できない本場のミュージカルのような歌とダンスを披露したのです。 エンターテナーですね~。 歌のお姉さん卒業後は、これまでのキャリアに縛られずにイギリスへ留学し伝承童謡・マザーグースの研究に没頭。 晩年は、歌のお姉さんや留学の経験を生かし、目白大学外国語学部英米語学科の教授に就任し、現在は定年退職されています。 【9位】奈々瀬ひとみ 13代目ー奈々瀬ひとみ 1979年4月2日 — 1981年4月3日 2年間 歌のお姉さんが1人体制になって初めて就任したのが、ミュージカル劇団に所属していた奈々瀬ひとみさん。 小柄な体型にキュロットスカートを履き、アイドルのようなへスタイルの 奈々瀬ひとみ おねえさんは、NHKっぽくなくて、カワイイと人気でした。 卒業後は、通信教育で幼稚園教諭の資格をとり、東京都の高千穂幼稚園の園長を務めています。 元うたのおねえさんが、園長先生の幼稚園って、通ってみたい~。 その後は、全国各地のコンサートをまわり、なんとソロアルバムで歌手デビューまでしていました。 現在も歌手として活動するかたわら、歌舞伎舞台の音楽監修など幅広く活躍しています。 ちなみに、二人の息子さんがおり、兄がミュージシャン、弟はラグビー選手でNECのフランカー村田毅さんなんですよ。 卒業時には、次のお姉さん・神崎ゆうこさんから「森さんのオーラが眩しくて、周りが何も見えない」と言わしめるほど、素敵な方だったようです。 2019年の「おかあさんといっしょ60周年記念」番組に出演したときは、優しげな歌い方にシフトしていましたが、伸びやかな歌声は健在でしたね。 今でも自分のことを「みゆきおねえさんはね〜」と言っていますが、若見えで違和感なし(笑)。 【6位】つのだりょうこ 18代目ーつのだりょうこ 1999年4月5日 — 2003年4月5日 4年間 小学校1年生の頃、「女の子だからピアノでも習わせよう」と母親の勧めで始めたピアノでしたが、小学校4年生までは練習が嫌いで、引っ越しを機にやめてしまったそうです。 しかし、辞めてからピアノの本当の良さが分かりレッスンを再開。 武蔵野音楽大学楽器学科でピアノを専攻しますが、「声質がいい」との理由で歌のお姉さんのオーディションに合格しました。 歌のお姉さんは声楽科の出身者が多いのですが、つのださんはピアノ専攻。 歴代では珍しいパターンですが、いかにも歌のお姉さんという声質で、適任でした。 りょうこおねえさんと言えば、あきひろお兄さんと一緒に「もぐらトンネル」を歌っていたことが印象的です。 しかし、あきひろお兄さんは残念ながら、卒業後の2016年(50歳の時)に 覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されてしまいました。 一緒に頑張ってきた りょうこお姉さんはショックだったでしょうね。 小さい頃には、NHKの東京放送児童合唱団に所属し歌番組に出演していたこともあるんですよ。 歌のお姉さん卒業後は、子供番組ではなくバラエティの司会で活躍しており、最近では、朝の情報番組「ノンストップ」の通販コーナーに出演し、良いキャラを出していますよね。 声質が良いから商品説明も聞き取りやすく、売上UPにも一役かっているのでは?!と勝手に思っています。 【4位】はいだしょうこ 19代目ーはいだしょうこ 2003年4月7日 — 2008年3月28日 5年間 2歳から4歳まで、父親の転勤でニューヨークにいき、その後宝塚歌劇団を卒業、第19代目うたのおねえさんに就任した はいだしょうこさん。 しゃべり声は、少し舌たらずでカワイイ感じなのに、歌うと透き通るような声が魅力ですよね。 父親が国立音楽大学准教授、母親が声楽家のということもあってか、小学校在籍時には「全国童謡コンクール」でグランプリ賞受賞するなど、その才能を発揮していました。 歌の実力もさることながら、しょうこおねえさんといえば、絵の才能もスゴイ!と話題になりますね。 おねえさん出演中に描いた「スプーの絵かき歌」のスプーが、あまりにも独特すぎて、一緒にいた歌のお兄さん・今井ゆうぞうさんが苦笑するしかなかったというエピソードもあります。 【3位】茂森あゆみ 17代目ー茂森あゆみ 1993年4月5日 — 1999年4月3日 6年間 歌はもちろん、美人でスタイルも良い茂森あゆみさんが3位にランクイン。 あまりの人気の高さから、就任中に等身大ポスターも制作されアイドルのようでした。 けんたろうお兄さんと歌った「だんご三兄弟」は空前の大ヒットを記録し、子供番組に縁のない方にも名前が知られるようになりました。 60周年コンサートで、けんあゆコンビがステージに立つと、会場にどよめきがおき、今でも衰えない人気の高さがうかがえました。 【2位】小野あつこ 21代目ー小野あつこ 2016年4月4日 — ー 現在のうたのおねえさん・小野あつこさんが納得の2位に登場~。 初登場のときは、固い表情で ちょっぴり無理してる感がありましたが、今ではメンバーをまとめるほどの余裕の歌唱と、キレのあるダンスを披露しています。 また、「美人なのに、そこまでやる?!」と思うほどの衝撃的な変顔を見せることも(笑)。 女優の平愛梨似で整ったルックスと正統派な歌声で、現在の番組を盛り立ててくれています。 獲れたてのハチの巣を豪快に食らう(だいすけお兄さんは引いていた笑)など「食いしん坊キャラ」という親しみやすさも、人気の秘密です。 【1位】三谷たくみ 20代目ー三谷たくみ 2008年3月31日 — 2016年4月2日 8年間 8年間という番組出演最長記録を持つ、三谷たくみさんが、歌のおねえさん人気ランキング1位を獲得しました。 たくみおねえさんの声は、アニメの声優のような声で苦手かも…と思いましたが、その声がだんだんクセになり大好きになりました。 また、たくみお姉さんといえば、キレッキレッの動きで、画面でブレるほどのダンスも魅力でしたね(笑)。 たれ目のたぬき顔(サトエリに似てる?)と、抜群のスタイルで、子どもたちだけでなく、お父さんの心もワシ掴みにしました。 卒業後は、ご結婚され女の子が誕生しています。 60年記念コンサート「ふしぎな汽車でいこう」では、 「『おかあさんといっしょ』のみんなへ。 みんな、こんにちは!突然ですが、私、おかあさんになりましたー!!「子どもたちと毎日おかあさんといっしょを見ていますよ。 お子さんは、たくみお姉さんの歌声を独り占めかぁ~うらやましい!!。

次の

NHKおかあさんといっしょ歴代うたのおねえさん【まとめ】

歴代うたのおねえさん

歌のお姉さん歴代人気ランキングトップ10 歌のお姉さんとは?簡単にご紹介 歌のお姉さんという存在は、1961年「うたのえほん」に出演していた眞理ヨシコさんが最初ですが、「うたのえほん」番組時代は2人のお姉さんが、隔週交代で担当していました。 13代目・奈々瀬ひとみさんからは、歌のお姉さんは1人体制となり、その後は世代交代を繰り返し、現在は21代目・小野あつこさんが担当しています。 【10位】小鳩くるみ 10代目ー小鳩くるみ 1972年4月3日 — 1974年3月29日 2年間 1970年代に、子どもからお年寄りまで人気の高かった 小鳩くるみさんが10位にランクイン。 その華麗なキャリアは、3歳の頃まで遡ります。 家族でお出かけしたときに、母親が公開ラジオ番組『声くらべ腕くらべ子供音楽会』に急に申し込み飛び入り参加。 小鳩さんは、47人中ただ1人だけ合格の鐘を鳴らすことに成功したのです。 子ども向けの音楽番組なのに、ロックやビートルズのナンバーで、子どもが真似できない本場のミュージカルのような歌とダンスを披露したのです。 エンターテナーですね~。 歌のお姉さん卒業後は、これまでのキャリアに縛られずにイギリスへ留学し伝承童謡・マザーグースの研究に没頭。 晩年は、歌のお姉さんや留学の経験を生かし、目白大学外国語学部英米語学科の教授に就任し、現在は定年退職されています。 【9位】奈々瀬ひとみ 13代目ー奈々瀬ひとみ 1979年4月2日 — 1981年4月3日 2年間 歌のお姉さんが1人体制になって初めて就任したのが、ミュージカル劇団に所属していた奈々瀬ひとみさん。 小柄な体型にキュロットスカートを履き、アイドルのようなへスタイルの 奈々瀬ひとみ おねえさんは、NHKっぽくなくて、カワイイと人気でした。 卒業後は、通信教育で幼稚園教諭の資格をとり、東京都の高千穂幼稚園の園長を務めています。 元うたのおねえさんが、園長先生の幼稚園って、通ってみたい~。 その後は、全国各地のコンサートをまわり、なんとソロアルバムで歌手デビューまでしていました。 現在も歌手として活動するかたわら、歌舞伎舞台の音楽監修など幅広く活躍しています。 ちなみに、二人の息子さんがおり、兄がミュージシャン、弟はラグビー選手でNECのフランカー村田毅さんなんですよ。 卒業時には、次のお姉さん・神崎ゆうこさんから「森さんのオーラが眩しくて、周りが何も見えない」と言わしめるほど、素敵な方だったようです。 2019年の「おかあさんといっしょ60周年記念」番組に出演したときは、優しげな歌い方にシフトしていましたが、伸びやかな歌声は健在でしたね。 今でも自分のことを「みゆきおねえさんはね〜」と言っていますが、若見えで違和感なし(笑)。 【6位】つのだりょうこ 18代目ーつのだりょうこ 1999年4月5日 — 2003年4月5日 4年間 小学校1年生の頃、「女の子だからピアノでも習わせよう」と母親の勧めで始めたピアノでしたが、小学校4年生までは練習が嫌いで、引っ越しを機にやめてしまったそうです。 しかし、辞めてからピアノの本当の良さが分かりレッスンを再開。 武蔵野音楽大学楽器学科でピアノを専攻しますが、「声質がいい」との理由で歌のお姉さんのオーディションに合格しました。 歌のお姉さんは声楽科の出身者が多いのですが、つのださんはピアノ専攻。 歴代では珍しいパターンですが、いかにも歌のお姉さんという声質で、適任でした。 りょうこおねえさんと言えば、あきひろお兄さんと一緒に「もぐらトンネル」を歌っていたことが印象的です。 しかし、あきひろお兄さんは残念ながら、卒業後の2016年(50歳の時)に 覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されてしまいました。 一緒に頑張ってきた りょうこお姉さんはショックだったでしょうね。 小さい頃には、NHKの東京放送児童合唱団に所属し歌番組に出演していたこともあるんですよ。 歌のお姉さん卒業後は、子供番組ではなくバラエティの司会で活躍しており、最近では、朝の情報番組「ノンストップ」の通販コーナーに出演し、良いキャラを出していますよね。 声質が良いから商品説明も聞き取りやすく、売上UPにも一役かっているのでは?!と勝手に思っています。 【4位】はいだしょうこ 19代目ーはいだしょうこ 2003年4月7日 — 2008年3月28日 5年間 2歳から4歳まで、父親の転勤でニューヨークにいき、その後宝塚歌劇団を卒業、第19代目うたのおねえさんに就任した はいだしょうこさん。 しゃべり声は、少し舌たらずでカワイイ感じなのに、歌うと透き通るような声が魅力ですよね。 父親が国立音楽大学准教授、母親が声楽家のということもあってか、小学校在籍時には「全国童謡コンクール」でグランプリ賞受賞するなど、その才能を発揮していました。 歌の実力もさることながら、しょうこおねえさんといえば、絵の才能もスゴイ!と話題になりますね。 おねえさん出演中に描いた「スプーの絵かき歌」のスプーが、あまりにも独特すぎて、一緒にいた歌のお兄さん・今井ゆうぞうさんが苦笑するしかなかったというエピソードもあります。 【3位】茂森あゆみ 17代目ー茂森あゆみ 1993年4月5日 — 1999年4月3日 6年間 歌はもちろん、美人でスタイルも良い茂森あゆみさんが3位にランクイン。 あまりの人気の高さから、就任中に等身大ポスターも制作されアイドルのようでした。 けんたろうお兄さんと歌った「だんご三兄弟」は空前の大ヒットを記録し、子供番組に縁のない方にも名前が知られるようになりました。 60周年コンサートで、けんあゆコンビがステージに立つと、会場にどよめきがおき、今でも衰えない人気の高さがうかがえました。 【2位】小野あつこ 21代目ー小野あつこ 2016年4月4日 — ー 現在のうたのおねえさん・小野あつこさんが納得の2位に登場~。 初登場のときは、固い表情で ちょっぴり無理してる感がありましたが、今ではメンバーをまとめるほどの余裕の歌唱と、キレのあるダンスを披露しています。 また、「美人なのに、そこまでやる?!」と思うほどの衝撃的な変顔を見せることも(笑)。 女優の平愛梨似で整ったルックスと正統派な歌声で、現在の番組を盛り立ててくれています。 獲れたてのハチの巣を豪快に食らう(だいすけお兄さんは引いていた笑)など「食いしん坊キャラ」という親しみやすさも、人気の秘密です。 【1位】三谷たくみ 20代目ー三谷たくみ 2008年3月31日 — 2016年4月2日 8年間 8年間という番組出演最長記録を持つ、三谷たくみさんが、歌のおねえさん人気ランキング1位を獲得しました。 たくみおねえさんの声は、アニメの声優のような声で苦手かも…と思いましたが、その声がだんだんクセになり大好きになりました。 また、たくみお姉さんといえば、キレッキレッの動きで、画面でブレるほどのダンスも魅力でしたね(笑)。 たれ目のたぬき顔(サトエリに似てる?)と、抜群のスタイルで、子どもたちだけでなく、お父さんの心もワシ掴みにしました。 卒業後は、ご結婚され女の子が誕生しています。 60年記念コンサート「ふしぎな汽車でいこう」では、 「『おかあさんといっしょ』のみんなへ。 みんな、こんにちは!突然ですが、私、おかあさんになりましたー!!「子どもたちと毎日おかあさんといっしょを見ていますよ。 お子さんは、たくみお姉さんの歌声を独り占めかぁ~うらやましい!!。

次の