ダブル トラブル ジャニーズ west。 ジャニーズWEST / New Album『W trouble』╰( W )╯

ジャニーズWEST / New Album『W trouble』╰( W )╯

ダブル トラブル ジャニーズ west

メンバー直筆の似顔絵を渾身のアートTシャツとしてお届けします! メンバーが描きあった似顔絵を一枚のTシャツに詰め込んだ衝撃のART作品! さらに、7チェンジングジャケットとして、7人分の着せ替えCDジャケットが入ったプレミアム仕様! 追加販売決定のお知らせ ご好評につき、追加販売が決定いたしました。 ここでしか見られないオリジナル映像の上映会へ抽選でご招待いたします。 上映会に使用したIDでダウンロード可能です。 通常盤 初回プレス IDでご覧いただけるレコーディングドキュメンタリー他、 特典映像を期間限定でストリーミング配信します。 また、一部店舗・ECサイトでは特典が付かないこともございますので、各店舗へお問合せください。 2020年夏に東京ドーム、京セラドーム大阪公演決定!• W trouble 作詞:栗原暁 Jazzin'park 作曲:久保田真悟 Jazzin'park , 栗原暁 Jazzin'park 編曲:久保田真悟 Jazzin'park• Big Shot!! 作詞:栗原暁 Jazzin'park 作曲:久保田真悟 Jazzin'park , 栗原暁 Jazzin'park 編曲:久保田真悟 Jazzin'park• Glory Days 作詞:Komei Kobayashi 作曲:Josef Melin, Christofer Erixon 編曲:Josef Melin• ホメチギリスト 作詞・作曲:岩崎貴文 編曲:CHOKKAKU• 傷だらけの愛 作詞:Komei Kobayashi 作曲:Takuya Harada, 川口 進 編曲:CHOKKAKU, GAKU• 君だけの 僕だけの 作詞:RYOJI 作曲:RYOJI, GRP 編曲:GRP• Special Love 作詞:黒沢 薫 作曲:黒沢 薫, 竹本健一 編曲:竹本健一 ストリングスアレンジ:井上一平• Praize 編曲:COMMAND FREAKS• HEY!!!!!!! 作詞・作曲:JIN 編曲:ha-j, 高田 翼 Diosta inc. アメノチハレ 作詞:MORISHIN 作曲:川口 進, MORISHIN 編曲:CHOKKAKU• W trouble 作詞:栗原暁 Jazzin'park 作曲:久保田真悟 Jazzin'park , 栗原暁 Jazzin'park 編曲:久保田真悟 Jazzin'park• Big Shot!! 作詞:栗原暁 Jazzin'park 作曲:久保田真悟 Jazzin'park , 栗原暁 Jazzin'park 編曲:久保田真悟 Jazzin'park• Glory Days 作詞:Komei Kobayashi 作曲:Josef Melin, Christofer Erixon 編曲:Josef Melin• ホメチギリスト 作詞・作曲:岩崎貴文 編曲:CHOKKAKU• 傷だらけの愛 作詞:Komei Kobayashi 作曲:Takuya Harada, 川口 進 編曲:CHOKKAKU, GAKU• 君だけの 僕だけの 作詞:RYOJI 作曲:RYOJI, GRP 編曲:GRP• Special Love 作詞:黒沢 薫 作曲:黒沢 薫, 竹本健一 編曲:竹本健一 ストリングスアレンジ:井上一平• HEY!!!!!!! 作詞・作曲:JIN 編曲:ha-j, 高田 翼 Diosta inc. アメノチハレ 作詞:MORISHIN 作曲:川口 進, MORISHIN 編曲:CHOKKAKU• do you know, girl?? W trouble 作詞:栗原暁 Jazzin'park 作曲:久保田真悟 Jazzin'park , 栗原暁 Jazzin'park 編曲:久保田真悟 Jazzin'park• Big Shot!! 作詞:栗原暁 Jazzin'park 作曲:久保田真悟 Jazzin'park , 栗原暁 Jazzin'park 編曲:久保田真悟 Jazzin'park• Glory Days 作詞:Komei Kobayashi 作曲:Josef Melin, Christofer Erixon 編曲:Josef Melin• ホメチギリスト 作詞・作曲:岩崎貴文 編曲:CHOKKAKU• 傷だらけの愛 作詞:Komei Kobayashi 作曲:Takuya Harada, 川口 進 編曲:CHOKKAKU, GAKU• 君だけの 僕だけの 作詞:RYOJI 作曲:RYOJI, GRP 編曲:GRP• Special Love 作詞:黒沢 薫 作曲:黒沢 薫, 竹本健一 編曲:竹本健一 ストリングスアレンジ:井上一平• HEY!!!!!!! 作詞・作曲:JIN 編曲:ha-j, 高田 翼 Diosta inc. 「W trouble」応募特典の『ジャニーズWESTプレミアム上映会』に関しまして、新型コロナウイルスに関する感染・拡大に伴い、5月中旬頃に予定しておりました当選発表を一旦延期とさせて頂くこととなりました。 当イベントの開催に関しましては、政府や関係機関、各自治体等の発表に注視しながら、改めてオフィシャルサイト等でご案内させて頂きます。 楽しみにお待ち頂いておりましたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

次の

ジャニーズWEST アリーナツアー2020 W trouble (ダブル トラブル)当落結果は?復活当選・一般発売・制作開放席も解説

ダブル トラブル ジャニーズ west

ジャニーズWESTのことを誤解していた ジャニーズはクイリティの高い楽曲が揃っているように思う。 一流のクリエイターが揃っており、クリエイターにとっても自身の作品を発表する場でもあるからだ。 例えば嵐は国民的アイドルでありながら実験的な楽曲も制作している。 『Untitled』に収録された『Song for you』の壮大でプログレ的な展開の楽曲は刺激的だった。 ジャニーズ楽曲の良さには気づいてはいたが、自分がスルーしていたグループもいくつかある。 その一つがジャニーズWESTだ。 誤解しないで欲しいのだが、決してジャニーズWESTを嫌っているわけではない。 しかし音楽よりもテレビのバラエティを重視するグループに感じていたのだ。 バラエティで見る姿は芸人にも負けないぐらい面白いしトークもしっかりしている。 もちろん他のジャニーズグループもバラエティには出演しているが、ジャニーズWESTはバラエティ能力が特に高かったので、音楽には力を入れていないと思っていた。 あえて曲を聴く必要はないと思っていた。 しかし、それは勘違いだった。 ジャニーズWESTの新作『W trouble』を聴いて気づいた。 彼らの楽曲にも良い曲はある。 ジャンルの幅も広い。 尖ったこともやっている。 もしかしたら音楽面に関しては、最も過小評価されているジャニーズのグループかもしれない。 歌唱力が高いジャニーズWESTのメンバー 自分はジャニーズWESTといえば『ええじゃないか』や『ズンドコ・パラダイス』のような楽曲が思い浮かべる。 ユーモアが溢れたパフォーマンスで盛り上げることを重視したお祭りソング。 そのような楽曲が中心のグループだと思っていた。 そのような楽曲が悪いとは思わないが、メンバーのキャラクターに頼っている部分を感じてしまい、音楽ファンとしては触手が動かなかった。 嵐は田中宗一郎に評価されたり、Sexy Zoneは 粉川しのに評価されていたりと、音楽評論家に評価されているグループもある。 しかしジャニーズWESTは音楽関係者や音楽ファンの間でも話題にならない。 これも自分と同じようにジャニーズWESTの音楽を聴く機会が少ないことが理由だと思う。 自分はとあるメディアでジャニーズ関連の記事を書くための参考資料として『W trouble』を聴いた。 それによって彼らの魅力に気づいた。 ジャニーズWESTの凄さと楽曲の良さに驚いた。 アルバムを聴いて最も驚いた楽曲は『Special Love』だ。 この曲で彼らの歌唱力の高さに驚いた。 「音楽に力を入れていない」という偏見をぶち壊してくれた。 『Special Love』はゴスペラーズの作詞作曲がゴスペラーズの黒沢薫 作曲は竹本健一との共作。 コーラスワークもメロディもサウンドも、ゴスペラーズが新曲として発表しても違和感がないような「ゴスペラーズ感」が強い作品だ。 そのため歌うことが難しい楽曲でもある。 コーラスワークが重要で歌唱力が試される楽曲なのだ。 しかしジャニーズWESTは複雑なコーラスワークでも歌いこなしている。 美しいハモりで楽曲の魅力を引き立てている。 メンバーのうち歌が上手いメンバーがグループ全体を引っ張っているわけではない。 全員が高い歌唱力を持っている。 だからこそ成立できる歌唱だ。 そもそも『ええじゃないか』のようなユーモアに溢れた楽曲も歌唱力や表現力がなければ歌いこなすことは難しい。 実力が伴っていなければ「ふざけた歌唱」になってしまう。 気づかれにくいだけで、技術があるから成立している楽曲だ。 今作も『ホメチギリスト』のようにジャニーズWESTのユーモアや面白さを感じる楽曲も収録されている。 『Special Love』を歌っているグループとは思えないほどの振り幅だが、それを歌いこなせているのはしっかりとした技術と表現力があるからだ。 彼らはバラエティに偏向したグループではなく、音楽も真剣にやっているグループなのだと気づいた。 作詞作曲もこなすメンバー もう一つ『W trouble』を聴いて驚いたことがある。 それはメンバーが作詞作曲を行なった楽曲が収録されていることだ。 他のグループでもメンバーが作詞や作曲を行うことはあるが、自身のソロ曲で行うことが多い。 メンバー全員で歌うことは珍しいと思う。 メンバーの作詞作曲作品は神山智洋が作詞作曲した『Survival』と重岡大毅が作詞作曲した『to you』の2曲。 どちらもクオリティが高い。 プロの楽曲提供者が製作した他の楽曲にも負けない完成度だ。 『Survival』はバンドサウンドが印象的なロックチューン。 そこに管楽器の音が加わることでJ-POPとしても受け入れらるような聴きやすさもある。 編曲はONE OK ROCKのサウンドプロデュースを長年務めたことで有名なakkin。 そのため力強いロックサウンドになったのだと思う。 しかし神山智洋の作曲センスが光っていることは確かである。 この曲はメロディが複雑だ。 それに加えてラップのパートもある。 複雑なメロディは1曲にまとめることが難しいと思うが、違和感開く見事にまとめている。 これは神山智洋の作曲家としての個性で魅力の一つに思う。 重岡大毅が作詞作曲した『to you』は明るくポップなナンバー。 シンプルなメロディながら印象に残るメロディに重岡大毅のポップセンスを感じる。 編曲は生田真心。 AKB48『フライングゲット』やAAA『恋音と雨空』の編曲をしたことで有名な、多くのJ-POPの名曲を編曲した人物だ。 『to you』では楽曲の持つポップさを活かすような、明るくキャッチーな編曲をしている。 『to you』の個性的な部分は明るくキャッチーなメロディなのに、歌詞は別れについて歌っている部分だ。 楽曲が進むにつれ主人公の心情が変化していく歌詞も魅力的である。 〈永遠だとか一生なんてな どこにあるんだ〉というフレーズがあるように、序盤は別れの悲しさや寂しさについて歌っている。 それでも前向きになろうと葛藤している心情を感じる歌詞。 歌が進むにつれ主人公は少しづつ前向きな気持ちになっていく。 自分ってなんだろ 人生ってなんだろ 何だっていいじゃん love you やっちゃいな 後半のこのフレーズをきっかけに一気に歌詞の内容が前向きになる。 最後は〈この日々いつか足元を照らすんだ〉と前向きなフレーズで終わっている。 明るい曲調も相まって聴き終えた後に多幸感ある余韻に浸れる。 この作詞方法は作詞技術が必要な職人的な作り方だ。 自身のセンスを使うだけでなく、技術も使った作品作りを行なっている。 真剣に音楽に向き合ってセンスを磨き勉強をしなければ作れないタイプの楽曲だ。 完成度の高いアルバム もちろんメンバー以外が作詞作曲した楽曲も良い曲が揃っている。 それでいてバラエティ豊かな楽曲が揃っているので聴いていて飽きない。 自身がアーティストとしても活動しているミュージシャンが提供していることも印象的だ。 ケツメイシのRYOJIが提供した『君だけの僕だけの』はケツメイシの個性も感じるメロディラインは魅力的である。 トランス風味のダンスチューンは聴いていてテンションが上がる。 楽曲提供アーティストの個性が盛り込まれたような楽曲も、ジャニーズWESTの色に染めるような歌唱をしていることにも凄みを感じる。 久保田慎吾や川口進やCHOKKAKUなど、作家として多くのアーティストに提供しているミュージシャンも参加している。 彼らはジャニーズWESTの個性を理解した上で、グループの魅力が引き立つ作品を提供している。 久保田慎吾の提供したアルバム表題曲『W trouble』ではEDMナンバーに笑い声や掛け声を加えることでグループの魅力を引き立たせている。 ゴリゴリのEDMサウンドに乗った少し緩めのラップも魅力的だ。 ジャニーズWESTのキャラクターを活かした楽曲になっている。 川口進が作曲しCHOKKAKUが編曲した『傷だらけの愛』はスパニッシュなサウンドとラテン風味なリズムが組み合わさった個性的な楽曲。 カスタネットの音を入れたりとJ-POPではあまり使わない音を使っているがメロディはJ-POP的。 それによって色気を感じる楽曲になっている。 歌声からもメンバーの色気を感じる。 同じく川口進作曲とCHOKKAKU編曲の『アメノチハレ』は『傷だらけの愛』とは打って変わってミドルテンポなポップス。 前向きなメッセージの歌詞がシンセサイザーが印象的な爽やかなサウンドに乗っている。 しかしベースやドラムは力強くリズムを刻んでいるのも良い。 様々なタイプの楽曲が高いクオリティで揃っている。 だから聴いていて飽きない。 『W trouble』は良い曲がジャンルレスで収録されているアルバムなのだ。 自分はジャニーズWESTをバラエティを重視しているグループで、音楽には力を入れていないグループだと思っていた。 そのように思っている人は、もしかしたら多いのかもしれない。 その勘違いを『W trouble』を聴くことで、良い意味で壊された。 ジャニーズWESTは音楽にも真剣に取り組んでいて、技術力も表現力も高い。 バラエティのイメージや一部のシングル曲だけで判断してはいけなかった。 しかし彼らが音楽的にも素晴らしいことは、ファン以外には知られていない。 聴くきかっけがないからだ。 他のジャニーズグループにも言えることだが、アイドルやタレントとしてはジャニーズは評価されていると思うが、音楽の部分では過小評価されているように思う。 それを改善するためにもSpotifyなどのサブスクリプションサービスでも楽曲を配信するべきではと思う。 嵐以外の所属アーティストは配信リリースされていないことは、音楽が正当な評価をされない大きな理由の一つだ。 嵐は配信解禁をしたことでファン以外にも多く聴かれて音楽が再評価された。 今はジャニーズではないが香取慎吾のアルバム『20200101』は音楽マニアからも高い評価をされている。 それも配信がされたからだ。 もちろんCDが売れた方が利益も大きいが、彼らの音楽も正当な評価を受けるためには配信を解禁して欲しいとも思う。 ジャニーズWEST『 W trouble』は良いアルバムだと思う。 しかし配信がされていないので、ファン以外の人が聴く機会は少ない。 音楽ライターや音楽評論家も『W trouble』に言及している人は少ない。 もしもジャニーズWESTの音楽を知らずに偶然記事を読んだ人がいるとするならば、お金はかかるがCDを購入するかレンタルをして聴いてみて欲しい。 きっと彼らの評価がガラっと変わるはずだし、気に入る曲があるはずだ。

次の

ジャニーズWEST W trouble (初回盤B) (CD+DVD) (先着特典 W trouble ステッカーB付き) (3月23日出荷分 予約 キャンセル不可) :4580117629609:太郎坊 Yahoo!店

ダブル トラブル ジャニーズ west

人気グループ・が3月18日に発売する6枚目のアルバム『W trouble(ダブルトラブル)』の内容詳細が発表された。 今回のアルバムは初回盤A・B、通常盤、Tシャツ付き通常盤の4形態にてリリースされる。 ストーリーからメンバーと作り上げた作品となり、7人が芝居にも挑戦。 ショートムービーの世界を踏襲した楽曲も収められる。 初回盤Bにはユニット曲3曲入りで、ユニットを決めるためのくじ引き、マル秘企画の映像も盛り込んだバラエティー豊かな内容の特典も収録される。 通常盤には、が書き下ろした楽曲、そしてTシャツ付き通常盤はジャニーズショップオンラインストア限定販売で、7チェンジングジャケット、メンバープロデュース似顔絵アートTシャツが付属する。 このほか、リード曲「W trouble」をはじめ、2019年に発売されたシングル4曲、ゴスペラーズやケツメイシのRYOJI、GReeeeNのプロデューサーのJINらアーティストから提供された楽曲などが収められる。 なお、初回盤A・Bにはオリジナル映像の上映会参加への応募IDが封入。 通常盤(初回プレス)には期間限定でレコーディングドキュメンタリーなど、特典映像をストリーミング配信する視聴IDが封入される。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の