デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ。 デイズルークス・ハイウェイスター 各グレードの違い・特徴

デイズルークスXターボの試乗記(走り・加速性能)ターボが無いと非力

デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ

日産 デイズ・デイズルークス ハイウェイスターはどのような車? デイズ 日産 デイズ デイズ ハイウェイスターの発売日 日産と三菱の合弁会社である株式会社が開発した「デイズ」は、三菱自動車工業が製造し2013年にデビューしました。 2015年に一度マイナーチェンジをおこない、現在販売されているものも型式B21Wで初代デイズとなっています。 コンセプト デイズははじめて日産が企画から関った軽自動車であり、『毎日(DAYS)を昨日までと違う楽しい日々に変えていく』というコンセプトを掲げ、これまでの軽自動車にとらわれない日産らしい軽自動車を目指し開発されました。 『モノ選び』の目線がセンシティブな40代の「子供をもつ主婦」をターゲットにし、安全技術への配慮や快適性を重視した設計となっています。 特徴 ・立体的でダイナミックなのに親しみやすさも併せ持ったエクステリアデザイン ・上質で開放的なくつろげるインテリア ・新開発されたコンパクトな3気筒エンジンを搭載 ・副変速機付エクストロニックをに採用 ・軽ハイトワゴンナンバー1の低燃費 ・「アラウンドビューモニター」をはじめて軽自動車に採用 日産 デイズについてはこちら デイズルークス ハイウェイスター 日産デイズ ルークス ハイウェイスター デイズルークス ハイウェイスターの発売日 「デイズルークス」は、「デイズ」第二弾のハイトワゴンモデルでありながら2013年に販売終了した「ルークス」の2代目でもある車種。 デイズと同様、株式会社が開発し三菱自動車工業が製造しています。 2014年にデビューし2016年に一度マイナーチェンジを経て、現在もB21Aの型式で初代デイズルークスが販売中です。 コンセプト 「余裕がMAX!」をコンセプトに掲げ、デイズに比べ全高が155mm高いスーパーハイトワゴンタイプの新型軽自動車となっています。 室内高やリヤロングスライドシートはハイトワゴン軽クラスNO. 1を実現し、ユーザーの要望にしっかりと応えているところがさすが日産といえます。 ターゲットは20代から30代で、シンプルかつ機能的なものを好むファミリーの主婦。 日常の足として使うが、広さや便利さはと同じような車が欲しいという人にぴったりな車です。 特徴 ・スポーティーさと力強い存在感を併せ持ったエクステリアデザイン ・シルバー加飾やピアノ調ブラックをアクセントにあしらったプレミアム感のある内装 ・安全性に優れたヒルスタートアシストを装備 ・室内高が140cmで広々 デイズ ルークスに関する記事はこちら 日産 ハイウェイスターシリーズについてはこちら スポーティーなエクステリアデザイン(外装) デイズ ハイウェイスター 日産 デイズハイウェイスター 日産 デイズ ボディカラー:ホワイト 日産 デイズ グレード:X ボディカラー:プレミアムパープル 出典 : デイズ ハイウェイスターのデザインは太いメッキバーの大型グリルで、存在感のあるスポーティーなデザインになっています。 ノーマルのデイズに比べ、力強い印象です。 デイズルークス ハイウェイスター デイズルークス グレード:ハイウェイスター G ボディカラー:スパークリングレッド&ブラック デイズルークス ハイウェイスター ボディカラー:スパークリングレッド デイズルークス グレード:ハイウェイスター X Gパッケージ ボディカラー:エアグレー&レモンライム 大型クロームメッキグリルでワイド感を演出。 リヤビューには、プレミアム感を出すためのクロームメッキのライセンスフィニッシャーとクリアレンズを装着しています。 力強く、ワイルドでスポーティーなエクステリアデザインです。 スポーティーな軽自動車に関する記事はこちら 上質感をもつインテリアデザイン(内装) デイズ ハイウェイスター 内装色:アイボリー 内装色:アイボリー センタークラスターから弓なりに広がるインパネを採用し、開放感にあふれるデザインです。 大型メーターは視認性に優れ、安全にもしっかり配慮。 リアシートは前傾斜形状になっていてふくらはぎのサポート性を高め、くつろげる空間を提供してくれます。 デイズルークス ハイウェイスター グレード:ハイウェイスターGターボ 内装色:ブラック グレード:ハイウェイスターX Gパッケージ 内装色:エボニー シルバー加飾とピアノ調ブラックをアクセントにあしらったスポーティーな内装は、シックな高級感をカラーで演出。 上下2段構成のインパネや、フラットでモダンなタブレット端末風のシフトパネルが、先進感と上質感を際立たせています。 ハイセンスなインパネを備える車はこちら.

次の

デイズルークスの試乗レポート!ターボとNAを比較

デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ

高い安全運転支援システムが備わる軽ハイトワゴン 日産自動車と三菱自動車の合弁会社、NMKVのマネジメントのもと、企画、開発された軽ハイトワゴン。 新開発エンジン、同じく新開発のCVTをはじめ、新たにスマートシンプルハイブリッドシステムも導入された。 プラットフォームも新たに開発されており、全面的な刷新が図られている。 セレナやエクストレイルなどに搭載される、プロパイロットが軽自動車で初採用されたこともトピック。 また、先進事故自動通報システムのSOSコールも搭載される。 ダイナミックでスタイリッシュなスポーティモデルのハイウェイスターと、親しみやすさと信頼感のあるスタイリングのスタンダードモデルがある(2019. 3) デイズについての最新記事• 660 J• 660 J アシストグリップ付車 つり革グリップ• 660 J アシストグリップ付車 乗降グリップ• 660 J アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 J アンシャンテ 助手席回転シート• 660 J アンシャンテ 助手席回転シート 送迎パッケージ• 660 J 助手席スライドアップシート• 660 J 助手席回転シート• 660 J 助手席回転シート 送迎パッケージ• 660 S• 660 S 4WD• 660 S アシストグリップ付車 つり革グリップ 4WD• 660 S アシストグリップ付車 乗降グリップ 4WD• 660 S アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 S アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 S 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X• 660 X 4WD• 660 X Vセレクション• 660 X Vセレクション 4WD• 660 X アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 X アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X アンシャンテ 助手席回転シート• 660 X アンシャンテ 助手席回転シート 4WD• 660 X モカセレクション• 660 X モカセレクション 4WD• 660 X 助手席スライドアップシート• 660 X 助手席スライドアップシート 4WD• 660 X 助手席回転シート• 660 X 助手席回転シート 4WD• 660 X 運転席マイティグリップ• 660 ハイウェイスターG• 660 ハイウェイスターG 4WD• 660 ハイウェイスターGターボ• 660 ハイウェイスターGターボ 4WD• 660 ハイウェイスターGターボ アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターGターボ アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 ハイウェイスターGターボ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターJ• 660 ハイウェイスターJ アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX• 660 ハイウェイスターX 4WD• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席スライドアップシート 4WD• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターX アンシャンテ 助手席回転シート 4WD• 660 ハイウェイスターX プレミアムセレクション• 660 ハイウェイスターX プレミアムセレクション 4WD• 660 ハイウェイスターX 助手席スライドアップシート• 660 ハイウェイスターX 助手席スライドアップシート 4WD• 660 ハイウェイスターX 助手席回転シート• 660 ハイウェイスターX 助手席回転シート 4WD• 660 ボレロ Jベース• 660 ボレロ S 4WDベース• 660 ボレロ Sベース• 660 ボレロ X 4WDベース• 660 ボレロ Xベース• 660 ライダー ハイウェイスターG 4WDベース• 660 ライダー ハイウェイスターGターボ 4WDベース• 660 ライダー ハイウェイスターGターボベース• 660 ライダー ハイウェイスターGベース• 660 ライダー ハイウェイスターJベース• 660 ライダー ハイウェイスターX 4WDベース• 660 ライダー ハイウェイスターXベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターGターボ 4WDベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターGターボベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターJベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターX 4WDベース• 660 ライダー ブラックライン ハイウェイスターXベース•

次の

日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 期待以上の力作

デイズ ルークス ハイウェイ スター ターボ

今回のモデルではエンジンを完全新設計としています。 CVTも新開発のものになっており、エンジンとの締結点数を4点から11点に増やすなど、パワーユニット全体の高剛性化にも貢献しています。 剛性を上げたことでよりダイレクトな加速が味わえたり、静粛性が向上するといった効果も出ました。 また先進安全運転支援システムのプロパイロットを採用したことがニュースです。 サスペンションはFF車ではリヤにトーションビーム式を新たに採用し、フロントのストラット式と組み合わせます。 ボディサイズは全長3395mm、全幅1475mmで、全高は1640mmです。 プラットフォームを一新したことでホイールベースは2495mmと大きくしています。 これによって後席のヒザ前空間は710mmを確保しています。 リヤオーバーハングは従来モデルと同等ながら、ラゲッジルームは大きめです。 後席を一番後ろにスライドした状態でも385mmの前後長を確保しています。 後席とラゲッジルームが広くなったら前席が狭くなった? いえ、もちろんそんなことはありません。 実はエンジンルームの前後長を約8cm縮めることで、フロントシート周りの広さは確保したまま全体をサイズアップしているのです。

次の