フレッツ光 速度。 OCN 光 with フレッツ|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

フレッツ光に通信量制限・速度制限はあるの?完全に無制限?

フレッツ光 速度

NTT東日本のフレッツ光プランと速度 フレッツ光は提供エリアがNTT東日本と西日本で分けられており、それぞれでサービス内容も若干異なります。 まずは東日本エリアで利用できるプランをチェックして、サービスへの理解を深めていきましょう。 東日本エリアの中でも戸建てプランと集合住宅用のプランの2つの区分があり、それぞれでさらに選択できるプランは細分化されています。 戸建て用プラン NTT東日本の戸建て住宅で利用できるプランは大きく次の3つの区分があります。 フレッツ光ネクスト• フレッツ光ライト• フレッツ光ライトプラス どの区分を利用するかによって、提供されるプランやサービス内容は変わるため細部までチェックが必要です。 フレッツ光ネクスト フレッツ光ネクストの中でも、プランはさらに次の4つに分けられます。 ギガファミリー・スマートタイプ• ファミリー・ギガラインタイプ• ファミリー・ハイスピードタイプ• ファミリータイプ 大まかな特徴の違いは、それぞれ次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ギガファミリー・スマートタイプ 5,700円 1Gbps 1Gbps ファミリー・ギガラインタイプ 5,400円 1Gbps 1Gbps ファミリー・ハイスピードタイプ 5,200円 200Mbps 100Mbps ファミリータイプ 5,200円 100Mbps 100Mbps フレッツ光では最大1Gbpsの通信が可能ですが、これはプランによって異なります。 戸建てプランならギガファミリー・スマートタイプとファミリー・ギガラインタイプが該当し、これ以外のプランでは最大速度が落ちるため注意しなければなりません。 ギガファミリー・スマートタイプはルーターの提供があり、ファミリー・ギガラインタイプはWiFiルーターの提供がないため金額に違いが出ています。 またそれぞれ基本料金は5,000円以上となっていますが、2年契約やその他割引の適用は可能であり実際の利用金額はもう少し安くすることも可能です。 フレッツ光ライト フレッツ光ネクストよりも縮小したプランが、フレッツ光ライトです。 そのため通信速度は次のように設定されています。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ファミリータイプ 2,800円~5,800円 100Mbps 100Mbps 最大速度が1Gbpsのプランがないため、速度重視で使いたい人は注意が必要です。 月額料金に幅があるのは、従量課金制のプランだからです。 フレッツ光ライトのファミリータイプは、基本料金が2,800円であり、200MBまではこの料金で使えます。 200MB以降の1,200MBまでは、10MBごとに30円のプラスとなり、5,800円を上限に料金加算はストップします。 つまり、200MB以内に収まるなら、基本料金だけで使えるため、あまり使わない人は安く利用できます。 基本的には少ししか使わず、たまに大容量通信を行う月があるような場合は通信量に応じて支払額を柔軟に変化させられるプランを選ぶこともおすすめです。 フレッツ光ライトプラス フレッツ光ライトプラスは、フレッツ光ライトよりも利用可能な通信量が多い点が特徴です。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 フレッツ光 ライトプラス 3,800~5,500円 100Mbps 100Mbps 通信速度の上限は下がっているものの、基本料金3,800円で3,000MB、つまり3GBまで使えます。 3GB以降は10GBまで使えて、上限金額は5,500円です。 従量課金の部分は100MBごとに24円であり、これもフレッツ光ライトとは異なります。 ライトプラスは比較的通信量が多い人向けであり、毎月3GBぎりぎりまで使う人なら、お得に利用できるでしょう。 マンションなどの集合住宅用プラン マンションやアパートといった住宅では、集合住宅用のプランが提供されています。 集合住宅用プランはフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2つがあり、それぞれで内容は異なります。 戸建てプランとの違いもあるため、プラン内容は細部までチェックしておくことが大切です。 フレッツ光ネクスト 集合住宅で利用できるフレッツネクストのプランは、次の4つが挙げられます。 ギガマンションスマートタイプ• マンション・ギガラインタイプ• マンション・ハイスピードタイプ• マンションタイプ それぞれのプランの詳細は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ギガマンションスマートタイプ 3,350~4,350円 1Gbps 1Gbps マンション・ギガラインタイプ 3,050~4,050円 1Gbps 1Gbps マンション・ハイスピードタイプ 2,850~3,850円 200Mbps 100Mbps マンションタイプ 2,850~3,850円 100Mbps 100Mbps 料金に違いはあるものの通信速度やWiFiルーターの提供の有無などは同じです。 集合住宅タイプは料金に幅がある点が特徴ですが、これは同じ建物内で何人フレッツ光を利用しているかによって、契約できるプランが変動します。 集合住宅タイプでは、4契約以上見込める場合がミニプランで、8契約以上でプラン1に、そして16契約以上でプラン2が適用されます。 プラン2が最安値であり、プラン1が中間の料金、ミニプランが最高値になると覚えておきましょう。 フレッツ光ライト 集合住宅タイプで利用できるフレッツ光ライトの特徴は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 マンションタイプ 2,000~4,300円 100Mbps 100Mbps 基本的な内容は戸建てプランと同じであり、違いは月額料金です。 マンションタイプも同様に従量課金制ですが、200MBまでの基本料金が2,000円と戸建てタイプよりも少し安いです。 また月間利用データ量の上限は970MBであり、プラン自体が戸建てタイプより縮小されている点も覚えておきましょう。 NTT西日本のフレッツ光プランと速度 同じフレッツ光でもNTT東日本と西日本では、提供内容が若干異なるため注意が必要です。 西日本エリアでも、東日本と同様に戸建て用と集合住宅用の2つの区分でサービスを提供しています。 それぞれ詳細まで知って、自分の場合はどれが利用できるかを確認しておきましょう。 戸建て用プラン NTT西日本で利用できる戸建て用プランは、次の2つが挙げられます。 フレッツ光ネクスト• フレッツ光ライト それぞれ区分内でのプランの詳細をチェックしていきましょう。 フレッツ光ネクスト NTT西日本エリアで利用できる、フレッツ光ネクストのプランは、次の3つです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼 5,400円 1Gbps 1Gbps ファミリー・ハイスピードタイプ 5,400円 200Mbps 200Mbps ファミリータイプ 5,400円 100Mbps 100Mbps それぞれ通信速度が大きく違い、快適に利用したいならファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼がおすすめです。 大元の回線はどれも同じなので1Gbpsの電波が配信されていますが、最終的に自宅に届けるまでの過程で実際に利用できる通信速度の上限が変わります。 フレッツ光ライト 従量課金制のフレッツ光ライトのプランの特徴は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ファミリータイプ 3,200~6,000円 100Mbps 100Mbps 基本料金は3,200円であり、320MBまではこの料金で使えます。 上限は1,320MB以上の6,000円であり、320MBから1,320MBまでの間は10MBの利用につき28円の料金が加算されます。 マンションなどの集合住宅用プラン 集合住宅用のプランも、戸建て用と同じでフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2つがあります。 戸建て用プランと同じ部分もありますが、細部では異なる点も多いため、それぞれの違いをチェックしておかなければなりません。 またNTT東日本との違いにも注目が必要です。 フレッツ光ネクスト 光配線方式 NTT西日本で利用できる、集合住宅用のフレッツ光ネクストのプランは、次の3つが挙げられます。 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼• マンション・ハイスピードタイプ• マンションタイプ それぞれの特徴は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 3,700~4,500円 1Gbps 1Gbps マンション・ハイスピードタイプ 3,700~4,500円 200Mbps 200Mbps マンションタイプ 3,700~4,500円 100Mbps 100Mbps 通信速度の設定は戸建てプランと同じですが、月額料金の設定が異なります。 また、NTT東日本と同様に、同じ建物内で何契約見込めるかによって料金は変動しますが、プラン設定の要件が東日本と西日本では違うため、この点にも注意が必要です。 NTT西日本では6契約以上で最高値のミニプランとなり、以降は8契約で中間料金帯のプラン1が、16契約以上で最安値のプラン2が選択できます。 プラン1と2の要件は同じですが、ミニプランの要件が東西で異なることは覚えておきましょう。 フレッツ光ライト 光配線方式 集合住宅でも従量課金制のプランはあり、特徴は次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 マンションタイプ 2,600~5,400円 100Mbps 100Mbps 320MBまで基本料金という点は同じですが、マンションタイプのほうが基本料金は安いです。 また10MBあたり28円の追加という点は共通していますが、上限が1,110MBという点は戸建て用とは異なります。 フレッツ光の速度に関するポイント NTT東日本と西日本のどちらのエリアでの利用か、またどのプランを選択するかによって、利用できる通信速度は異なります。 しかしプランが変わっても共通するポイントもあるため、それらを知っておくことも大切です。 フレッツ光全般の通信速度に関するポイントは、大きく2つ挙げられます。 実際の速度は平均で100Mbpsくらい フレッツ光は上りと下りともに最大1Gbpsのプランを提供しています。 しかし、通信速度の最大値はあくまで理論上のものであり、実際に利用できる通信速度は平均すると100Mbps程度です。 通信速度はネットの利用環境によって大きく変わり、使用している端末やルーターなどの機器、建物の状態や周辺環境、契約しているプロバイダなどの要素によって変動します。 そのため最大1Gbpsの高速通信ができる回線業者と契約しても、必ずしも快適に使える保証がないことは理解しておかなければなりません。 もちろん最大速度が高いほど実際の通信速度も高めやすいため、快適さを求めるならまずは理論値をチェックすることも大切です。 マンションタイプは速度が遅い場合もある 戸建てタイプとマンションタイプの大きな違いは、配線方式にあります。 マンションタイプは配線方式が光配線とLAN配線、VDSL配線の3つに分けられ、それぞれで通信速度が異なります。 光配線方式なら快適に利用しやすいですが、その他の方式だと通信速度の最大値が下がってしまいます。 ただし最大値が低くても、LAN方式は比較的スムーズに通信しやすく、快適に使えることも多いです。 VDSL方式がもっとも遅い傾向になるため、契約時はどの方式になるかも確認しなければなりません。 採用できる方式は建物によって違うため、希望する方式が利用できないこともあります。 他社光回線との速度比較 光回線サービスを提供しているのはフレッツ光だけではなく、他にも多数の回線業者が存在します。 自宅に光回線を引きたいなら、他の業者とも比較して選ぶことが大切です。 回線業者 下り最大速度 上り最大速度 SoftBank光 1Gbps 1Gbps auひかり 1Gbps 1Gbps ビッグローブ光 1Gbps 1Gbps NURO光 2Gbps 1Gbps これら4つの回線業者と比較してみると、上り下りともに最大速度は変わりません。 NURO光のみ、下りの最大速度は2Gbpsとなっていますが、これは光回線の中でも特殊なケースです。 通常の光回線では最大1Gbpsが基本のためフレッツ光が遅いわけではなく、NURO光が特別に速いといえるでしょう。 通信速度では他社とほとんど変わりがないため、選ぶ際には月額料金やサービスの提供エリア、スマホとのセット割引きの有無などをチェックすることもおすすめです。 回線業者によって提供内容は異なるため、速度以外の面での比較も重要であることは覚えておきましょう。 フレッツ光の速度に関する口コミ 通信速度は理論値通りに出るわけではなく、通信環境に応じて変動します。 そのため実際にどの程度の速度で使えるか、利用してみるまで明確には分かりません。 契約前にある程度のイメージを知るためにも、速度に関する口コミを参考にすることがおすすめです。 自分と近い利用環境にある人の口コミを参考すると、実際の使い勝手もイメージしやすいです 20代男性 20代男性 20代女性 フレッツ光の測度が遅い場合の対処法 いざ契約してフレッツ光を利用し始めたものの、通信速度が遅くて困るというケースはあります。 通信速度が遅いと感じるなら、次の方法で対処を考えることがおすすめです。 速度測定を実施する• ルーターやLANケーブルを高速対応のものに替える• プロバイダを変更する• 他の回線に乗り換える ストレスを抱えながら使い続けるのではなく、対処法を試して環境の改善を目指すことが大切です。 速度測定を実施する まずは実際にどれくらいの速度で利用できているのかを知るためにも、速度測定を行いましょう。 フレッツ光では契約者向けに通信速度を測定するサービスを提供しており、これにアクセスすることで通信速度を判断できます。 どれくらいの速度で利用できるのかを知っておくと、改善の目安にもなり、次の一手を打ちやすくなります。 ルーターやLANケーブルを高速対応のものに替える 通信速度は接続する機器のもっとも遅いものに合わせられるため、機器が古いなら買い替えることが大切です。 スマホやPCといった端末はもちろんルーターやLANケーブルなどの対応速度もチェックしましょう。 例えば下り最大1Gbpsで利用できるプランで契約していても、ルーターが対応する最大速度が100Mbpsだと、この時点で最大速度は100Mbpsに下がります。 高速通信ができるプランで契約していても使用している端末のスペックが低いと通信速度は極端に下がるため機器ごとの性能を見直すことが大切です。 プロバイダを変更する 通信速度は契約しているプロバイダによっても変わるため、機器を新しくしても効果が観られない場合は、プロバイダの変更を検討することもおすすめです。 どのプロバイダが一概に速いとはいえませんが、サービスやサポートが充実しているプロバイダのほうが安心して使えることは確かです。 ただし月額料金が高いから安心できる、あるいは安いから信用できないというわけではありません。 料金はあくまで目安であり、安くても快適に使えるプロバイダはあり、反対に値段が高くても品質が悪いプロバイダももちろんあります。 プロバイダ変更の際には提供しているサービスに加えて、口コミでの評判も参考にするとよいでしょう。 他の回線に乗り換える どうしても通信速度が改善されないなら、他社回線への乗り換えを検討するのも手段の一つです。 フレッツ光は全国で利用できますが、利用可能なエリアなら、どこでも快適に使えるとは限りません。 地域によってはどれだけ工夫しても通信速度が上がらないこともあるため、回線を切り替えて別の可能性を探ることも大切です。 通信速度だけで見るならNURO光が優れていますが、提供エリアが限られているため、契約の可否は居住地次第です。 フレッツ光以外にも光回線を提供している業者は多数あるため、まずは提供エリアに含まれるかチェックし、それから詳細なプラン内容を見て決めるとよいでしょう。

次の

フレッツ光が遅いときの対処法!フレッツ光の速度が大幅改善!?

フレッツ光 速度

NTT東日本のフレッツ光プランと速度 フレッツ光は提供エリアがNTT東日本と西日本で分けられており、それぞれでサービス内容も若干異なります。 まずは東日本エリアで利用できるプランをチェックして、サービスへの理解を深めていきましょう。 東日本エリアの中でも戸建てプランと集合住宅用のプランの2つの区分があり、それぞれでさらに選択できるプランは細分化されています。 戸建て用プラン NTT東日本の戸建て住宅で利用できるプランは大きく次の3つの区分があります。 フレッツ光ネクスト• フレッツ光ライト• フレッツ光ライトプラス どの区分を利用するかによって、提供されるプランやサービス内容は変わるため細部までチェックが必要です。 フレッツ光ネクスト フレッツ光ネクストの中でも、プランはさらに次の4つに分けられます。 ギガファミリー・スマートタイプ• ファミリー・ギガラインタイプ• ファミリー・ハイスピードタイプ• ファミリータイプ 大まかな特徴の違いは、それぞれ次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ギガファミリー・スマートタイプ 5,700円 1Gbps 1Gbps ファミリー・ギガラインタイプ 5,400円 1Gbps 1Gbps ファミリー・ハイスピードタイプ 5,200円 200Mbps 100Mbps ファミリータイプ 5,200円 100Mbps 100Mbps フレッツ光では最大1Gbpsの通信が可能ですが、これはプランによって異なります。 戸建てプランならギガファミリー・スマートタイプとファミリー・ギガラインタイプが該当し、これ以外のプランでは最大速度が落ちるため注意しなければなりません。 ギガファミリー・スマートタイプはルーターの提供があり、ファミリー・ギガラインタイプはWiFiルーターの提供がないため金額に違いが出ています。 またそれぞれ基本料金は5,000円以上となっていますが、2年契約やその他割引の適用は可能であり実際の利用金額はもう少し安くすることも可能です。 フレッツ光ライト フレッツ光ネクストよりも縮小したプランが、フレッツ光ライトです。 そのため通信速度は次のように設定されています。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ファミリータイプ 2,800円~5,800円 100Mbps 100Mbps 最大速度が1Gbpsのプランがないため、速度重視で使いたい人は注意が必要です。 月額料金に幅があるのは、従量課金制のプランだからです。 フレッツ光ライトのファミリータイプは、基本料金が2,800円であり、200MBまではこの料金で使えます。 200MB以降の1,200MBまでは、10MBごとに30円のプラスとなり、5,800円を上限に料金加算はストップします。 つまり、200MB以内に収まるなら、基本料金だけで使えるため、あまり使わない人は安く利用できます。 基本的には少ししか使わず、たまに大容量通信を行う月があるような場合は通信量に応じて支払額を柔軟に変化させられるプランを選ぶこともおすすめです。 フレッツ光ライトプラス フレッツ光ライトプラスは、フレッツ光ライトよりも利用可能な通信量が多い点が特徴です。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 フレッツ光 ライトプラス 3,800~5,500円 100Mbps 100Mbps 通信速度の上限は下がっているものの、基本料金3,800円で3,000MB、つまり3GBまで使えます。 3GB以降は10GBまで使えて、上限金額は5,500円です。 従量課金の部分は100MBごとに24円であり、これもフレッツ光ライトとは異なります。 ライトプラスは比較的通信量が多い人向けであり、毎月3GBぎりぎりまで使う人なら、お得に利用できるでしょう。 マンションなどの集合住宅用プラン マンションやアパートといった住宅では、集合住宅用のプランが提供されています。 集合住宅用プランはフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2つがあり、それぞれで内容は異なります。 戸建てプランとの違いもあるため、プラン内容は細部までチェックしておくことが大切です。 フレッツ光ネクスト 集合住宅で利用できるフレッツネクストのプランは、次の4つが挙げられます。 ギガマンションスマートタイプ• マンション・ギガラインタイプ• マンション・ハイスピードタイプ• マンションタイプ それぞれのプランの詳細は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ギガマンションスマートタイプ 3,350~4,350円 1Gbps 1Gbps マンション・ギガラインタイプ 3,050~4,050円 1Gbps 1Gbps マンション・ハイスピードタイプ 2,850~3,850円 200Mbps 100Mbps マンションタイプ 2,850~3,850円 100Mbps 100Mbps 料金に違いはあるものの通信速度やWiFiルーターの提供の有無などは同じです。 集合住宅タイプは料金に幅がある点が特徴ですが、これは同じ建物内で何人フレッツ光を利用しているかによって、契約できるプランが変動します。 集合住宅タイプでは、4契約以上見込める場合がミニプランで、8契約以上でプラン1に、そして16契約以上でプラン2が適用されます。 プラン2が最安値であり、プラン1が中間の料金、ミニプランが最高値になると覚えておきましょう。 フレッツ光ライト 集合住宅タイプで利用できるフレッツ光ライトの特徴は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 マンションタイプ 2,000~4,300円 100Mbps 100Mbps 基本的な内容は戸建てプランと同じであり、違いは月額料金です。 マンションタイプも同様に従量課金制ですが、200MBまでの基本料金が2,000円と戸建てタイプよりも少し安いです。 また月間利用データ量の上限は970MBであり、プラン自体が戸建てタイプより縮小されている点も覚えておきましょう。 NTT西日本のフレッツ光プランと速度 同じフレッツ光でもNTT東日本と西日本では、提供内容が若干異なるため注意が必要です。 西日本エリアでも、東日本と同様に戸建て用と集合住宅用の2つの区分でサービスを提供しています。 それぞれ詳細まで知って、自分の場合はどれが利用できるかを確認しておきましょう。 戸建て用プラン NTT西日本で利用できる戸建て用プランは、次の2つが挙げられます。 フレッツ光ネクスト• フレッツ光ライト それぞれ区分内でのプランの詳細をチェックしていきましょう。 フレッツ光ネクスト NTT西日本エリアで利用できる、フレッツ光ネクストのプランは、次の3つです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼 5,400円 1Gbps 1Gbps ファミリー・ハイスピードタイプ 5,400円 200Mbps 200Mbps ファミリータイプ 5,400円 100Mbps 100Mbps それぞれ通信速度が大きく違い、快適に利用したいならファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼がおすすめです。 大元の回線はどれも同じなので1Gbpsの電波が配信されていますが、最終的に自宅に届けるまでの過程で実際に利用できる通信速度の上限が変わります。 フレッツ光ライト 従量課金制のフレッツ光ライトのプランの特徴は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 ファミリータイプ 3,200~6,000円 100Mbps 100Mbps 基本料金は3,200円であり、320MBまではこの料金で使えます。 上限は1,320MB以上の6,000円であり、320MBから1,320MBまでの間は10MBの利用につき28円の料金が加算されます。 マンションなどの集合住宅用プラン 集合住宅用のプランも、戸建て用と同じでフレッツ光ネクストとフレッツ光ライトの2つがあります。 戸建て用プランと同じ部分もありますが、細部では異なる点も多いため、それぞれの違いをチェックしておかなければなりません。 またNTT東日本との違いにも注目が必要です。 フレッツ光ネクスト 光配線方式 NTT西日本で利用できる、集合住宅用のフレッツ光ネクストのプランは、次の3つが挙げられます。 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼• マンション・ハイスピードタイプ• マンションタイプ それぞれの特徴は、次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 3,700~4,500円 1Gbps 1Gbps マンション・ハイスピードタイプ 3,700~4,500円 200Mbps 200Mbps マンションタイプ 3,700~4,500円 100Mbps 100Mbps 通信速度の設定は戸建てプランと同じですが、月額料金の設定が異なります。 また、NTT東日本と同様に、同じ建物内で何契約見込めるかによって料金は変動しますが、プラン設定の要件が東日本と西日本では違うため、この点にも注意が必要です。 NTT西日本では6契約以上で最高値のミニプランとなり、以降は8契約で中間料金帯のプラン1が、16契約以上で最安値のプラン2が選択できます。 プラン1と2の要件は同じですが、ミニプランの要件が東西で異なることは覚えておきましょう。 フレッツ光ライト 光配線方式 集合住宅でも従量課金制のプランはあり、特徴は次の通りです。 プラン 月額料金 下り最大速度 上り最大速度 マンションタイプ 2,600~5,400円 100Mbps 100Mbps 320MBまで基本料金という点は同じですが、マンションタイプのほうが基本料金は安いです。 また10MBあたり28円の追加という点は共通していますが、上限が1,110MBという点は戸建て用とは異なります。 フレッツ光の速度に関するポイント NTT東日本と西日本のどちらのエリアでの利用か、またどのプランを選択するかによって、利用できる通信速度は異なります。 しかしプランが変わっても共通するポイントもあるため、それらを知っておくことも大切です。 フレッツ光全般の通信速度に関するポイントは、大きく2つ挙げられます。 実際の速度は平均で100Mbpsくらい フレッツ光は上りと下りともに最大1Gbpsのプランを提供しています。 しかし、通信速度の最大値はあくまで理論上のものであり、実際に利用できる通信速度は平均すると100Mbps程度です。 通信速度はネットの利用環境によって大きく変わり、使用している端末やルーターなどの機器、建物の状態や周辺環境、契約しているプロバイダなどの要素によって変動します。 そのため最大1Gbpsの高速通信ができる回線業者と契約しても、必ずしも快適に使える保証がないことは理解しておかなければなりません。 もちろん最大速度が高いほど実際の通信速度も高めやすいため、快適さを求めるならまずは理論値をチェックすることも大切です。 マンションタイプは速度が遅い場合もある 戸建てタイプとマンションタイプの大きな違いは、配線方式にあります。 マンションタイプは配線方式が光配線とLAN配線、VDSL配線の3つに分けられ、それぞれで通信速度が異なります。 光配線方式なら快適に利用しやすいですが、その他の方式だと通信速度の最大値が下がってしまいます。 ただし最大値が低くても、LAN方式は比較的スムーズに通信しやすく、快適に使えることも多いです。 VDSL方式がもっとも遅い傾向になるため、契約時はどの方式になるかも確認しなければなりません。 採用できる方式は建物によって違うため、希望する方式が利用できないこともあります。 他社光回線との速度比較 光回線サービスを提供しているのはフレッツ光だけではなく、他にも多数の回線業者が存在します。 自宅に光回線を引きたいなら、他の業者とも比較して選ぶことが大切です。 回線業者 下り最大速度 上り最大速度 SoftBank光 1Gbps 1Gbps auひかり 1Gbps 1Gbps ビッグローブ光 1Gbps 1Gbps NURO光 2Gbps 1Gbps これら4つの回線業者と比較してみると、上り下りともに最大速度は変わりません。 NURO光のみ、下りの最大速度は2Gbpsとなっていますが、これは光回線の中でも特殊なケースです。 通常の光回線では最大1Gbpsが基本のためフレッツ光が遅いわけではなく、NURO光が特別に速いといえるでしょう。 通信速度では他社とほとんど変わりがないため、選ぶ際には月額料金やサービスの提供エリア、スマホとのセット割引きの有無などをチェックすることもおすすめです。 回線業者によって提供内容は異なるため、速度以外の面での比較も重要であることは覚えておきましょう。 フレッツ光の速度に関する口コミ 通信速度は理論値通りに出るわけではなく、通信環境に応じて変動します。 そのため実際にどの程度の速度で使えるか、利用してみるまで明確には分かりません。 契約前にある程度のイメージを知るためにも、速度に関する口コミを参考にすることがおすすめです。 自分と近い利用環境にある人の口コミを参考すると、実際の使い勝手もイメージしやすいです 20代男性 20代男性 20代女性 フレッツ光の測度が遅い場合の対処法 いざ契約してフレッツ光を利用し始めたものの、通信速度が遅くて困るというケースはあります。 通信速度が遅いと感じるなら、次の方法で対処を考えることがおすすめです。 速度測定を実施する• ルーターやLANケーブルを高速対応のものに替える• プロバイダを変更する• 他の回線に乗り換える ストレスを抱えながら使い続けるのではなく、対処法を試して環境の改善を目指すことが大切です。 速度測定を実施する まずは実際にどれくらいの速度で利用できているのかを知るためにも、速度測定を行いましょう。 フレッツ光では契約者向けに通信速度を測定するサービスを提供しており、これにアクセスすることで通信速度を判断できます。 どれくらいの速度で利用できるのかを知っておくと、改善の目安にもなり、次の一手を打ちやすくなります。 ルーターやLANケーブルを高速対応のものに替える 通信速度は接続する機器のもっとも遅いものに合わせられるため、機器が古いなら買い替えることが大切です。 スマホやPCといった端末はもちろんルーターやLANケーブルなどの対応速度もチェックしましょう。 例えば下り最大1Gbpsで利用できるプランで契約していても、ルーターが対応する最大速度が100Mbpsだと、この時点で最大速度は100Mbpsに下がります。 高速通信ができるプランで契約していても使用している端末のスペックが低いと通信速度は極端に下がるため機器ごとの性能を見直すことが大切です。 プロバイダを変更する 通信速度は契約しているプロバイダによっても変わるため、機器を新しくしても効果が観られない場合は、プロバイダの変更を検討することもおすすめです。 どのプロバイダが一概に速いとはいえませんが、サービスやサポートが充実しているプロバイダのほうが安心して使えることは確かです。 ただし月額料金が高いから安心できる、あるいは安いから信用できないというわけではありません。 料金はあくまで目安であり、安くても快適に使えるプロバイダはあり、反対に値段が高くても品質が悪いプロバイダももちろんあります。 プロバイダ変更の際には提供しているサービスに加えて、口コミでの評判も参考にするとよいでしょう。 他の回線に乗り換える どうしても通信速度が改善されないなら、他社回線への乗り換えを検討するのも手段の一つです。 フレッツ光は全国で利用できますが、利用可能なエリアなら、どこでも快適に使えるとは限りません。 地域によってはどれだけ工夫しても通信速度が上がらないこともあるため、回線を切り替えて別の可能性を探ることも大切です。 通信速度だけで見るならNURO光が優れていますが、提供エリアが限られているため、契約の可否は居住地次第です。 フレッツ光以外にも光回線を提供している業者は多数あるため、まずは提供エリアに含まれるかチェックし、それから詳細なプラン内容を見て決めるとよいでしょう。

次の

フレッツ光の【ハイスピードタイプ・隼】とは?なぜフレッツ光はプランが複数あるの?

フレッツ光 速度

フレッツ光はプロバイダーだけを変更することが可能。 この記事では、賢くプロバイダーを選ぶために3つの基準で10のプロバイダーを徹底的に比較します。 併せてプロバイダー変更方法も説明します。 目次:• フレッツ光プロバイダーの賢い選び方 NTTの光回線「」に組み合わせるは、3つの比較基準で選ぶことができます。 料金の安さ• ユーザーの評判 「あれ、通信速度は比較しないの?」と思われるかもしれませんね。 厳密に言うと回線は同じフレッツ光なので、プロバイダーごとに通信速度の違いはありません。 そもそもプロバイダーの仕事はユーザーの端末をインターネットに接続することで、通信速度を左右するのは回線です。 また最近では、ほとんどのプロバイダーが「」に対応しており、なったりするのを防いでストレスフリーな通信が可能になっています。 では、ここから項目別にプロバイダーを比較していきます。 実際にはプロバイダーの数は数百を超えており全てを取り上げることはできないため、シェア率が高い下記の10プロバイダーを比較します。 フレッツ光とプロバイダーが一つになった「」については、記事後半で紹介します。 料金が安いトップ3 1位:GMOとくとくBB 2位:ASAHIネット 3位:DTI GMOとくとくBBは、料金が一番高いプロバイダーに比べると半額近い安さになっています。 コストパフォーマンスで選ぶなら、GMOとくとくBBがおすすめとなります。 プロバイダー料金一覧 プロバイダー料金の詳細な比較は以下にてご覧ください。 ちなみに、初月無料や〇ヵ月間割引といった期間限定の特典は料金に反映していません。 NTT東日本エリアと西日本エリアに分けて記載しています。 NTT東日本エリア - プロバイダー料金(税抜) プロバイダー 料金(安い順) プロバイダー 料金(安い順) 戸建て GMOとくとくBB 760円 マンション GMOとくとくBB 530円 ASAHIネット 780円 DTI 680円 DTI 951円 ASAHIネット 700円 So-net 1,000円 ぷらら 600~800円 ビッグローブ 1,000円 OCN 650~900円 ぷらら 1,000円 ビッグローブ 650~900円 @nifty 1,000円 Hi-ho 890円 OCN 1,100円 So-net 900円 Yahoo! BB 1,200円(スタンダード) Yahoo! NTT西日本エリア - プロバイダー料金(税抜) プロバイダー 料金(安い順) プロバイダー 料金(安い順) 戸建て GMOとくとくBB 760円 マンション GMOとくとくBB 530円 ASAHIネット 780円 DTI 680円 DTI 951円 ASAHIネット 700円 So-net 1,000円 ぷらら 600~800円 ビッグローブ 1,000円 ビッグローブ 650~850円 ぷらら 1,000円 OCN 810円 @nifty 1,000円 Hi-ho 890円 OCN 1,100円 So-net 900円 Yahoo! BB 1,200円(スタンダード) Yahoo! 割引重視の人におすすめ・・・GMOとくとくBB、ASAHIネット セキュリティ重視の人におすすめ・・・So-net、ASAHIネット パソコン初心者におすすめ・・・So-net、DTI 割引特典ならGMOとくとくBB・ASAHIネットがおすすめ 割引特典の大きさで見ると「GMOとくとくBB」と「ASAHIネット」はプロバイダー料金が12ヵ月間無料です。 その点、 ASAHIネットはIPv6サービスが標準なのでもっとおすすめです。 最近は、光インターネット利用者の急激な増加に伴って速度低下や遅延がしばしば起きるようになっています。 IPv6サービスはそれらの問題を解消してくれるので、光回線本来のスピードを体感できます。 ちなみに、IPv6接続するには対応ルーターが必要です。 BB プロバイダー料金初月0円 ・IPv6サービス無料 ・「プレミアムプラン」(月々250円プラス)ならYahoo! 各サービスの口コミを調べた結果、総合的に評判の良いプロバイダートップ3は次のようになります。 ユーザーの評判が良いトップ3 1位:So-net 2位:GMOとくとくBB 3位:DTI OCN光withフレッツの評判 OCNは国内シェアNo. 1プロバイダーですが、OCN光withフレッツに関しては夜に通信速度が遅くなるというマイナス評価が多数見られました。 利用者が一番多いだけに、サーバーが混雑することも一因かもしれません。 OCNはNTT系大手プロバイダーとしての安心感があるので、インターネットをそこまでヘビーに使わないのであれば検討の価値は十分あるといえます。 kuro Mochiiss Yahoo! BB光withフレッツの評判 ソフトバンクが提供するYahoo! BB光withフレッツは、通信が安定して速く満足しているユーザーが多いことが窺えます。 ただ、ユーザーに(光コラボ)に切り替えを勧める営業電話が不評のようです。 ソフトバンクが推し進めているソフトバンク光は、スマホが・の人ならお得ですが、それ以外の人にとってはメリットがありません。 ずっとYahoo! BBのフレッツ光を使っていまして、安定しています。 で、やたらとソフトバンク光に乗り換えろとセールスが来るんですが、ググってみると評判悪くて乗り換えてません…?? 特に、IPv6接続サービスを利用すると非常に速いスピードが出るようです。 高精細の動画や大容量オンラインゲームなどを楽しみたいなら、So-net光withフレッツはおすすめですよ。 間違い。 フレッツ光でプロバイダがtoppa(トッパ)だった。 で、昼でも1Mしか出ないこのプロバイダ。 色々聞いても「そちらのPCの問題」とのこと。 で、早速ソネットに変えたら70M出るという・・・。 ipv6にしてからは回線速度測定サイトで平均100~300Mbps程度は余裕で維持出来てますね??? これはおそらく、IPv6オプションを使用しているかいないかの違いと思われます。 ビッグローブはIPv6接続が無料ですが、利用するにはオプション申し込みと対応機器の契約が必要です。 ビッグローブはユーザー対応が良いという口コミも多くあるので、サポートが気になる人は検討するといいかもしれません。 フレッツ光なんですけど、この前モデムが起動しなくなって連絡したらその日にソッコーで新しいものがきたんだけどすごない?オペレーターもめっちゃ丁寧だったしこの会社選んで良かったと思った。 — 刺身 Sonnaniyokunai 1月1日付で光回線をフレッツ光東日本からBIGLOBE光へ切り替え。 プロバイダもヤフーBBからBIGLOBEへ。 下りの速度が今まで7. 9Mbpsだったのが64. ぷらら光withフレッツに関しては口コミ自体が少ないのですが、サポートの評判は芳しくないようです。 ただ、通信速度は十分速いという声もあります。 わたしも田舎なのでフレッツ光です?? so-netが良いらしいです わたしは一番評判悪いぷらら… — はちみつ Ann7hito IO DATA製WN-PL1167EX01だと回線速度上限が100Mbpsなので、いくらIPv6が使えてもフレッツ光の回線速度はこれ以下です。 NEC製PA-WG1200HSの回線速度上限は1Gbpsなので、フレッツ光の速度は混雑時間帯でも450Mbpsでした。 プロバイダぷらら経由でも100Mbpsは超えました。 当面IPv4を使う事にしました。 — 海。 4 DC DN Contemporary tadamiline @nifty光withフレッツの評判 @nifty(アットニフティ)は、有名家電店ノジマの子会社です。 昔から根強いファンがいる老舗プロバイダーで、回線速度が遅くなるというユーザーの声はあるものの、声のトーンは柔らかめ。 ユーザーに愛されるプロバイダーなのが窺えます。 フレッツ光、nifty。 有線LANケーブルが悪いのか?と無線にしても同じだし、PCスマホPS4どれもダメ。 当然ルーター再起動諸々は試した。 トレモに集中出来るのは良いけど というか他にやる事ない 困った。 マジで困った。 — アンナ AnnaSFVAE うひょ!もう32周年になるんですね?!まぁ、確かに私がNIFTY始めたのが10代の頃ですしね…、私も歳を取りました 汗 なんだかんだでBフレッツのプロバイダーはを使ってます! 草の根とか、ああいう雰囲気は私も好きです。 速度も速く、料金も安いということでユーザーから人気のようです。 Fenrir NNonohara DTI光withフレッツの評判 DTIは規模としては小さめですが、じつは老舗プロバイダーです。 ユーザーの声を見ると、DTIはコストパフォーマンスが良く、通信速度も安定していることが分かります。 サービスと料金のバランスが良いプロバイダー、それがDTIといえそうです。 1998年に大学入って一人暮らし。 フレッツISDN引いて、DTIの年額固定料金プランに感激していた。 従量課金ではない、と。 1分10円とか25円の課金を気にしない別世界の始まりであった。 下の口コミにもあるように、ASAHIネットは解約手続きがとても簡単なこともポイント。 今の時代、光回線はそのままでプロバイダーを切り替えることも当たり前なので、そういった手続きがスムーズにいくのは好感度アップですね。 光コラボは失敗した時に乗り換えにくい欠点があることを隠しながら契約させるからギルティ・・・どこにするにしてもフレッツとプロバイダは別契約のがリスク回避的に良いように思う。 個人的にはASAHIネットを愛用してて爆速ではないが安定して堅実という点で評価している。 かもめとかNuroも気になる… —? IPoE IPv6 も今は快適だけど、すぐに混み始めるのかな…。 — 槌本?? 裕二 tsuchim ネットの解約完了。 NTTフレッツの解約の電話、自動音声でどこにも解約手続きという選択肢がないのはいかんでしょう。 解約手続きはここへという番号にかけたのに。 その点、プロバイダのAsahiネットはHP上で1分で解約できた。 こういうのだと次回もここを利用しようという気になる。 — ガッちゃん gacchan100 フレッツ光プロバイダーを変更する方法 回線はフレッツ光そのままでプロバイダーのみを変更する方法は次の通りです。 乗り換え先のプロバイダーに申し込む• 接続設定を変更する• 現在のプロバイダーを解約する プロバイダー変更は手続きが簡単で、インターネットが途切れる心配もいりません。 もちろん工事も不要です。 ただし、現在のプロバイダー側で状況によっては違約金が発生する可能性があります。 その後、NTTの担当者から電話連絡があるので、指示に沿って接続設定を変更します。 なおプロバイダーによっては、2年契約期間中に解約すると違約金(2,000~10,000円程度)が発生することがあります。 フレッツ光から光コラボに変更する方法 フレッツ光から光コラボに変更する転用手続きを説明します。 この手続きは、スマホをキャリアから格安SIMに乗り換えるのに似ていて難しくはないので、光コラボが気になる方はぜひトライしてみてください。 光コラボに転用申込をする• 現在のプロバイダーを解約する• 各光コラボ申込ページの「転用でのお申し込み」をクリックします。 これを忘れてしまうと、ずっとプロバイダー料金を引き落とされてしまいます。 プロバイダーの解約手続きについては、各プロバイダーの公式サイトにて確認してください。 プロバイダーによっては担当者が内容確認の電話をしてくることがあります。 もしなどの接続機器を申し込んだのであれば、それらも宅配便で送られてきます。 同梱の案内を読みながら設定して、光コラボの利用開始となります。 評価が高い光コラボ4選 光コラボをおすすめする理由は特に次の5つです。 契約先が一つにまとまりスッキリする• サービス内容が分かりやすくなる• 回線自体はフレッツ光でありながら料金は安くなる• 特典やキャンペーンが豊富に用意されている• 光電話も引き続き使える これらのポイントをしっかり満たしており、ユーザーからの評価も高い光コラボを4つ紹介します。

次の