グラフェン 電池。 グラフェン透明導電性電極

奇跡の素材グラフェンを使ったバッテリー、2021年からスマホに使われ始めそう

グラフェン 電池

数年前に比べて現在販売されているスマホに搭載されているバッテリーの容量は飛躍的に向上している。 フラッグシップモデルに多い6. 4インチのディスプレイを搭載するスマホの多くは既に4,000mAh以上のバッテリーを搭載し、一部5,000mAhの特大バッテリーを搭載するスマホもちらほら見かけるようになった。 同時にバッテリーの充電速度も年々加速度的に向上しており、今や100Wの急速充電を可能とする技術が複数メーカーから発表されている。 現在販売されている全てのスマホにはリチウムイオンバッテリーが使用されているが、リチウムイオンは取り扱いが難しい。 圧が加わることで発熱し発火という流れは「Galaxy Note7」を筆頭に多く見てきた。 2019年も主流のリチウムイオンバッテリーだが、これを新しい「グラフェンバッテリー」へと移行していこうとSamsungは長い間開発を続けている。 「グラフェンバッテリー」に関する話は昨年から度々見かけるようになり、その時点では2019年の「Galaxy Note10」でデビューするのではないか、と言われていたが実際は見ての通り実現は叶わなかった。 2021年デビューが期待される「グラフェンバッテリー」搭載スマホ EveLeaksからの最新の情報によると、Samsungは上述の通り2020年か2021年までに少なくともグラフェンバッテリーを使用したスマホを発表することを一つの目標と定めているようだ。 当初の2019年後半デビューという話はやはり厳しく、グラフェンバッテリー搭載スマホを発表するまでにはまだ数年かかるとのこと。 長い年月をかけてでもSamsungが「グラフェンバッテリー」を実用化することにこだわっているのか。 それは明らかにリチウムイオンバッテリーよりも優れた声質を持っているからだ。 リチウムイオンバッテリーを搭載するスマホは度々爆発及び発火の事故を目撃するが、これはバッテリー本体が高音になることが要因。 9mmの厚みに4,300mAhのバッテリーを搭載しているが、「グラフェンバッテリー」が実用化されれば、例えば同じ筐体サイズでも5,000mAh以上のバッテリーを搭載可能になるはずだ。 当初伝えられていた予定よりさらに長い年月が掛かりそうだが、「グラフェンバッテリー」搭載スマホが登場する時、スマホの持続時間は更に向上するはずだ。 最後に、今回の情報もあくまでもリーク。 Samsung公式が伝えた情報で七位ため、当初「2019年登場予定」と伝えられていた情報同様、実際には登場しない可能性があることには十分注意しておきたい。 [source ] [via ].

次の

グラフェンバッテリー実用間近。スマホが20分で満充電可能に

グラフェン 電池

数年前に比べて現在販売されているスマホに搭載されているバッテリーの容量は飛躍的に向上している。 フラッグシップモデルに多い6. 4インチのディスプレイを搭載するスマホの多くは既に4,000mAh以上のバッテリーを搭載し、一部5,000mAhの特大バッテリーを搭載するスマホもちらほら見かけるようになった。 同時にバッテリーの充電速度も年々加速度的に向上しており、今や100Wの急速充電を可能とする技術が複数メーカーから発表されている。 現在販売されている全てのスマホにはリチウムイオンバッテリーが使用されているが、リチウムイオンは取り扱いが難しい。 圧が加わることで発熱し発火という流れは「Galaxy Note7」を筆頭に多く見てきた。 2019年も主流のリチウムイオンバッテリーだが、これを新しい「グラフェンバッテリー」へと移行していこうとSamsungは長い間開発を続けている。 「グラフェンバッテリー」に関する話は昨年から度々見かけるようになり、その時点では2019年の「Galaxy Note10」でデビューするのではないか、と言われていたが実際は見ての通り実現は叶わなかった。 2021年デビューが期待される「グラフェンバッテリー」搭載スマホ EveLeaksからの最新の情報によると、Samsungは上述の通り2020年か2021年までに少なくともグラフェンバッテリーを使用したスマホを発表することを一つの目標と定めているようだ。 当初の2019年後半デビューという話はやはり厳しく、グラフェンバッテリー搭載スマホを発表するまでにはまだ数年かかるとのこと。 長い年月をかけてでもSamsungが「グラフェンバッテリー」を実用化することにこだわっているのか。 それは明らかにリチウムイオンバッテリーよりも優れた声質を持っているからだ。 リチウムイオンバッテリーを搭載するスマホは度々爆発及び発火の事故を目撃するが、これはバッテリー本体が高音になることが要因。 9mmの厚みに4,300mAhのバッテリーを搭載しているが、「グラフェンバッテリー」が実用化されれば、例えば同じ筐体サイズでも5,000mAh以上のバッテリーを搭載可能になるはずだ。 当初伝えられていた予定よりさらに長い年月が掛かりそうだが、「グラフェンバッテリー」搭載スマホが登場する時、スマホの持続時間は更に向上するはずだ。 最後に、今回の情報もあくまでもリーク。 Samsung公式が伝えた情報で七位ため、当初「2019年登場予定」と伝えられていた情報同様、実際には登場しない可能性があることには十分注意しておきたい。 [source ] [via ].

次の

リチウム電池: 貯蔵容量を増大させる電極|AIMR

グラフェン 電池

NIMSは、酸化マンガンナノシートとグラフェンを分子レベルで交互に重ねた材料を合成し、リチウムおよびナトリウムイオン二次電池の負極材料として使うことで、従来の2倍以上高い充放電容量と、長いサイクル寿命を両立させることに成功しました。 高容量だが壊れやすい酸化マンガンをグラフェンで挟んだことで、酸化マンガンの形態が保持され、長寿命との両立が実現しました。 二次電池の高容量化と長寿命化を両立する負極材料として今後の応用が期待されます。 二次電池の高容量化が求められる中、現在負極に使われている炭素材料に代わる材料として、高い理論容量を持つ遷移金属酸化物に注目が集まっています。 特に、層状構造の酸化マンガンは、分子1層までバラバラに剥離したナノシートにして負極に使うことができれば、表面すべてが活性部位となるため、大幅に容量を向上できると考えられます。 しかし、酸化マンガンは充放電を繰り返すと構造が壊れやすく、しかもナノシートは団子状に凝集しやすいという課題を抱えていました。 本研究では、溶液中に分散させた酸化マンガンナノシートとグラフェンを混ぜ合わせ、1層ずつ交互に積層させたミルフィーユ構造の複合材料を合成しました 下図参照。 酸化マンガンとグラフェンは、ともに負に帯電しており、通常は反発しあいますが、研究グループが2015年に開発した技術を使い、グラフェンを化学的に修飾して正に帯電させることで、溶液を混ぜるだけで交互に積層させることに成功しました。 この材料をリチウムイオン二次電池の負極として用いたところ、負極容量が従来の2倍以上 0. これは、これまでに報告されている金属酸化物系負極材料の中で最も高い容量と長いサイクル寿命です。 グラフェンで挟むことで、充放電によって壊れやすい酸化マンガンの構造が保持されるとともに、電極材料全体の伝導性を改善した結果と考えられます。 今回、2種類の物質を分子レベルで複合化することで、単独の材料では実現が困難な高度な特性を導き出しました。 本材料は、二次電池以外にも、スーパーキャパシタや電極触媒など多くのエネルギー貯蔵および変換システムに大幅な性能向上をもたらすことが期待されます。 本研究は、国立研究開発法人物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の准主任研究者、拠点長らの研究グループによって行われました。 この研究の一部は、文部科学省科学研究費補助金基盤研究 A 「2次元無機ナノシートのヘテロ累積による新奇機能開拓」の支援を受けて得られたものです。 本研究成果は、米国化学会ACS Nano誌のオンライン版にて現地時間2018年1月22日に掲載されました。 DOI: 本件に関するお問い合わせ先 研究内容に関すること 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 准主任研究者 マ ルンジ TEL : 029-860-4124 E-Mail: MA. nims.

次の